hns - 日記自動生成システム - Version 2.19.9

先月 2010年07月 来月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Namazu for hns による簡易全文検索
詳しくは 詳細指定/ヘルプを参照して下さい
検索式:

2010年07月08日(木) 旧暦 [n年日記] [更新:"2010/07/09 01:05:22"]

#1 [NetBSD] env sendmail=YES /etc/rc.d/sendmail start

以前は /etc/rc.conf に sendmail=YES と書いてなくても、 次のようにすれば起動出来たと思うのだけれど、
env sendmail=YES /etc/rc.d/sendmail start
最近は /etc/rc.conf に書くことが必須になっている気がする。 何故かな。

Comments related this article

Re: env sendmail=YES /etc/rc.d/sendmail start by obache    2010/07/09 10:14
onestart/onestop でいけませんか?
Re: env sendmail=YES /etc/rc.d/sendmail start by makoto fujiwara    2010/07/14 22:06
ありがとうございます。行けました。いつから変ったのかなぁ。

#2 [NetBSD] WiFi -> GW-USMicroN-G (Planex)

(秋葉原) Tsukumo にて 500 円で売られていると聞いて買って来た。 07/03 に深海さんに WLI_CU-G300N を設定してもらったのを少しだけ直して、 Let's Note R4 NetBSD/i386 5.1_RC3 で 無事動くようになった。 機能が全く同じとすれば、大変小型に出来ていて、安価に入手出来るので、 とても良いと思う。
media: IEEE802.11 autoselect (OFDM54 mode 11g)
と出ている。 sudo usbdevs -v で見ると、次のように、 WLI_CU-G300N の方は 4mA となっているところ、 GW-USMicroN-G の方は 450mA となっている。 これは沢山電気を食うという意味なのかどうか良く分っていないが、 どうもそうらしい気がする。
だけれども 4mA というのもちょっとおかしい気もする。20mW で足りるのかな。もっとも電波の出力が違うとすると、そういうこともあるかな。 ただ、 深海さんからは、この小さい方が、電波は届き難いというように聞いた気がする。

そう言えば、全く関係がないが、ちょっと 南の方に 歩いていたら、 Otto の大きな店舗 を見かけた。でも ML110/G6 は見えるところに置いてなかったな。

Controller /dev/usb0:
addr 1: full speed, self powered, config 1, 
		UHCI root hub(0x0000), vendor 0x8086(0x8086), rev 1.00
 port 1 powered
 port 2 powered
Controller /dev/usb1:
addr 1: high speed, self powered, config 1, 
		EHCI root hub(0x0000), vendor 0x8086(0x8086), rev 1.00
 port 1 addr 2: high speed, power 4 mA, config 1,
		802.11 n WLAN(0x00e8), Ralink(0x0411), rev 0.01
 port 2 addr 3: high speed, power 450 mA, config 1,
		802.11 n WLAN(0xed14), Ralink(0x2019), rev 1.01, serial 1.0



最近の日記
2022年07月01日
screen and ssh-agent
2022年06月01日
CTWN at clean install
2022年05月31日
qemu with nvmm
2022年05月29日
9.99.97 download and copied to USB memory
2022年05月22日
cherry-pick
以上、1 日分です。
タイトル一覧
カテゴリ分類
Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project

Count.cgi (since 2000/02/05)