hns - 日記自動生成システム - Version 2.19.9

先月 2005年11月 来月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
Namazu for hns による簡易全文検索
詳しくは 詳細指定/ヘルプを参照して下さい
検索式:

2005年11月30日(水) 旧暦 [n年日記] [更新:"2005/11/30 11:17:52"]

#1 [NetBSD][build.sh] 3.99.11 build.sh 完走

# TNF = (The NetBSD Foundation) Date to be checked out
TNFDATE=20051127-UTC
# nandra date: (patch file name)
DATE=051126
ttyp0:makoto@mini 7:20:06/051130(...checkout/src)> time sudo ./build.sh release >& ../log-1
9098.912u 3079.413s 3:18:01.69 102.4% 0+0k 27344+474115io 37600pf+165w
mini のカーネルだけ入替えて見る
NetBSD mini 3.99.11 NetBSD 3.99.11 (GENERIC) #0: Wed Nov 30 10:13:01 JST 2005
root@mini:/export/20051126/checkout/src/sys/arch/macppc/compile/GENERIC macppc
つばいさんありがとう。


2005年11月29日(火) 旧暦 [n年日記] [更新:"2005/12/01 08:51:17"]

#1 [Emacs] tex-jp を読む時に問題発生 ?

Loading tex-jp...done
Loading font-latex...
Loading cl-macs...
File mode specification error: (error "Tried to load `cl-macs' before `cl'!") 
.emacs の最後に書いてあった次の部分を消したら、解消したような ?
;(require 'elscreen)
;(require 'elscreen-gf)
あるいは次のようにしても(当然?)大丈夫のような
(require 'cl)
(require 'elscreen)
(require 'elscreen-gf)
(という設定に関係なく大丈夫なような) ?

#2 [機械] 時計が狂う病気再発

UMAX S-900 で、 11/07 に起きたのと 同じように時計が狂った。OS は NetBSD/macppc の多分両方とも 3.99.9 のはず。 時刻を手で date command で直すと、それ以後 ping には答えるが それ以外の反応がなくなってしまう。 いつもは
date 200511291700;sync;sync;sync;reboot
とやるのだが、今回はちょっとためらって、単に
date 200511291700
としたら、そのせいでもなかったかも 知れないが、最悪の事態に。 時計を合せた後にしばらく待てばいいという話も あるが、待ち切れず強制再起動。 しかし、OF の入力待にならず、再起不能。 disk を別の機械に入れて、復活。 時計が狂った方は、電源を落してしばらく待つなどしてから、 command + option + P + R が受付けられ、復活。 電池の所為かなという気もしたが、多分新品だったはず。


2005年11月26日() 旧暦 [n年日記] [更新:"2005/11/27 17:40:17"]

#1 [BUG] ChiBUG お食事会 @ 本八幡

18:00 - 20:00 頃まで、その後に misdo

sendmail:

mailertable を使って domain 毎 dev/null に放り込めないか と聞いたら access_db の DISCARD を使うのは どうかという答が返って来たが、 実はどうも access_db は local mail だけに有効な気がする。


2005年11月25日(金) 旧暦 [n年日記] [更新:"2005/11/25 18:03:26"]

#1 [pkgsrc] Mozila 1.7.11 が気絶する時

今使っている mozilla (と FireFox )は、 外身が UTF-8 で中身が EUC-JP の画面 を見ると、気絶するようだ。そういう画面を作る方が悪いけれど。
Mozilla 1.7.11
Mozilla/5.0 (X11; U; NetBSD macppc; en-US; rv:1.7.11) Gecko/20050917
Program received signal SIGSEGV, Segmentation fault.
[Switching to LWP 5]
0x45c3fbc0 in ?? () from /usr/pkg/lib/mozilla/components/libgfx_gtk.so
(gdb) bt
#0  0x45c3fbc0 in ?? () from /usr/pkg/lib/mozilla/components/libgfx_gtk.so
#1  0x45c271d4 in ?? () from /usr/pkg/lib/mozilla/components/libgfx_gtk.so
#2  0x426b5d94 in ?? () from /usr/pkg/lib/mozilla/components/libgklayout.so
#3  0x426b673c in ?? () from /usr/pkg/lib/mozilla/components/libgklayout.so
 .... (omitted) ...
この次から -g を付けておくかな。 上では cgi で作ったが静的に作ったものだと落ちない。 何か違っているかな (文字列はかなり違うから、その所為か)。

