hns - 日記自動生成システム - Version 2.19.9

先月 2008年12月 来月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Namazu for hns による簡易全文検索
詳しくは 詳細指定/ヘルプを参照して下さい
検索式:

2008年12月20日() 旧暦 [n年日記] [更新:"2008/12/22 08:23:15"]

#1 [Emacs] wip/emacs-current options.mk: font-backend

という訳で /etc/mk.conf に、次の二行目を加えて見た。
PKG_OPTIONS.emacs_current=      xaw
PKG_OPTIONS.emacs_current+=     font-backend
それで wip/emacs-current で sudo make package して見ると、次のものが一緒に入る
libotf-0.9.8nb1     Library for handling OpenType fonts (OTF)
fribidi-0.10.9      Free Implementation of the Unicode Bidirectional Algorithm
m17n-db-1.5.2       The m17n database used by the m17n library
m17n-lib-1.5.2nb1   Multilingualization library
これで何が変ったか良く分らない訳だけれど、
Shift + button 1 
で、次のような選択が出て来る。
  Change Default Buffer Face

Change Text Font           -> Fontset
Increase Buffer Text Size     Courier
Decrease Buffer Text Size     Misc
Reset To Default
実は、以前にはこれらがなかったか確信がなかったので、 一度 pkg_delete -f emacs して 以前に作ってあったものを使って
  sudo pkg_add emacs-23.0.60-20080215.tgz
して見たが、確かにない、というか Change Text Font の部分しかない (もっとも本来なら /etc/mk.conf を変化させるだけで比較するべきであるが)。
それで、この Increase Buffer Text Size を使うと文字が段々大きくなる。 でも漢字までは大きくなっていない気がする。 単に TrueType の漢字書体を用意していないからかも知れない。
ttyr5:makoto@genova 23:17:14/081220(...packages/All)> \
fslsfonts -s unix/:7100 | grep ipamincho |grep 0208
-misc-ipamincho-medium-r-normal--0-0-0-0-m-0-jisx0208.1983-0
-misc-ipamincho-medium-r-normal--0-0-0-0-m-0-jisx0208.1990-0
入っている気もするけれど。emacs の書体設定が不適切だからも知れない。
全く変化しないという訳でもなく、違う刻みで変化するようだ。 「一回は英字が小さくなっても漢字はそのまま、でも二回目には、両方小さくなる」 とか。

一応書いておくと font-backend は次のようにして有効になっている。

.include "../../fonts/fontconfig/buildlink3.mk"
.include "../../graphics/libotf/buildlink3.mk"
.include "../../graphics/freetype2/buildlink3.mk"
.include "../../x11/libXft/buildlink3.mk"
.include "../../devel/m17n-lib/buildlink3.mk"

CONFIGURE_ARGS+=  --enable-font-backend

○ × の件 ( 最近は両方とも半分の幅に):

2008/12/09 に書いた Emacs mixed emotion (× が半分の大きさ) の件だけれども、最近は ○ も半分の幅になって、○ と × だけで作った表 だと、一応揃って見える。しかし日付の方の数字や曜日名はそれは出来ないから 右のように、ちょっとさびしい。(mixed emotion again = 複雑な心境)。

多分関係ないと思うけれど、気になったので



2008年12月19日(金) 旧暦 [n年日記] [更新:"2008/12/19 09:34:30"]

#1 [Emacs] 街で見かけた emacs-23.0.60

running-dog 2008/12/08 の日記 から:
emacs-23.60 は pango+cairo のアンチエイリアス対応ができるのですが、scim からの入力ができず、日本語がまるで打ち込めない状態
pango+cairo って何だろう。 Pango は GNOME プラットフォームで文字列やフォントを取り扱うコアなライブラリです
「Cairo は 2D グラフィックス・ライブラリの一つ」だそうです。
因みに、僕のにも一応入ってはいるらしいが、それが何か ? という感じで:
glitz-0.5.6nb2      OpenGL 2D graphics library and a backend for gl output in cairo
cairo-1.4.12        Vector graphics library with cross-device output support
cairomm-1.4.6       C++ API for cairo
pango-1.18.4        Library for layout and rendering of text
もしかして、それがあるので xterm でも漢字が表示出来る ? ... 何も分っていない。


