hns - 日記自動生成システム - Version 2.19.9

先月 2007年11月 来月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Namazu for hns による簡易全文検索
詳しくは 詳細指定/ヘルプを参照して下さい
検索式:

2007年11月17日() 旧暦 [n年日記] [更新:"2007/11/17 22:08:15"]

#1 [機械] XP の立上りが遅く GoogleDesktop.exe が

家人の Let's Note CF-R4 (OS: WinXP) が 起動時にとても遅くて使いものにならなくなってしまった。 一時間くらい何とか待っていて、やっと終了したつもりが、 朝まで放っておいても終了していなかった。これは disk がこわれた のかな、と思い、取敢えず入替えて見る
  1. 外付の USB2 箱に本体と同じ容量の 60GB をつなぐ (以前に CF-R1 に入れていたものなので電源電圧とかの心配はしなかった)
  2. Netboot を用意して F12 を押しながら起動 (F12 と言っても Fn の同時押は不必要)
  3. NetBSD 4.99.35 が立上る
  4. dd if=/dev/rwd0d of=/dev/rsd0d bs=64k 
    
    で disk 全体を写す。約一時間で終了 ( 約18MB/s)
  5. disk を外し、他の Win2k の機械で見たところ、それなりに中身が入っている
  6. 外付の USB から起動する方法はなさそうだった
  7. CF-R4 本体を分解し、disk を入替える
  8. 鍵盤を外す時に、右の K か L の辺りが両面粘着テープで止められていた が、そうと分るまで少し時間がかった
  9. 完全には組立てずに、
    • 起動するか
    • 立上りはどうか
    • リカバリ領域は利用可能か
    を調べたが、「起動する」が「立上りの様子は以前と同じ」、「リカバリ領域は利用不可」 のようだ
ということで disk が原因ではないという結論。良く見ていると GoogleDesktop.exe が CPU を 98% 占めていたりする ということで、元の disk に戻して考えることにする。fdisk を調べておくかな。

fdisk:

USB につないでも、disk としては認識されない ;-(
/netbsd: umass0: Genesys Logic USB TO IDE, rev 2.00/0.33, addr 2
/netbsd: umass0: using SCSI over Bulk-Only
/netbsd: scsibus0 at umass0: 2 targets, 1 lun per target
そこで Firewire 箱で調べる。 これは元々の純正(のはず) の 60GB TOSHIBA MK6034GAX
ttyp0:makoto@mini 17:20:58/071117(~)> sudo fdisk sd0
fdisk: Cannot determine the number of heads
Disk: /dev/rsd0c
NetBSD disklabel disk geometry:
cylinders: 57231, heads: 64, sectors/track: 32 (2048 sectors/cylinder)
total sectors: 117210240

BIOS disk geometry:
cylinders: 1023, heads: 255, sectors/track: 63 (16065 sectors/cylinder)
total sectors: 117210240

Partition table:
0: NTFS, OS/2 HPFS, QNX2 or Advanced UNIX (sysid 7)
    start 63, size 41945652 (20481 MB, Cyls 0-2610), Active
1: NTFS, OS/2 HPFS, QNX2 or Advanced UNIX (sysid 7)
    start 41945715, size 68967045 (33675 MB, Cyls 2611-6903)
2: <UNUSED>
3: <UNUSED>
disk の外側にも 117,210,240 sectors と書いてあるから、これが全て。 もしかして UNUSED の flag を変更しておくといいのかな。
117,210,240 - (41,945,715 +68,967,045) = 6,297,480
これがリカバリ領域かな。写してあるけれど、見えていない ?

R4 の場合 リカバリ disk を 購入することが可能 なので、この辺はこだわらなくていい と思っている。

新しい方の fdisk:

Hitachi IC25N060ATMR04-0
ttyp0:makoto@mini 18:46:03/071117(~)> sudo fdisk  sd0
fdisk: Cannot determine the number of heads
Disk: /dev/rsd0c
NetBSD disklabel disk geometry:
cylinders: 57231, heads: 64, sectors/track: 32 (2048 sectors/cylinder)
total sectors: 117210240

BIOS disk geometry:
cylinders: 1023, heads: 255, sectors/track: 63 (16065 sectors/cylinder)
total sectors: 117210240

Partition table:
0: NTFS, OS/2 HPFS, QNX2 or Advanced UNIX (sysid 7)
    start 63, size 41945652 (20481 MB, Cyls 0-2610), Active
1: NTFS, OS/2 HPFS, QNX2 or Advanced UNIX (sysid 7)
    start 41945715, size 68967045 (33675 MB, Cyls 2611-6903)
2: <UNUSED>
3: <UNUSED>
全く同じかな。外側には 16383 x 16 x 63 と書いてあるが、計算が合わない。 砂川さんの dmesg だと 116280 x 16 x 63 = 117210240 とある。

disk を元に戻したが、マウスが:

disk を元に戻したけれど、Google.com に 接続、というところで マウスが止ってしまう。 Ctrl+ Alt + Del (Task Manager の起動)もかなり時間がかる。 やはり Disk にも問題があるのだろうか。 しかし 上の dd 中には一度も問題が表示されなかったし、速度も普通だった と思う。でも実は、最初の時に、disk の音を聴いて、変だなと思ったので、今回 交換したのだった。

窓を動かした時の軌跡
古い disk残る
新しい disk残らない
現在は、どちらの disk を使っても google desktop の索引を作るのに時間がかかる。 しかし古い disk は更に遅くなっているので、反応が極端に悪い。(と考えるのが妥当か)

実は特に心当りのある修正・操作はしていないが、正常に戻ったようにも見える。




最近の日記
2020年11月27日
時限タイマー
2020年11月15日
msgfmt
2020年09月24日
mule1.1-netbsd
2020年08月01日
R2pkg pingr fails
2020年07月19日
bulkbuild で chroot が使えない理由
bulkbuild で dhcp だとうまく行かない理由
以上、1 日分です。
タイトル一覧
カテゴリ分類
Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project

Count.cgi (since 2000/02/05)