hns - 日記自動生成システム - Version 2.19.9

  • 07/11() 21:00 -- 21:00 IARU HF
  • 07/15(水) 不燃ごみ
  • 07/18() SI 誕生日
  • 07/18() 木之本会議
  • 07/19() CQ Ham Radio
  • 07/21(火) 05:00 -- 07:00 横浜コンテスト
  • 07/25() Interface
  • 07/27(月) 6m and Down ログ締切
  • 07/31(金) NTT 東 払込期日
  • 07/31(金) ○ 固定資産税振替・支払
  • 08/01() 21:00 -- 15:00 Field Day
  • 08/01() atactl check
  • 08/05(水) 不燃ごみ
  • 08/08() WAEDX CW
  • 403 JNUG 総会/BOF 2017/07/08 (土)
  • 402 用途別 Emacs ( C, LaTeX, 日本語 )
  • 380 cvsweb の移行
  • 370 tamago 辞書登録
  • 368 CROSS (cross/i386-mingw32, cross/powerpc-linux ) Framework --- binutils + gcc
  • 363 Wanderlust+HyperEstraier
  • 360 evbppc 用 patch / 玄箱
  • 335 /dev/battery is missing hack | libgcc_s_pic.a is missing | samba の -PIE 問題335 ntpd monitor
  • 325 tcode頁の更新
  • 322 software |hardware
  • 321 emacs-22 | IPv6
  • 320 bulk build (Mac OS X 10.4 and NetBSD/macppc)
  • 310 Wanderlust の Namazu の挙動
  • 290 WordPress 1.2 -> 1.5 migration
  • 220 Wanderlust で日本語題名の wl-summary-print-buffer
  • 215 NetBSD/ofppc
便利なツール
Emacs
らくらく 入門
rakuraku-emacs-cover

先月 2020年07月 来月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Namazu for hns による簡易全文検索
詳しくは 詳細指定/ヘルプを参照して下さい
検索式:

2015年09月22日(火) 旧暦 [n年日記] [更新:"2015/09/22 10:33:36"]

#1 [pkgsrc] The very first clone pkgsrc-wip

h97@makoto 19:10:31/150922(..usr/pkgsrc)% mv wip wip-cvs
h97@makoto 19:10:35/150922(..usr/pkgsrc)% git clone mef@wip.pkgsrc.org:/pkgsrc-wip.git wip
Cloning into 'wip'...
remote: Counting objects: 288911, done.
remote: Compressing objects: 100% (116618/116618), done.
remote: Total 288911 (delta 167573), reused 288847 (delta 167536)
Receiving objects: 100% (288911/288911), 323.74 MiB | 284.00 KiB/s, done.
Resolving deltas: 100% (167573/167573), done.
Checking connectivity... done.
Checking out files: 100% (23857/23857), done.
h97@makoto 19:33:48/150922(..usr/pkgsrc)% 


2013年09月22日() 旧暦 [n年日記] [更新:"2013/09/22 16:45:19"]

#1 [NetBSD] NetBSD/i386 5.2 (INSTALL_FLOPPY) hung

dmesg
...
viaide0 at pci0 dev 7 function 0
viaide0: NVIDIA nForce4 Serial ATA Controller (rev. 0xf3)
viaide0: using ioapic0 pin 11 for native-PCI interrupt
atabus0 at viaide0 channel 0
atabus1 at viaide0 channel 1
viaide1 at pci0 dev 8 function 0
viaide1: NVIDIA nForce4 Serial ATA Controller (rev. 0xf3)
pci_intr_map: bus 0 dev 8 func 0 pin 1; line 10
pci_intr_map: no MP mapping found
Hung after above message is shown.
amd64 6.99.19
viaide0 at pci0 dev 7 function 0: NVIDIA nForce4 Serial ATA Controller (rev. 0xf3)
viaide0: bus-master DMA support present
viaide0: primary channel wired to native-PCI mode
LTID: Picked IRQ 22 with weight 0
viaide0: using ioapic0 pin 22 for native-PCI interrupt
atabus0 at viaide0 channel 0
viaide0: secondary channel wired to native-PCI mode
atabus1 at viaide0 channel 1
viaide1 at pci0 dev 8 function 0: NVIDIA nForce4 Serial ATA Controller (rev. 0xf3)
viaide1: bus-master DMA support present
viaide1: primary channel wired to native-PCI mode
LSI1: Picked IRQ 23 with weight 0
viaide1: using ioapic0 pin 23 for native-PCI interrupt
atabus2 at viaide1 channel 0
viaide1: secondary channel wired to native-PCI mode
atabus3 at viaide1 channel 1
Having panic(" .."); after the line, and bt in ddb, the calling sequence to pci_intr_map is as follows.
main -> 
cpu_configure -> 
config_rootfound -> 
config_attach -> 
config_attach_loc -> 
mainbus_attach -> 
config_found_ia -> 
config_attach_loc -> 
pciattach -> 
pcirescan -> 
pci_enumerate_bus -> 
pci_probe_device -> 
config_attach_loc -> 
viaide_attach ->
pciide_common_attach -> 
via_sata_chip_map ->
pciide_mapchan -> 
pciide_mapregs_native -> 
pci_intr_map
current-users (2010/08/03) says,
Disabling ACPI and SMP "boot netbsd -12" can boot my system.
current-users (2010/09/08)
YES, 'boot netbsd -12' boots fine


