hns - 日記自動生成システム - Version 2.19.9

先月 2003年07月 来月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Namazu for hns による簡易全文検索
詳しくは 詳細指定/ヘルプを参照して下さい
検索式:

2003年07月07日(月) 旧暦 [n年日記]

#1 [Network] bind9 dig reverse lookup

IPv6 の逆引きと限定しただけでも、
ip6.int.     bitstring   dig-8.3
ip6.arpa.    nibble      dig-9.2.2
                       netbsd libc (1.6 まで)
                       netbsd libc (1.6.1 + current)
の 2 x 2 x 4 = 16 通りの確認項目がある気がする (本来なら ip6.arpa, nibble, dig-9.2.2 だけの組合せでいいはす)。 しかも、操作行での入力も、
dig ptr -x 2001:218:463::11
dig ptr 1.1.0.0.0.0.0.0.0.0.0.0.0.0.0.0.0.0.0.0.3.6.4.0.8.1.2.0.1.0.0.2.ip6.arpa.
dig '\[x20010218046300000000000000000011/128].ip6.arpa.'
の三通りがあるので、更に 2 x 2 x 2 x (3-1) = 16 通りが追加か。
によれば、
- ip6.arpaをnibbleで検索
- ip6.intをnibbleで検索
という挙動になっています。RFC3363あたり。
らしい。

サーバ側としては、取敢えず、四通り用意しておけば、:

何とかなる。 問題としては
  • ここ(自ネットワーク)の逆引の委譲は (まだ) ip6.int だけ (の気がする、しかも nibble だけ)
  • dig ptr -x 2001:218:463::11
    の形式の場合、 dig-8.3 では nibble - int.arpa. で索くが、 dig-9.2.2 は bitstring - int.arpa. で索く
  • しかし dig-9.2.2 でも、次のようにすると
    dig -norecure -x 2001:0218:463::1
    nibble - ip6.int. で索く
までは分った。
実は、良く考えたら、いま試しているのは、まだ投入前のもので、 -norecurse を付けない時には、見に来る訳がないものだった。



最近の日記
2020年06月21日
sourceforge ban recovered
2020年05月27日
sudo service ssh start
2020年05月16日
Router host down
2020年04月29日
pan cake Japanese Hot cake
2020年03月31日
sysinst
以上、1 日分です。
タイトル一覧
カテゴリ分類
Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project

Count.cgi (since 2000/02/05)