hns - 日記自動生成システム - Version 2.19.9

  • 12/07() 0700 -- ARRL 160m
  • 12/10(火) mk 誕生日
  • 12/10(火) 住民税
  • 12/14() 0900 -- ARRL 10m
  • 12/18(水) 不燃ごみ
  • 12/19(木) CQ Ham Radio
  • 12/21() 木之本会議
  • 12/25(水) Interface
  • 12/26(木) ○ 固定資産税振替・支払
  • 12/29() 0000 -- 2359 Stew Perry DC
  • 12/31(火) NTT 東 払込期日
  • 01/01(水) atactl check
  • 01/01(水) 不燃ごみ
  • 403 JNUG 総会/BOF 2017/07/08 (土)
  • 402 用途別 Emacs ( C, LaTeX, 日本語 )
  • 380 cvsweb の移行
  • 370 tamago 辞書登録
  • 368 CROSS (cross/i386-mingw32, cross/powerpc-linux ) Framework --- binutils + gcc
  • 363 Wanderlust+HyperEstraier
  • 360 evbppc 用 patch / 玄箱
  • 335 /dev/battery is missing hack | libgcc_s_pic.a is missing | samba の -PIE 問題335 ntpd monitor
  • 325 tcode頁の更新
  • 322 software |hardware
  • 321 emacs-22 | IPv6
  • 320 bulk build (Mac OS X 10.4 and NetBSD/macppc)
  • 310 Wanderlust の Namazu の挙動
  • 290 WordPress 1.2 -> 1.5 migration
  • 220 Wanderlust で日本語題名の wl-summary-print-buffer
  • 215 NetBSD/ofppc
便利なツール
Emacs
らくらく 入門
rakuraku-emacs-cover

先月 2019年12月 来月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Namazu for hns による簡易全文検索
詳しくは 詳細指定/ヘルプを参照して下さい
検索式:

2015年09月22日(火) 旧暦 [n年日記] [更新:"2015/09/22 10:33:36"]

#1 [pkgsrc] The very first clone pkgsrc-wip

h97@makoto 19:10:31/150922(..usr/pkgsrc)% mv wip wip-cvs
h97@makoto 19:10:35/150922(..usr/pkgsrc)% git clone mef@wip.pkgsrc.org:/pkgsrc-wip.git wip
Cloning into 'wip'...
remote: Counting objects: 288911, done.
remote: Compressing objects: 100% (116618/116618), done.
remote: Total 288911 (delta 167573), reused 288847 (delta 167536)
Receiving objects: 100% (288911/288911), 323.74 MiB | 284.00 KiB/s, done.
Resolving deltas: 100% (167573/167573), done.
Checking connectivity... done.
Checking out files: 100% (23857/23857), done.
h97@makoto 19:33:48/150922(..usr/pkgsrc)% 


2013年09月22日() 旧暦 [n年日記] [更新:"2013/09/22 16:45:19"]

#1 [NetBSD] NetBSD/i386 5.2 (INSTALL_FLOPPY) hung

dmesg
...
viaide0 at pci0 dev 7 function 0
viaide0: NVIDIA nForce4 Serial ATA Controller (rev. 0xf3)
viaide0: using ioapic0 pin 11 for native-PCI interrupt
atabus0 at viaide0 channel 0
atabus1 at viaide0 channel 1
viaide1 at pci0 dev 8 function 0
viaide1: NVIDIA nForce4 Serial ATA Controller (rev. 0xf3)
pci_intr_map: bus 0 dev 8 func 0 pin 1; line 10
pci_intr_map: no MP mapping found
Hung after above message is shown.
amd64 6.99.19
viaide0 at pci0 dev 7 function 0: NVIDIA nForce4 Serial ATA Controller (rev. 0xf3)
viaide0: bus-master DMA support present
viaide0: primary channel wired to native-PCI mode
LTID: Picked IRQ 22 with weight 0
viaide0: using ioapic0 pin 22 for native-PCI interrupt
atabus0 at viaide0 channel 0
viaide0: secondary channel wired to native-PCI mode
atabus1 at viaide0 channel 1
viaide1 at pci0 dev 8 function 0: NVIDIA nForce4 Serial ATA Controller (rev. 0xf3)
viaide1: bus-master DMA support present
viaide1: primary channel wired to native-PCI mode
LSI1: Picked IRQ 23 with weight 0
viaide1: using ioapic0 pin 23 for native-PCI interrupt
atabus2 at viaide1 channel 0
viaide1: secondary channel wired to native-PCI mode
atabus3 at viaide1 channel 1
Having panic(" .."); after the line, and bt in ddb, the calling sequence to pci_intr_map is as follows.
main -> 
cpu_configure -> 
config_rootfound -> 
config_attach -> 
config_attach_loc -> 
mainbus_attach -> 
config_found_ia -> 
config_attach_loc -> 
pciattach -> 
pcirescan -> 
pci_enumerate_bus -> 
pci_probe_device -> 
config_attach_loc -> 
viaide_attach ->
pciide_common_attach -> 
via_sata_chip_map ->
pciide_mapchan -> 
pciide_mapregs_native -> 
pci_intr_map
current-users (2010/08/03) says,
Disabling ACPI and SMP "boot netbsd -12" can boot my system.
current-users (2010/09/08)
YES, 'boot netbsd -12' boots fine