2010年09月22日(水) 旧暦 [n年日記] [更新:"2010/09/22 07:33:43"]

#1 [pkgsrc] xorg-macros version 1.8 or higher is required but 1.7.0 found

Just today's memo for pkgsrc:
===> Configuring for xf86-video-nv-2.1.16nb20100921
cd /export/pkgsrc/wip/xf86-video-nv-current/work/xf86-video-nv && autoreconf -v --install
autoreconf: Entering directory `.'
autoreconf: configure.ac: not using Gettext
autoreconf: running: aclocal 
configure.ac:35: error: xorg-macros version 1.8 or higher is required but 1.7.0 found
/usr/pkg/share/aclocal/xorg-macros.m4:39: XORG_MACROS_VERSION is expanded from...
configure.ac:35: the top level
autom4te: /usr/pkg/bin/gm4 failed with exit status: 1
aclocal: /usr/pkg/bin/autom4te failed with exit status: 1
autoreconf: aclocal failed with exit status: 1
*** Error code 1

Stop.
make: stopped in /export/pkgsrc/wip/xf86-video-nv-current
*** Error code 1

Stop.
make: stopped in /export/pkgsrc/wip/xf86-video-nv-current
stable@makoto 07:30:54/100922(..pkgsrc/wip)% grep xorg-macros.m4 ../x11/*/PLIST   
stable@makoto 07:31:48/100922(..pkgsrc/wip)% grep xorg-macros.m4 ../devel/*/PLIST
../devel/xorg-util-macros/PLIST:share/aclocal/xorg-macros.m4
stable@makoto 07:32:42/100922(..pkgsrc/wip)% 


2008年09月22日(月) 旧暦 [n年日記] [更新:"2008/09/23 14:35:42"]

#1 [NetBSD] ftp://ftp.jp.netbsd.org/pub/NetBSD-jp/mirror-status/release/

NetBSD-daily/HEAD 等の mirror をしているが、最近 expire 無で溜める一方 だった (要するに rsync に --delete を付けない)。 88% とか 92 % とか一日毎に 4% くらい増えている気がしたので、 やっと納品も終って、気分的に余裕が出来たので expire を作って見た。さんざん確認したつもりだったが HEAD の全てを消してしまった。 まあ、理由は考えればすぐ分ることだった。


2007年09月22日() 旧暦 [n年日記] [更新:"2007/09/22 19:46:09"]

#1 [pkgsrc][NetBSD] AMD CPU の bytebench の値を比較

以前に作った bytebench-plot-poler を見易くして見た。
agrigento.1  amd64 GENERIC
agrigento.2  amd64 MP
catania.3    i386  MP
catania.4    i386  MP (別の時に測定)
(これを見る限りは) NetBSD/amd64 (4.99.31) は NetBSD/i386 (4.99.29) に較べて、 File Copy 1024 busize 2000 maxblocks と Process Creation (だけ) が 劣っている

実は、上の二つの機械は CPU は全く同じものだけれど、 Release, Mother Board, Memory , Disk 等は全く同じではない。 機会があれば、もっと揃えて、贅沢を言えば、何回かの平均値を取って、 もっと正確な比較をして見たい。



2006年09月22日(金) 旧暦 [n年日記] [更新:"2006/09/23 00:25:58"]

#3 もつ 25 盛況

東京駅前店にて。 Jigoku さんに署名をもらう。

#2 shells/static-tcsh

いままでずうっと static-tcsh のようなものを作って来ていたが、それがなくなって tcsh の中の options での指定に変ったらしい。外から見ると、 どちらも同じ名前になってしまう。

