hns - 日記自動生成システム - Version 2.19.9

先月 2004年02月 来月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29
Namazu for hns による簡易全文検索
詳しくは 詳細指定/ヘルプを参照して下さい
検索式:

2004年02月10日(火) 旧暦 [n年日記]

#1 [機械] 入替考慮中の機械の状態

ttypk:makoto@ibook 8:23:39/040210(~)> uname -a NetBSD ibook 1.6O NetBSD 1.6O (INSECURE) #0: Sun Feb 23 15:07:46 JST 2003 makoto@quick:/export/20030222/src/sys/arch/macppc/compile/INSECURE macppc
pkg_info

disklabel:

#        size    offset     fstype  [fsize bsize cpg/sgs]
 a:    409600     67080     4.2BSD      0     0     0   # (Cyl.   66*- 472*)
 b:   1024000    476680       swap                      # (Cyl.  472*- 1488*)
 c:  39070080         0     unused      0     0         # (Cyl.    0 - 38759)
 d:     65536      1544        HFS                      # (Cyl.    1*- 66*)
 e:  33472512   5596680     4.2BSD      0     0     0   # (Cyl. 5552*- 38759*)
 f:       878  39069192    unknown                      # (Cyl. 38759*- 38759*)
 g:   4096000   1500680     4.2BSD      0     0     0   # (Cyl. 1488*- 5552*)
disklabel: boot block size 0
disklabel: super block size 0
# 

pdisk /dev/wd0c > /tmp/j ; nkf -Sj /tmp/j:

 #:                type name              length   base     ( size )
 1: Apple_partition_map Apple                 63 @ 1       
 2:      Apple_Driver43*Macintosh             54 @ 64      
 3:      Apple_Driver43*Macintosh             74 @ 118     
 4:    Apple_Driver_ATA*Macintosh             54 @ 192     
 5:    Apple_Driver_ATA*Macintosh             74 @ 246     
 6:      Apple_FWDriver Macintosh            200 @ 320     
 7:  Apple_Driver_IOKit Macintosh            512 @ 520     
 8:       Apple_Patches Patch Partition      512 @ 1032    
 9:           Apple_HFS 名称未設定         65536 @ 1544     ( 32.0M)
10:     Apple_UNIX_SVR2 A/UX Root         409600 @ 67080    (200.0M) S0 RUFS k0
11:     Apple_UNIX_SVR2 Swap             1024000 @ 476680   (500.0M) S1  SFS K0
12:     Apple_UNIX_SVR2 Usr file system  4096000 @ 1500680  (  2.0G) s3   FS   
13:     Apple_UNIX_SVR2 Unreserved 1    33472512 @ 5596680  ( 16.0G) s3   FS   
14:          Apple_Free 未使用               878 @ 39069192

Device block size=512, Number of Blocks=39070079 (18.6G)
DeviceType=0x0, DeviceId=0x0
Drivers-
1:  23 @ 64, type=0x1
2:  36 @ 118, type=0xffff
3:  21 @ 192, type=0x701
4:  34 @ 246, type=0xf8ff

#2 [機械] ibook/SE 366 + 20G に入れる。

  1. OS 9 が入っていた。
  2. 20030615(1.6T) の CDROM で起動。pdisk を使ってそっくり作る。 (最初は d 9)
  3. sysinst で入れようとする(新規・ただし using exiting partition)。
  4. ftp が出来ない。(日付が 1904 年になっている)
  5. CDROM には bin/date が入っているのだが、動かない。
  6. MacOS 9 の CDROM で立上げて、Netatalk サーバに置いてあった 日付 & 時刻 を使って日付を設定し直し
    (ちなみに、この時に、disk が見えれば ofwboot.elf を置いてしまったのだが、 見えなかった)
  7. 再び 20030615 の CDROM で起動。こんどは ftp できる。
  8. 20040110ts を指定して設置。
  9. sysinst の最後で (いつもの) segmentation fault
  10. stty echo で表示を取戻して、reboot
  11. boot cd:,ofwboot.elf hd:10/netbsd
    で無事起動
CDROM に入っていた bin/date は、今なら使える。何故 ?
Partition map (with 512 byte blocks) on '/dev/wd0c'
 #:                type name              length   base     ( size )
 1: Apple_partition_map Apple                 63 @ 1       
 2:      Apple_Driver43*Macintosh             54 @ 64      
 3:      Apple_Driver43*Macintosh             74 @ 118     
 4:    Apple_Driver_ATA*Macintosh             54 @ 192     
 5:    Apple_Driver_ATA*Macintosh             74 @ 246     
 6:      Apple_FWDriver Macintosh            200 @ 320     
 7:  Apple_Driver_IOKit Macintosh            512 @ 520     
 8:       Apple_Patches Patch Partition      512 @ 1032    
 9:                 HFS Apple_HFS          65536 @ 1544     ( 32.0M)
10:     Apple_UNIX_SVR2 A/UX Root         409600 @ 67080    (200.0M) S0 RUFS k0  /
11:     Apple_UNIX_SVR2 Swap             1024000 @ 476680   (500.0M) S1  SFS k0  (swap)
12:     Apple_UNIX_SVR2 Usr File system  4096000 @ 1500680  (  2.0G) S2  UFS k0  /usr
13:     Apple_UNIX_SVR2 export          33473400 @ 5596680  ( 16.0G) S2  UFS k0  /usr
/ が 200M って、ちょっと小さかったなぁ。