2008年12月18日(木) 旧暦 [n年日記] [更新:"2008/12/22 00:06:26"]

#1 [gcc][doxygen] gcc-4.2.1 を doxygen して見る

  • 何故か graphics/graphviz は make 出来ない ので pkg_add する
    sudo env PKG_PATH=ftp://ftp.jp.netbsd.org/pub/pkgsrc/packages/NetBSD/i386/4.0/All pkg_add graphviz
    doxygen も同様。その結果
    ttyp4:makoto@modena 10:38:34/081221(/tmp/doxygen)> pkg_info | tail -2 
    pkg_info: disabling PKG_PATH when operating on all packages.
    graphviz-2.16.1nb3  Graph Drawing Programs from AT&T Research and Lucent Bell Labs
    doxygen-1.5.7.1     Documentation system for C++, Java, IDL and C
    
  • doxygen -g を使って Doxyfile を作る
  • 作った Doxyfile を 少し変更 (15 項目くらい)
  • gcc の方は i386 用に 作業 directory work を作り、その中で configure; make しておく
  • doxygen を実行すると5 時間近くかかった (ML115 athlonx2 2.4GHz)
    cpu0: AMD Athlon 64 FX or Athlon 64 X2 (686-class), 2400.14 MHz, id 0x40f33
    
    cd gcc-4.2.1
    time doxygen /tmp/Doxyfile
    ...
    Generating file member index...
    13673.239u 3285.529s 4:46:27.81 98.6%   0+0k 4188+530818io 1pf+0w
    
  • 出来たもののうち html の大きさは約 2.4GB
    ttyp0:makoto@modena 7:36:31/081221(...local-src/gcc-4.2.1)> du -sk  html
    2375448 html
    ttyp0:makoto@modena 7:36:43/081221(...local-src/gcc-4.2.1)> du -sm  html
    2320    html
    
  • これを ようにしておく (但しそれぞれが大きいので、見るだけでも何かと時間がかかる。 と言っても apache 側で directory を見るのに時間がかかっているだけかも知れない)
    ttyp4:makoto@modena 11:06:48/081221(/tmp/doxygen)> ls ~/i/gcc-4.2.1-doxygen/ | wc
       76532   76532 4141816
    
    76k files ある。ls だけで 40 秒くらいかかる。
-SEPARATE_MEMBER_PAGES  = NO
+SEPARATE_MEMBER_PAGES  = YES
した方がいいかな


2008年12月14日() 旧暦 [n年日記] [更新:"2008/12/14 22:10:06"]

#1 [無線] CQ WW DX Contest CW 2008 の点数

それで やっと最初の数局の資料が読めるようになったので N1MM の Export を使って ADIF 形式を作成し、以前に用意していた他の部分 に Import した。実は N1MM はちゃんと計算してくれて、次のような結果になった。
BandQSOsPtsCtyZN
1.81311
3.519491010
7451272416
143811299
212660148
2872142
Total1363726246
Score : 40,176
50W + 14.5m 垂直 + AH-4 (地上高 0m) + 40回巻(160m 用)
似たような設備の方の場合:
やっぱり無線がしたい (JF3KQA)
<<梅>> 備忘録 〜Random Walk (JA1OHP, 4m の線で 140 局だそうだ。すごい)

Zone x Freq Matrix:

ZLog だと周波数と zone の行列を表示してくれるらしいが、N1MM には簡単には見つからなかった ので perl 手続き: cbr-to-zone.0 を作って見た。使い方は cbr 形式を標準入力から読ませるだけ。 更に横方向を縮めるようにしたもの → cbr-to-zone
ttyp1:makoto@catania 21:53:33/081214(~)> perl tmp/CONTEST/cbr-to-zone < ~/tmp/CONTEST/cqww2008cw.log
   0                   1                   2                   3                   4
     1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 
 1.8     x                                                                           
 3.5     x x                   x x     x x         x     x x     x                   
   7     x x             x   x x x x x     x   x   x     x     x x x x               
  14 x   x x x                   x               x       x x     x                   
  21                                           x   x   x x x x x x                   
  28                                                     x     x                     


2008年12月13日() 旧暦 [n年日記] [更新:"2008/12/14 17:54:56"]

#1 [機械] (Win XP) Let's Note CF-R1 を回復

11/29 日頃に使えなくなってしまった Let's Note CF-R1 (Windows XP) を回復した。
  1. NetBSD に netboot サーバを設定して F12 で netboot
    ただし、このサーバにした機械は最近 i/f に alias を設定していて、
    192.168.1.2 alias
    
    のような文を /etc/ifconfig.if に書いていたが、これでは mountd が起動してくれなくて、次のように netmask を書いたら うまく行った。
    192.168.1.2 netmask 0xffffffff alias
    
  2. 別の機械に外付 USB disk をつなぎ、CF-R1 は netboot しておき shell に抜けてから、次のようにして写す
    dd if=/dev/wd0d bs=2m | rcmd -u root 192.168.1.100 dd of=/dev/sd0d bs=2m
    
    (rcmd が使えるためには相手側の /etc/inetd.conf の shell 行を生かすことと、 /root/.rhosts に自機の IP address を書いておく。ただし、危険なの で、他からつながらない network でやる) これは 2008/10/23 にも同じことをやった。今回は NetBSD/5.0 RC を使った。 kernel は FLOPPY の名前のもの (netbsd-INSTALL_FLOPPY.gz) を netbsd の名前でも見えるようにして読ませた。
  3. ところが、時々止ってしまう。^T (control T) で調べると (netio) でなくて (select) になっている。実は CF-R1 を起動す る時に(いつもは決して使わないのに) 安易に dhclient rtk0 をして いて、何かの拍子に IP address が変化してしまっていたように思う。
  4. ネットワークを点検、再開してから、次のようにして、写す方も再開
    dd if=/dev/wd0d bs=2m skip=nnnn | rcmd -u root dd of=/dev/sd0d bs=2m seek=nnnn
    
    この skip と seek を使って再開出来るのが dd の好きなところ
  5. 何故か 600kB/s の速度しか出ず、20GB を写すのに 10 時間くらいかかった ような気もする。
  6. それで写した先を別の窓機につなぐと、中身が問題なく見えた気が したので安心して
  7. WinXP CDROM から起動して、回復を選び fixboot と fixmbr を入力して から再起動したら、何げなく、元通り起動した。


2008年12月12日(金) 旧暦 [n年日記] [更新:"2008/12/12 17:05:18"]

#1 [pkgsrc] Editors Work Bench

EWB という名前を聞いたのでとりあえず make しようかと 作って見た → ewb が、buildlink3 が全く分っていないためだと思うけれど、 今は
cc -DPACKAGE=\"ewb\" -DVERSION=\"3.3\" -DHAVE_LIBCURSES=1
-DHAVE_LIBTERMCAP=1 -DHAVE_LIBCOMPAT=1 -DSTDC_HEADERS=1
-DHAVE_DIRENT_H=1 -DHAVE_SYS_WAIT_H=1 -DHAVE_FCNTL_H=1
-DHAVE_MALLOC_H=1 -DHAVE_SGTTY_H=1 -DHAVE_STRINGS_H=1
-DHAVE_SYS_FILE_H=1 -DHAVE_SYS_TIME_H=1 -DHAVE_UNISTD_H=1
-DHAVE_ST_BLKSIZE=1 -DHAVE_ST_BLOCKS=1 -DHAVE_ST_RDEV=1
-DTIME_WITH_SYS_TIME=1 -DYYTEXT_POINTER=1
-DSYS_SIGLIST_DECLARED=1 -DHAVE_ALLOCA=1 -DRETSIGTYPE=void
-DHAVE_STRFTIME=1 -DHAVE_VPRINTF=1 -DHAVE_GETCWD=1
-DHAVE_GETWD=1 -DHAVE_MKDIR=1 -DHAVE_MKTIME=1 -DHAVE_PUTENV=1
-DHAVE_RE_COMP=1 -DHAVE_REGCOMP=1 -DHAVE_SELECT=1
-DHAVE_STRDUP=1 -I. -I.  -I/usr/pkg/include -g -DEUC -DSUN
-I../common -c edit.c