#1 [NetBSD][pkgsrc] inputmethod/sj3-server-bin の patch

現在の環境 (NetBSD/macppc 4.99.1, gcc-4.1.2) では 変更 が必要だった。問題が起きるのは次のようなもの
=> Checking file-check results for sj3-server-bin-2.0.1.20nb6
ERROR: ************************************************************
ERROR: The following files are in the PLIST but not in /usr/pkg:
ERROR:         /usr/pkg/bin/sj3
ERROR:         /usr/pkg/bin/sj3dic
ERROR:         /usr/pkg/share/sj3/cvtkey.news
ERROR:         /usr/pkg/share/sj3/cvtkey.nwp511
ERROR:         /usr/pkg/share/sj3/cvtkey.nwp517
ERROR:         /usr/pkg/share/sj3/cvtkey.xterm
ERROR:         /usr/pkg/share/sj3/sjrc
ERROR:         /usr/pkg/share/sj3/sjrk
*** Error code 1
Darwin/powerpc の場合 と同じかな ?


2005年09月22日(木) 旧暦 [n年日記] [更新:"2005/09/22 20:03:46"]

#3 [3.99.9] mini upgraded to 3.99.9

一台を 3.99.9 にした。
NetBSD mini.ki.nu 3.99.9 NetBSD 3.99.9 (GENERIC) #1: Wed Sep 21 00:27:51 JST 2005 root@mini:/export/20050918/checkout/src/sys/arch/macppc/compile/obj/GENERIC macppc
最近の GENERIC は options insecure が入っていて、カーネルを作り直さ なくてもすぐに X が動くのでいい。

iso 形式も作った:

CD-R に書いて、 OF 1.0.5 の機械を
boot scsi/sd@3:0
で起動して 3.99.8 を 3.99.9 に Upgrade。これで二台目。 最近の sysinst は最後に stty echo をしていないような気がする ので、手で
# stty echo  ; stty sane
(表示されないが有効)

#2 [3.99.8] (USB) ohci_device_isoc_abort: early return

時々鼠や鍵盤が応答しなくなることがある。 その時に、X を強制終了しても、画面に

ohci_device_isoc_abort: early return

というような字が表示されて、制御が効かない。

#1 [Mail] spam

ルータで、ダイアルアップらしき ip address からの port 25 を落しているの に、最近ルータの外側に mx backup を付けたら、当然そちらからすり抜けて 来るようになってしまった。残念。

access_db を使ってはねて見ようか:



2002年09月22日() 旧暦 [n年日記]

#3 [機械] M8592J/A

Apple PowerBook3,4 4.3.7f3 BootPROM built on 04/17/02 at 14:45:13

0 > boot cd:,\\:tbxi

(8区画)
/         400    A/UX Root
swap      600    A/UX swap
/usr      500    A/UX /usr
/export  18.4 G  A/UX Free 1
ofwboot    32    MacOS 標準
MacOS 9   1 G    MacOS 拡張
MacOS X  12222   MacOS 拡張
DVD 用    5000   MacOS 拡張
合計     38154  

MacOS 9.2.2:

Netscape 7.0:


#2 [無題] 長さ 1m/m くらいのくもが画面を歩いている

子供なのかな。この大きさで、(多分) 目とか全て揃っている。 とても人間にはこの大きさに、ここまで作れないと思ふ。 何を食べるのかな。

#1 [NetBSD] macppc/build.sh

ここしばらく完走から程遠かったが、もしかして -u を付けていたせいか。 update -D 20020920-UTC と macppc-0911.tar.gz で、
./build.sh -O /ex2/current-ts/obj -R /ex2/current-ts/20020922r -D /ex2/current-ts/20020922d
output /ex2/current-ts/20020922.9797.log
-rw-r--r-- 1 root wheel 15960342 Sep 22 14:24 /ex2/current-ts/20020922.9797.log
-1478468369.663u -1478473603.195s 3:42:29.67 49330.5% 0+0k 20382+377872io 13787624pf+222w
makoto@u 14:24:27/020922(/ex2/current-ts)#

coff/rs6000.h: No such file or directory:

dependall ===> sys/arch/macppc/stand/fixcoff
/ex2/current-ts/obj/tools/tools.NetBSD-1.6A-powerpc/bin/nbhost-mkdep -a /ex2/current-ts/tar-src/sys/arch/macppc/stand/fixcoff/fixcoff.c
/ex2/current-ts/tar-src/sys/arch/macppc/stand/fixcoff/fixcoff.c:49: ../../../../../gnu/dist/include/coff/rs6000.h: No such file or directory
cc -O -c -o fixcoff.lo.o /ex2/current-ts/tar-src/sys/arch/macppc/stand/fixcoff/fixcoff.c
/ex2/current-ts/tar-src/sys/arch/macppc/stand/fixcoff/fixcoff.c:49: ../../../../../gnu/dist/include/coff/rs6000.h: No such file or directory
*** Error code 1
gnu/dist/toolchain/gcc/config/rs6000/rs6000.h gnu/dist/toolchain/include/coff/rs6000.h
この辺にならある。sys/arch/macppc/stand/fixcoff/fixcoff.c の中に、
#include "../../../../../gnu/dist/include/coff/rs6000.h"
と書いてある。

machine/loadfile_machdep.h: No such file or directory:

