hns - 日記自動生成システム - Version 2.19.9

先月 2000年09月 来月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Namazu for hns による簡易全文検索
詳しくは 詳細指定/ヘルプを参照して下さい
検索式:

2000年09月29日(金) 旧暦 [n年日記]

8853歩

#1 [Namazu] make check が 10/27 なのは ~/.mknmzrc のせい

成績が悪すぎるので、 tests/mknmz-1 などを一つづつ変更して どこで問題があるようにしておいて実行したら、 Nothing to index などという字が見えているのが分った。 1.html 1.2html などというのがあるのに、何もないと言う。 これは僕の
~/.mknmzrc にちょっと特別なことが書いてあって、そういうの を一斉捨てていたせいだというのがやっと分った。 別の機械で確認
makoto@harry ■21:10:41/000929(...making-macppc/namazu-2.0.5)> time make check
make: no system rules (sys.mk).
0.000u 0.094s 0:00.04 225.0%    0+0k 0+0io 0pf+0w
これは一体 ?
union mount をしているが、 /usr/share/mk (などが)一度は root で見に行かないと /U 側に directory を作って くれないことが問題。

#2 [NetBSD] iBook 無反応になってしまった。

きうのは、fvwm-2.3.20 と cvs-1.11 を make している最中に、何か もう一つ、のことをしていたら無反応になってしまった。


2000年09月28日(木) 旧暦 [n年日記]

8672歩

#1 [Jitterbug] 更なる日本語化

の patch をきのう作って見たが、惨々で、name= の先が狂っていた。 作り直した。


2000年09月27日(水) 旧暦 [n年日記]

8869歩

2000年09月26日(火) 旧暦 [n年日記]

8681歩

#1 [Jitterbug] 日本語化を進めて見る

自分の覚え その他 Subject: の継続行の処理に変更が必要のはず。


2000年09月25日(月) 旧暦 [n年日記]

10007歩

2000年09月24日() 旧暦 [n年日記]

#1 [Namazu] 2.05pre2 を入れる準備

Text-Chasen-1.03, No library found for -lchasen:

makoto@komekome ■14:34:59/000924(...making-macppc/Text-ChaSen-1.03)> perl Makefile.PL 
Checking if your kit is complete...
Looks good
Note (probably harmless): No library found for -lchasen
Writing Makefile for Text::ChaSen
makoto@komekome ■14:35:09/000924(...making-macppc/Text-ChaSen-1.03)> 

chasen-2.02/Makefile を次のように変更して、
CFLAGS = -O2 -fPIC

cp lib/libchasen.a /usr/lib
してから、もう一度。

河野さんのところ:

を見たら、nkf-1.92 があるので、それを入れて見る
   129  15:00   ftp ftp.ie.u-ryukyu.ac.jp
   130  15:01   mkdir nkf
   131  15:01   cd nkf
   135  15:02   sh ../../tar_files/nkf192.shar
                NKF がないと言うので、
   137  15:02   mkdir NKF
                もう一度
   138  15:02   sh ../../tar_files/nkf192.shar
   140  15:02   cd NKF
   141  15:02   perl Makefile.PL
   142  15:03   make

make check 10/27 (setenv LANG C, setenv LANG japanese):

  make  check-TESTS
  PASS: mknmz-1
  PASS: mknmz-2
  PASS: mknmz-3
  PASS: mknmz-4
  PASS: mknmz-5
  PASS: mknmz-6
  PASS: mknmz-7
●FAIL: mknmz-8
  PASS: mknmz-9
  PASS: mknmz-10
  PASS: gcnmz-1
  PASS: idxdiff-1
  PASS: idxdiff-2
  PASS: idxdiff-3
●FAIL: namazu-1
●FAIL: namazu-2
●FAIL: namazu-3
  PASS: namazu-4
●FAIL: namazu-5
  cmp: EOF on /export/making-macppc/namazu-2.0.5/tests/tmp.1
●FAIL: namazu-6
●FAIL: namazu-7
  PASS: namazu-8
●FAIL: namazu-9
●FAIL: namazu-cgi-1
●FAIL: namazu-cgi-2
  PASS: namazu-cgi-3
  PASS: namazu-cgi-4
  =====================
  10 of 27 tests failed
  =====================
 *** Error code 1

私家版 Namazu 入門:

を更新しようと、まず容れ物の方を作って見た。
まだちょっと問題が多すぎる ?

#2 [墓参] 6:50am - 10 時過ぎ

初めてセルフ・サービスのガソリンスタンドに:

Esso が安いはずなので行って見ると本当のセルフ。 働いている人は一人だけ。いつから許可になったのですか と聞くと、二年くらい前からという。本当かな。 こういう店があるのは全く知らなかった。
看板には 72円/l と書いてあるが、実際には 70円/l だった。

八街・小堤・平和公園 x2 ・千葉寺:

と回って来る。
高速の大宮台の出口の近くにも Esso のセルフのお店がある。


2000年09月23日() 旧暦 [n年日記]

#1 [NetBSD] netatalk-asun

atalkd is already running (pid = 23583), or the lock file is stale.
 atalkdnbp_rgstr: Network is unreachable
というようなことを言われる。ktrace で調べたら lock file は /var/spool/lock/afpd にあったので、/etc/rc.local には
rm -f  /var/spool/lock/afpd
if [ -x /usr/pkg/sbin/afpd ]; then                                     
        /usr/pkg/sbin/afpd -f /etc/netatalk/AppleVolumes.system ;               echo -n ' afpd'
fi
と書いておくことにする。

#2 [MacOS] 環境作業マネージャー

結局きょうも使い方が良く分らない。
「変更」という文字は止めて「いまの設定に変更する」とか「変更作業を開始する」 とか書いて欲しい気がする。

infoseek で環境作業+MacOS と索いていると:

mlvwm ( http://taro.u-shizuoka-ken.ac.jp/~tetsu/freebsd/mlvwm.jpg ) の話を見て、僕も真似しようかな、なんて思ってしまう。(普段は fvwm2)
この方の書いた話は Emacs/vi amd procmail ともなかなか面白い。
かなり話がずれてしまった上に、 最初に索くのは ( 作業環境+MacOS ) のはずだったのに ( 環境作業+MacOS ) になっていた。

結局 macweek にいい解説がある:

Netscape の代理サーバまで切換える方法は書いてないが... AppleScript かな ?

