hns - 日記自動生成システム - Version 2.19.9

  • 10/25(金) Interface
  • 10/26() 0900 -- WW DX Phone
  • 10/26() 火災保険 64k
  • 10/27() 0600-1200 東京 CW (3.5-430)
  • 10/27() AP Sprint Log deadline
  • 10/31(木) NTT 東 払込期日
  • 11/01(金) atactl check
  • 11/02() TES (25.2k)引落
  • 11/06(水) 不燃ごみ
  • 11/09() 16:00-22:00 JIDX Phone
  • 11/14(木) r 誕生日
  • 11/16() 木之本会議
  • 11/19(火) CQ Ham Radio
  • 11/19(火) mym + ki.nu 誕生日
  • 11/19(火) 別冊 CQ
  • 11/20(水) 不燃ごみ
  • 403 JNUG 総会/BOF 2017/07/08 (土)
  • 402 用途別 Emacs ( C, LaTeX, 日本語 )
  • 380 cvsweb の移行
  • 370 tamago 辞書登録
  • 368 CROSS (cross/i386-mingw32, cross/powerpc-linux ) Framework --- binutils + gcc
  • 363 Wanderlust+HyperEstraier
  • 360 evbppc 用 patch / 玄箱
  • 335 /dev/battery is missing hack | libgcc_s_pic.a is missing | samba の -PIE 問題335 ntpd monitor
  • 325 tcode頁の更新
  • 322 software |hardware
  • 321 emacs-22 | IPv6
  • 320 bulk build (Mac OS X 10.4 and NetBSD/macppc)
  • 310 Wanderlust の Namazu の挙動
  • 290 WordPress 1.2 -> 1.5 migration
  • 220 Wanderlust で日本語題名の wl-summary-print-buffer
  • 215 NetBSD/ofppc
便利なツール
Emacs
らくらく 入門
rakuraku-emacs-cover

先月 2019年10月 来月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Namazu for hns による簡易全文検索
詳しくは 詳細指定/ヘルプを参照して下さい
検索式:

2011年07月29日(金) 旧暦 [n年日記] [更新:"2011/07/29 15:08:44"]

#1 [perl] namazu の問題は、もしかして虫 ?

namazu の問題は、もしかして虫 ?
ではないと思いたいが。
話題の種類としては、hash を引数として渡したサブルーチンでの代入の問題。 今持っている感触は、
  • 一度も初期化(代入)をしていない hash のポインタを引数として渡した場合
    my (%hash);
    
    # $hash{'test'} = hoge;
    lower_subroutine(\%hash);
    
  • subroutine 側で、$hash -> {'key'} = 'some data'; と代入しても、
    sub lower_subroutine (\%){
    my ($hashp) = shift;
    $hashp ->{'key'} = 'some data';
    }
    
  • それは呼出側には戻って来ない(渡されない)
    my (%hash);
    
    lower_subroutine(\%hash);
    print $hash->{'key'}, "\n";
    
という問題。一度初期化しておけば、代入される。 最近の perl でこうなるが、以前のものでは、そうならない。 自分の環境では 5 月以前はこの問題が起きない。
-- と思ったが、簡単な例題を作って見ると、すぐにはそうはならない。
mknmz 側の問題かな。


2010年07月29日(木) 旧暦 [n年日記] [更新:"2010/07/30 10:47:51"]

#1 [Emacs][wl] Wanderlust を emacs -f wl で起動する時に

下記のように言われる。おそらく、 n.folder の最初に、gmail を imap で見に行く行があるからだと思っている。 が、 old-style backquote とも関係している気がする(もっとも、何もそう書いてないので、違うかな)
Debugger entered--Lisp error: 
(invalid-function 
 (\` (start-process name buffer ssl-program-name ((\,@ ssl-program-arguments)))))
  signal(invalid-function ((\` (start-process name buffer ssl-program-name ...))))
  byte-code(". .. ommitted ..." [demo-buf obj buffer-live-p kill-buffer signal] 3)
  wl(nil)
  call-interactively(wl nil nil)
  command-execute(wl)
  command-line-1(("-f" "wl"))
  command-line()
  normal-top-level()
M-x describe-variable RET ssl-program-name RET
ssl-program-name is a variable defined in `ssl.el'.
Its value is "openssl"
exec-path かな、いや、それには入っている。
stable@makoto 00:00:24/100730(..attach/2010)% which openssl
/usr/pkg/bin/openssl
emacs の版は 24.0.50 2010-07-01。2010-07-22 でも同じ。
06/23 の日記 には、これで読めるようになったという話が書いてあるので、その日付に戻して見るかな。
その時と同じという保証はないけれど(何と言っても版の日付が書いてない)、
emacs-24.0.50nb20100607.tgz
emacs-24.0.50nb20100621.tgz
emacs-24.0.50nb20100726.tgz
のどれでも同様に、だめだった。一応
stable@makoto 01:16:34/100730(..wip/emacs-current)% 
  sudo mv  /usr/pkg/share/emacs/site-lisp/wl/wl.elc  
  /usr/pkg/share/emacs/site-lisp/wl/wl.elc-keep
も、して見たが、おそらくその必要もなく自明 ?
Debugger entered--Lisp error: 
(invalid-function (\` (start-process name buffer ssl-program-name 
	((\,@ ssl-program-arguments)))))
  signal(invalid-function ((\` (start-process name buffer ssl-program-name ...))))
  (condition-case obj 
	(progn 
	  (if check ...) 
	  (let ... ...) 
	  (unless arg ... ... ...)) 
    (error (if ... ...) 
	   (signal ... ...)) 
    (quit))