pdisk に入れた指示を記憶で書くと:

 d 9
 C 1544       65536 HFS 
 c 67080     409600 'A/UX Root' a
 c 476680   1024000 Swap        s
 c 1500680  4096000 'Usr File system' g
 c 5596680 33473400 export      g
開始は 計算しなくても 9p とか出来る のを忘れていた。

#3 [機械] pkgsrc/comms/mgetty+sendfax

==========================================================
You may wish to customize the following files for mgetty-1.1.30nb2:

        /usr/pkg/etc/mgetty+sendfax/dialin.config
        /usr/pkg/etc/mgetty+sendfax/faxheader
        /usr/pkg/etc/mgetty+sendfax/faxrunq.config
        /usr/pkg/etc/mgetty+sendfax/faxspool.rules.sample
        /usr/pkg/etc/mgetty+sendfax/login.config
        /usr/pkg/etc/mgetty+sendfax/mgetty.config
===========================================================================
===> Registering installation for mgetty-1.1.30nb2
mgetty-1.1.30nb2 requires installed package jpeg-6bnb1
mgetty-1.1.30nb2 requires installed package netpbm-10.11.8nb1
mgetty-1.1.30nb2 requires installed package perl-5.8.2
mgetty-1.1.30nb2 requires installed package png-1.2.5nb2
mgetty-1.1.30nb2 requires installed package tiff-3.6.1
ttyp0:makoto@gr  12:15:49/040210(...comms/mgetty+sendfax)> 
/etc/ttys の /dev/tty00 の行を変更して、mgetty も走らせておく。 Seven Eleven まで行って 50 円も出して、Fax を送って見た。 自分で sendfax した方がかしこかった気がする。
-rw-rw---- 1 uucp daemon 13322 Feb 10 14:29 fn028ea9b00.01
こんなのがたまった。g32pbm とかで読むらしい。info に親切に書いてある。 メールも faxadmin に出してくれる。(その設定はまだしていなかった) (ちなみに iBook/NetBSD/macppc 1.6ZG)

#4 [NetBSD][macppc] build.sh

ttyp1:root@quick 11:15:03/040210(...checkout/src)# time ./build.sh -D $DESTDIR -R $RELEASEDIR release >& ../log-1 11463.469u 3231.843s 4:01:37.82 101.3% 0+0k 18950+439866io 27498pf+0w

*** Failed target: checkflist:

これ、合っていなかった。
============ 1 extra files ===============
Files in DESTDIR but missing from flist.
File is obsolete or flist is out of date ?
------------------------------------------
./usr/include/macppc/ofbio.h
========= end of 1 extra files ===========


*** Failed target: checkflist
途中から再開するには を見て、
env TOOLDIR=`pwd`/tooldir.NetBSD-1.6ZG-powerpc BUILD_DONE=1 NETBSDSRCDIR=`pwd` ./build.sh -D $DESTDIR -R $RELEASEDIR release > & ../log-4
これで完了。


2004年02月09日(月) 旧暦 [n年日記]

#1 [Font] ぎゃはっ。風と雲の区別が付かないのに恥入る

白井さん、 すみません。 Unix User の p48 (リスト 3)には kochi-mincho-subst.ttf って書いてあるから、こちらは 東風代替だった。

