hns - 日記自動生成システム - Version 2.19.9

先月 2007年12月 来月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Namazu for hns による簡易全文検索
詳しくは 詳細指定/ヘルプを参照して下さい
検索式:

2007年12月31日(月) 旧暦 [n年日記] [更新:"2008/01/01 01:53:44"]

#1 [無題] 神尾真由子さんで年越

部屋の片付けをしながら、第九とかを聞いている。 神尾真由子さんの Vn でチャイコフスキーを聞きながら 年越になった。

かわうちさんのところでは BBR-4MG の USB から起動出来たらしい。 素晴しい。



2007年12月30日() 旧暦 [n年日記] [更新:"2007/12/30 13:42:34"]

#1 [無題] 恒例餅つき (二年目)

恒例 になった、年末に近所宅で餅つき: お一人自転車に乗って助っ人到着。

お米屋さん
高田屋米店
精米機製造元
ツインバード

写真左: 玄米餅 3.5 枚
+ 鏡餅
写真右: のし餅 4 枚

12/25 玄米 10kg  5,250 円 高田屋さんで購入
12/27 天気予報が良くなったので 12/30 決行の連絡をもらう
12/28 玄米 3kg 洗って浸水
12/29 4 x 5 合 を精米して浸水
12/30  7:50 から(近所宅で)蒸籠でむす
       8:50 から、臼で餅つき
      11:00 完了
白米:  2 + 2 + 2 升
白米:  1 + 1 
玄米:  1 + 1 


2007年12月29日() 旧暦 [n年日記] [更新:"2007/12/30 12:48:55"]

#1 [無題] 部屋の整理 (四段キャビネット)

四段キャビネットを機械室から作業室に移す。


2007年12月27日(木) 旧暦 [n年日記] [更新:"2007/12/30 13:39:26"]

#1 [無題] 忘年会 (本厚木)

恒例になった 某社の忘年会に御一緒する。


2007年12月26日(水) 旧暦 [n年日記] [更新:"2007/12/27 00:31:11"]

#1 [無題] 17:50 頃千葉で隕石を見た

南東の方向に、左上から右下の向きに かなり大きな、きれいな色の 光が色を変えながら流れるのを見た。 どこにも書いてないな... ちょうど建物の間だったので、方角についてはかなり確か。 千葉駅前の千葉銀行と Select 21 にはさまれた道から、 三越側に 南東にのびる道の方角だった。南東よりもやや東寄り。 隕石というよりは流星という方がいいのかな。 多分途中で燃えつきて消えた気がする。

mixi の日記で(隕石で)検索したら、 書いている人が10 件以上見つかった。 こういう実時間で検索出来る mixi は偉大だな。



2007年12月24日(月) 旧暦 [n年日記] [更新:"2007/12/30 13:38:02"]

#1 [NetBSD][bytebench] tmpfs で bytebench したら 648

今更 mfs でなく tmpfs ですよ、 と教わったので
man mount_tmpfs
してから
 /usr/share/examples/fstab/fstab.ramdisk
を見て /etc/fstab に次の行を加えて
tmpfs                   /tmp    tmpfs   rw
bytebench したら 648 という数字になった。カーネルは 4.99.42 だけれど、それ以外は 4.99.37。 これって File Copy で稼いでいるから意味がないな .. → 以前の他の機械等の値

tmpfs で ./build.sh したら以前の 2/3 の時間で:

pts/0:makoto@modena 16:20:42/071224(/export/src)> \
time sudo ./build.sh -m ofppc -j 4 release >& ../log-release-20071224
3880.451u 1098.375s 1:50:00.38 75.4%    0+0k 946+451807io 22503pf+0w
pts/0:makoto@modena 18:15:50/071224(/export/src)> 
これでも BE2350 の二倍の時間がかかっている。CPU が 75% とあるが、 BE2350 だと 170% くらい になった気がする。

#2 [Emacs] elscreen を設置で Error: Cannot open load file: alist

...local-src/elscreen-1.4.5)> emacs -batch  -f batch-byte-compile elscreen.el
したら
elscreen.el:28:1:Error: Cannot open load file: alist
と言われた。apel を先に入れておく必要があった。 apel-10.7, flim-1.14.8, semi-1.14.6 を (全て make install で)入れる。

tc-2.3.1:

最近の install 大会
   156  20:57   cd ..
   157  20:57   tar zxf /e/u/j/distfiles/tc-2.3.1.tar.gz
   158  20:58   cd tc-2.3.1/
   159  20:58   patch -s -p1 < ~/Mail/ml/tcode/1545
*1
   160  20:58   patch -s -p1 < ~/Mail/ml/tcode/1528
*2
   161  20:58   cd etc
   162  21:00   mv bushu.rev bushu.rev-orig
   163  21:00   cat bushu.rev-orig symbol.rev | sort > bushu.rev
   164  21:00   cd ..