edit.c:10:18: error: term.h: No such file or directory
edit.c: In function 'paste':
edit.c:807: warning: assignment from incompatible pointer type
edit.c:808: warning: assignment from incompatible pointer type
edit.c:872: warning: passing argument 2 of 'signal' from incompatible pointer type
と言われてしまう。 -I/usr/pkg/include の部分を何とかするのか、それとも .wrapper/include -> include を(何かで)作っておくのかなと思っている。


2008年12月09日(火) 旧暦 [n年日記] [更新:"2008/12/10 00:46:56"]

#1 [Emacs] Emacs mixed emotion (× が半分の大きさ)

Emacs は 23.0.60 を使っているが、書体に関連して、うれしいこととちょっと不便に 思っていることがある。
  • うれしいことはキリル文字が半分の大きさで表示されること
  • ちょっと不便に思っているのは × も半分の大きさになっていること
日程の都合の一覧表等を書く時には、やはり × は漢字と同じ大きさ になっていた方が具合が良い。設定でこれを変更する方法はまだ分っていない。


2008年12月08日(月) 旧暦 [n年日記] [更新:"2008/12/10 00:59:36"]

#1 [機械] atactl wd0 smart status

ttyp0:makoto@ml 0:54:44/081210(...spool/ml)> sudo atactl wd0 smart status
SMART supported, SMART enabled
idvaluetthreshcritcollectreliabilitydescriptionraw
19262yesonlinepositiveRaw read error rate2621448
210040yesofflinepositiveThroughput performance0
310333yesonlinepositiveSpin-up time64424509441
4980noonlinepositiveStart/stop count3515
51005yesonlinepositiveReallocated sector count0
710067yesonlinepositiveSeek error rate0
810040yesofflinepositiveSeek time performance0
9840noonlinepositivePower-on hours count7396
1010060yesonlinepositiveSpin retry count0
12990noonlinepositiveDevice power cycle count2223
1911000noonlinepositiveGsense error rate0
1921000noonlinepositivePower-off retract count37
193780noonlinepositiveLoad cycle count227380
1941570noonlinepositiveTemperature35 Lifetime max/min 13/53
1961000noonlinepositiveReallocated event count54
1971000noonlinepositiveCurrent pending sector21
1981000noofflinepositiveOffline uncorrectable0
1992000noonlinepositiveUltra DMA CRC error count0
これは早く交換しなくては


2008年12月07日() 旧暦 [n年日記] [更新:"2008/12/10 00:51:22"]

#1 [無題] もちつき大会

恒例のもちつき大会があった。 ちょっと枚数が少ないけれど → 写真。

餅米 30kg, 薩摩芋 10kg, その他に、餡、きな粉、汁等も 用意してあった。



2008年12月05日(金) 旧暦 [n年日記] [更新:"2008/12/06 02:13:43"]

#1 [NetBSD][gcc] 長い uname で cross/gcc を作ると

The machine who gives a little bit long name like:
uname -r
4.0.0_PATCH
You may encounter the situation:
mkdir build-i386-unknown-netbsdelf4.0.0./libiberty
Configuring in build-i386-unknown-netbsdelf4.0.0./libiberty
configure: error: cannot find sources (xmalloc.c) in ../../gcc-4.1.1/libiberty
You may avoid this problem by giving explicit --host= args like below:
../gcc-4.1.1/configure --target=m68hc11-none --host=i386--netbsd --enable-languages=c
See the diary on 2008/07/24 also ( most in Japanese).

