hns - 日記自動生成システム - Version 2.19.9

先月 2009年06月 来月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
Namazu for hns による簡易全文検索
詳しくは 詳細指定/ヘルプを参照して下さい
検索式:

2009年06月22日(月) 旧暦 [n年日記] [更新:"2009/06/26 18:44:06"]

#1 [SHELL] (zsh) 入力待再び + cdpath

に間違いがある訳ないかなと、 zshの小技集 をよーく見ていたら、 直前におまじない が書いてあった。
(以下は現在使っている ~/.zshrc):
#  $Id$
autoload -U compinit
compinit
bindkey -e

function lslt () { /bin/ls -lt $* | head -23 }
function setenv    () { 
    if [ $# -eq 0 ]; then env; else export ${1}=$*[2,-1]; export ${1}; fi }
function unsetenv  () { unset $* }


# (1) 「zsh の本」に載っていたもの
PROMPT=$'%{\e[$[31+RANDOM%6]m%}%m{%n}$%{\e[m%}%% '
# (2) version 4.2.7 での動作を確認したもの (引用符を二つ加えた)
PROMPT=$'%{\e['$[31+RANDOM%6]m%}%m{%n}$'%{\e[m%}%% '
# (3) 最近使ったもの
PROMPT=$'%y:%n@%m %P%D{%H:%M:%S/%y%m%d}(%3(~|..%2d|%~))%% '
# (4) = (2) + (3)
PROMPT=$'%{\e['$[31+RANDOM%6]m%}%m@%n' '$'%{\e[m%}%P%D{%H:%M:%S/%y%m%d}(%3(~|..%2d|%~))%% '

setopt prompt_subst
# (5) 上の設定があれば、中の ' ' はなくても大丈夫
PROMPT=$'%{\e[$[31+RANDOM%6]m%}%m@%n %{\e[m%}%P%D{%H:%M:%S/%y%m%d}(%3(~|..%2d|%~))%% '

# 版毎に設定が必要な場合:
# case $ZSH_VERSION in
#  '4.3.4')
#     PROMPT=$%{\e['$[31+RANDOM%6]m%}%m{%n}$%{\e[m%}%% '
# esac

setopt ignoreeof		# ^D で logout しない ( = set ignoreeof @csh)
setopt noautoremoveslash	# ディレクトリ名が引数のときに最後の / を削除しない

cdpath=( . ~ )			# p51 cd の探索先

つまり setopt prompt_subst しておけば、PROMPT の中の (僕が追加していた引用符の) ' ' は不要 ということらしい。
それと、以前の .cshrc では cdpath を設定していたのでそれを追加。

foreach の履歴保存:

きょうは初めて foreach の履歴保存機能を使った。どうなるのかは何も想像してい なくて、ただ単に一行づつ戻って来るのかと思ったら、丸ごと画面に表示されて、 行を渡って(カーサーを移動して)編集出来る。これは素晴しい。

login shell には未登録:

実はまだ login shell には設定していない。理由は そのためには home directory を共有している機械に全て make install しておく必要があるから。
それで、いまは zsh と入力するか、.fvwm2rc の設定に次のようなものを書いて おいて、
+ "zsh"         Exec exec env xterm -bg '#eefcee' -e zsh -n zsh
fvwm2 のメニューから起動している。そのため環境変数等は引継がれるので、 まだ特に (zsh 専用には) 設定していない。 login も同様。

(以下 2009/06/26 追記)
上の ~/.fvwm2rc の設定では -e の書き方が間違っていた。man xterm すると -e は最後に指定する。上のままだと多分 -e 'zsh -n zsh' という文字列と解釈 して zsh としては zsh なんて譜は知らないと言って終了してしまう(と思う)。

zsh: can't open input file: zsh
(その時には、実は 窓が一瞬開いてすぐに閉じてしまうので何が起きているか分らない) そこで、今は、次のように書いている。
+ "zsh"         Exec exec env xterm -bg '#eefcee' -n zsh -e zsh 



最近の日記
2020年09月24日
mule1.1-netbsd
2020年08月01日
R2pkg pingr fails
2020年07月19日
bulkbuild で chroot が使えない理由
bulkbuild で dhcp だとうまく行かない理由
2020年06月21日
sourceforge ban recovered
2020年05月27日
sudo service ssh start
以上、1 日分です。
タイトル一覧
カテゴリ分類
Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project

Count.cgi (since 2000/02/05)