hns - 日記自動生成システム - Version 2.19.9

先月 2008年11月 来月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Namazu for hns による簡易全文検索
詳しくは 詳細指定/ヘルプを参照して下さい
検索式:

2008年11月16日() 旧暦 [n年日記] [更新:"2008/11/18 01:08:17"]

#1 [NetBSD] wip/wl-current, wip/emacs-w3m-current

wip/wl-current, wip/emacs-w3m-current の二つを obache さんに教わって作った。しかし、一点問題がある。icon が見えない。
手で、次のような操作をすると見えるようになる。
ttyqf:makoto@genova 14:00:36/081116(...etc/wl)> pwd
/usr/pkg/share/emacs/23.0.60/etc/wl
ttyqf:makoto@genova DING!/081116(...etc/wl)> sudo ln -s ../../../../wl icons
ttyqf:makoto@genova 14:00:35/081116(...etc/wl)> ls -lt
total 0
lrwxr-xr-x  1 root  wheel  14 Nov 16 14:00 icons@ -> ../../../../wl
要するに pkgsrc が入れる位置と、参照する位置が一致していない
設置/usr/pkg/share/wl
参照/usr/pkg/share/emacs/${EMACS_VERSION}etc/wl/icons
入れる位置は変更してあるが、
MAKE_FLAGS+=	PIXMAPDIR=${DESTDIR:Q}${PREFIX:Q}/share/wl
これが参照する方に効いていないということかな。 Wanderlust の問題で、この変数の効き方に誤りがある ? (ではなくて pkgsrc から、この変更が wl に渡っていない)。これは mail/wl でも 同じと他の方から報告あり。

この問題が解決されない (pkgsrc 側で修正されない) 場合の回避方法の一つは、上に 書いたような symbolic link を手で張ることだけれど、その他に ~/.emacs に (setq wl-icon-directory "/usr/pkg/share/wl") と書いておくという方法もある。 (但し、これは確認はしていない)

mail/wl/MESSAGE に書いておく:

上の件は確認出来た。 どうも、「そういうもの」らしい。一番安易な対策として、MESSAGE に 次のように書いておく、というのを考えた。
===========================================================================
$NetBSD$

PIXMAPDIR is changed from original. You may add following
line in your ~/.emacs,  ~/.emacs.el or ~/.wl  to get icons shown.

(setq wl-icon-directory "$PREFIX/share/wl")

... $PREFIX may be '/usr/pkg' ...
===========================================================================

editors/emacs/modules.mk の変更:

一つ大切なことがあった。以上の話は editors/emacs/modules.mk を変更する 必要がある (これが obache さんに教わったことその一)。 これがないと、
bytecomp not found
のように言われる。 send-pr した方がいいのかな ?
上の patch だと、表示の順が今一つ気に入らない。しかし名前は自分では決められないかな。
Based on these variables, the following variables have been set:

        * EMACS_BIN = /usr/pkg/bin/emacs
        * EMACS_ETCPREFIX = /usr/pkg/share
        * EMACS_FLAVOR = emacs
        * EMACS_INFOPREFIX = /usr/pkg/info
        * EMACS_LISPPREFIX = /usr/pkg/share/emacs/site-lisp
        * EMACS_PKGNAME_PREFIX (defined, but empty)
        * EMACS_VERSION_MAJOR = 23
        * EMACS_VERSION_MICRO (not defined)
        * EMACS_VERSION_MINOR = 0

emacs-current も合せて更新した:

実は以前から、emacs が良く落ちていたが、多分良くなった気がする。
2008/05/23 に次のように書いた件は直っている。
Wanderlust でメールを書き始めた後に No undo information in this buffer と言われることがある
それと日本語の bold が少し太くなっている気がする。 (開始画面の gnu も立体感がある ?)



最近の日記
2020年09月24日
mule1.1-netbsd
2020年08月01日
R2pkg pingr fails
2020年07月19日
bulkbuild で chroot が使えない理由
bulkbuild で dhcp だとうまく行かない理由
2020年06月21日
sourceforge ban recovered
2020年05月27日
sudo service ssh start
以上、1 日分です。
タイトル一覧
カテゴリ分類
Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project

Count.cgi (since 2000/02/05)