   174  21:04   ./configure --with-lispdir=/usr/pkg/share/emacs/site-lisp/tc-2.3.1
   175  21:04   sudo make install
emacs が /usr/local 以外にある時には --with-lispdir= が必要, --with-emacs= では不充分

w3m:

196  21:24   tar zxf /e/u/j/distfiles/emacs-w3m-1.4.4.tar.gz
197  21:24   cd emacs-w3m-1.4.4
198  21:25   ./configure --with-emacs=/usr/pkg/bin/emacs
200  21:26   sudo make install
201  21:26   sudo make install-icons

auc-tex:

203  21:26   cd ../..
204  21:26   mkdir cvs-work
206  21:28   cvs -d :ext:anoncvs@savannah.gnu.org:/cvsroot/auctex co auctex
207  21:29   cvs -d :ext:anoncvs@savannah.gnu.org:/cvsroot/auctex login
208  21:31   cvs -d :pserver:anoncvs@savannah.gnu.org:/cvsroot/auctex login
209  21:31   cvs -d :pserver:anonymous@cvs.savannah.gnu.org:/sources/auctex co auctex
210  21:35   cd auctex/
211  21:35   ./autogen.sh
212  21:35   ./configure
213  21:35   make
214  21:35   sudo make install


#3 [無題] 館山に行く

 7:47 出発
 8:55 みんなみの里
10:10 知人宅
      グルメ村で昼食 (地魚鮨)
      そのまま帰路に
      高倉農協で玄米 60kg
14:30 頃帰宅
行きは濃霧でちょっとこわかった。視界 100 - 300m とか。


2007年12月23日() 旧暦 [n年日記] [更新:"2007/12/26 22:09:52"]

#1 [NetBSD] ML115 で PowerNow (?)

手元の ML115 では、 谷口さんが send-pr (port-amd64/37526) した 結果、 修正がされている 最新の kernel でも powernow が有効になっていない *1 。そこで、少し調べて見た。 どうも、AMDK7PNOW! という文字列が見つかっていない気がする。 そこで patch を作って調べて見た。その時の dmesg 。 この中に次のような文字列はあるらしいが、それ以外は見つからない、ということのようだ。
$SDSPOST..G...0.
..f..PAMSu.f.;.U
.......w..h..K8.
Core AMD Opteron
AMD!GESA....PSR.
.$$CT.POST/RUNTI
al-Core AMD Opte
AMIBIOS 080014..
AMIBIOS(C)2006 A
AMI,770-246-8600
linux 方面では、全く違う方法で実現している気がする。 ( powernow-k8-vcore_list-2.6.18.patch )
BIOS を更新するのかなと思ったけれど、 最新と思われるもの (2007/10/17) を見ても、それらしいことは書いてない。
SOFTPAQ NUMBER:  SP38009
PART NUMBER: N/A
FILE NAME:  SP38009.EXE
Resolved an issue where the system powers on automatically at 12:30:30 on the 15th of every month.
というのはあるけれど PowerNow は関係なさそう。
消費電力は、PowerNow 無の時でも、 起動時(120W) 動作時 (103W) 待機時 (70W) となっていると思う (by ワットチェッカー)。
*1: ちなみに sysctl -a | grep power で何か表示されるかどうかで判断している


2007年12月21日(金) 旧暦 [n年日記] [更新:"2007/12/22 01:48:55"]

#1 [toolchain] binutils/gas の関数呼出関係 (dot)

最近は dot を良く使う。graphviz という方が正確なのかも知れない。 それで、ちょっと必要があって binutils/gas の関数呼出の図(ほんの一部)を作って見た。本来なら doxygen を使えばいいのだと思うが、最近は手動で作りたくなることが多い。目で src を追ったり、 時には gdb を使って動作を調べて、手で *.dot を作る。 それを dot で処理して *.png 形式等にする。Makefile の一部:
%.eps: %.dot
        dot -Tpng  $*.dot > $*.png 
        convert    $*.png   $*.eps
実は最近はこのような図がないと仕事にならない、という状況。 通常の文書に挿入するので A4 の大きさ以下で読める必要がある。
どなたかの 日記 で、dot よりも良い道具があることが書いてあったが失念した。