In file included from /ex2/current-ts/tar-src/sys/arch/macppc/stand/ofwboot/boot.c:48:
/ex2/current-ts/tar-src/sys/arch/macppc/stand/ofwboot/../../../../lib/libsa/loadfile.h:70: machine/loadfile_machdep.h: No such file or directory
nbmkdep: compile failed.
*** Error code 1
sys/arch/macppc/include/loadfile_machdep.h
sys/arch/macppc-head/include/loadfile_machdep.h
sys/arch/macppc-ts/include/loadfile_machdep.h
にはある。 sys/arch/macppc/stand/ofwboot/Makefile には、
46: CPPFLAGS+= -I${.CURDIR} -I${.CURDIR}/../../.. -I${.CURDIR}/../../../..
とあって、compile 時には
-I/ex2/current-ts/tar-src/sys/arch/macppc/stand/ofwboot -I/ex2/current-ts/tar-src/sys/arch/macppc/stand/o fwboot/../../.. -I/ex2/current-ts/tar-src/sys/arch/macppc/stand/ofwboot/../../../..
となっているので、これを、
46: CPPFLAGS+= -I${.CURDIR} -I${.CURDIR}/../../../include -I${.CURDIR}/../../../..

46: CPPFLAGS+= -I${.CURDIR} -I${.CURDIR}/../../.. -I${.CURDIR}/../../../include -I${.CURDIR}/../../../..
として、# include 文の machine/ も消しておけばいいはず。

nbinstall: netbsd-proto.cf: stat: No such file or directory:



2001年09月22日() 旧暦 [n年日記]

#2 [Sendmail] cf プロジェクト

設定ファイル:

Configuration file -> 設定ファイル -> cf ファイル
通常、設定ファイルというと、何かの入力側になる。 確かに sendmail.cf は sendmail の設定ファイルでは あるが、cf (m4 macro 機能) から見ると出力なので、 設定ファイルというのは少しだけ変な感じがしないでもない。
何と、そう言う入力としての設定ファイルに configuration file という字が使われている。
133 should always be at the end of the configuration file.
    The general

クオリファイされた:

正規化された。正式名。正当名。
僕の知っている qualify は、「認定試験に通った」 辞書だと「適格にする」っていうのもある。 Fully Quallified Domain Name = 正式名
LOCAL_RELAY     
The site that will handle unqualified names -- that
is, names without an @domain extension.
makoto              unqualified    非正当名
makoto@mail         qualified      正当名
makoto@test.domain  fully qualified domain name 
                                   完全正当名・正式名
こうやると、必ず、却って分り難いっていうやつがいるんだ。

DOMAIN 定義の中:

上記のいずれについても、``mailer:hostname'' (mailer が ``uucp-new'' の ような内部メイラ名で、hostname がそのメイラに応じたホスト名である場合) 、またはデフォルトのメイラタイプ (通常は SMTP にもとづくメイラの一種で いません。警告: ネームサーバで自分のドメインにワイルドカード MX レコー
何か変。

#1 勉強会 10:00-17:10

その後、 佳曜亭で打上げ。
たけのこ会という名前になる。


2000年09月22日(金) 旧暦 [n年日記]

#1 [gettext] の素晴しい入門

http://www.ainet.or.jp/~inoue/memo/gettext.html
某所で jitterbug の /etc/jitterbug/PACKAGE に locale = ja と書いても日本語化されないので、変だなぁと、 まず gettext が NetBSD では問題ないことを確認するのに、 上記 URL の例を動かして見た。
そう言えば、そういう日本語化の文字は最近良く見ていた。namazu とか。 なので NetBSD でも問題ないことは知っていて良かったはずだけれど。
jitterbug の方は chroot() するので、その中に /usr/share/locale/ とかが必要だった。 それは ktrace jitterbug.cgi して見て分った。



最近の日記
2020年06月21日
sourceforge ban recovered
2020年05月27日
sudo service ssh start
2020年05月16日
Router host down
2020年04月29日
pan cake Japanese Hot cake
2020年03月31日
sysinst
以上、10 日分です。
タイトル一覧
カテゴリ分類
Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project

Count.cgi (since 2000/02/05)