-g を付けたつもりだが無効:

Index: Makefile.common
===================================================================
RCS file: /export/cvsync/pkgsrc/www/mozilla/Makefile.common,v
retrieving revision 1.63
diff -u -r1.63 Makefile.common
--- Makefile.common     17 Sep 2005 02:35:19 -0000      1.63
+++ Makefile.common     24 Nov 2005 23:52:33 -0000
@@ -76,6 +76,7 @@
 MAKE_ENV+=     LIBRUNPATH=${MOZ_LIBDIR}
 CONFIGURE_ENV+=        LIBRUNPATH=${MOZ_LIBDIR}
 LDFLAGS+=      ${COMPILER_RPATH_FLAG}${MOZ_LIBDIR}
+CFLAGS+=       -g
 
 .ifdef BUILD_SVG
 MAKE_ENV+=             MOZ_INTERNAL_LIBART_LGPL=1
これではだめみたい。で 1.7.12 になったが、同じ。


2005年11月24日(木) 旧暦 [n年日記] [更新:"2005/11/25 12:27:04"]

#1 [Emacs] 森島さんの elscreen と elscreen-gf

いままでは (knok さんに教わった) id-utils を操作行で使っていたが Emacs から利用出来るという話なので、 から次の二つを貰って来る (それ以前に Emacs は 22.0.50, APELは 10.6)
elscreen-1.4.1.tar.gz
elscreen-gf-1.4.0.tar.gz
tar で開けてから次のようにしてそれぞれをバイトコンパイル
emacs -batch -f batch-byte-compile elscreen.el
emacs -batch -f batch-byte-compile read-directory-name.el
emacs -batch -f batch-byte-compile elscreen-gf.el
これら (*.el, *.elc ) を /usr/local/share/emacs の下の site-lisp/a-files に入れておく。 id-utils は 別途入れて おく elscreen-gf-1.4.0/QuickStart に書いてあるように試してみる。 C-z と入力した途端に、窓がアイコン化されてしまうので、 elscreen-prefix-key を C-c C-z にして試して見る。つまり ~/.emacs に
(require 'elscreen)
(require 'elscreen-gf)

(defcustom elscreen-prefix-key "\C-c\C-z"
  "*Command prefix for ElScreen commands."
  :type '(string :size 10)
  :tag "Prefix-key"
  :set (lambda (symbol value)
         (when (boundp 'elscreen-map)
           (elscreen-set-prefix-key value))
         (custom-set-default symbol value))
  :group 'elscreen)
と書いておく
  • C-c C-z C-g m で mkid を実行する (M-x elscreen-gf-execute-mkid) が、その時に、ディレクトリを聞いて来る
  • ソースの一番上ではなかったので、(そのままでもいいけれど、一応) 一番上を指定する
  • ソースの一つを開いて、探したい関数の上にカーサを持っていって
  • C-c C-z C-g g RET (M-x elscreen-gf-execute-gid)
  • 開いた検索結果の窓で o をすると、該当ファイルの該当位置を表示

C-c C-z C-g g RET したところ:


検索文字として size_seg を指定してそれに該当する行が 3 行見つかった

上の画面の三行目を o で開いたところ:


画面の上の方に TAB があって、それを選ぶと、画面が切替えられる。

うーん、これは便利。それと、実は gid を使ったことがなくて、今までは、 いつも grep `lid hogehoge` していた。 簡単に調べたことを まとめておく

もう一度:

ttyp9:makoto@st4200 7:45:05/051124(/export/local-src)> tar zxf /e/u/j/distfiles/binutils-2.16.1.tar.bz2
ttyp9:makoto@st4200 7:56:32/051124(/export/local-src)> cd binutils-2.16.1/
ttyp9:makoto@st4200 7:56:38/051124(...local-src/binutils-2.16.1)> mkid
ttyp9:makoto@st4200 7:56:43/051124(...local-src/binutils-2.16.1)>
mkid が 5 秒で終わるというのは ? 変 ? (上の画面は、実はこの後で撮った)

elscreen の操作:

elscreen の方の操作は上の ElScreen というメニューにも出ているので、 覚えるまでは、それを見ればいいが screen と同じようなもの
C-c C-zccreate新規画面
C-c C-zkkill画面を終了
C-c C-zKkill other他の画面を終了
C-c C-znnext次の画面
C-c C-zpprevious前の画面
C-c C-zatoggle切替

