hns - 日記自動生成システム - Version 2.19.9

先月 2007年09月 来月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Namazu for hns による簡易全文検索
詳しくは 詳細指定/ヘルプを参照して下さい
検索式:

2007年09月13日(木) 旧暦 [n年日記] [更新:"2007/09/14 09:18:22"]

#1 [pkgsrc] OpenOffice -> scalc column(行と列)

しばらく前に作った OpenOffice (openoffice2-2.2.1) を使って見た。scalc あるいは scalc be2350.ods のように起動する。なかなか良く出来ている気がする。 実は、この機械は AMD で、今は NetBSD/i386 で動いているが、 NetBSD/amd64 だとだめなのかも知れないという気がして来た。

良く出来ていると思った一つは、Insert の選択の中に Rows と Columns があるけれど、 それに図が付いているということ (右側の図、クリックで拡大します)。まあ、これ自体は大したこと ではないかも知れないが Row と Column は米国人でも混乱するのかということが分った。

普通 Column って何 ? と聞くと、たいていの人は横長の箱を思いうかべると思うが、 Column とは柱で、この選択肢の図にあるように縦長が正しい。 英和 で column を索くと最初に出て来るのは柱だ。 和伊辞典に御相談したら、柱 → (円柱) colonna(女)と書いてある。

Column は横長だと思っている場合、例えば HTML でも colscan と言えば、横にのばす ことだけれど、それは column の数は横に進むからである。 column(柱) を並べて、それに番号を付けて、 その番号を見ると 1 2 3 4 と横に進む訳である。言い直せば、その(柱 = 横長)という 理解は column ではなく column number のことを言っていることになる。 左側の図で言えば A B C D が column の名前ということになる。確かに A B C D は横に伸びている。

横書き社会でもこれだから、日本語になるともっと厄介。column = 行 となって縦か横か 良く分らない (row は 列)。でも column に行の訳を付けたのは日本の勝手か。縦か横か分らな い訳を当てたツケは高くつくということかな。

という訳で、Insert の columns と rows に図の説明が付いている OpenOffice の scalc は素適 ということになった。

Prime A Regulus (BE 2350):

で何の計算をしているかと言うと dos/v paradise に Prime A Regulus という BE 2350 の機械がある。基本は 42,980 円。 お店で聞いて見ると、通常一年の保証が付くが、Windows XP か Vista でないとその保証は付かない、 という話であって、じゃ自分で組合せたらいくらで出来るかを 計算して見た (ただし Mother Board は全く同じではないし、 Memory など増してあるので基本とそのままで比べられない)。

他に何が出来るのかな:

起動名種別MS 名
swriter文書作成Word
soffice総合入口Office
simpress発表資料PowerPoint
sdraw図作成Visio
scalc表計算Excel
unopkg



最近の日記
2019年12月08日
pbulk for NetBSD 9.0_RC1
Tool dependency checkperms>=1.1: NOT found
2019年11月30日
NetBSD-9.0_RC1-amd64-install.img.gz
2019年11月25日
一回目の大根を漬けた
2019年11月08日
math/py-tables
2019年11月03日
(Wanderlust) problem reading mail メールが読めなくなって
以上、1 日分です。
タイトル一覧
カテゴリ分類
Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project

Count.cgi (since 2000/02/05)