#2 [pkgsrc] print/ja-vflib-lib

I am getting following problem.
cd /export/pkgsrc/print/ja-vflib-lib/work.modena/VFlib2-2.24.2 &&  -rw jTeX /usr/pkg/share/VFlib/2.24.2
-rw: not found
So I needed following line for pkgsrc/print/ja-vflib-lib/Makefile
+USE_TOOLS+=            pax
Am I doing something wrong ?

Yes I was wrong, Makefile has been updated May 2008.

don't know how to create bitmap font for rml.:

mktexpk: don't know how to create bitmap font for rml.
See my diary on 2006/07/27 for the problem and diary on 2006/08/17 for the solution.
19:12   sudo vi /usr/pkg/share/texmf-local/dvipdfm/cid-x.map
19:13   sudo vi /usr/pkg/share/texmf-local/dvipdfm/dvipdfmx.cfg
add two lines for cid-x.map
rml H Ryumin-Light
gbm H GothicBBB-Medium
uncomment the line for dvipdfmx.cfg: next to the line of (from)
 "%% GhostScript (Unix/Linux):"
 %D ...
(to)
 "%% GhostScript (Unix/Linux):"
 D ...

#3 [pkgsrc] gid conflicts

いつもは id-utils を使っている。これには gid という 正規表現で識別子を表示してくれる操作がある。 きょうは sha256 *1 が要るかなと
sysutils/coreutils
を入れようとしたら、gid (という名前)が conflict していると言われた。 通常 id 操作を使うが、これの GNU 版なので gid という名前になる。 とりあえず、それだけの問題なので、Makefile を編集して conflict 条項を 消して make package した。この後で id-utils を pkg_add して上書きすれば、 多分大丈夫 (かな)。 実際、これが問題になる前に作った package だったのか、 pkg_add は通った (良く見たら、手元で自分で使った package を使っていた)。 devel/idutils は、やはり CONFLICTS が書いてある。

それで、 id-utils 側の名前を変更すればいいのだと思うけれど、そうすると elscreen も直すことになるから、ちょっと面倒。

coreutils の方に options.mk を付けて gid は ggid という名前で設置 ということにしてもらえないかな。id ってそれほど重要な操作とは思え ないので。要するに(その) ggid に出来て id に出来ない機能があるか どうかが一番の問題。

coreutils 側に option 指定がある時は idutils 側で CONFLICT 無、なんて複雑すぎるかな。
*1: 実際の名前は sha256sum


2008年12月03日(水) 旧暦 [n年日記] [更新:"2008/12/04 01:46:52"]

#1 [歌劇] 舞台稽古(モーツァルトのドンジョバンニ)

たまたま知合いから券を貰って、ゲネプロというものを初めて見た。 12/5,7,9,11,13 に 新国 で公演があるモーツァルトの ドンジョバンニ である。

全く本物と同じで素晴しく楽しんだ。字幕もある。

開幕は 17:00 だけれども 15:30 から券を指定席券に交換してくれるということで 15:18 頃到着したが、既に多分 200人 か 300人くらいは前に並んでいたと思う。 交換してくれるまでは 45 分くらいかかり、そのくらい前、 つまり 14:45 頃から並んでいた方が良かったような気もする。 それで席は 3 階 1 列 29 番をもらった。ここは 三階ではあるが一番前の席の正面 で、オケの様子も全て見え、とても良い位置だった (後で調べたら B 席で 12,800 円とのこと)。 これに飲物券が付く。