時々正しくないところに ?:

ElScreen-GF の画面で o をした時に、file は正しく選択するが行が正しい ところに飛ばないことがある気がする。何だろう。 次のように、行頭から文字列が書いてある時かな
dwarf2dbg.c:680:size_inc_line_addr (int line_delta, addressT addr_delta)
o は elscreen-gf-mode-jump-to-entry に割当てられている。

やはり行頭をうまく見つけていないやうだ。 elscreen-gf.el の 281 行目を次のように変更すると、問題が直る気がする。

--- elscreen-gf.el~	2005-11-24 23:12:09.000000000 +0900
+++ elscreen-gf.el	2005-11-25 12:22:54.000000000 +0900
@@ -278,7 +278,7 @@
       (elscreen-find-file filename)
       (goto-line line)
       (re-search-forward
-       (format "[^a-zA-Z0-9_]\\(%s\\)[^a-zA-Z0-9_]" pattern)
+      (format "\\b\\(%s\\)\\b" pattern)
        (line-end-position) t)
       (goto-char (match-beginning 1))
       (elscreen-gf-move-overlay-create

1.4.1 に
検索パターンが行の先頭から始まっている場合、 jump後にエラーになる不具合を修正しました。
(11/24) と書いてある

C-z が使えない件:

emacs -q -l ~/.emacs-elscreen-gf すると、C-z が説明のように使える。 何かなぁ。~/.emacs-elscreen-gf の内容:
(require 'elscreen)
(require 'elscreen-gf)


2005年11月23日(水) 旧暦 [n年日記] [更新:"2005/11/23 23:39:16"]

#1 [Emacs] アウトラインモードと outline-regexp

.procmailrc を編集する時に、outline モードが使えるかなと思って、 大きな区切には、次のような目印を入れて、
# ---------------------------------------
#   S P E C I A L
# ---------------------------------------
通常の注釈化には ## や ### などを使う。 最後には、次のようなおまじないを書いておく。
###### Local Variables:
###### mode: outline-minor
###### outline-regexp: "#####\\|####\\|###\\|#\\|#"
###### End:
outline-regexp を書く時には
  • ^ は暗黙に付くので要らない
  • 「または」の意味は \\| と書く
  • もし上の例のように、短い規則にも長い方が一致するような場合、 つまり単に # と書くと、 ## という文字列も一致してしまうような場合には、 長いものの方から先に書く必要がある
上の話とは、直接の関係はないが、最近使っているのは次のよう な設定。やはり C-c @ よりは使いやすいはず。
 (setq outline-minor-mode-prefix "\C-c\C-m")
これで以下の表の @ を C-m に置換えてくれる。あるいは C-c C-o とするという人もいるが、これは *(shell-mode) comint-kill-output とかぶる、という話がある。 C-c C-m は Wanderlust の Mime 操作 (ということは Semi の 操作 ?)に使っているらしい。 やはり outline だから C-c C-o にして shell にはどこかに行ってもらうのも ?

p178 (outline-mode) から

C-c@C-a(all)全て表示 (これはアクセルに対するブレーキのようなもので、困った時に入力すると、全部表示するので覚えておきます)
C-c@C-q(quiet)最初の見出しだけ
C-c@C-i(increment)一つ下の見出を表示 p187
C-c@C-t(tree)見出だけ(本文をかくす) 全部を表示している時に有効 p189
C-c@C-l(leaf)見出だけ
C-c@C-k(kill)カーソル以下の見出を表示
C-c@C-s(show)以下の(本文+見出)を表示
C-c@C-e(entry)その見出しの本文を表示
p185 を見ると、
outline-regexp: #+ 
と書くだけでいいように見える。そのようだ。

outlines.el が面白そう:

をもらって来て、 ~/.emacs に
(require 'outlines)
と書いておいて M-x outlines-show とかするといいらしいが、 ちょっと時間がないので後まわし。

#2 [spam] Whois-Details for Spam Domain Blacklist (provided by jwSpamSpy)