  (let (demo-buf check) 
    (unless wl-init 
      (if wl-demo ...) 
      (setq check t)) 
    (wl-init) 
    (condition-case obj 
	(progn ... ... ...)
      (error ... ...) (quit)) 
    (when wl-biff-check-folder-list
      (unless arg ...) 
      (wl-biff-start)) 
    (if (buffer-live-p demo-buf) 
	(kill-buffer demo-buf)))

  wl(nil)
  call-interactively(wl nil nil)
  command-execute(wl)
  command-line-1(("-f" "wl"))
  command-line()
  normal-top-level()
emacs-23.2 と byte-compile し直した wl-current でも同じだった。
まさかと思うが gmail 側で imap が無効になっているのかと Web interface で確認したが有効になっていた。

これかな さようなら ssl.el

これだった。 ( [Emacs][Wanderlust]wanderlustでssl接続に gnutlsを使う ) いまは ~/.wl の最後に次のように書いてあって、
;; http://d.hatena.ne.jp/buzztaiki/20090715/1247619151
(require 'tls)
;;(set-alist 'elmo-network-stream-type-alist "!opentls" '(opentls nil open-tls-stream))
(set-alist 'elmo-network-stream-type-alist "!" '(ssl ssl open-tls-stream))

;; IMAP settings.
;; (setq elmo-imap4-default-stream-type 'opentls)
.folder の方は、次のように ! が一つだけ。
%inbox:myname.family/clear@imap.gmail.com:993!


2008年07月29日(火) 旧暦 [n年日記] [更新:"2008/07/31 23:33:20"]

#1 [Emacs] (Emacs) Remove support for Mac Carbon

長い間お世話になりました。本当にありがとう。


2007年07月29日() 旧暦 [n年日記] [更新:"2007/07/29 19:45:31"]

#1 [NetBSD] bakery

Bakery 2.4 を make しようとしているが:
checking whether build environment is sane... yes
checking for BAKERY... configure: error: The pkg-config script could not be found or is too old. Make sure it
is in your PATH or set the PKG_CONFIG environment variable to the full
path to pkg-config.

Alternatively, you may set the environment variables BAKERY_CFLAGS
and BAKERY_LIBS to avoid the need to call pkg-config.
See the pkg-config man page for more details.

To get pkg-config, see <http://www.freedesktop.org/software/pkgconfig>.
See `config.log' for more details.
*** Error code 1
いろいろと小細工をして先に進んでいる

:

awk: /export/pkgsrc/mk/check/check-portability.awk:54: fatal: Unmatched [ or [^: /[[:space:]]#.*/
-       gsub(/[[:space:]]#.*/, "", line);
+       gsub(/\[\[:space:\]\]#.*/, "", line);


2006年07月29日() 旧暦 [n年日記] [更新:"2006/07/31 09:19:22"]

#2 [NetBSD] ./build.sh -> Could not find sbin/chown/Makefile

nbmake: "/export/20060729/sbin/chown/(stdin)" line 3: Could not find /export/20060729/sbin/chown/Makefile
nbmake: Fatal errors encountered -- cannot continue
( cd vi; printf '.PATH: /export/20060729/usr.bin/vi/build\n.CURDIR:= /export/20060729/usr.bin/vi/build\n.include "${.CURDIR}/Makefile"\n' | /export/20060729/obj/tooldir.NetBSD-3.99.21-powerpc/bin/nbmake -f- CRUNCHEDPROG=1 DBG="-Os" vi.ro )
`vi.ro' is up to date.
( cd chown; printf '.PATH: /export/20060729/sbin/chown\n.CURDIR:= /export/20060729/sbin/chown\n.include "${.CURDIR}/Makefile"\n' | /export/20060729/obj/tooldir.NetBSD-3.99.21-powerpc/bin/nbmake -f- CRUNCHEDPROG=1 DBG="-Os" depend )
nbmake: "/export/20060729/sbin/chown/(stdin)" line 3: Could not find /export/20060729/sbin/chown/Makefile
nbmake: Fatal errors encountered -- cannot continue
vi の時には usr.sbin となっているのに chown の時には sbin となっている のが良くない
rescue/obj/rescue.mk
   1831 chown_make: chown .PHONY
   1832         ( cd chown; printf '.PATH: ${chown_SRCDIR]}\n.CURDIR:= ${chown_SRCDIR}\n.include "$${.CURDIR}/Makefile"\n'\
   1833         | ${MAKE} -f- CRUNCHEDPROG=1 DBG="${DBG}" depend )
chown_SRCDIR が usr.sbin なのか sbin なのか ..
<- rescue.conf
<- parselist mode=crunch
<- distrib/common/parselist.awk