#3 [文書] Software 説明書の書き方

人間には三種類あると思う。
  • 新しいことを見るとまず試して見たい人
  • 新しいことの全体を良く見きわめてから行動する人
  • 新しいことを見ても興味を示さない人
三番目は、とりあえず相手にしないとして、 比率としては一番目の人の方が多いと(勝手に)思う。 ところが 計算機に関する説明書について言うと人々は二番目だと仮定しているものが少なくない気がする。
そこまで考えてなくて、とにかく作ったものの説明をしようということかも知れないし、 それでも何も説明がないよりはずうっといいし、まして、説明しようとしている対象物 が公開されているのだから、それに何よりも感謝しなくてはいけない訳だけれど。
で、そういう書き物の話で、 まず、「こうやって見よう」と雰囲気を知らせることが大事だと思うけれど そうなっていないものが多い。 例外を探そう。
  • X Window System の INSTALL.text。 短気な人は、まず次のことをやって見て下さい。分らなかったら、下に詳しく書いてあるので 読んで下さい
    これ昔から好き。でも最近はお世話になっていない。NetBSD には X が初めから入っているから
  • KR の C の解説書。Hello World と表示する program の書き方がまず書いてある。
    これを見ならって Hello World が最近に出て来るものがいくつかある。 JDK もそうだった気がする。
  • 井上さんの gettext これも Hello World 方式。いい。

#4 [Namazu] gettext が入っていない時

namazu-2.0.5pre2 を、gettext が入っていない時に ./configure しようとすると、
checking whether the C compiler (gcc -I/usr/local/include ) works... no
configure: error: installation or configuration problem: C compiler cannot create executables.
となってしまう。
(実際には env CFLAGS=-I/usr/local/include LIBS="-L/usr/local/lib -lintl" ./configure ) それで、gettext を --prefix=/usr で入れてしまった。そうすると、(namezu-2.05pre2 の場合) 次のように何も問題がなくなる ( ./configure のみで大丈夫)
checking for LC_MESSAGES... yes
checking whether NLS is requested... yes
checking for libintl.h... yes
checking for gettext in libc... no
checking for bindtextdomain in -lintl... yes
checking for gettext in libintl... checking for gettext in -lintl... yes
yes
checking for msgfmt... /usr/bin/msgfmt
checking for dcgettext... no
checking for gmsgfmt... /usr/bin/msgfmt
checking for xgettext... /usr/bin/xgettext
checking for catalogs to be installed...  ja ja_JP.SJIS es


2000年09月22日(金) 旧暦 [n年日記]

#1 [gettext] の素晴しい入門

http://www.ainet.or.jp/~inoue/memo/gettext.html
某所で jitterbug の /etc/jitterbug/PACKAGE に locale = ja と書いても日本語化されないので、変だなぁと、 まず gettext が NetBSD では問題ないことを確認するのに、 上記 URL の例を動かして見た。
そう言えば、そういう日本語化の文字は最近良く見ていた。namazu とか。 なので NetBSD でも問題ないことは知っていて良かったはずだけれど。
jitterbug の方は chroot() するので、その中に /usr/share/locale/ とかが必要だった。 それは ktrace jitterbug.cgi して見て分った。


2000年09月21日(木) 旧暦 [n年日記]

8796歩

#1 [inn] ctlinnd reload filter.perl

inn-2.2.1:

/usr/local/news/bin/filter/filter_innd を 変更して、 題名のように reload して見る。
/usr/local/news/log/news を見ている
                      + 隣の機械名省略
                     ↓
Sep 21 21:21:57.582 -  <39C9EFD7.F930F71A@woyadi.org> 437 too many groups
Sep 21 21:21:58.080 -  <39C9EF74.25FCC289@woyadi.org> 437 too many groups
Sep 21 21:22:53.329 -  <69vjssotgrje5ltma6kv2gdddg0vqp3bhb@4ax.com> 437 too many groups
Sep 21 21:23:08.635 -  <39C99494.A29F8635@venus.dti.ne.jp> 437 too many groups
Sep 21 21:24:08.215 -  <8qcsba$csj$1@nec.luice.or.jp> 437 too many groups
Sep 21 21:25:16.160 -  <8qcu6d$bb$1@nwms2.odn.ne.jp> 437 too many groups
Sep 21 21:25:45.910 -  <8qcuo6$qg6$1@bgsv5905.tk.mesh.ad.jp> 437 too many groups
Sep 21 21:25:46.737 -  <39C9FC36.745E4455@allnet.ne.jp> 437 too many groups
Sep 21 21:25:55.806 -  <39cad765@news.newsnet.co.jp> 437 too many groups
Sep 21 21:26:03.982 -  <39cad77a@news.newsnet.co.jp> 437 too many groups

grephistory の使い方が分らない。 (2.3.0 +tagged hash):

news@komekome  21:43:10/000921(~)> grephistory '<39C9F0C1.5F53BF8A@woyadi.org>'
Not found.
news@komekome  21:43:49/000921(~)> grephistory 39C9F0C1.5F53BF8A@woyadi.org
Not found.
news@komekome  21:43:56/000921(~)> grep  39C9F0C1.5F53BF8A@woyadi.org ~news/log/news
Sep 21 21:21:55.534 + <39C9F0C1.5F53BF8A@woyadi.org> 1370  .. (省略)
変だなぁ。tagged hash だと使えない ? telnet komekome nntp すると、 head Message-ID でも見えないが、 head 番号を指定して行くと出て来る。

grephistory 2.2.1:

news@milano  21:48:40/000921(~)> grephistory \
39C9F0C1.5F53BF8A@woyadi.org
/usr/local/news/spool/articles/japan/enkai/1084
tagged hash 無の機械だと使える ?