2007年12月17日(月) 旧暦 [n年日記] [更新:"2007/12/22 01:24:35"]

#1 [会議] 神保町にて

20:00
22:30
FMV x 1 MacBook x 2 Let's Note x 2 Vaio x 2 DELL x 1 となかなか壮観だった。


2007年12月16日() 旧暦 [n年日記] [更新:"2007/12/22 08:23:42"]

#1 [探鳥] 大草谷津田にて探鳥

10:00 - 12:00
カワラヒワ
キセキレイ
セグロセキレイ
ハクセキレイ
ダイサギ
コゲラ (木をたたく音だけなので種類不詳)


2007年12月15日() 旧暦 [n年日記] [更新:"2007/12/16 01:59:18"]

#1 [買物] トルクスねじ用レンチセット 5 点揃

三人揃って同じものを買う(左側だけ)。あれ、買ったのは二人だけだったかも知れない。 他に見物人一人(あるいは水先案内人とも)。
  • (左) ANEX へックスローブドライバー T15 x 80、No 6300。同所で 476 + 24 = 500 円
  • (右) TX6 TX7 TX8 TX10 TX15 の 5 点もの。CUSTOM KOBO MTX-53 という名前。 ヒロセテクニカル 03-3255-2211 にて 357 + 18 = 375 円
T15 は ML115 の Hard disk を外すのに必要という話で買って来た。これを教えてくれた別の方 も、やはり同じものを買ったと見せてくれた。
T8 は Harddisk を分解する 時に使う。(例えばこわれたものを後学のために分解するとか、情報保護のためとか)

若松が DOS/V Paradise に代っているのはきょう知る。


#2 [BUG] 関東合同 BUG 忘年会

たん清にて、18:30 - 22:30。31 名参加。


2007年12月12日(水) 旧暦 [n年日記] [更新:"2007/12/12 22:11:46"]

#1 [NetBSD] Atheros corega WLCB54GSX の場合

kernel を作って見た。例によってふかうみさんに一部教わる
  1. Makefile.inc に一行追加
    ## Include rules for Atheros WLAN
    .include "$S/contrib/dev/ath/netbsd/Makefile.ath.inc"
    
  2. uudecode がないというので生成された Makefile の先頭に追加
    UUDECODE=uudecode
    
  3. /athhal.o の作り方なんか知らない と言うので、手で試しに
    make athhal.o
    
    と入力。何か画面に一杯表示されるが、ものは出来ていたので それでよしとする
  4. まだ /athhal.o の作り方なんか知らない と言うが、 Makefile の中に その文字があったので、/ を取る
  5. make
GENERIC-pci+ath の内容。ちょっと関係ないものも追加している。
include "arch/macppc/conf/GENERIC"

options         INSECURE        # disable kernel security levels

pci*    at bandit? bus ?
pci*    at grackle? bus ?
pci*    at uninorth? bus ?
pci*    at ppb? bus ?

#ath*   at pci? dev ? function ?        # Atheros 5210/5211/5212 802.11
ath*    at cardbus? function ?  # Atheros 5210/5211/5212 802.11

pseudo-device  openfirm                # /dev/openfirm

options                OFB_FAKE_VGA_FB
options                RADEONFB_MMAP_BARS      # See mail 2006/11/19
ttyp0:makoto@pismo 22:02:48/071212(...macppc/conf)> 
挿したまま起動しても何も見えない気がするが、
cbb0 at pci1 dev 26 function 0: Texas Instruments PCI1211 PCI-CardBus Bridge (rev. 0x00)
cbb0: interrupting at irq 58
cardslot0 at cbb0 slot 0 flags 0
cardbus0 at cardslot0: bus 1
pcmcia0 at cardslot0
一度抜いて、もう一度挿すと、
Dec 12 21:54:52 pismo /netbsd: panic: kernel diagnostic assertion 
"c->c_magic == CALLOUT_MAGIC" failed: file "../../../../kern/kern_timeout.c", line 345
Dec 12 21:54:52 pismo /netbsd: Begin traceback...
Dec 12 21:54:52 pismo /netbsd: at __assert+2c
Dec 12 21:54:52 pismo /netbsd: at callout_reset+184
Dec 12 21:54:52 pismo /netbsd: at pccbbintr+198
Dec 12 21:54:52 pismo /netbsd: at ext_intr_openpic+160
Dec 12 21:54:52 pismo /netbsd: at mutex_exit+810
Dec 12 21:54:52 pismo /netbsd: at idle_loop+84
Dec 12 21:54:52 pismo /netbsd: at cpu_switchto+a0
Dec 12 21:54:52 pismo /netbsd: End traceback...
Dec 12 21:54:52 pismo /netbsd: syncing disks... 3 3 3 3 3 3 3 3 3 3 3 3 3 3 giving up
Dec 12 21:54:52 pismo /netbsd: dumpsys: TBD


