hns - 日記自動生成システム - Version 2.19.9

先月 2004年04月 来月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Namazu for hns による簡易全文検索
詳しくは 詳細指定/ヘルプを参照して下さい
検索式:

2004年04月12日(月) 旧暦 [n年日記]

#1 [NetBSD] 不思議な挙動 (Password: を入力しても応答なし)

telnet すると、
(A)                         (B)
Escape character is '^]'.    
login: makoto
Password:                    Escape character is '^]'.        
			     login: makoto                   
			     Password:                       

Last login: Mon Apr ....

sudo echo test
Password:                     
                             Last login: ....
で止ってしまう。変だなと思って他の窓(B) から別に入ろうとして、そこで Password: を入力すると、初めの方の窓(A) が応答する。
二番目めの窓(B)の方は Password: を入力したところで止っている。 (A) の方で sudo echo test とか入力して Password: を聞いてくるところ で (B) の方が応答する。
もちろん再起動すれば直る。
ttyp0:makoto@u  6:57:07/040412(~)> uptime
 6:57AM  up 64 days,  8:13, 1 user, load averages: 0.59, 0.45, 0.48
ttyp0:makoto@u  6:57:26/040412(~)> 
まさかと思うけれど、uptime が 64 日を過ぎると ?
NetBSD u 1.6Q NetBSD 1.6Q (INSECURE-ZSABORT) #0: Wed Mar 26 10:31:33 JST 2003 makoto@owada:/export/20030326/sys/arch/macppc/compile/INSECURE-ZSABORT macppc
(しばらく待っていれば、何もしなくても次に行く)

#2 [pkgsrc] https:/

# /usr/pkg/sbin/apachectl startssl
Syntax error on line 109 of /usr/pkg/etc/httpd/ssl.conf:
SSLCertificateFile: file '/usr/pkg/etc/httpd/ssl.crt/server.crt' does not exist or is empty
Apache for NetBSD を見て見る。 鍵を作る
openssl genrsa -des3 -rand /var/log/messages -out server.key 1024
openssl req -new -key server.key -out server.csr
openssl x509 -req -in server.csr -signkey server.key -out server.crt
作った server.key, server.crt を /usr/pkg/etc/httpd/ssl.conf に書いてある次のところに置く。
SSLCertificateFile    /usr/pkg/etc/httpd/ssl.crt/server.crt
SSLCertificateKeyFile /usr/pkg/etc/httpd/ssl.key/server.key



最近の日記
2020年09月24日
mule1.1-netbsd
2020年08月01日
R2pkg pingr fails
2020年07月19日
bulkbuild で chroot が使えない理由
bulkbuild で dhcp だとうまく行かない理由
2020年06月21日
sourceforge ban recovered
2020年05月27日
sudo service ssh start
以上、1 日分です。
タイトル一覧
カテゴリ分類
Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project

Count.cgi (since 2000/02/05)