hns - 日記自動生成システム - Version 2.19.9

先月 2009年03月 来月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Namazu for hns による簡易全文検索
詳しくは 詳細指定/ヘルプを参照して下さい
検索式:

2009年03月22日() 旧暦 [n年日記] [更新:"2009/03/24 02:19:53"]

#1 [NetBSD] (DL320) 5.0_RC3 を入れて見る

NetBSD/5.0_RC3 が ftp.jp.n.o まで来ていることもあって、 以前に amd64 を DL320 に入れた となりに N/i386 を入れて見た。 今回は全て直列口からと思ったが、ちょっとした勘違い、時間の無駄遣い、のような ことがあった。つまり netboot して kernel を読んだ後に、 (何も考えないと) console が再初期化され、VGA 画面の方に行ってしまう。
>> NetBSD/x86 PXE Boot, Revision 5.1 (from NetBSD 5.0_RC3)                      
>> Memory: 565/2096128 k                                                        
Press return to boot now, any other key for boot menu                           
Starting in 0                                                                   
PXE BIOS Version 2.1
Using PCI device at bus 3 device 4 function 0                                   
Ethernet address 00:24:81:00:64:48                                              
9873976+5598208+782496=0x1081160                                                
つまりこの後表示が(ここには何も出ない)
このことに気が付かず、 (VGA の方は何も接続していなかったので)しばらく変だなぁ、と悩んでいた。
secondary boot が数を数えている時に、空白鍵を押して、 そこで
>> NetBSD/x86 PXE Boot, Revision 5.1 (from NetBSD 5.0_RC3)                      
>> Memory: 565/2096128 k                                                        
Press return to boot now, any other key for boot menu                           
Starting in 0                                                                   
type "?" or "help" for help.                                                    
> help
commands are:                                                                   
boot [filename] [-adsqv]                                                        
     (ex. "netbsd.old -s"                                                       
consdev {pc|com[0123]|com[0123]kbd|auto}                                        
modules {enabled|disabled}                                                      
load {path_to_module}                                                           
help|?                                                                          
quit                                                                            
> consdev com0
と入力すれば良かった。ただし、この時通信速度が 9,600 に固定なので、 もし 115,200 bps で通信していた場合には、端末側を変更する必要がある。 (com0:115200 とか入力すればいいのかな)

区画名を手で変更する必要があった:

それで sysinst も済み、再起動したが、以前の amd64 区画が見えていておかしい。 それで、以下のことが判明した (このことは全く初めてではなかったが忘れていた)。
となりというのは MBR 区画の次の部分という意味、つまり普通なら fdisk で分けた二番目 ということになる。 ただ、このように二つ以上を両方とも NetBSD にしてしまうと、両方が見えてしまうので、 入れる時、sysinst の時には a b e g 等のように見えていても、いざ普通に起動すると、 それらは h i j k l のような区画名になってしまい、一度 single user で起動しておいて /etc/fstab を変更する必要があった。
pts/2:makoto@DL320 14:29:15/090322(~)> sudo disklabel wd0
disklabel: could not read existing label
pts/2:makoto@DL320 14:29:23/090322(~)> sudo disklabel wd0d
disklabel: could not read existing label
pts/2:makoto@DL320 14:29:32/090322(~)> sudo disklabel wd0a

16 partitions:
#        size    offset     fstype [fsize bsize cpg/sgs]
 a:   2048256        63     4.2BSD   1024  8192     0  # (Cyl.      0*-   2032*)
 b:   8192016   2048319       swap                     # (Cyl.   2032*-  10159*)
 c: 156296322        63     unused      0     0        # (Cyl.      0*- 155055*)
 d: 312581808         0     unused      0     0        # (Cyl.      0 - 310100)
 e:  20480544  10240335     4.2BSD   2048 16384     0  # (Cyl.  10159*-  30477*)
 f:  61440624  30720879     4.2BSD   2048 16384     0  # (Cyl.  30477*-  91430*)
 g:  64134882  92161503     4.2BSD   2048 16384     0  # (Cyl.  91430*- 155055*)
 h:   2048256 156296385     4.2BSD   1024  8192     0  # (Cyl. 155055*- 157087*)
 i:   8192016 158344641       swap                     # (Cyl. 157087*- 165214*)
 j:  20480544 166536657     4.2BSD   2048 16384     0  # (Cyl. 165214*- 185532*)
 k:  20480544 187017201     4.2BSD   2048 16384     0  # (Cyl. 185532*- 205850*)
 l: 105084063 207497745     4.2BSD   2048 16384     0  # (Cyl. 205850*- 310100)
でも実は fdisk としても、それらしいものが表示されないので、更に何か勘違い をしているかも知れない

IRC でいろいろ教えてもらいました

  • MBR に NetBSD 区画を複数置くのは、混乱のもとだからなるべく避けた方が良い
  • ではどうするかと言うと多くの BSD partition を 一つの MBR 区画の中に用意しておいて、 NetBSD/5.0 なら boot.cfg(5) を使って切替える
  • NetBSD/4.0 なら secondary boot のところで手で入力する か installboot -e を使って変更してしまう。 その上で kernel 構成に一行
    config          netbsd  root on wd0h type ?
    
    のような行を加えて再構成する等の方法をとる
  • consdev com0 と入力したり、通信速度を変更したいという問題は、 同じく installboot -e で変更してしまうことが可能



最近の日記
2019年12月08日
pbulk for NetBSD 9.0_RC1
Tool dependency checkperms>=1.1: NOT found
2019年11月30日
NetBSD-9.0_RC1-amd64-install.img.gz
2019年11月25日
一回目の大根を漬けた
2019年11月08日
math/py-tables
2019年11月03日
(Wanderlust) problem reading mail メールが読めなくなって
以上、1 日分です。
タイトル一覧
カテゴリ分類
Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project

Count.cgi (since 2000/02/05)