それで pkgsrc/fonts/ja-shinonome を入れて見る。:

/etc/X11/fs/config に次の行を加える
/usr/X11R6/lib/X11/fonts/local/
ttyp1:makoto@harry  21:44:13/040209(/etc)> fslsfonts -s unix/:7100 | wc
    1201    1380   67762
ttyp1:makoto@harry  21:44:28/040209(/etc)> sudo /etc/rc.d/xfs restart
Stopping xfs.
Starting xfs.
FontCacheInitialize: hi=1048576, lo=786432, bal=70
ttyp1:makoto@harry  21:44:41/040209(/etc)> fslsfonts -s unix/:7100 | wc
    1457    1636   80154

#2 [Emacs] wl/wl-draft.el

;; ドラフト作成時(返信時)に,自動的にヘッダを変更する
(add-hook 'wl-mail-setup-hook
	  '(lambda ()
;	     (setq                 wl-auto-insert-x-face nil)
	     (setq                 wl-x-face-file nil)
	     (unless wl-draft-reedit	; 再編集時は適用しない
	       (wl-draft-config-exec wl-draft-config-alist))))
これが怪しい。


2004年02月08日() 旧暦 [n年日記]

#1 [Mail][Network][MTA] imapd 用の saslauthd の起動はどうやって ?

w3m /usr/pkg/share/doc/html/cyrus-imapd/install.html を見ると、 /usr/pkg/etc/imapd.conf に次のように設定すると書いてある。
configdirectory: /var/imap
partition-default: /var/spool/imap
admins: curtj abell
sasl_pwcheck_method: passwd
しかし実際には、
configdirectory: /var/imap
partition-default: /var/spool/imap
sieveusehomedir: true
hashimapspool: false
admins: cyrus
sasl_pwcheck_method: saslauthd
と書いてある。これで saslauthd が必要になる。

/etc/rc.conf に saslauthd=YES:

と書いただけでは動いてくれない。 手で、起動しようとすると:
ttyp1:makoto@harry  6:17:43/040208(~)> sudo saslauthd -a getpwent
saslauthd: /var/run/sasl: No such file or directory
ttyp1:makoto@harry  6:17:46/040208(~)> sudo mkdir /var/run/sasl
ttyp1:makoto@harry  6:18:00/040208(~)> sudo saslauthd -a getpwent
/usr/pkg/etc/rc.d/saslauthd start とやると、
ttyp1:makoto@harry  6:53:27/040208(...mail/cyrus-imapd)> sudo /usr/pkg/etc/rc.d/saslauthd start
Starting saslauthd.
動く。

/etc/rc.d/saslauthd -> /usr/pkg/etc/rc.d/saslauthd:

の symlink が必要 ?

#2 [Network] autoselect の怪

殆んど隣の機械に ftp すると、 18.28 KB/s だったり 10.34 MB/s だったり ?
HUB の LED を見ると、Full dup が灯いていない。

autoselect 灯く:

ifconfig gm0 media autoselect
        media: Ethernet autoselect (100baseTX full-duplex)
10.34 MB/s

100basetx-fdx 消える:

ifconfig gm0 media 100basetx-fdx
        media: Ethernet 100baseTX full-duplex
18.28 KB/s
上の確認をしたのは
NetBSD harry 1.6T NetBSD 1.6T (INSECURE-ZS-L2CR-SHM) #0

1.6ZG に戻す:

NetBSD harry 1.6ZG NetBSD 1.6ZG (INSECURE-ZS-L2PB2-SHM) #0 の場合は、
11.03 MB/s  media autoselect 
 6.01 MB/s  media 100basetx-fdx

別の機械でも full dup が灯いていない:

848.34 KB/s
NetBSD serv 1.6T NetBSD 1.6T (INSECURE-L2CR-SHM)
ifconfig gm0 media autoselect すると
LED は灯くのに
        media: Ethernet autoselect (none)
となって通信出来ない。 NetBSD serv 1.6ZG NetBSD 1.6ZG (INSECURE-ZS-L2PB2-SHM) #0 に替えて見たが:
4.00 MB/s media 100basetx-fdx
--        media autoselect

