hns - 日記自動生成システム - Version 2.19.9

先月 2003年07月 来月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Namazu for hns による簡易全文検索
詳しくは 詳細指定/ヘルプを参照して下さい
検索式:

2003年07月05日() 旧暦 [n年日記]

#1 [NetBSD] sysinst

問題は mount していないこと。:

target の disk を mount しないで /mnt/usr/INSTALL に書いている。

20030715 の sysinst:

も出来ているはずなので、これで試して見るが、
WARNING: clock gained 3 days -- CHECK AND RESET THE DATE!
root file system type: ffs
init in malloc(): error: mmap(2) failed, check limits.
init in malloc(): warning: recursive call.
init in malloc(): warning: recursive call.
..

nfs って本当にだめなのかなぁ::

# mkdir /nfs
# mount server:/export/hogehoge/snapshot/20030615ts/binary/sets /nfs
mount_nfs: rpcbind to nfs on server: RPC: Unable to send

20030701ts 作り間違い(未 patch):

20030701ts を ./build.sh した時に、何か変だなぁと思ったが、 実は macppc-030701.tar.gz を開けないで作業をしていた。
でやり直ししようとしたら、11 分くらい で
/export/20030701ts/src/tools/texinfo/ ../../gnu/dist/texinfo/intl/loadmsgcat.c:721: `uintmax_t' undeclared (first use in this function)
以前にやった時には大丈夫だったはずものが .. ?

releng の 20030627 を試して見たが:

root on md0a dumps on md0b
WARNING: clock gained 6 days -- CHECK AND RESET THE DATE!
root file system type: ffs
init in malloc(): error: mmap(2) failed, check limits.
init in malloc(): warning: recursive call.
init in malloc(): warning: recursive call.

0 > boot can't OPEN: ata/ata-disk@0:0:

wdc0 at obio0 offset 0x20000 irq 13
wd0 at wdc0 channel 0 drive 1: <WDC WD800AB-00CBA1>
wd0: drive supports 16-sector PIO transfers, LBA addressing
wd0: 76319 MB, 16383 cyl, 16 head, 63 sec, 512 bytes/sect x 156301488 sectors
wd0: drive supports PIO mode 4, DMA mode 2, Ultra-DMA mode 5 (Ultra/100)
wd0(wdc0:0:1): using PIO mode 3, DMA mode 1 (using DMA data transfers)
slave になっているような気がする。cable select = 1;



最近の日記
2019年08月14日
bulklog/rust-1.36.0nb1/install.log
completed with error 5
2019年06月28日
config-set for 8.99.45
2019年05月05日
graphic monitor for bulkbuild count
2019年03月31日
xfce added
2019年03月29日
bulkbuild 8.99.36
以上、1 日分です。
タイトル一覧
カテゴリ分類
Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project

Count.cgi (since 2000/02/05)