こんな一覧がある↑。 piqh.com -> ns1.kim-name.net で google した結果 とともに見つけたもの。


2005年11月22日(火) 旧暦 [n年日記] [更新:"2005/11/23 10:22:11"]

#1 [] PAJERO とお別れ

前の車が 216,000 km (1987-1994)。今度のが 214,000 km (1994-2005)。 合計 430,000 km。 お世話になりました。


2005年11月21日(月) 旧暦 [n年日記] [更新:"2005/11/23 10:30:18"]

#1 [] 納車 Odyssey

本田オデッセイ 1994 年 初代 RA1 型。 これって、所謂ミニバンらしい。 走行距離 38,720 km から開始。 実は古すぎるらしくて、車両保険に入れないと言われてしまった。 入れます車両保険とかないのかな。 「車両保険に入れない」で google すると、 古い車、並行輸入車、事故率が高いというような理由で入れないもの があるようだ。当然保険会社にもよると思うけれど。僕の場合は ソニー損保。

今度のは、 前の車と殆んど同じ頃作られたものなので、 前の車に続けて乗っていると思うと、納得が行く気がする。

実際に運転して見ると、今度は、前と違って 自動変速(AT)なので、 レンタカーを借りている気分。 二列目の座席も半分づつたためるので、三人乗りとか、縦二人乗りとか 出来るのが面白い。



2005年11月11日(金) 旧暦 [n年日記] [更新:"2005/11/11 21:33:48"]

#1 [GNU] DWARF って何かなぁと思っていたので

as の起動時に --gdwarf2 を追加しておいて、出来たものを objdump -h して見ると、次の 3 .. 6 のようなものが作られているのが分る。
Sections:
Idx Name          Size      VMA       LMA       File off  Algn
  0 .text         00000004  00000000  00000000  00000034  2**0
                  CONTENTS, ALLOC, LOAD, READONLY, CODE
  1 .data         0000005c  00000000  00000000  00000038  2**0
                  CONTENTS, ALLOC, LOAD, DATA
  2 .bss          00000000  00000000  00000000  00000094  2**0
                  ALLOC
  3 .debug_line   00000033  00000000  00000000  00000094  2**0
                  CONTENTS, RELOC, READONLY, DEBUGGING
  4 .debug_info   0000003f  00000000  00000000  000000c7  2**0
                  CONTENTS, RELOC, READONLY, DEBUGGING
  5 .debug_abbrev 00000014  00000000  00000000  00000106  2**0
                  CONTENTS, READONLY, DEBUGGING
  6 .debug_aranges 00000020  00000000  00000000  00000120  2**3
                  CONTENTS, RELOC, READONLY, DEBUGGING
objdump -s すると、その中身も見ることが出来る。 これらは binutils-2.16.1/gas/dwarf2dbg.c の中で作られる (版数は一例)。
Debugging With Attributed Record Formats という字を当てたそうだ。


2005年11月10日(木) 旧暦 [n年日記] [更新:"2005/11/10 22:11:05"]

#1 [] パジェロ・ロング(5MT)売ります

車検内容
車種パジェロ
製造三菱
定員7 人
車両重量2070kg
形式Y-V46W
長さ465 cm
169 cm
高さ188 cm
燃料の種類軽油
排気量2,830
初度登録1994/12/12 (H 6/12)
車検2005/12/11
その他の諸元
変速MT (マニュアル) 5 速
使用の本拠地NOx PM 対策地域内に使用の本拠を置くことは出来ません
走行214,000 km
タイアの山充分有
NOx PM 対策地域 : 首都圏の276市区町村

車検に必要な費用その一:

自賠責保険料 24 か月分29,780
自動車重量税63,000
検査代行手数料9,450
検査登録印紙代1,100
以上合計103,330
以上は、登録前に事前に現金が必要です。

その他に必要な費用:

車検整備費用50,000 (?)
登録費用
譲渡手続代行費用(?)
車庫証明費用(約) 3,000
「売る」と言っても、上記費用を支出していただけるなら、 それ以上の対価は要求しません。これで二年間は乗れることになります。 エンジンの状態は「大変良い」です。 連絡先: makoto at ki dot nu


2005年11月09日(水) 旧暦 [n年日記] [更新:"2005/11/12 20:04:20"]