2000年09月20日(水) 旧暦 [n年日記]

17163歩
永田町(全共連会館) -- 赤坂見附 荻窪駅付近など

Elisnet が開いた E-commerse 説明会:

に行って来たが、B2B と言いながら、あまり面白くなかった。

2000年09月19日(火) 旧暦 [n年日記]

#1 [inn] (2.3.0) sendbatch-2.0

inn-2.3.0 で uucp の batch を作る場合、
  • 古い sendbatches-2.0 を使う
  • 2.3.0 についている sendbatch を使う
という選択があるはず。しかし、
  • 古い sendbatches-2.0 は configure する時に 1.x 時代の config.data を見に行くが、そういうのは もうない。
  • 「2.3.0 についている sendbatch を使う」と、 (既に 1.7 で作った outgoing/site 譜を見る時に、 「token が違う」とか言う
ので、結局、 以前に使っていた sendbatches + batch/* をそのまま /usr/local/news/bin に写して使っている。path を少しは直している。

#2 [Namazu] 2.05-pre2 make check, 10 of 27 tests Failed (NetBSD/macppc)

PASS: mknmz-1
PASS: mknmz-2
PASS: mknmz-3
PASS: mknmz-4
PASS: mknmz-5
PASS: mknmz-6
PASS: mknmz-7
FAIL: mknmz-8
PASS: mknmz-9
PASS: mknmz-10
PASS: gcnmz-1
PASS: idxdiff-1
PASS: idxdiff-2
PASS: idxdiff-3
FAIL: namazu-1
FAIL: namazu-2
FAIL: namazu-3
PASS: namazu-4
FAIL: namazu-5
cmp: EOF on /amd/komekome/export/making-macppc/namazu-2.0.5/tests/tmp.1
FAIL: namazu-6
FAIL: namazu-7
PASS: namazu-8
FAIL: namazu-9
FAIL: namazu-cgi-1
FAIL: namazu-cgi-2
PASS: namazu-cgi-3
PASS: namazu-cgi-4
=====================
10 of 27 tests failed
=====================
さて、どう整理するのかな。まずは tests/test-log を見てみる。 落ちたのは次の 10
mknmz-8
namazu-1
namazu-2
namazu-3
namazu-5
namazu-6
namazu-7
namazu-9
namazu-cgi-1
namazu-cgi-2


2000年09月18日(月) 旧暦 [n年日記]

7746歩

#1 [inn] Too many open files -> sysctl -w proc.189.rlimit.descriptors.soft=128

root@komekome  20:17:46/000918(~)# sysctl proc.189
proc.189.corename = %n.core
proc.189.rlimit.cputime.soft = unlimited
proc.189.rlimit.cputime.hard = unlimited
proc.189.rlimit.filesize.soft = unlimited
proc.189.rlimit.filesize.hard = unlimited
proc.189.rlimit.datasize.soft = 33554432
proc.189.rlimit.datasize.hard = 536870912
proc.189.rlimit.stacksize.soft = 1048576
proc.189.rlimit.stacksize.hard = 33554432
proc.189.rlimit.coredumpsize.soft = unlimited
proc.189.rlimit.coredumpsize.hard = unlimited
proc.189.rlimit.memoryuse.soft = 41365504
proc.189.rlimit.memoryuse.hard = 41365504
proc.189.rlimit.memorylocked.soft = 13788501
proc.189.rlimit.memorylocked.hard = 41365504
proc.189.rlimit.maxproc.soft = 80
proc.189.rlimit.maxproc.hard = 532
proc.189.rlimit.descriptors.soft = 64
proc.189.rlimit.descriptors.hard = 1772
ということだったので、
root@komekome  20:19:04/000918(~)# sysctl -w proc.189.rlimit.descriptors.soft=128
proc.189.rlimit.descriptors.soft: 64 -> 128
として見た。


2000年09月17日() 旧暦 [n年日記]

#1 [NetBSD] uucp + inn (rnews)

makoto@komekome  6:31:30/000917(/home/makoto)# ls -l /usr/local/news/bin/rnews
-r-x------  1 news  news  123778 Sep 16 21:44 /usr/local/news/bin/rnews
だったものを
makoto@komekome  6:32:54/000917(/home/makoto)# ls -l /usr/local/news/bin/rnews
-r-s--x---  1 news  uucp  123778 Sep 16 21:44 /usr/local/news/bin/rnews
に変更

Too many open files writing creating overview file -- throttling:

これは何。ちょっとさびしい。
news@komekome  16:01:03/000917(~)> ctlinnd mode
Server throttled Too many open files writing creating overview file -- throttling
Allowing remote connections
Parameters c 2000 i 50 (0) l 1000000 o 51 t 300 H 2 T 60 X 0 normal specified
Not reserved
Readers separate disabled Too many open files writing creating overview file -- throttling
Perl filtering enabled


2000年09月16日() 旧暦 [n年日記]

#1 [inn] 2.3.0 makehistory, storage.conf

INN-2.2 から INN-2.3 になって変わった点として、 traditional spool を使っていても storage.conf に最低限のことを書く必要があるらしい。 とりあえず、次のように書いて見ている。そうしないと makehistory が何も作ってくれない。
method tradspool {
        newsgroups: *
        class: 2
}
makehistory -i というのもなくなってしまった。
僕の場合、makehistory すると、次のような文字が沢山出るが、どうもこれは cross post されているもので、その中の Newsgroup: の いくつかの link が、見つからない時というような場合らしい。 とてもうるさいが、無視して見る。
Sep 16 15:24:58 ci makehistory[7494]: 
tradspool: can't determine class: 
@0500000012E20000809E0000000000000000@: Bad article handle
実は makehistory でなくて makedbz を使うのが正しいらしい。
> makedbz
Can't do dbzagain, No such file or directory
> makedbz -i
これはすぐ終った。
Sep 16 22:58:34 komekome innd: SERVER cant dbzinit /usr/local/news/db/history No such file or directory
> ls -l /usr/local/news/db/history*
-rw-r--r--  1 news  news  47737729 Sep 16 22:49 /usr/local/news/db/history
-rw-r--r--  1 news  news        80 Sep 16 22:57 /usr/local/news/db/history.n.dir
-rw-r--r--  1 news  news   5992996 Sep 16 22:57 /usr/local/news/db/history.n.pag
> mv /usr/local/news/db/history.n.dir /usr/local/news/db/history.dir
> mv /usr/local/news/db/history.n.pag  /usr/local/news/db/history.pag
> /usr/local/news/bin/inndstart
> ps ax | grep innd
13574 ?? Ss   0:00.93 /usr/local/news/bin/innd -p4 
13576 p3 RV   0:00.00 grep innd (tcsh)
> 
> tail -f /var/log/messages
Sep 16 22:58:34 komekome innd: SERVER outgoing 51
Sep 16 22:58:34 komekome innd: SERVER cant dbzinit /usr/local/news/db/history No such file or directory
Sep 16 22:59:23 komekome innd: SERVER descriptors 64
Sep 16 22:59:23 komekome innd: SERVER outgoing 51
Sep 16 22:59:23 komekome innd: SERVER ccsetup control:12
Sep 16 22:59:23 komekome innd: SERVER lcsetup localconn:14
Sep 16 22:59:23 komekome innd: SERVER rcsetup remconn:4
Sep 16 22:59:23 komekome innd: SERVER bad_newsfeeds no feeding sites
Sep 16 22:59:25 komekome innd: SERVER perl filtering enabled
Sep 16 22:59:25 komekome innd: SERVER starting
^C
やっと動いた。
makoto@harry ■16:34:46/000916(~)> telnet komekome nntp
Trying 210.145.40.120...
Connected to komekome.ki.nu.
Escape character is '^]'.
502 You have no permission to talk.  Goodbye.
Connection closed by foreign host.
makoto@harry ■DING!/000916(~)> 
まだまだ。 readers.conf
auth "ki.nu" {  
    hosts: "*.ki.nu"
    default: "<ki.nu>"
} 