2007年12月11日(火) 旧暦 [n年日記] [更新:"2007/12/11 21:27:08"]

#1 [cross] i386-mingw32 で lha を作って見る

lha の CUI 版がなくて、cygwin でも(あるに違いないが)見つけられなかったので、 作って見た。 例の i386-mingw32 クロス環境 を使う
 cvs -d:pserver:anonymous@cvs.sourceforge.jp:/cvsroot/lha login
(return)
 cvs -d:pserver:anonymous@cvs.sourceforge.jp:/cvsroot/lha co lha
 cd lha
 patch -s -p0 < ~/prep/mingw32-lha-patch 
 aclocal
 automake -a
 autoheader
 autoconf
 mkdir work
 cd work/
 env PATH=/usr/pkg/cross/bin:${PATH} ../configure --host=i386-mingw32 --disable-nls
 env PATH=/usr/pkg/cross/bin:${PATH} make
make: "/export/cvs-work/lha/work/tests/Makefile" line 342: warning: duplicate script for target "lha-test" ignored
make: "/export/cvs-work/lha/work/tests/Makefile" line 205: warning: using previous script for "lha-test" defined here

これで次のものが出来る。
ttype:makoto@bologna 21:07:13/071211(...lha/work)> ls -l src/lha.exe 
-rwxr-xr-x  1 makoto  wheel  231515 Dec 11 21:07 src/lha.exe*
sourceforge.jp
or lha.sourceforge.jp
patch
binary
md5
(20071211-lha.exe) = c88c7bed7cc320fd44717064775b870c

実は gdb も作って見ると:

gdb/src/sim/common/callback.c の
    712           p->fd_buddy[j] = -1;
ここで落ちる。この gdb というのは mingw32 環境で動く クロス版なので sim の部分に来る。


2007年12月10日(月) 旧暦 [n年日記] [更新:"2007/12/11 02:36:36"]

#1 [無題] age++

この一か月以上困っていた件がやっと(一つ)片付きそう: というのは 次のような問題 (binutils)
  • octets_per_byte = 2 の場合で
  • 分割アセンブル後に合併した場合に
  • .debug_info の中に書いてある .debug_abbrev の offset 量
ただし解決方法は本質的ではなく、hardcode / adhoc。 という訳で、散財:
corega WLCB54GSX
ink x 4
玄人志向 2.5" HDD case
 SATA I/F SiliconImage Si3124
しかし、ath を conf に書くと(僕には) make 出来ない。


2007年12月09日() 旧暦 [n年日記] [更新:"2007/12/11 02:40:05"]

#1 [無題] 探鳥会 @ 昭和の森

最初、泉自然公園と勘違いして、そちらに向ったが、時間内に回復: 13:00 から 14:45 まで。左の写真は太平洋が見えている。
ツグミ
カワセミ ♂ ♀
コゲラ
バン
オオバン
オシドリ
メジロ
エナガ
シジュウカラ
ヒヨドリ
モズ
ゴイサギ
マガモ


2007年12月08日() 旧暦 [n年日記] [更新:"2007/12/08 14:25:58"]