#1 [pkgsrc] netperf を使ってみる

自分の機械と、相手側に netperf を入れておく。 例えば
cd /usr/pkgsrc/net/netperf 
sudo make package
相手側、下の例だと 192.168.1.205 の機械で /usr/pkg/netperf/server と入力 して受け側 (サーバ)を動かしておく。その上で、次のように入力

> /usr/pkg/netperf/netperf -H 192.168.1.205 -t UDP_STREAM -- -m 1500:

UDP UNIDIRECTIONAL SEND TEST to 192.168.1.205 : histogram
Socket  Message  Elapsed      Messages                
Size    Size     Time         Okay Errors   Throughput
bytes   bytes    secs            #      #   10^6bits/sec

  9216    1500   10.01       73214 276684      87.78
 41600           10.01       73214             87.78

> /usr/pkg/netperf/netperf -H 192.168.1.205 -t UDP_STREAM -- -m 1472:

MTU を 1500 よりもへッダの 28 バイト分小さくしてみると、速くなる。
UDP UNIDIRECTIONAL SEND TEST to 192.168.1.205 : histogram
Socket  Message  Elapsed      Messages                
Size    Size     Time         Okay Errors   Throughput
bytes   bytes    secs            #      #   10^6bits/sec

  9216    1472   10.01       78020 279159      91.82
 41600           10.01       78020             91.82

> /usr/pkg/netperf/netperf -H 192.168.1.205 -t UDP_STREAM -- -m 1500:

もう一度元の 1,500 で試すと: 何か変 ?
UDP UNIDIRECTIONAL SEND TEST to 192.168.1.205 : histogram
Socket  Message  Elapsed      Messages                
Size    Size     Time         Okay Errors   Throughput
bytes   bytes    secs            #      #   10^6bits/sec

  9216    1500   10.01         432 372982       0.52
 41600           10.01           0              0.00

2005/11/12 追記:

ttyp4:makoto@st4200 6:56:44/051112(~)> rsh pisa /usr/pkg/netperf/netperf -H st4200 -t UDP_STREAM -- -m 1472
UDP UNIDIRECTIONAL SEND TEST to st4200 : histogram
Socket  Message  Elapsed      Messages                
Size    Size     Time         Okay Errors   Throughput
bytes   bytes    secs            #      #   10^6bits/sec

  9216    1472   10.01       79703 335984      93.79
 41600           10.01       79272             93.28

remote host:

ttyp8:makoto@st4200 6:52:07/051112(...powerpc/All)> /usr/pkg/netperf/netperf -H ibook.example.com -t UDP_STREAM -- -m 1472
UDP UNIDIRECTIONAL SEND TEST to ibook.example.com : histogram
Socket  Message  Elapsed      Messages                
Size    Size     Time         Okay Errors   Throughput
bytes   bytes    secs            #      #   10^6bits/sec

  9216    1472   10.01       81337 1761706      95.73
 41600           10.01       16257             19.13


2005年11月07日(月) 旧暦 [n年日記] [更新:"2005/11/08 00:06:17"]

#1 [NetBSD] 時計が狂う病気 ?

ttyp1:makoto@s900 4:33:04/371020(~)> date
Wed Oct 20 04:33:06 CJT 1937

#2 [Network] mail server の御機嫌が良くない ?

 timeout waiting for input from local during Draining Input


2005年11月06日() 旧暦 [n年日記] [更新:"2005/11/06 17:12:41"]

#1 [pkgsrc] cvsync

long' -DHAVE_RIPEMD160 -DHAVE_SHA1 -pthread -I../common -I. -g -I/usr/include -c -o hash_native.o ../common/hash_native.c
In file included from ../common/hash_native.c:39:
../common/hash_native.h:60:20: rmd160.h: No such file or directory
../common/hash_native.c: In function `cvsync_RIPEMD160_init':
../common/hash_native.c:109: error: `RMD160_CTX' undeclared (first use in this function)
前川さんに教わったような気がするが、どうすればいいのか忘れてしまった。 とりあえず、これは飛ばして、作らないことで回避。 「rmd160.h は一度消えて、また戻っているから src を新しくすればいい」だったかなぁ。

#2 [spam] ttforever.net 版

aiyg.com -> ns1.ttforever.net
amqg.com -> ns1.ttforever.net


2005年11月05日() 旧暦 [n年日記] [更新:"2005/11/06 21:01:46"]

