hns - 日記自動生成システム - Version 2.19.9

先月 2008年11月 来月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Namazu for hns による簡易全文検索
詳しくは 詳細指定/ヘルプを参照して下さい
検索式:

2008年11月26日(水) 旧暦 [n年日記] [更新:"2008/11/28 01:09:28"]

#1 [無線] AH-4 を 160m で使う

ICOM の アンテナ・チューナ AH-4 ( 例えば IC-7000 のオプション に案内がある) は長い線があれば、それだけで 3.5MHz - 50MHz まで同調してくれて、 とても便利なもので、大変気に入っている。特に 14.5 m の垂直線があれば 7MHz で 3/8 波長、14MHz で 5/8 波長相当になり、簡単な設備の割には、 良く飛んでくれるのでは、と勝手に思っている。ただ、以前の型の AH-3 が 1.8 - 28 MHz に同調するものだったのが、一つ上にずれてしまって AH-4 では 160m 帯では使えないと思っていた。

しかし世の中には 30m の線を使えば 160m も使える とか
根元にコイルを足せば使える (CQ 誌 の2003 年 10 月号)
塩ビのパイプにビニール線を巻き付けて運用(CQ 誌の2003 年 6 月号)
という話があると教えてもらった。

それで最初は 1m/m のホルマル線を 25mくらい使い 48 m/m の塩ビの管に 160 回 くらい巻いたものを用意して (上の写真) 、2m くらい先と、根元の二か所(のどちらか)に挿入して見たが、同調 してくれない。

それで、CQ 2003/10 号の記事にあるらしい方法で、 ペットボトルに 40 回巻いたものを使って見たら、 これで同調してくれた (下の方の写真)。
(いづれの場合も 14.5 m くらいの垂直な線をつないでいる)

これで、JA2, JA3, JA4 と一局づつ 1910 kHz 帯で交信した後に、何と H44MY (Solomon Is.) と交信してしまった (初アジア外、初 1810/1825kHz 帯)

なお、混信というか、正体不明のヒューッというような電波が沢山聞こえるの で IC-7000M の notch filter 二つを使い、 上と下からはさむようにして、帯域を 250Hz から更にせばめ(たつもりになっ)て聞いている。
参考: アンテナチューナ AH4 の内部回路 (jj2pnx)



最近の日記
2020年09月24日
mule1.1-netbsd
2020年08月01日
R2pkg pingr fails
2020年07月19日
bulkbuild で chroot が使えない理由
bulkbuild で dhcp だとうまく行かない理由
2020年06月21日
sourceforge ban recovered
2020年05月27日
sudo service ssh start
以上、1 日分です。
タイトル一覧
カテゴリ分類
Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project

Count.cgi (since 2000/02/05)