hns - 日記自動生成システム - Version 2.19.9

先月 2005年09月 来月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Namazu for hns による簡易全文検索
詳しくは 詳細指定/ヘルプを参照して下さい
検索式:

2005年09月13日(火) 旧暦 [n年日記] [更新:"2005/09/13 12:04:54"]

#1 [Mail] mx backup と smtpfeed

mail の mx を次のように設定していたとします。
10   mail.example.com
20 backup.example.com
つまり 普通なら mail に、また mail が利用出来ない場合には backup に送るようにしているとします。MTA は sendmail を想定しています。 ここで backup 側に smtpfeed を加えていたとします。 で、mail が落ちていた場合に、何が起きるか、です。

メールは backup に送られます。受取ったメールは smtpfeed に無条件 に渡されます。smtpfeed は mail に送ろうとするのですが、

Sep 13 05:59:55 backup smtpfeed[3328]: NOID: 1/4: getpeername failed for mail.example.com: Socket is not connected
と言って、送れません。送れなかったメールはどこに行くのでせうか ?

(変だなぁ、それがもし捨てられてしまうとすると、Mailing List は運用出来ないことになる)

-m fallbackmx	Fallback MX 先の指定 (デフォルトは指定なし)
		すべての MX が応答しなかった場合や DNS が引けなかった場合に、
これって smtpfeed の説明 かな ? (orange.kame.net) (インストールの方法) (fkimura.com)
10       mail.example.com
20 nosmtpfeed.example.com
30     backup.example.com
としておけば問題がないということかな ? そう出来ない時には
Msmtpf, P=/usr/local/libexec/smtpfeed, F=mDFMuXz, 
        S=EnvFromSMTP/HdrFromSMTP, R=EnvToSMTP,
        T=DNS/RFC822/SMTP, r=100, 
        A=smtpfeed -l local5 -V -n 255 -E -m nosmtpfeed.example.com
のようにする ? (同じことか)

メール配送と、mx Fallback とを混乱しているという気はしているが。
何とはなく「mx Fallback の機械には smtpfeed は使わないこと」の気がする。




最近の日記
2021年07月04日
mame mame-0.233 took 10.5 hours to package
math/R-RcppArmadillo
2021年07月03日
ghostscript
2021年07月02日
double-byte-char width issue
2021年06月08日
Let's note certificate updated
2021年06月02日
check the expiration date of certificate
以上、1 日分です。
タイトル一覧
カテゴリ分類
Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project

Count.cgi (since 2000/02/05)