#1 [pkgsrc] pukiwiki が何も表示しない

「pukiwiki が何も表示しない」なと思って、 php index.php して見ると、
 get_script_uri() failed: Please set $script at INI_FILE manually.
とのたもうていた。
pukiwiki.ini.phpに$scriptを書けばいいんじゃないでしょうか
との御託宣が。 *1 確かに次のようなものがある。
// index.php などに変更した場合のスクリプト名の設定
// とくに設定しなくても問題なし
//$script = 'http://example.com/pukiwiki/';
しかし php-4.4.1nb1 の機械では、これは必要ない。一応変更して見よう。
php-4.4.1nb1不要
php-4.4.2nb2必要
php index.php を良く見たら、次のように書いてある。
<div id="body"><h3>Runtime error</h3>
<strong>Error message : <br />
<br />
Directory is not found or not writable (DATA_DIR)<br />
Directory is not found or not writable (DIFF_DIR)<br />
Directory is not found or not writable (BACKUP_DIR)<br />
Directory is not found or not writable (CACHE_DIR)<br />
</strong></div>

*1: (託 = 言 + セ)


2005年07月29日(金) 旧暦 [n年日記] [更新:"2005/07/29 23:42:24"]

#2 [pkgsrc][NetBSD] www/ap-php (4.3.11)

/export/pkgsrc/www/ap-php/work.mini/.buildlink/include/apr-0/apr_portable.h:47:21: pthread.h: No such file or directory
/usr/pkg/include/pthread.h
にあるので .. やり直したら解決した模様。

WordPress with mysql:

実は mysql を動かすのを面倒に思って、 postgres 版は既にあった ので、それと日本語化を 何とか一つにした のだけれど、1.5 になって、postgress 版を準備するのと mysql を動かすの と、どちらが簡単かと自問したら、mysql を動かす方が簡単に決っている と思って、それでもかなり苦労して mysql を動かした。 (実行形式は pkgsrc で簡単に用意出来るが、その後の
  • サーバを動かす
  • データべースを作る
  • パスワードの設定等をする
を全くやったことがなかったので、大変に思っただけ。時間があったら 整理して見たい と思っている。)

その他に、apache2/php に mysql を組込むのも、初めてだったので 「すごく簡単」ではなかった。特に www/php には --without-mysql と書いてあって、 Makefile.php:

CONFIGURE_ARGS+= --without-mysql
これを外す必要があり、そのため、いろいろ作り直していた (とこが今見ると、この行がまだ残っていて ? 不思議)。
-rw-r--r--  1 root    wheel   1617501 Jul 29 21:18 ap-php-4.3.11.tgz
-rw-r--r--  1 root    wheel   3482849 Jul 29 20:06 php-4.3.11.tgz
-rw-r--r--  1 root    wheel   3769021 Jul 29 18:40 apache-2.0.54nb1.tgz
-rw-r--r--  1 root    wheel    397518 Jul 29 18:20 apr-0.9.6.2.0.54nb1.tgz
-rw-r--r--  1 root    wheel     39347 Jul 29 17:58 php-pgsql-4.3.11.tgz
-rw-r--r--  1 root    wheel     23344 Jul 29 17:57 php-mysql-4.3.11.tgz
実は apache が古かったのでついでに作り直した、というのもある。

php を作る時には --without-mysql でも、php-mysql の方で出来る mysql.so を extension で読むようにすれば良い ?

php_info() で確認したが、その通りで、 --without-mysql で作ったものを使って動いている。 /usr/pkg/etc/php.ini:

extension=mysql.so
extension=pgsql.so

#1 [自然] 青筋あげは

アオスジアゲハがアボカドの葉に卵を産みつけた。 人が近くに居るのに関係なく..つまり目撃してしまった訳だ。


2003年07月29日(火) 旧暦 [n年日記]

#1 [Namazu] LANG=ja perl -d:DProf の時に処理されない

問題は、pl/codeconv.pl の 138行付近の次の行が問題。
 $$contref = NKF::nkf($nkf_opt, $$contref);
例えば次のようにすると、大丈夫。
 my @result = NKF::nkf($nkf_opt, $$contref); 
 $contref = \@result;