access "ki.nu" {
    users: "<ki.nu>"
    newsgroups: "*"
}
これで読書き大丈夫

uucp command-path:

これかな。
makoto@komekome  22:53:38/000916(...libexec/uucp)# grep command-path /etc/uucp/config
command-path  /usr/local/news/bin /bin /usr/bin /usr/local/bin

#2 [NetBSD] Modem cable

(この項 StarMax に移動

#3 [NetBSD] uucp over TCP の passwd

  • Taylor UUCP だと /usr/local/conf/uucp/passwd に書いておく
  • NetBSD の uucpd だと通常の passwd を使い、login shell を /usr/libexec/uucp/uucico としておく。TCP も直列口も同じということ。

#4 [Network] (bay.prug) komekome 引越

21:00 に uucp over TCP は元に戻ったはず。:



2000年09月15日(金) 旧暦 [n年日記]

#1 [hns] hns-namazu (diary/namazu2/etc/mknmzrc) $conf::ALLOW_FILE = '.*\.hnf'; が効いていない ?

僕の日記を amd で索く と、refer_log とか xhnf が沢山出て来てしまう。 もっとも URL が違っているので中身は見えないが。

#2 [inn] inn-2.3.0

configure:

まず、これでやって見る
makoto@ci ■13:35:19/000915(...making-macppc/inn-2.3.0)> \
./configure \
--with-perl \
--enable-uucp-names \
--enable-setgid-inews \
--enable-tagged-hash
StarMax 4000/160 での time make は 293.843u 81.766s 7:59.26 78.3% 0+0k 8390+9986io 211pf+0w newfs がやけに遅い ?
makoto@ci  14:00:40/000915(/)# newfs -b 4096 -f 512 -m 2 /dev/wd0d 
newfs: /dev/wd0d: not a character-special device
newfs: Warning: changing optimization to space because minfree is less than 5%
/dev/wd0d:      9122400 sectors in 9050 cylinders of 16 tracks, 63 sectors
        4454.3MB in 566 cyl groups (16 c/g, 7.88MB/g, 3808 i/g)
super-block backups (for fsck -b #) at:
      32,   16224,   32416,   48608,   64800,   80992,   97184,  113376,
13 分くらいかかった気がする。

1.8G の引越:

dump | restore で 5 時間かかった。

もう一つ 200 M の引越は 20 分。:


#3 [URL] FreeBSD 日本語マニュアル検索

こんなに便利なものがあったのに知らないなんて。 TAKAHASHI Kaoru さんの日記 から。

#4 [NetBSD] iBook に入直し

ている。ついでなので 記録を少し書いて 見る。


2000年09月14日(木) 旧暦 [n年日記]

#1 [] 一年点検

きょうは実は会社を休んでいる。
家を建てて一年経ったということで、点検に来てくださるから。

#2 [MacOS] Eudora 4.31J を入れて見る

Eudor ダウンロード からもらって来る。 起動すると、
  • システムのキーチェーンを使用しますか
    Eudora はシステムのキーチェーンにパスワードを安全に保存する ことが出来ます。一度パスワードを入力すれば二度と入力する必要 がありません。
  • (いいえ)
ここで何を選べばいいのか、誰にでも分るのだろうか。少なくとも 僕には分らなかった。
全体としてはなかなかいい感じ。
新たに使い始める時には、きっと何の問題もないと思う。
古いものから乗換える時は、それまでの設定はどうなるのだろう。 広告は左下隅に 4cm x 4cm で表示されていて、クリックすると Netscape を起動するようだ。
  • x-face: は表示しない
  • 何故か HyperText link が表示されているが効かない。 (矢印を持って行っても形が変わらない) と思ったら、 実は形が変らないだけで、効いていることが分った。
    二回クリックするというのは(ここまでは) Mac 的世界ということ。 でも一回クリックにして欲しい気がする。
    「へルプ」→「アプリケーションの選択」に説明がある
  • 添付書類の表示
    特別 → 設定 →フォント/画面表示 の中の
    □ メッセージ中に画像を表示する
    
    で設定出来る。
  • 自動設定 「ACAP サーバ」とは何だろう
    Goo で索いたら、 クニリサーチ が出て来て、 Application Configuration Protocol だそうだ。
    Newman, C., "Using TLS with IMAP, POP3 and ACPA", RFC 2595, Innosoft, June 1999.
    というのがあるらしい。RFC を訳しているのはどこにあるのだったっけ。
  • 見出部 (header)表示
    メールを表示している窓の BLAH BLAH と書いてあるところを選ぶと 見出部 (header) が表示されたり消えたりするが、BLAH BLAH って日本人 は分らないと思う。英語にしては珍しい繰返し言葉 「あれこれ」かな。「ずらずら」かも。
    「吹出 (baloon help) を表示しておけば分るじゃない」と言われてしまった。
  • Reply-To: に赤が入っているのは注意を喚起していて、なかなかいい。
  • 「ワードサービス」とは何 ?
  • 道具表示(Tool bar)を縦と横に選択出来るが、800x600 の画面で 縦にした場合、かろうじて広告との和の高さが足りず、左端に表示 されない。残念。でも例えば 「名前のみ」 「小アイコンと名前」など にすれば、そう出来た。
  • 「パーソナリティ」とは複数の人で一つの Mac を共有するときの 機能らしい。訳せば「複数使用」かな。 それとも「複数人使用」「共有使用」。
  • メールボックス位置 は、何も指定しないと、
    一番上から「書類」→「Eudora Folder」→「Mail Folder」→「In Out Trash」
    
