hns - 日記自動生成システム - Version 2.19.9

先月 2006年10月 来月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Namazu for hns による簡易全文検索
詳しくは 詳細指定/ヘルプを参照して下さい
検索式:

2006年10月30日(月) 旧暦 [n年日記] [更新:"2006/10/31 08:52:54"]

#1 [機械] ネットワーク変更

DMZ から rdr で転送している先を移動した。 今まで
     The Internet (pppoe 接続)
    |
+---+---+
|NetBSD +------ DMZ (218.44.234.232/29)
|router |
+---+---+
    | Private (192.168.1.0/24)
    |
DMZ に接続されているサーバ用の IP address の数に制限がある場合に、 round robin での負荷分散の方法は ... NAT で Private 側に転送し、 外からは NAT の round robin、 内からは DNS での round robin としていた。

今までの方法での問題:

  • rdr による転送先と内部ネットワークが同一
  • DMZ を見る方法が外からと内からで異なる
  • (前項のため) DMZ を参照するための DNS を二重帳簿とする必要がある
  • 設定を変更する場合、NAT と DNS の両方を修正する必要がある
今回から
     The Internet (pppoe 接続)
    |
+---+---+
|NetBSD +------  DMZ      (218.44.234.232/29)
|router +------  Private2 (192.168.100.0/24)
+---+---+
    | Private (192.168.1.0/24)
    |
  • rdr での転送先を Private2 とする
  • DMZ を見るには、内からも外からも 218.44...で可能
この方法により、DMZ にあるサーバを参照するには NAT の round robin とすることが出来る。 また DNS も両者で共通のものと出来る。

実は、この方法にするにはルータに 4 つの口が必要と信じて疑わず、それがない時には今回の方法は 取れないと思っていた。しかし実は alias を使えば、3 つの口でも、これが可能 ということが分り、金物には変更なく、今回形態への変更とした (もっともハブの口の数は増やしている)。


#2 [機械] メールサーバ能力超過

実は何が原因か分っていないが、メールサーバの proc table が溢れてしまった。 そのため、数時間メールが受取れない期間があった (前項記事に関係していると考えるのが自然だけれど)。

#3 [MTA] 450 4.7.1 Client host rejected: cannot find your hostname

知合いのメールサーバから、特定の mx にメールを送ると、
450 4.7.1 Client host rejected: cannot find your hostname, 
と言われるが、多分これは Postfix の
reject_unknown_client
が生きていて、なおかつ、逆引の設定か何かが良く伝わっていないときかな と思っている (送信元は逆引の設定はしてあるし、確認出来る)。

reject_unknown_client は迷惑メール対策としておすすめではない




最近の日記
2019年05月05日
graphic monitor for bulkbuild count
2019年03月31日
xfce added
2019年03月29日
bulkbuild 8.99.36
2019年03月16日
立川へ
こうもり
2019年03月15日
php-owncloud
以上、1 日分です。
タイトル一覧
カテゴリ分類
Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project

Count.cgi (since 2000/02/05)