2010年09月22日(水) 旧暦 [n年日記] [更新:"2010/09/22 07:33:43"]

#1 [pkgsrc] xorg-macros version 1.8 or higher is required but 1.7.0 found

Just today's memo for pkgsrc:
===> Configuring for xf86-video-nv-2.1.16nb20100921
cd /export/pkgsrc/wip/xf86-video-nv-current/work/xf86-video-nv && autoreconf -v --install
autoreconf: Entering directory `.'
autoreconf: configure.ac: not using Gettext
autoreconf: running: aclocal 
configure.ac:35: error: xorg-macros version 1.8 or higher is required but 1.7.0 found
/usr/pkg/share/aclocal/xorg-macros.m4:39: XORG_MACROS_VERSION is expanded from...
configure.ac:35: the top level
autom4te: /usr/pkg/bin/gm4 failed with exit status: 1
aclocal: /usr/pkg/bin/autom4te failed with exit status: 1
autoreconf: aclocal failed with exit status: 1
*** Error code 1

Stop.
make: stopped in /export/pkgsrc/wip/xf86-video-nv-current
*** Error code 1

Stop.
make: stopped in /export/pkgsrc/wip/xf86-video-nv-current
stable@makoto 07:30:54/100922(..pkgsrc/wip)% grep xorg-macros.m4 ../x11/*/PLIST   
stable@makoto 07:31:48/100922(..pkgsrc/wip)% grep xorg-macros.m4 ../devel/*/PLIST
../devel/xorg-util-macros/PLIST:share/aclocal/xorg-macros.m4
stable@makoto 07:32:42/100922(..pkgsrc/wip)% 


2008年09月22日(月) 旧暦 [n年日記] [更新:"2008/09/23 14:35:42"]

#1 [NetBSD] ftp://ftp.jp.netbsd.org/pub/NetBSD-jp/mirror-status/release/

NetBSD-daily/HEAD 等の mirror をしているが、最近 expire 無で溜める一方 だった (要するに rsync に --delete を付けない)。 88% とか 92 % とか一日毎に 4% くらい増えている気がしたので、 やっと納品も終って、気分的に余裕が出来たので expire を作って見た。さんざん確認したつもりだったが HEAD の全てを消してしまった。 まあ、理由は考えればすぐ分ることだった。


2007年09月22日() 旧暦 [n年日記] [更新:"2007/09/22 19:46:09"]

#1 [pkgsrc][NetBSD] AMD CPU の bytebench の値を比較

以前に作った bytebench-plot-poler を見易くして見た。
agrigento.1  amd64 GENERIC
agrigento.2  amd64 MP
catania.3    i386  MP
catania.4    i386  MP (別の時に測定)
(これを見る限りは) NetBSD/amd64 (4.99.31) は NetBSD/i386 (4.99.29) に較べて、 File Copy 1024 busize 2000 maxblocks と Process Creation (だけ) が 劣っている

実は、上の二つの機械は CPU は全く同じものだけれど、 Release, Mother Board, Memory , Disk 等は全く同じではない。 機会があれば、もっと揃えて、贅沢を言えば、何回かの平均値を取って、 もっと正確な比較をして見たい。



2006年09月22日(金) 旧暦 [n年日記] [更新:"2006/09/23 00:25:58"]

#3 もつ 25 盛況

東京駅前店にて。 Jigoku さんに署名をもらう。

#2 shells/static-tcsh

いままでずうっと static-tcsh のようなものを作って来ていたが、それがなくなって tcsh の中の options での指定に変ったらしい。外から見ると、 どちらも同じ名前になってしまう。