    などとなる
    これを別のところに移動したら、初めて使うのと同じになってしまった。 (つまり、ここに固定ということ)
  • 以前に使っていたメールボックスは、.toc 無の本体だけを写しておいて、 「メールボックス」から「その他」を使って、場所を指定して取込むこと も出来る。この時に、実際には取込む訳ではなく、
    「書類」→「Eudora Folder」→「Mail Folder」
    
    の中に、それを指す別名 (Alias) を作るだけのようだ。 消そうとすると、面白いことを聞いてくるので、そうだと分る。
  • しかし多分以前の版のメールボックスを取込む正しい方法は、 起動の前に上に書いた Mail Folder の中に *.toc を入れておけば、 勝手に自分の形式に変換してくれるようだ。
  • 「へルプ→購入と登録→詳しい情報は ウェブサイトへ」から行けるところ は sjis で書いてあるのに charset の指定をしていない造りをしている。
などと言うものの、まだ 説明書 を読んでいなかった。 「旧版からの移行」方法もきちんと書いてある。
  • 「『古い形式の .toc 譜を使用する』を設定すると」... の説明は、「設定しなかった」時とどう違うのか、読んだだけでは 良く分らない。
    多分、新しい方の Eudora に変換してしまうのか、それとも以前のままの 形で使うのか、もし後者なら古い Eudora と行ったり来たりも出来る という意味かと想像する。
(結局きょうは家族の一人の Eudora を 1.3.8J1(?) から4.3.1 に変更した)


2000年09月13日(水) 旧暦 [n年日記]

4462歩

#1 [NetBSD] macppc Open Firmware が電源投入時に初期化しない問題

http://www.amulet.co.jp/ppclinux/LinuxP2000m/AppendixC.html
良くある記事を日本語にしてあるだけのものだった。 これって、なかなか書いてある通りにはならない というのが僕のあまり良くない想い出。
vi/emacs のような画面編集系になれていると、 かなりとまどう。

#2 [Jitterbug] 題名行に改行のある時。

jitterbug.c の
static char *getsubject(char *mbuf)
の中を変更する必要がありそう。

http:// の hypertext 取扱:

次のように戻すと一応直るが。
--- making/jitterbug-1.6.2.i18n/source/jitterbug.c-oo	Sun Sep 26 23:00:55 1999
+++ making/jitterbug-1.6.2.i18n/source/jitterbug.c	Mon Sep 11 13:51:19 2000
@@ -227,7 +227,7 @@
 				p = s + strlen(url_markers[i]);
 				
 				while ((*p) &&
-#ifdef I18N
+#ifdef 0
 				       (
 #else
 				       (isalnum(*p) || 



#3 [MHonArc] 見出しを変更したい

MHonArc っていま考えると良く出来ていると思う。 参照関係を見てつないで行くところが一番素晴しい。
僕は、次のようになっているものにいくつか追加したいものがある。
Subject
From
Date
例えば X-Mail-Count: とか。 でもその方法がまだ分っていない。

#4 [iBook] 新しいものが出たらしい。

アップル・ストアでは受注しているようだ。
サーバ用に、以前のものを一番安く買うか、それとも持運び用に 一番速いものにするか。
Graphite だと、今あるのと区別が付かない。Key Lime だと下位機種 と区別が付かない。
しかし軽くはなっていないようだ。VRAM が 4 -> 8 MB に増えている。
Firewire も今までは付いていなかったのかな。


2000年09月12日(火) 旧暦 [n年日記]

8863歩

#1 [Namazu] env CFLAGS=-I/usr/local/include ./configure

これで出来ますね。これもきのう試したつもりだったのですが、 ./configure で
checking for libintl.h... no
checking whether catgets can be used... no
--omit-header: not found
found xgettext program is not GNU xgettext; ignore it
と出ているのを見て、やめてしまっていました。
でも、また
gcc -I/usr/local/include -Wall -pedantic -o .libs/namazu form.o namazu.o output.o rcfile.o result.o usage.o namazu-cmd.o ../nmz/.libs/libnmz.so -lm ../lib/libnmzut.a -lm -Wl,--rpath -Wl,/usr/local/lib
output.o: In function `print_page_index':
output.o(.text+0x11d4): undefined reference to `gettext'
output.o: In function `print_current_range':
output.o(.text+0x13c0): undefined reference to `gettext'
output.o: In function `print_hitnum_all_idx':
output.o(.text+0x1664): undefined reference to `gettext'
output.o: In function `print_hitnum':
output.o(.text+0x16e8): undefined reference to `gettext'
output.o(.text+0x173c): undefined reference to `gettext'
output.o(.text+0x1994): more undefined references to `gettext' follow
collect2: ld returned 1 exit status
で止ってしまいます。
    39  21:18   rm config.cache ; env CFLAGS=-I/usr/local/include LIBS="-L/usr/local/lib -lintl" ./configure
これでやっと出来ました。 このことを、bug tracking system に戻したいが、... 元メールがない。..


2000年09月11日(月) 旧暦 [n年日記]

#1 [Namazu] libintl.h not found, INCLUDES="-I/usr/local/include" ./configure

    12  21:35   env INCLUDES='/usr/local/include' ./configure
    14  21:41   ./configure --include-directory=/usr/local
    15  21:43   env LIBDIR='/usr/local' ./configure
    17  21:46   rm config.cache ; env CFLAGS='-I/usr/local/include' ./configure
いづれもだめですね。と言っても、以上は、configure の
checking for libintl.h... no
checking whether catgets can be used... no
--omit-header: not found
found xgettext program is not GNU xgettext; ignore it
の部分だけで見ているので、実際に make した訳ではない。 きょう某所で jitterbug-1.6.2-i18n を組立てた時にも同じように libintl.h がないと言われた。多分 NetBSD 側の問題と考えた方が いいのかも知れない (もっとも jitterbug は全部が出来ているとこ ろに、jitterbug.c を少し変更して一部分だけ make したのも関係 しているかも知れない)。
いま念の為
makoto@harry ■22:05:20/000911(...src/namazu-2000-09-06)> \
env INCLUDES="-I/usr/local/include" ./configure

makoto@harry ■22:06:14/000911(...src/namazu-2000-09-06)> time make
をやって見たが、
gcc -DLOCALEDIR=\"/usr/local//locale\"
-DOPT_CONFDIR=\"/usr/local/etc/namazu\"
-DOPT_INDEXDIR=\"/usr/local/var/namazu/index\" -DHAVE_SUPPORT_H
-DHAVE_CONFIG_H -I. -I.. -I./../lib -I./../src -I./../intl -I./../nmz
-g -O2 -Wall -pedantic -c alias.c -fPIC -DPIC -o .libs/alias.lo
In file included from alias.c:44:
i18n.h:8: libintl.h: No such file or directory
*** Error code 1
やはりだめですね。