#1 [Windowze] ワイヤレスネットワークタブが出ない

ネットワーク → 全ての接続を表示する → ワイヤレスネットワーク → プロパティ
をしても、ワイヤレスネットワークタブが表示されない。

以前にも、同じような状態だったが、iPass か何かを消したら、出るように なったはずだが、今回また何も出ていない。 機械は Let's Note R2, OS は XP

(と思って機械を取出して蓋を開けたら、きょうは表示されている)


#2 [pkgsrc] mrtg の Weekly が狂っているのが

何が問題なのか分らない。 きょうは 土曜日なのに火曜日になっている。良く見ると、合っている機械もある。 snmpd が動いている機械と mrtg を走らせている機械の両方の時計は合っている。

原因判明:

一時的に NFS サーバの機械の時計が狂っていたことがあって、 その時に結果を書いたものが残っていて、それが更新されないままになっている (と言っても、しくみを上手には説明出来ないが) このようなもの:
gw.ki.nu_1-week.png     14-Oct-1937 16:16  2.1K  
これは touch をすれば回復。


2005年11月04日(金) 旧暦 [n年日記] [更新:"2005/11/05 00:54:22"]

#1 [イタリア] 初めてのイタリア/フィレンツェを歩く/ベニス迷宮の旅

知合いがセミナーをやると言っているので宣伝:

初めてのイタリア/フィレンツェを歩く/ベニス迷宮の旅
11/09 (水) 19:30 - 21:00 (東京)日本橋人形町下車 5 分

今回は、直前に情報を仕入れているので、かなり面白いと思う。



2005年11月03日(木) 旧暦 [n年日記] [更新:"2005/11/04 01:11:57"]

#1 [Security][pkgsrc] php を 4.4.1 に入替え

次の powerpc/3.99.9 用のもの を pkg_add
    39644 Nov  3 22:16 php-pgsql-4.4.1.tgz
    23651 Nov  3 21:40 php-mysql-4.4.1.tgz
  1706798 Nov  3 20:54 ap-php-4.4.1nb2.tgz
  3658944 Nov  3 20:48 php-4.4.1nb1.tgz
mysql は今回は実は関係ないが、ついでに
  9604307 Nov  3 21:36 mysql-server-4.1.15.tgz
  4433971 Nov  3 21:15 mysql-client-4.1.15.tgz

#2 [機械] NIC が Machine Check から無反応に

tlp0 として使っていた digital 印の 21140-AF がどうも 死んでしまったようだ。 CentreCOM LA100-PCI-T V2 という刻印のあるもの。 trap 200 とか言っているので何かな、変だなと思いながら、 何回か起動していたら、 そのうちに全く見えなくなってしまった。 寝ようと思っていたところに、とんでもない修理 (単なる交換だけれど)。

#3 [Abuse][spam] (spam) 最近はこんなのもある

akgz.com -> ns1.dufpv.net
psvv と同様 2005/10/05 登録分らしい (現在調査中)。


2005年11月02日(水) 旧暦 [n年日記] [更新:"2005/11/03 01:34:46"]

#1 [NetBSD][macppc][powerpc] クロック周波数の表示

powerc/cpu_subr.c の中を見ていたら cpu clock を測っているらしい部分があるので、 かなりいい加減に tsubai BSD に 加えて見た。 そうしたら、一例だけだけれど
cpu0 at mainbus0: 750 (Revision 202), ID 0 (primary) 240.00 MHz
cpu0: HID0 8090c0ac<EMCP,DOZE,DPM,ICE,DCE,SGE,BTIC,ABE,BHT>
cpu0: 512KB, 2:1, PB2 SRAM backside L2 cache
うまく行っているようだ。


2005年11月01日(火) 旧暦 [n年日記] [更新:"2005/11/15 00:24:49"]

