hns - 日記自動生成システム - Version 2.19.9

先月 2006年11月 来月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Namazu for hns による簡易全文検索
詳しくは 詳細指定/ヘルプを参照して下さい
検索式:

2006年11月08日(水) 旧暦 [n年日記] [更新:"2006/11/10 10:38:03"]

#1 [機械] LinkStation HD-HGLAN

HD-LAN がまだ(本来の姿で)動いていないのに、 次の HD-HGLAN を何故か入手した。電源を入れる前に分解して 写真を 撮る。直列通信口を付ける。 14.7456MHz の水晶が付いている。147,456 = 256 x 57,600 なので、 この機械の通信速度は いままでの機械 と違ってちょうどの値になっているのだろう。 AVR が Atmel のものでないようだ (SP100552CDW NAS0DT001)。AVR とは言わないのだろう。

以前に HD-LAN で試していた disk (3.2G)をつなぐ。

Bootcode Ver.1.11 for [HGLAN]
Build:May 17 2005 [14:11:09]
isUseRevClock=0

******* Product Information *******
----------------------------------
Product Name: HD-HGLAN(IEMITSU)
          VER: 2.08
         Date: 2006/2/9 12:0:6
----------------------------------
Firmware check:done.

>>root=/dev/hda1
hit any key to boot EM mode.
Now Loading...done.
Now Booting
hit any key to boot EM mode. って素適なのだが、実は password が分らない。
BUFFALO INC. Link Station series HD-HGLAN (IEMITSU)

HD-HGLAN-EM login: root
Password: 
Login incorrect

nbloader:

以前のものをそのままつないでいるけれど、(それだから)、 uname が違うので、nbloader はだめだよと言って NetBSD 側には行かなかった。
Select the OS in 3 secs: (default is 3)
1: Linux
2: NetBSD(sysinst)
3: NetBSD in production
4: NetBSD(trial-pack)
5: NetBSD(emergency)

** Default **
** No.3 **
/boot/nbloader_v3.o: kernel-module version mismatch
        /boot/nbloader_v3.o was compiled for kernel version 2.4.17_kuro-box
        while this kernel is version 2.4.20_mvl31-ppc_linkstation.
Oops, Boot failed...
Checking all file systems...
linux 側では root になって操作が出来るのだけれど、書込不可。
root@KURO-BOX:/boot# 
 cp -p  kuro-bootsel2/kuro_bootsel2.sh   kuro-bootsel2/kuro_bootsel2.sh-HDLAN 
cp: cannot create regular file `kuro-bootsel2/kuro_bootsel2.sh-HDLAN': 
Read-only file system
Disk を、一度別の基板 (HD-LAN)につないで uname 違いを直した上で、再試行
hda: 6346368 sectors (3249 MB) w/256KiB Cache, CHS=6296/16/63, UDMA(33)
Partition check:
 hda:
hda: dma_timer_expiry: dma status == 0x61
-- BREAK DMA (hda) --
   0x60
hda: dma_timer_expiry: status=0x58 { DriveReady SeekComplete DataRequest }
hda: irq timeout: status=0xd0 { Busy }
hda: DMA disabled
ide0: reset: success
 hda1 hda2 hda3

 hda:hda: dma_timer_expiry: dma status == 0x61
の(青の) hda: のところで少し待つような感じになるが、待っていると先に行く。
uhub2: 5 ports with 5 removable, self powered
biomask a netmask b ttymask b
wd0 at atabus0 drive 0: <WDC AC23200L>
wd0: drive supports 16-sector PIO transfers, LBA addressing
wd0: 3098 MB, 6296 cyl, 16 head, 63 sec, 512 bytes/sect x 6346368 sectors
wd0: drive supports PIO mode 4, DMA mode 2, Ultra-DMA mode 2 (Ultra/33)
wd0(iteide0:0:0): using PIO mode 4, Ultra-DMA mode 2 (Ultra/33) (using DMA)
boot device: wd0
root on wd0a dumps on wd0b
iteide0:0:0: lost interrupt
        type: ata tc_bcount: 512 tc_skip: 0
iteide0:0:0: bus-master DMA error: missing interrupt, status=0x21
wd0: transfer error, downgrading to Ultra-DMA mode 1
wd0(iteide0:0:0): using PIO mode 4, Ultra-DMA mode 1 (using DMA)
wd0d: DMA error reading fsbn 0 (wd0 bn 0; cn 0 tn 0 sn 0), retrying
wd0: transfer error, downgrading to PIO mode 4
wd0(iteide0:0:0): using PIO mode 0
wd0d: error reading fsbn 0 (wd0 bn 0; cn 0 tn 0 sn 0), retrying
wd0: (aborted command, interface CRC error)
wd0: soft error (corrected)
root file system type: ffs
Wed Nov  8 05:36:16 GMT 2006
swapctl: adding /dev/wd0b as swap device at priority 0
と言われるのは個体のせいかどうか分らないが、それ以外は正常に動く。
kuro-hg# uname -a
NetBSD kuro-hg.ki.nu 4.99.3 NetBSD 4.99.3 (KUROBOX) #0: 
Mon Oct 30 19:30:30 JST 2006  
root@trapani:/work/20061019/sys/arch/evbppc/compile/obj/KUROBOX evbppc
kuro-hg# 
(例によって、機械の名前と機種名は関係ありません) dmesg: Linux EM mode | NetBSD/evbppc 4.99.3 AVR は違うものだが、 boot selector2 (20061108 版)は期待通り動く。 かわうちさん ありがとう。 sysinst で設置可能かどうかは後で試して見よう。

全く新しい disk をつないで:

firmware update をしたところ、一回目は「ファームウェアの更新に失敗しました」 と言っていたが (卓を見る限り何か変な状態になっているらしかったので)、もう一度 同じことをしたら、正常に使えるようになり、管理者パスワードも、元は空に設定され ていたので、変更が可能だった。つまり HD-HGLAN に新しい disk をつないでも使えるようには出来る、と言える。
Uniform Multi-Platform E-IDE driver Revision: 6.31
ide: Assuming 33MHz system bus speed for PIO modes; override with idebus=xx
IT8212: IDE controller on PCI bus 00 dev 60
IT8212: chipset revision 19
IT8212: not 100% native mode: will probe irqs later
    ide0: BM-DMA at 0xbffed0-0xbffed7, BIOS settings: hda:pio, hdb:pio
    ide1: BM-DMA at 0xbffed8-0xbffedf, BIOS settings: hdc:pio, hdd:pio
hda: WDC WD400EB-11CPF0, ATA DISK drive
これは実は 11/09 に湘南で 3,150 円で買って来たもの。40GB。

でも卓の login とか EM mode のパスワードは未だ不明。

ユーザ設定をしたら卓からは login が出来るようになった。 EM-MODE ANALYSIS



最近の日記
2020年09月24日
mule1.1-netbsd
2020年08月01日
R2pkg pingr fails
2020年07月19日
bulkbuild で chroot が使えない理由
bulkbuild で dhcp だとうまく行かない理由
2020年06月21日
sourceforge ban recovered
2020年05月27日
sudo service ssh start
以上、1 日分です。
タイトル一覧
カテゴリ分類
Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project

Count.cgi (since 2000/02/05)