#2 [iBook] の位置指示系 (pointing device)

トラックパッドというのだと思うけれど、iBook には鼠の代りに四角い操作盤 が付いている。X Window system を動かして、鍵盤を操作していると、それに 手が触れてしまい、不要に矢印が動いてしまう。 砂川さんが、「右に寄り過ぎている」と言うまで気が付かなかったが、確かに F と J の中心から、2cm くらい右に寄っている。見映えとしては、機械の中央
[- 日記システム警告:コマンド F は予約されています。-]
についているので、これでいいのかも知れないが、使い勝手を犠性にしている と言われても止むを得ない設計の気がする。

それよりも、 鍵盤は何の為に上に行くほど段々左にずれていく配置になっているのでしょうね。 合理的に説明出来る人はきっとどこにもいない。



2000年09月10日() 旧暦 [n年日記]

#1 [NetBSD] send-pr new driver

send-pr は、僕の理解では問題を報告するもの (send problem report) で、 http://www.netbsd.org/Misc/query-pr.html を見れば分るように、そのような大げさなものではないので、 とりあえず、気楽に送ってしまうとか。
send-pr って入力すると ($EDITOR が設定してあればそれで指定されたもの、 そうでなければ vi ) editor が起動 して、いろいろ入力して 終了すると send edit abort と聞いて来て send すれば mail が出る だけのもの。 送ったメールは、 netbsd-bugsメーリング・リスト (Mailing Lists) を見ていれば、 そこに出て来る。
でも今回の場合、 正直言って driver を書いたことがない僕は、良く助言が出来ない。 kern か port-i386 だと思うけれど。 次のところに相談するのが一番いいような気もする。
X-list-help: <http://www.re.soum.co.jp/~jun/>
X-list-subscribe: <mailto:netbsd-request@re.soum.co.jp?subject=subscribe>
To: netbsd@re.soum.co.jp

#2 [自転車] (17:00 頃) 子供の自転車のスポークが折れてしまった

というので修理に付き合う。(再び Bee Cycle)

#3 [西船橋] 方面の知人に PM 6100 を貸出して設定

Yamaha の RT52i につなぐ。
Netscape 4.5 日本語
Jedit 1.0
くらいかな。 Netscape 日本語 Mac は以前 4.7 があった気もするのだけれど。
朝 9:20 に出かけて、着いたのが 10:05 くらい。13:00 過ぎに退出 して、Laox, Unidy, サトー無線と寄道をして帰って来たので、 家に着いたのは 14:30 頃だったか。

#4 [機械] 私家版全文検索

がおかしいので面倒を見る必要がありそう。


2000年09月09日() 旧暦 [n年日記]

#1 [Todo]

  • komekome が止っているような気もするので面倒を見る
    (例によって /home6 が溢れていた)
  • iBook Server 計画
    まずはどう区画するか (dual boot)
    a /                 500 ( / /usr /var )
    b swap              300
    d /usr/local/news   500
    e /export/home     1.8G
    f /export          1.6G (htdocs,cvs,namazu,ftp  etc)
    g /usr/local        500
    h MacOS             500M (なくてもいいのだけれど)
      (合計            5.7)
    
  • gcc は /usr/local/include を見るかの確認
    特に NetBSD のように /usr/bin/cc に入っているものについて

    やはり、これは予想通り、 NetBSD の cc は /usr/local/include を見ない。
    一方、ちょっと古いけれど、自分で組立てたもの、例えば次のような場合 /usr/local/include を見に行く。

    makoto@komekome ■11:46:05/100909(~/c)> which gcc
    /usr/local/bin/gcc
    makoto@komekome ■11:48:47/100909(~/c)> gcc --version
    2.7.2
    
  • Modem をつないで uucp
  • sendmail-8.11.0/cf/README の訳を見る http://user2.allnet.ne.jp/madoca/cf/progress.html
  • 本を返す

#2 [] 船山 隆 「武満 徹 響きの海へ」

船山  隆
「武満  徹『響きの海へ』」
音楽の友社 1998
2,600 円
p46 には武満の主な著作一覧が載っていて数は 18 もある。
主題は Work In Progress 
上の本を読んで読みたくなる本
James Joyce Finnegans Wake
(読めるかどうかは別問題)

#3 [tcode] 育 + 徴 != 徹

そう言えば、この頃 Tcode/Dovorak けーのさん はどうしているかな ?

#4 [NetBSD] macppc Powerbase 200 without Mac Keyboard

自分は Powerbase 200 を持っているが、PS/2 だけで Mac の鍵盤を持っていない。 どうすれば Open Firmware に入れるかという質問のお手紙をいただいた。
それは無理だから、僕の鍵盤を送ってあげたいくらいだ。M 社印のものがいくつか 余っているので...