#1 [NetBSD][pkgsrc] inputmethod/sj3-server-bin の patch

現在の環境 (NetBSD/macppc 4.99.1, gcc-4.1.2) では 変更 が必要だった。問題が起きるのは次のようなもの
=> Checking file-check results for sj3-server-bin-2.0.1.20nb6
ERROR: ************************************************************
ERROR: The following files are in the PLIST but not in /usr/pkg:
ERROR:         /usr/pkg/bin/sj3
ERROR:         /usr/pkg/bin/sj3dic
ERROR:         /usr/pkg/share/sj3/cvtkey.news
ERROR:         /usr/pkg/share/sj3/cvtkey.nwp511
ERROR:         /usr/pkg/share/sj3/cvtkey.nwp517
ERROR:         /usr/pkg/share/sj3/cvtkey.xterm
ERROR:         /usr/pkg/share/sj3/sjrc
ERROR:         /usr/pkg/share/sj3/sjrk
*** Error code 1
Darwin/powerpc の場合 と同じかな ?


2005年09月22日(木) 旧暦 [n年日記] [更新:"2005/09/22 20:03:46"]

#3 [3.99.9] mini upgraded to 3.99.9

一台を 3.99.9 にした。
NetBSD mini.ki.nu 3.99.9 NetBSD 3.99.9 (GENERIC) #1: Wed Sep 21 00:27:51 JST 2005 root@mini:/export/20050918/checkout/src/sys/arch/macppc/compile/obj/GENERIC macppc
最近の GENERIC は options insecure が入っていて、カーネルを作り直さ なくてもすぐに X が動くのでいい。

iso 形式も作った:

CD-R に書いて、 OF 1.0.5 の機械を
boot scsi/sd@3:0
で起動して 3.99.8 を 3.99.9 に Upgrade。これで二台目。 最近の sysinst は最後に stty echo をしていないような気がする ので、手で
# stty echo  ; stty sane
(表示されないが有効)

#2 [3.99.8] (USB) ohci_device_isoc_abort: early return

時々鼠や鍵盤が応答しなくなることがある。 その時に、X を強制終了しても、画面に

ohci_device_isoc_abort: early return

というような字が表示されて、制御が効かない。

#1 [Mail] spam

ルータで、ダイアルアップらしき ip address からの port 25 を落しているの に、最近ルータの外側に mx backup を付けたら、当然そちらからすり抜けて 来るようになってしまった。残念。

access_db を使ってはねて見ようか:



2002年09月22日() 旧暦 [n年日記]

#3 [機械] M8592J/A

Apple PowerBook3,4 4.3.7f3 BootPROM built on 04/17/02 at 14:45:13

0 > boot cd:,\\:tbxi

(8区画)
/         400    A/UX Root
swap      600    A/UX swap
/usr      500    A/UX /usr
/export  18.4 G  A/UX Free 1
ofwboot    32    MacOS 標準
MacOS 9   1 G    MacOS 拡張
MacOS X  12222   MacOS 拡張
DVD 用    5000   MacOS 拡張
合計     38154  

MacOS 9.2.2:

Netscape 7.0:


#2 [無題] 長さ 1m/m くらいのくもが画面を歩いている

子供なのかな。この大きさで、(多分) 目とか全て揃っている。 とても人間にはこの大きさに、ここまで作れないと思ふ。 何を食べるのかな。

#1 [NetBSD] macppc/build.sh

ここしばらく完走から程遠かったが、もしかして -u を付けていたせいか。 update -D 20020920-UTC と macppc-0911.tar.gz で、
./build.sh -O /ex2/current-ts/obj -R /ex2/current-ts/20020922r -D /ex2/current-ts/20020922d
output /ex2/current-ts/20020922.9797.log
-rw-r--r-- 1 root wheel 15960342 Sep 22 14:24 /ex2/current-ts/20020922.9797.log
-1478468369.663u -1478473603.195s 3:42:29.67 49330.5% 0+0k 20382+377872io 13787624pf+222w
makoto@u 14:24:27/020922(/ex2/current-ts)#

coff/rs6000.h: No such file or directory:

dependall ===> sys/arch/macppc/stand/fixcoff
/ex2/current-ts/obj/tools/tools.NetBSD-1.6A-powerpc/bin/nbhost-mkdep -a /ex2/current-ts/tar-src/sys/arch/macppc/stand/fixcoff/fixcoff.c
/ex2/current-ts/tar-src/sys/arch/macppc/stand/fixcoff/fixcoff.c:49: ../../../../../gnu/dist/include/coff/rs6000.h: No such file or directory
cc -O -c -o fixcoff.lo.o /ex2/current-ts/tar-src/sys/arch/macppc/stand/fixcoff/fixcoff.c
/ex2/current-ts/tar-src/sys/arch/macppc/stand/fixcoff/fixcoff.c:49: ../../../../../gnu/dist/include/coff/rs6000.h: No such file or directory
*** Error code 1
gnu/dist/toolchain/gcc/config/rs6000/rs6000.h gnu/dist/toolchain/include/coff/rs6000.h
この辺にならある。sys/arch/macppc/stand/fixcoff/fixcoff.c の中に、
#include "../../../../../gnu/dist/include/coff/rs6000.h"
と書いてある。

machine/loadfile_machdep.h: No such file or directory:

In file included from /ex2/current-ts/tar-src/sys/arch/macppc/stand/ofwboot/boot.c:48:
/ex2/current-ts/tar-src/sys/arch/macppc/stand/ofwboot/../../../../lib/libsa/loadfile.h:70: machine/loadfile_machdep.h: No such file or directory
nbmkdep: compile failed.
*** Error code 1
sys/arch/macppc/include/loadfile_machdep.h
sys/arch/macppc-head/include/loadfile_machdep.h
sys/arch/macppc-ts/include/loadfile_machdep.h
にはある。 sys/arch/macppc/stand/ofwboot/Makefile には、
46: CPPFLAGS+= -I${.CURDIR} -I${.CURDIR}/../../.. -I${.CURDIR}/../../../..
とあって、compile 時には
-I/ex2/current-ts/tar-src/sys/arch/macppc/stand/ofwboot -I/ex2/current-ts/tar-src/sys/arch/macppc/stand/o fwboot/../../.. -I/ex2/current-ts/tar-src/sys/arch/macppc/stand/ofwboot/../../../..
となっているので、これを、
46: CPPFLAGS+= -I${.CURDIR} -I${.CURDIR}/../../../include -I${.CURDIR}/../../../..

46: CPPFLAGS+= -I${.CURDIR} -I${.CURDIR}/../../.. -I${.CURDIR}/../../../include -I${.CURDIR}/../../../..
として、# include 文の machine/ も消しておけばいいはず。

nbinstall: netbsd-proto.cf: stat: No such file or directory:



2001年09月22日() 旧暦 [n年日記]

#2 [Sendmail] cf プロジェクト

設定ファイル:

Configuration file -> 設定ファイル -> cf ファイル
通常、設定ファイルというと、何かの入力側になる。 確かに sendmail.cf は sendmail の設定ファイルでは あるが、cf (m4 macro 機能) から見ると出力なので、 設定ファイルというのは少しだけ変な感じがしないでもない。
何と、そう言う入力としての設定ファイルに configuration file という字が使われている。
133 should always be at the end of the configuration file.
    The general

クオリファイされた:

正規化された。正式名。正当名。
僕の知っている qualify は、「認定試験に通った」 辞書だと「適格にする」っていうのもある。 Fully Quallified Domain Name = 正式名
LOCAL_RELAY     
The site that will handle unqualified names -- that
is, names without an @domain extension.
makoto              unqualified    非正当名
makoto@mail         qualified      正当名
makoto@test.domain  fully qualified domain name 
                                   完全正当名・正式名
こうやると、必ず、却って分り難いっていうやつがいるんだ。

DOMAIN 定義の中:

上記のいずれについても、``mailer:hostname'' (mailer が ``uucp-new'' の ような内部メイラ名で、hostname がそのメイラに応じたホスト名である場合) 、またはデフォルトのメイラタイプ (通常は SMTP にもとづくメイラの一種で いません。警告: ネームサーバで自分のドメインにワイルドカード MX レコー
何か変。

#1 勉強会 10:00-17:10

その後、 佳曜亭で打上げ。
たけのこ会という名前になる。


2000年09月22日(金) 旧暦 [n年日記]

#1 [gettext] の素晴しい入門

http://www.ainet.or.jp/~inoue/memo/gettext.html
某所で jitterbug の /etc/jitterbug/PACKAGE に locale = ja と書いても日本語化されないので、変だなぁと、 まず gettext が NetBSD では問題ないことを確認するのに、 上記 URL の例を動かして見た。
そう言えば、そういう日本語化の文字は最近良く見ていた。namazu とか。 なので NetBSD でも問題ないことは知っていて良かったはずだけれど。
jitterbug の方は chroot() するので、その中に /usr/share/locale/ とかが必要だった。 それは ktrace jitterbug.cgi して見て分った。



最近の日記
2019年11月30日
NetBSD-9.0_RC1-amd64-install.img.gz
2019年11月25日
一回目の大根を漬けた
2019年11月08日
math/py-tables
2019年11月03日
(Wanderlust) problem reading mail メールが読めなくなって
2019年10月26日
Power Supply Antec EA-380D
以上、10 日分です。
タイトル一覧
カテゴリ分類
Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project

Count.cgi (since 2000/02/05)