#1 [pkgsrc] LAMP ならぬ BAMP

LAMP とは Linux + Apache + MySQL + PHP のことらしい。それで、 ここでは BAMP になる (NAMP でもいいけれど)。
この前の問題 は、多分単に mysql.so が入っていなかったか、 それとも php.ini に設定がしていなかったか。 今見直したら、動いている。
ttyp0:makoto@pisa 9:33:12/051101(~)> ls -l /usr/pkg/lib/httpd/*so /usr/pkg/lib/php/20020429/mysql.so
-r--r--r--  1 root  wheel  3364380 Oct 26 18:46 /usr/pkg/lib/httpd/mod_php4.so
-r--r--r--  1 root  wheel    53931 Sep 28 13:57 /usr/pkg/lib/php/20020429/mysql.so
ttyp0:makoto@pisa 9:33:20/051101(~)> grep ^extension /usr/pkg/etc/php.ini
extension_dir = /usr/pkg/lib/php/20020429
extension=session.so
extension=mysql.so
extension=pgsql.so
ttyp0:makoto@pisa 9:33:22/051101(~)> sudo /etc/rc.d/apache restart
Stopping apache.
Starting apache.
ttyp0:makoto@pisa 9:33:46/051101(~)> 
curl を使って呼出しながら access log を見て確認。

#2 [spam] 46 時間で採集

psvv を ns としている 4文字.com ドメインの一覧 (の前に必要な文字列を加えたもの)

#3 [Amazon] 「なか見! 検索」で本の内容が見られるようになった

例えば → らくらく入門 から「なか見! 検索」を選ぶと、目次、内容の一部(6 頁分のみ)、索引、奥付 *1 が表示出来る。 画面のどこでもクリックすると次の頁に行ける ? 全ての本という訳ではなさそう、 不思議だなぁ。 「順次対応」なのかな。 僕が良く順位を見ている中 では、上に加えて Samba/LDAP 奥村 LaTeX の 3 冊だけ。 下の方に「なか見! 検索」そのものの説明への接続もある。

実は全ての頁が見られる:

検索で、例えば outline-mode と入力すると、outline と mode と outline-mode の文字が含まれ ている全ての頁への索引(合計 14) が表示されて、もちろんどの頁でも見える。 "outline-mode" と引用符を付けて入力すると、outline-mode (だけ)を含む頁(5)が表示される。 表示しておいて次の頁を選べば、そのまま次の頁も表示される。そのように進めるのは 3 頁だけのようだ。 また検索し直せばいい訳だけれど。 アウトラインで検索すると15 か所。一部 副が猫に化けているのは愛嬌と言って済まされるかなぁ。

長方形(8) p119 からがおすすめ :-) wanderlust で検索すると

50 か所でちょっと多すぎ。Wanderlust の章が始まる頁が p205 なので、 wanderlust 205 って入れると p205 の他に関連で 3 項目だけ。頁を表示する時には、検索文字には緑の色が付いている。 検索した後に「次の頁」を選んでも 3 頁しか進まないので、単純に 205 + 3 の 208 で検索すると、3 項目だけ。p208 からまた 3 頁読める (時間があれば、これで全て読めるということかな)。 これはすごいと思う。ある意味画期的だなぁ( making epoc )。 他では既にやっている ? とか (それは聞いたことがある)。 これ一部でも印刷出来るのかなぁ ... (単純に印刷すると、中身の部分が空白のものが出て来る) 実はちょっと工夫すれば ImageMagick でも Gimp でも表示出来る情報は取出せる。その形式は JPEG image data, JFIF standard 1.01 と言っている。しかし、それは、やはり印刷出来ないようになっている気がする。 そう言えば、最初に「お客様の認証をしています」というのがあったけれど、 あれはどういう意味か。直接続は出来ないのかな。 直接続した場合、

「本書は出版社の著作権により保護されています。内容の一部を閲覧するには、サインインするか、新しいユーザーとして登録してください。
と言われるやうだ。先に進むには、登録済なら E-mail address と パスワードを入力する必要がある。そうでなければ登録すればいい。 ここで見て、万一購入したくなっても、何も Amazon で買う必要はない。というのも重要なことだ。

*1: (コ××××)ってやめて欲しいけれど、これは致しかたないか(年もばれちゃうし)。



最近の日記
2019年01月06日
today's dd (きょうの dd)
2018年12月23日
segfaults at Adding disk (RAID setup at sysinst)
2018年12月16日
Lets Note SX3
2018年11月11日
old and new
2018年11月04日
自転車を買った(中古)
以上、18 日分です。
タイトル一覧
カテゴリ分類
Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project

Count.cgi (since 2000/02/05)