そうそう、そうではなくて MacOS を起動して bootvars を使えばいい。 starting-e.shtml にほんの少し関係の情報があるかも知れないと返事を書いたら、
Can you put in ftp server anywhere disk image of boot floppy for Mac OS >== 7.5.3. ?
とのたまわった。しかし、もしかしたら、これは無料で使えるようになった気もする。 探して見よう。 www.northerlight.com

  • macos 7.5.3 free distribution
    これはだめ。
http://www.zdnet.co.jp/macwire/ でも見つけられない。 人のことだから、このくらいでよしておこう。 借りて来た本

#5 [] 武満 徹「時間の園丁」



2000年09月08日(金) 旧暦 [n年日記]

7932歩

#1 [NetBSD] iBook が正常に動き出した。

きのうから、やっと iBook 上で正常に動き出した。例によって椿井さんによる修正のおかげ。 Cache の一貫性の面倒を金物が見ていないので、しりぬぐいというような話で。

#2 [NetBSD] amd

きょうの amd memo
○ /etc/amd/amd.home を用意する。この名前は /var/yp/Makefile.yp の中に書いて
あるので変更することも可能

○/var/yp/domain-name で make amd.home する
○ypcat -k amd.home で表示されるか確認する

○ 動いているものがある時には、
/usr/sbin/amd -l syslog -x error,noinfo,nostats -p -a /amd /automount \
amd.home
のように起動し直す
これで /automount/key で利用出来る

(NetBSD の) /etc/rc.conf 的な約束事として、
/etc/amd/master の中を展開して上のように起動しているのでその中に 
/automount  amd.home 
と書いておく必要がある。二つ目を /etc/amd/map のように書くと NIS map を
見ないで、その譜を直接見る

参考: /usr/src/usr.sbin/amd/doc/am-utils.texi
      man amd
しかし info は例によって読み難い。

#3 [NetBSD] time make

を書直して、名前、秒数、版数で整列するようにした。 欲しい人はいないかな。多分 download で表示されると思う。 index.pl も要るかな。型名など hardcoding. (ま、殆んど冗談ということで) data も要るのか。

#4 [Namazu] libintl.h が見つからない件

はまた後で調べおきます。(あの記録は某所で、手元のものではないので)
入門文書 の中に書いてある 準備と make の版数が古くなっているので直す必要がありそう。
と書いたけれど、やって見る。

2000-09-06 を別の手元の NetBSD/macppc 1.4V で試して見る。:

configure の時間と time make
20.158u 243.953s 4:44.58 92.8%  0+0k 163+3033io 26pf+0w
makoto@harry ■23:15:28/000908(...src/namazu-2000-09-06)> time make
(中略)
gcc -DLOCALEDIR=\"/usr/local//locale\"
-DOPT_CONFDIR=\"/usr/local/etc/namazu\"
-DOPT_INDEXDIR=\"/usr/local/var/namazu/index\" -DHAVE_SUPPORT_H
-DHAVE_CONFIG_H -I. -I.. -I./../lib -I./../src -I./../intl -I./../nmz
-g -O2 -Wall -pedantic -c alias.c -fPIC -DPIC -o .libs/alias.lo

In file included from alias.c:44:
i18n.h:8: libintl.h: No such file or directory
*** Error code 1
config.cache には
makoto@harry ■23:17:03/000908(...src/namazu-2000-09-06)> grep intl config.cache 
nls_cv_header_intl=${nls_cv_header_intl=''}
ac_cv_header_libintl_h=${ac_cv_header_libintl_h='no'}
makoto@harry ■23:18:11/000908(...src/namazu-2000-09-06)> 
そう言えば configure の時には次のように言っていて、何か変。
checking whether NLS is requested... yes
checking for libintl.h... no
checking whether catgets can be used... no
--omit-header: not found
found xgettext program is not GNU xgettext; ignore it
checking for main in -lm... yes
config.log は次のようになっていて、
configure:3137: checking whether NLS is requested
configure:3172: checking for libintl.h
configure:3182: gcc -E  conftest.c >/dev/null 2>conftest.out
configure:3178: libintl.h: No such file or directory
configure: failed program was:
#line 3177 "configure"
#include "confdefs.h"
#include <libintl.h>
configure:3520: checking whether catgets can be used
次のようなものを作って、実行すると、
--- configure	Wed Sep  6 23:30:09 2000
+++ configure-libintl	Fri Sep  8 23:31:23 2000
@@ -3181,17 +3181,19 @@
 { (eval echo configure:3182: \"$ac_try\") 1>&5; (eval $ac_try) 2>&5; }
 ac_err=`grep -v '^ *+' conftest.out | grep -v "^conftest.${ac_ext}\$"`
 if test -z "$ac_err"; then
-  rm -rf conftest*
+#  rm -rf conftest*
   eval "ac_cv_header_$ac_safe=yes"
 else
   echo "$ac_err" >&5
   echo "configure: failed program was:" >&5
   cat conftest.$ac_ext >&5
-  rm -rf conftest*
+#  rm -rf conftest*
   eval "ac_cv_header_$ac_safe=no"
 fi
-rm -f conftest*
+# rm -f conftest*
 fi
+echo ''
+exit
 if eval "test \"`echo '$ac_cv_header_'$ac_safe`\" = yes"; then
   echo "$ac_t""yes" 1>&6
   echo $ac_n "checking for gettext in libc""... $ac_c" 1>&6

次のようなものが残るので、
makoto@harry ■23:34:00/000908(...src/namazu-2000-09-06)> lslt
total 2552
-rw-r--r--  1 makoto  wheel   12468 Sep  8 23:34 config.log
-rw-r--r--  1 makoto  wheel      53 Sep  8 23:33 conftest.out
-rw-r--r--  1 makoto  wheel      66 Sep  8 23:33 conftest.c
-rw-r--r--  1 makoto  wheel     758 Sep  8 23:33 confdefs.h
-rw-r--r--  1 makoto  wheel    1367 Sep  8 23:32 config.cache
その時には、次のようになります。って情報になっていないか。
makoto@harry ■23:34:18/000908(...src/namazu-2000-09-06)> cc conftest.c
configure:3178: libintl.h: No such file or directory
makoto@harry ■23:34:46/000908(...src/namazu-2000-09-06)> cc -I/usr/local/include -c conftest.c
makoto@harry ■23:35:01/000908(...src/namazu-2000-09-06)> cc --version
egcs-1.1.2
一応念の為、環境変数など
makoto@harry ■23:38:32/000908(...src/namazu-2000-09-06)> env | grep LD
LD_LIBRARY_PATH=:/usr/X11R6/lib:/usr/local/lib:/usr/lib
makoto@harry ■23:38:39/000908(...src/namazu-2000-09-06)> env | grep FLAG
makoto@harry ■23:38:41/000908(...src/namazu-2000-09-06)> env | grep CC
CC=gcc
makoto@harry ■23:38:49/000908(...src/namazu-2000-09-06)> 
xgettext が GNU でないなんて言っているので、これも念為
makoto@harry ■23:38:49/000908(...src/namazu-2000-09-06)> which xgettext
/usr/local/bin/xgettext
makoto@harry ■23:42:29/000908(...src/namazu-2000-09-06)> xgettext --version
xgettext (GNU gettext) 0.10.35
Copyright (C) 1995, 1996, 1997, 1998 Free Software Foundation, Inc.
This is free software; see the source for copying conditions.  There is NO
warranty; not even for MERCHANTABILITY or FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.
Written by Ulrich Drepper.
makoto@harry ■23:42:34/000908(...src/namazu-2000-09-06)> 
(遅いので、きょうはこれまで)