#1 [Emacs] 最近の query-replace を使って見た

後藤大地さんが、ZDnet で 以前に紹介していた 、Emacs 22.1 の正規表現置換を試す時が来た。 次のような行があって、この最後の 0 をそれぞれ +1 したい。
#if DEBUG_PHDR & 1 << 0
そこで M-C-% した後に
#if DEBUG_PHDR & 1 << \([0-9]+\)
#if DEBUG_PHDR & 1 << \,(+ 1 \1)
と入力したが、次のようになってしまう。
Debugger entered--Lisp error: (wrong-type-argument number-or-marker-p
#("0" 0 1 (c-in-sws t fontified t)))
+(1 #("0" 0 1 (c-in-sws t fontified t)))
(replace-quote (+ 1 (match-string 1)))
(concat "#if DEBUG_PHDR & 1 << " (replace-quote (+ 1 ...)))
eval((concat "#if DEBUG_PHDR & 1 << " (replace-quote (+ 1 ...))))
例えば最後の \1 を 3 等と書いておけば、当然置換しようとするので \1 の部分の問題 だということは明らかなのだけれど。
(c-in-sws t fontified t) 
というのが何かのおまじないらしいが、M-x describe-function しても出て来ないので、 僕の 22.1.50.2 が良くないのかな
emacs-22.1 (pkgsrc 版) で試したら
+(1 #("0" 0 1 (fontified nil)))
と言われて、少し文字は変ったが、出来ないことに変りがない。 M-x foundamental-mode と入力した後だと、元と同じ
(c-in-sws t fontified t) 
が出て来る。(emacs -q でも同じ)


2007年12月06日(木) 旧暦 [n年日記] [更新:"2007/12/08 14:27:28"]

#1 [会議] 神保町にて

行きは時間が余ったので、東京駅から歩いて行く。40 分くらいかな。
19:30 - 22:30 
くらい。


2007年12月04日(火) 旧暦 [n年日記] [更新:"2007/12/05 16:54:04"]

#1 [機械] Athlon x2, Opteron の bc bench を測って見た


BE 2350Opteron 1216
GHzi386/4.99.29amd64/4.99.31amd64/4.99.40
2.4

3.84
2.15.724.34
2.05.99

1.86.67

1.011.99

これだと結構速い。
> time sh -c 'echo scale=2000\;4*a\(1\) | bc -l' > /dev/null
3.832u 0.001s 0:03.84 99.7%     0+0k 0+0io 0pf+0w
pts/0:makoto@modena 21:42:30/071204(~)> 

mfs で byte-bench:

mfs を作って、/tmp に mount し、その環境で bytebench して見た → 330 それなりには速い。が、BE 2350 の 368 にはまだ負けている (ただし、こちらは都合で GENERIC.MP)。
/etc/rc.local より:
/usr/sbin/mdconfig /dev/md0d  4096000 &
/sbin/mount_mfs -b 16k -f 2k -s 4096000 /dev/md0d /tmp
これで 2G memory disk。 (普通は 4,294,967,296 かな ... 違う ?) こんなことしなくても自動的に mfs になる気がしたが ?

最近は mfs でなくて tmpfs では ? というつっこみあり (IRC)

4.99.37 で再び:

2007/12/04 の 4.99.40 では何故か bytebench の途中で(決った場所ではなく)全く反応がなくなる ような気がした。 また 2007/12/05 では kernel の開始時に再起動してしまう。 そこで、4.99.37 (2007-11-24 0000-UTC) で 上と同じ mfs を使い、CPU は一つで pckbc.c の変更 は当てた上で測ったら、手元の機械の中で辛うじて最速 370 となった (でも何故 69% ?)。

sys/arch/amd64/amd64/lock_stubs.S だけは 1.9 にした。 何故 TNF では 11/24-27 までこの問題が表面化しないのか不思議 (多分手元の他の何かだけが新しくなっているのだろう)。



2007年12月02日() 旧暦 [n年日記] [更新:"2007/12/02 21:52:22"]

#1 [無題] もちつき大会

恒例 となったもちつき大会があった。 もち米 30kg うす 2 基 べにあづま 10kg 落葉 11 袋。


2007年12月01日() 旧暦 [n年日記] [更新:"2007/12/05 07:05:32"]

#1 [NetBSD] ML115 (4.99.37) 遅いんですけれど

bytebench190,
これは BE2350 の半分くらいしかない
time sudo ./build.sh -j 4 -m amd64 release
3333.446u 981.368s 3:06:55.80 38.4% 0+0k 785+854904io 1252pf+0w
これはまだ問題があり完了していない。
src/sys/kern/vfs_vnops.c:261: warning: pointer targets in passing argument 1 of 'atomic_add_int' differ in signedness
メモリを元々付いて来たものに戻して見るかな ? (多分 disk の関係だとにらんでいるが)



最近の日記
2020年11月27日
時限タイマー
2020年11月15日
msgfmt
2020年09月24日
mule1.1-netbsd
2020年08月01日
R2pkg pingr fails
2020年07月19日
bulkbuild で chroot が使えない理由
bulkbuild で dhcp だとうまく行かない理由
以上、20 日分です。
タイトル一覧
カテゴリ分類
Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project

Count.cgi (since 2000/02/05)