#3 [Font] 東雲書体

最近、ときどきこの名前を見るが、 東雲代替 のことを意味しているのだろうか (どうも違う気がするが、何も書いてないので良く分らない) しかし
問題発見されたのは 2003/06 だから、 少なくとも、それ以前の情報は違うような気がする。

#4 [Emacs] wl でメールを書こうとしたら

Debugger entered--Lisp error: (wrong-type-argument stringp nil)
  file-exists-p(nil)
  wl-draft(((To . "")) nil nil nil nil "+from/friends")
  wl-summary-write()
再起動したら、直ったが、一通メールを送って、次を書こうと したら、また同じような
Debugger entered--Lisp error: (wrong-type-argument stringp nil)
file-exists-p(nil)
wl-draft(((To . "hoge@example.com") (Cc) (Newsgroups) (Subject . "Re: foo") (In-Reply-To . "<ho.ge.fo.var>") (References . "<2ho.ge.fo.var>") (Mail-Followup-To)) nil nil nil nil "+from/old-person")
wl-draft-reply(#<buffer *Original* *WL:Message*<3>> nil #<buffer Summary>)
wl-summary-reply(nil)
* call-interactively(wl-summary-reply)
もしかして最近変更した x-face の関係か ?


2004年02月07日() 旧暦 [n年日記]

#1 [MTA] Cyrus mailbox の作り方

1/28 の日記 によると:
# passwd -l cyrus 
# saslauthd -a getpwent
% imtest -m login -a cyrus localhost
-> L01 OK User logged in 

% cyradm -user cyrus localhost
localhost> createmailbox user.hogehoge
ttyp5:makoto@harry 7:06:45/040207(...personal-pkgsrc/namazu-mef-rc)> imtest -m login -a cyrus localhost
C: C01 CAPABILITY
S: * OK harry Cyrus IMAP4 v2.0.17 server ready
S: * CAPABILITY IMAP4 IMAP4rev1 ACL QUOTA LITERAL+ NAMESPACE UIDPLUS ID NO_ATOMIC_RENAME UNSELECT MULTIAPPEND SORT THREAD=ORDEREDSUBJECT THREAD=REFERENCES IDLE X-NETSCAPE
S: C01 OK Completed
Password:
C: L01 LOGIN cyrus {8}
+ go ahead
C: <omitted>
L01 OK User logged in
Authenticated.
Security strength factor: 0

#2 [Emacs] リスト遊び

この二つの違いを説明しなさい
(cdr (list "a" "b"))
("b")
(cdr (cons "a" "b"))
"b"

#3 [機械] 何だか原因不明で遅い

  • 8 port HUB の通風が悪くなって、変な音がするので、 一つ新しいのを買って来た。 (で入替えた)
  • いつも使っている機械が何とはなく遅い。swap が遅いような感じ。 (この時 1.6ZG の はず)
  • 長く動かしていたし、(uptime 29 日)再起動したりして..
  • そう言えば 7 月頃 1.6T から 1.6U になった時に問題があった時 と良く似ていると思って、 kernel を 1.6T に戻したり。
  • でも変だなぁ、この一か月くらい 1.6ZG で気持良く使っていた はずなのに。
  • ここで HUB を取替えたことが原因ではないかと思い着く。
きょうはもう遅いし、戻すのも面倒なので、今日はおしまい。
いま、この相性が悪いと疑っている HUB は rack mount が付いてい て気に入っているのだが ... (つまり二台目だし、他の機械とは 問題を起していない)


2004年02月06日(金) 旧暦 [n年日記]

#1 [Emacs] wl-2.10.1/wl-draft.el

2075 行から
(defun wl-draft-config-exec (&optional config-alist reply-buf)
...
   (when (and (or (interactive-p)
                   wl-draft-config-exec-flag)
               alist)
      (save-excursion
        (catch 'done
          (while alist
            (setq key (caar alist)
                  clist (cdar alist))
            (cond
             ((eq key 'reply)
...
             ((stringp key)
...
            ((eval key)
             (wl-append local-variables
                        (wl-draft-config-exec-sub clist))
              (setq found t)))
            (if (and found wl-draft-config-matchone)
                (throw 'done t))
            (setq alist (cdr alist))))
ここんとこ、合っているのかなぁという思いが。

eval の使い方:

(progn
  (setq a nil)
  (setq text '(setq a "a-value"))
  (princ a)
  (princ " (1)\n")
  (eval text)
  (princ a)
  (princ " (2)\n")
  nil
) ..... C-j
nil (1)
a-value (2)
nil
↑は(いつものように)僕の勘違い。見るべきは wl-draft-config-exec-sub の中だった。

lambda を使うのが正しいのかな。:

実はこれがやりたかっただけ。 wl-draft-colnfig-alist の中で:
((string-match  "to/home" wl-draft-parent-folder)
 ("From" .  "藤原 誠/ Makoto Fujiwara <hoge.foo@example.com>")
 (lambda () 
   (setq wl-x-face-file "~/.xface")
   (setq wl-auto-insert-x-face nil)
   (message "executing lambda expression") ))
↑ちょっと冗長ではある。(というか一行目は意味がない) それと、 wl-auto-insert-x-face って buffer local になってくれているのかな。 .. なってないようなので、上の方法はうまくない。
x-face を切替えるだけだったら、そういう名前も使えるらしいが。

wl-draft-config-alist ばんざい:

という感じで。... と思ったが、ちょっと時期の問題がある。 上のやり方では間に合わず、一つ後で draft を作る時に初めて有効に なる。
やはり x-face の名前で指定する方法が良い。

#2 [Emacs] apropos-command と apropos-symbol

C-h a って apropos-command
M-x apropos は apropos-symbol
なのかな。知らなかった ? ...
C-u C-h a が apropos command or function


2004年02月04日(水) 旧暦 [n年日記]

#1 [NetBSD] 20040128-UTC + macppc-040110

TNFDATE=20040128-UTC
DATE=040110
ttyp0:root@quick 0:06:58/040204(...checkout/src)# time ./build.sh -D $DESTDIR -R $RELEASEDIR release > & ../log-1
11468.370u 3181.033s 4:00:30.01 101.5% 0+0k 17585+437638io 28173pf+0w
sets/lists 以下で止っていたが、それ以外は大丈夫。

#2 [Net] きのう登録依頼した *.jp は

もう、ある程度伝播していた。

#3 [graphic] gimp を使って大きな字を描くには ?

dynamic font とかで一度きれいな字が描けたが、もう一度行けなくなってしまった。 これが出て来たはず。 ダイナミックテキストというらしい。 「GIMP エッセンシャルテクニック」(向井領治・古川泰弘)の p51 にポストイット が貼ってあった。


2004年02月03日(火) 旧暦 [n年日記]

#1 [NetBSD] 20040110ts 完送したもよう

TNFDATE=20040105-UTC
NANDRA=/e/u/j/nandra
DATE=040110
まだこれだと 1.6ZG かな。
ttyp0:root@quick 15:24:40/040203(...checkout/src)# time ./build.sh -D $DESTDIR -R $RELEASEDIR release > & ../log-1
11550.585u 3206.291s 4:05:59.22 99.9% 0+0k 17649+439317io 27367pf+20w
ttyp0:root@quick 19:30:49/040203(...checkout/src)#
make-repository.sh を使って CVS 保管庫を作った。

src を作るには:

2003/12/22 の日記 によると、
(...distrib/sets)# sh ./makesrctars `cd ../../;pwd` ../../../r
とするらしい。しかしきょう試したところによると、次の方が正しい気がする
ttyp1:root@quick 20:42:06/040203(...checkout/src)# sh ./distrib/sets/makesrctars `pwd` ../r/macppc
Creating src.tgz
Creating gnusrc.tgz
pax: Link name too long for ustar /export/nandra-20040110/checkout/src/gnu/usr.bin/binutils/ld/../../../dist/binutils/ld/emultempl/astring.sed
Creating syssrc.tgz
Creating sharesrc.tgz
ttyp1:root@quick 20:56:13/040203(...checkout/src)#
しかも本当は (...checkout/src)# sh ./distrib/sets/makesrctars `pwd` ../r/macppc/source/
とする必要があったようだ。(ばらけてしまった)。

という訳で ftp:

または kddlabs

引続き 20040128-UTC:

TNFDATE=20040128-UTC
NANDRA=/e/u/j/nandra
DATE=040110
で試して見ているが..
##### patching local mod Tue Feb 3 22:14:12 JST 2004
/home/htdocs/www/software/NetBSD/macppc/build.sh/20040110/2
1 out of 1 hunks failed--saving rejects to distrib/sets/lists/base/md.macppc.rej
/home/htdocs/www/software/NetBSD/macppc/build.sh/20040110/5
3 out of 3 hunks failed--saving rejects to ./distrib/sets/lists/comp/md.macppc.rej
/home/htdocs/www/software/NetBSD/macppc/build.sh/20040110/7
4 out of 4 hunks failed--saving rejects to distrib/sets/lists/man/mi.rej
/home/htdocs/www/software/NetBSD/macppc/build.sh/20030210/8
/home/htdocs/www/software/NetBSD/macppc/build.sh/20030713/9
/home/htdocs/www/software/NetBSD/macppc/build.sh/20040110/11
3 out of 3 hunks failed--saving rejects to distrib/sets/lists/comp/ad.powerpc.rej
/home/htdocs/www/software/NetBSD/macppc/build.sh/adb-20021109
/home/htdocs/www/software/NetBSD/macppc/build.sh/modem-20030714
/home/htdocs/www/software/NetBSD/macppc/build.sh/20031206/12
/home/htdocs/www/software/NetBSD/macppc/build.sh/20031206/13
##### committing as local-head Tue Feb 3 22:14:13 JST 2004
変更したばっかりのものが全て ? ...

#2 [Net] 某.jp domain の登録を手伝って見る。



2004年02月02日(月) 旧暦 [n年日記]

#1 [Elisp][Emacs] quote と list の違い

(quote ("a" "b" "c"))
("a" "b" "c")

(list "a" "b" "c")
("a" "b" "c")
これだけだと同じに見える。
(quote (a b c))
(a b c)

(list a b c)
(void-variable a)
この場合、quote の方が便利そうに見える。 (「評価しない」から何でも書けちゃうだけ)
(setq xxx (quote (a b c)))
(a b c)

(setq xxx (list 'a 'b 'c))
(a b c)
意味がないか。a b c という字(変数)がありそうで、 まだ変数ではないし。

比べて見る:

(setq xxx (quote ("a" "b" "c")))
("a" "b" "c")

(setq yyy (list "a" "b" "c"))
("a" "b" "c")

(eq xxx yyy)
nil

(equal xxx yyy)
t

list の引数は listp のこと。:

(setq xxx (quote (a b c))
(a b c)

(setq yyy (list 'a 'b 'c))
(a b c)

(eq xxx yyy)
nil

(equal xxx yyy)
t
つまりこれらを同じというかどうか ?


2004年02月01日() 旧暦 [n年日記]

#1 [Namazu] stable-2-0

SKIP: ja-namazu-cgi-1
SKIP: ja-namazu-1
======================
All 45 tests passed
(2 tests were not run)
======================
これって何 ? (LANG が ja のときのみ check)
表示する情報に何か追加したいと思ったが、方法が分らない。
Makefile.am -> Makefile.in ->(automake)-> Makefile
automake の世界 なので untouchable ?

pkgsrc/namazu-mef-rc:

とりあえず入替 (2.0.13pre8)
===> Registering installation for namazu-2.0.13
pkg_create: Overwriting /usr/pkg/share/locale/ja/LC_MESSAGES/namazu.mo - pkg namazu-2.0.13 bogus/conflicting?
namazu-2.0.13 requires installed package chasen-2.2.9
namazu-2.0.13 requires installed package chasen-base-2.2.9
namazu-2.0.13 requires installed package ipadic-2.4.4nb1
namazu-2.0.13 requires installed package kakasi-2.3.4nb1
namazu-2.0.13 requires installed package p5-File-MMagic-1.20
namazu-2.0.13 requires installed package p5-Text-ChaSen-1.03nb1
namazu-2.0.13 requires installed package p5-Text-Kakasi-1.04
namazu-2.0.13 requires installed package p5-nkf-1.92
namazu-2.0.13 requires installed package perl-5.6.1nb7
===> Cleaning for namazu-2.0.13



最近の日記
2020年06月21日
sourceforge ban recovered
2020年05月27日
sudo service ssh start
2020年05月16日
Router host down
2020年04月29日
pan cake Japanese Hot cake
2020年03月31日
sysinst
以上、9 日分です。
タイトル一覧
カテゴリ分類
Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project

Count.cgi (since 2000/02/05)