2000年09月07日(木) 旧暦 [n年日記]

#1 [Unix] MRTG,snmpd, とか僕には役に立つ

http://www3.digitalworks.com/~jean/newb/UNIX
(何故か見付からなくなってしまった)

#2 [Namazu] 2000-09-06 libintl.h missing etc

○ configure にかかった時間
creating config.h
16.350u 96.574s 2:24.62 78.0%   0+0k 567+2992io 238pf+0w
makoto@scgj■ 15:32:23/000907(...making/namazu-2000-09-06)> 
 
○ time make すると libintl.h がないと言う
time make
In file included from alias.c:44:
i18n.h:8: libintl.h: No such file or directory
*** Error code 1

○ gettext のものが /usr/local/include/libintl.h にあったので、
( cd nmz; ln -s /usr/local/include/libintl.h . )
とする

○ gettext 関係の名前が解決出来ないと言うので
mkdir .libs

gcc -g -O2 -Wall -pedantic -o .libs/namazu form.o namazu.o output.o
rcfile.o result.o usage.o namazu-cmd.o ../nmz/.libs/libnmz.so -lm
../lib/libnmzut.a -lm -Wl,--rpath -Wl,/usr/local/lib
../nmz/.libs/libnmz.so: warning: reference to compatibility
setlocale(); include <locale.h> for correct reference

output.o: In function `print_page_index':
/E/making/namazu-2000-09-06/src/output.c:493: undefined reference to `gettext'
output.o: In function `print_current_range':
/E/making/namazu-2000-09-06/src/output.c:538: undefined reference to `gettext'
output.o: In function `print_hitnum_all_idx':
/E/making/namazu-2000-09-06/src/output.c:586: undefined reference to `gettext'
output.o: In function `print_hitnum':
/E/making/namazu-2000-09-06/src/output.c:596: undefined reference to `gettext'
/E/making/namazu-2000-09-06/src/output.c:603: undefined reference to `gettext'
output.o:/E/making/namazu-2000-09-06/src/output.c:662: more undefined references to `gettext' follow
collect2: ld returned 1 exit status
*** Error code 1

○次のように src に行って

makoto@scgj■ 15:54:34/000907(...namazu-2000-09-06/src)> gcc -g -O2
-Wall -pedantic -o .libs/namazu form.o namazu.o output.o rcfile.o
result.o usage.o namazu-cmd.o ../nmz/.libs/libnmz.so -lm
../lib/libnmzut.a -lm -L/usr/local/lib -lintl -Wl,--rpath
-Wl,/usr/local/lib

../nmz/.libs/libnmz.so: warning: reference to compatibility
setlocale(); include <locale.h> for correct reference

makoto@scgj■ 15:54:48/000907(...namazu-2000-09-06/src)> 

○実行して見ると
makoto@scgj■ 15:59:12/000907(...making/namazu-2000-09-06)>  ~makoto/public_html/diary/namazu.cgi
Cannot open "../nmz/.libs/libnmz.so"

○ src/Make file を
少し変更して
作り直し。

makoto@scgj■ 16:05:54/000907(...namazu-2000-09-06/src)> gcc -g -O2
-Wall -pedantic -o .libs/namazu.cgi form.o namazu.o output.o rcfile.o
result.o usage.o cgi.o namazu-cgi.o -lnmz -lm ../lib/libnmzut.a -lm
-L/usr/local/lib -lintl -Wl,--rpath -Wl,/usr/local/lib
/usr/local/lib/libnmz.so: warning: reference to compatibility
setlocale(); include <locale.h> for correct reference

makoto@scgj■ 16:06:15/000907(...namazu-2000-09-06/src)> 


2000年09月06日(水) 旧暦 [n年日記]

7474歩

#1 [Perl] 5.7.0 is UNSTABLE DEVELOPMENT release.

ftpmirror の古い方 1.21 が Perl-5.6.0 では動かない気がするので、 そう言えば 5.7.0 が出ている という話を見たので、開けて 見たが、UNSTABLE DEVELOPMENT release ということで、以前の 5.005_50 以降と同じなのですね。ftpmirror は 1.96 を動かし て見ることにした。
makoto@scgj■ 8:38:00/000906(...making/perl-5.7.0)> ./Configure -des -U d_setlocale
Sources for perl5 found in "/export/making/perl-5.7.0".
First let's make sure your kit is complete.  Checking...
*** WHOA THERE!!! ***

    This is an UNSTABLE DEVELOPMENT release.
    The version of this perl5 distribution is 7, that is, odd,
    (as opposed to even) and that signifies a development release.
    If you want a maintenance release, you want an even-numbered version.

    Do ***NOT*** install this into production use.
    Data corruption and crashes are possible.

    It is most seriously suggested that you do not continue any further
    unless you want to help in developing and debugging Perl.

Do you really want to continue? [n]  
Okay, bye.


2000年09月02日() 旧暦 [n年日記]

#1 [NetBSD] macppc/iBook fsck 問題

root@nazuha  1:47:50/000903(...sbin/fsck_ffs)# ls -lagi /bin/stty
ls: /bin/stty: Bad file descriptor
root@nazuha  1:48:07/000903(...sbin/fsck_ffs)# /bin/ls -lagi /bin/stty
ls: /bin/stty: Bad file descriptor
root@nazuha  1:48:23/000903(...sbin/fsck_ffs)# 



最近の日記
2021年01月09日

2021年01月02日
ImportError: cannot import name 'DistutilsSetupError'
2021年01月01日
deve/R-roxygen2-7.1.1
2020年12月14日
NetBSD pkgsrc binary 生活
2020年12月12日
certificate expired :-(
以上、25 日分です。
タイトル一覧
カテゴリ分類
Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project

Count.cgi (since 2000/02/05)