さて一応、 本物と違うのは、

  • 商品ではないこと
  • オケの人達と指揮者が普段着なこと
  • 座席の中央部分は空けてあって着席はなく 係りの人 (staff) がまばらに座っていること。 その最後部には机が用意してあって PC 画面も置いて あって指示を出している
それで演目だけれど、素晴しかった。全ての配役の声が良い。 ドンナ・エルビラが主役ではないかと思った瞬間があるか と思うと、ツェルリーナの声がまろやかで、美しい。 ドンオッタービオは、いつもだと、何かさえない暗い翳が ある役なのにフランシスコ・アライサを思わせる美声で、 これでいいのかとまで思ってしまうが、これがオペラの いいところ。 騎士長、ドンジョバンニ、レポレロが良かったのは言うまでもない。

第一幕の 仮面の三人が晩餐に訪づれる場面を見ていたら、 フリーメーソンとの関連の 魔笛を思わせる重唱があった。以前にはあまり意識しなかったのは何故かな と素朴な疑問。

生まれてから初めてのゲネプロということで、始まる前から (上からの眺め等で) 結構興奮していたが、終って見たら、ゲネプロなことは忘れて すっかり楽しんでしまった。



2008年12月02日(火) 旧暦 [n年日記] [更新:"2008/12/02 17:36:30"]

#1 [Emacs][pkgsrc] wip/wl-current and Emacs-22.3

byte-code: Symbol's function definition is void: characterp
I had the same thing before, probably, the combination of wl-current and existing Emacs release.


2008年12月01日(月) 旧暦 [n年日記] [更新:"2008/12/02 14:46:12"]

#1 [Emacs] wanderlust says Destination folder is empty

最近 wanderlust の current を古い版に戻したり、新しくしたり していた所為か refile の時に (例えば o を入力した瞬間にとか)
Cannot decide destination.
wl-summary-set-action-refile: Destination folder is empty
のように言われるようになって、一応 wl を入直したり ~/.elmo の下の新しく更新されたものを消したりして見ているが まだ直っていない。 消したもの (%imap: で問題が起きている):
refile-*
finfo
cache/
imap/
cache/ は消さない方が良かった ;-(

ごみ箱に入れるか、すぐ本当に消すか:

dごみ箱に入れるwl-summary-dispose
D本当に消してしまうwl-summary-delete
Wanderlust で思い出したが、Wanderlust の「消す」には二通りあって 「ごみ箱に入れる」(dispose) のと「すぐに本当に消してしまう」(delete) がある。 何も設定しない時には d をすると通常は dispose の方になる。 つまり一応見えなくなるが、ごみ箱 (+trash) に入れてくれる。 しかし、 例えば +trash に入っているものは d すると 「すぐに本当に消してしまう」 (そうでないと困る)。 (もちろん、これらは印を付けるということで、 実際の処理は実行の意味で x と入力した時の話)
この選択には、二通りの方法がある
  • 特定のフォルダでは、d しても delete の意味になる
    特定のフォルダの典型的な例が +trash (ごみ箱) である
    この「特定のフォルダ」に更に 追加したければ、 wl-dispose-folder-alist にそのフォルダ名を書いておけば良い。例えば
    (add-to-list 'wl-dispose-folder-alist 
      '("%inbox.bounce-spam2:makoto/clear@imap" . remove))
    
    のように書くと
    %inbox.bounce-spam2:makoto/clear@imap フォルダでは d と印を付けても、x ですぐ消してくれる
  • d の代りに D とする。これでフォルダの設定には関係なく、 x した時には、すぐ消してくれる



最近の日記
2020年09月24日
mule1.1-netbsd
2020年08月01日
R2pkg pingr fails
2020年07月19日
bulkbuild で chroot が使えない理由
bulkbuild で dhcp だとうまく行かない理由
2020年06月21日
sourceforge ban recovered
2020年05月27日
sudo service ssh start
以上、13 日分です。
タイトル一覧
カテゴリ分類
Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project

Count.cgi (since 2000/02/05)