hns - 日記自動生成システム - Version 2.19.9

先月 2011年02月 来月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
Namazu for hns による簡易全文検索
詳しくは 詳細指定/ヘルプを参照して下さい
検索式:

2011年02月15日(火) 旧暦 [n年日記] [更新:"2011/02/15 23:50:43"]

#1 [無線] ちょっと気になる MMANA の話

ワイヤー系のアンテナで、その地上高が約0.2λよりも低い場合の給電点インピーダンスの計算結果はリアルグランドの実測値と比較すると誤差がだいぶある
とのことです。Software に添付されている MMANA.TXT にも次のように書いてあります。
リアルグランドを選択した場合、「MININEC3」のアルゴリズムでは、パターン図を得るための遠方電界強度の計算にのみ影響し、インピーダンス計算では完全導体グランドと仮定されますので注意が必要です(地上高が波長と比較してかなり低い場合は実際よりZが低めに出ます)。

実は NEC が何の略なのか覚えていなかった → Numerical Electromagnics Code

necpp は source が公開されている とのことで wip/necpp を作成中。amd64 では止ってしまったようなので、 i386 で確認中。

やはり、DEPENDS+= の代りに buildlink3.mk が使える気がするが、それは buildlink3.mk の記述内容にも依る、という話なのかな。
i386 (5.0_STABLE) でも止ってしまう。

ID=4 ROUT='ATL_dger2k_2x2_sse3.c' AUTH='R. Clint Whaley' \
   rankR=0 CacheElts=0 SSE=2 alignA=16 alignY=16 alignX=16 minX=0 minY=2 \
   YU=2 XU=2 LDAMUL=16 ADDCFLAGS=0 FYU=1 INCYISONE=0 X87=0 \
     CFLAGS='-fomit-frame-pointer -mfpmath=sse -msse3 -O2 -DATL_ALIGNED -DATL_USEREAL'\
     COMP='gcc'

BEGIN L1-BLOCKED TUNING
*** Error code 255

Stop.
make: stopped in /export/pkgsrc/wip/atlas/work/ATLAS/obj/tune/blas/ger
*** Error code 1

Stop.
make: stopped in /export/pkgsrc/wip/atlas/work/ATLAS/obj/bin
ERROR 955 DURING R1TUNE!!.  CHECK INSTALL_LOG/dR1TUNE.LOG FOR DETAILS.
cd /export/pkgsrc/wip/atlas/work/ATLAS/obj ; make error_report
make -f Make.top error_report
uname -a 2>&1 >> bin/INSTALL_LOG/ERROR.LOG
gcc -v 2>&1  >> bin/INSTALL_LOG/ERROR.LOG
wip には binary package はあるのかな。 止っているのは、次のところらしい (同じ ERROR Message を二か所に配置するのは良くない)
BEGIN L1-BLOCKED TUNING
/export/pkgsrc/wip/atlas/work/ATLAS/obj/..//tune/blas/ger/r2ksearch.c



最近の日記
2019年08月24日
for 9.0_BETA
2019年08月22日
Could not locate a virtual/physical font for TFM "rml".
2019年08月14日
bulklog/rust-1.36.0nb1/install.log
completed with error 5
2019年06月28日
config-set for 8.99.45
2019年05月05日
graphic monitor for bulkbuild count
以上、1 日分です。
タイトル一覧
カテゴリ分類
Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project

Count.cgi (since 2000/02/05)