2002年07月29日(月) 旧暦 [n年日記]

#2 [EDA] scrc-1.2

いろいろな環境で試しているが、(u/quick/ibook) 必要な devel/pth で make
checking for function sigsuspend... yes
./configure:Error: decision on mandatory system headers and functions failed.
./configure:Hint: see config.log for more details!
*** Error code 1
config.log を見ると
configure:1680: cc -E  conftest.c >/dev/null 2>conftest.out
In file included from /usr/include/stdarg.h:3,
                 from configure:1676:
/usr/include/powerpc/stdarg.h:54: parse error
関係ありそうな includes の様子
ttyp3:makoto@ibook  17:37:33/020729(...include/powerpc)> ls -lt stdarg*
-rw-r--r--  1 portable  wheel  4583 Apr  8 20:27 stdarg.h-gcc-3.0.4
-r--r--r--  1 root      wheel  4783 Apr  8 05:07 stdarg.h-20020407-1.5ZC
-rw-r--r--  1 portable  wheel  5175 Dec 12  2001 stdarg.h-20020526-src-sys
-rw-r--r--  1 portable  wheel  5175 Dec 12  2001 stdarg.h
-rw-r--r--  1 portable  wheel  5175 Dec 12  2001 stdarg.h-gcc-3.0.3
ttyp3:makoto@ibook  17:37:36/020729(...include/powerpc)> ls -lt varargs*
-rw-r--r--  1 portable  wheel  4500 Apr  8 20:27 varargs.h-gcc-3.0.4
-r--r--r--  1 root      wheel  2102 Apr  8 05:07 varargs.h-20020407-1.5ZC
-rw-r--r--  1 portable  wheel  2213 Mar  1 16:29 varargs.h
-rw-r--r--  1 portable  wheel  2213 Mar  1 16:29 varargs.h-20020526-src-sys
-rw-r--r--  1 portable  wheel  4500 Mar 30  2000 varargs.h-gcc-3.1
ttyp3:makoto@ibook  17:37:43/020729(...include/powerpc)> ls -lt ansi*
-r--r--r--  1 root  wheel  4210 Apr  8 05:07 ansi.h
ttyp3:makoto@ibook  17:37:47/020729(...include/powerpc)> 
cc が言っているということは... 2.95.3 stdarg.h の 54 行目は
     54 #elif __GNUC_PREREQ__(3, 0)
上位互換ではなかったかな。
checking for stdarg.h... no
と言っているが何だろう。

#1 [NetBSD] in4_checksum problem



2000年07月29日() 旧暦 [n年日記]

#2 [hns] Namazu

辞書にない単語 (家萬寿):

家萬寿(のように辞書になさそうな単語)を Namazu で探す時には "家萬寿" と入力する。

見つかった結果を表示する時には、その日だけの表示:

をして欲しいと思う。

やはり表機能が欲しいなぁ <table>..</table>:


#1 [館山] 土用の丑の日 は 7/30 ?

 9:40 出発
10:15 (蘇我) 粂田歯科 (家人の治療を待って出発)
11:05 高倉農協 (なす・枝豆など)
12:10 (館山)まぐろの大蒋
    日替定食 880 とびのさんが焼、鮪の刺身、コーヒー付
13:10 知人宅にて hns の使い方講習 (実際は vicom - ftp tool の使い方)
      PowerMac/G4 で DVD を見せてもらう。(*1)
      (など)  -14:40 
14:50 館山 JUSCO
15:15
家萬寿(やまず)水産
      白焼(中) 650 x 3 x 2
      とても混んでいる。と思ったら、明日が丑の日だったからか。
      (いつものように猫用の頭も、もらって来る)
15:40 再び JUSCO (家人に合流)
14:10 帰途 (*2)
14:20 
 三芳村(道の駅)

18:10 帰宅
  1. 見せてもらった DVD は My Fair Lady (DL-16668, 3,570 円) この DVD は字幕を「日本語・英語・無」と設定出来る。 DVD がこのように便利とは知らなかった。17inch の画面では小さいのが残念。
  2. 水上道路 (アクアライン) 3000 円に値下効果か、いつもの道(館山道から京葉道路に) が異常に空いている。表示は 蘇我 - 穴川 8km。 実際には(僕が出る)松が丘まで渋滞なし。



最近の日記
2019年10月21日
perl parallel problem on adapta-gtk-theme-3.95.0.11nb2
2019年10月20日
The number of success package by bulkbuild now over 20k
2019年10月19日
How to check the Validity of certificate
2019年10月14日
ham/gnuradio-core
2019年10月13日
cyrus imapd and Let's Encrypt
以上、9 日分です。
タイトル一覧
カテゴリ分類
Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project

Count.cgi (since 2000/02/05)