hns - 日記自動生成システム - Version 2.19.9

  • 04/17(水) 不燃ごみ
  • 04/19(金) CQ Ham Radio
  • 04/20() 木之本会議
  • 04/25(木) Interface
  • 04/27() 2100 - 2100 ALL JA
  • 04/28() tokuda net 誕生日
  • 04/28() 自動車保険期限 (OS/Browser 制限有)
  • 04/30(火) NTT 東 払込期日
  • 04/30(火) ○ 固定資産税振替・支払
  • 05/01(水) atactl check
  • 05/01(水) 不燃ごみ
  • 05/03(金) 0900-1500 東京コンテスト
  • 05/14(火) All JA ログ締切
  • 05/15(水) 不燃ごみ
  • 403 JNUG 総会/BOF 2017/07/08 (土)
  • 402 用途別 Emacs ( C, LaTeX, 日本語 )
  • 380 cvsweb の移行
  • 370 tamago 辞書登録
  • 368 CROSS (cross/i386-mingw32, cross/powerpc-linux ) Framework --- binutils + gcc
  • 363 Wanderlust+HyperEstraier
  • 360 evbppc 用 patch / 玄箱
  • 335 /dev/battery is missing hack | libgcc_s_pic.a is missing | samba の -PIE 問題335 ntpd monitor
  • 325 tcode頁の更新
  • 322 software |hardware
  • 321 emacs-22 | IPv6
  • 320 bulk build (Mac OS X 10.4 and NetBSD/macppc)
  • 310 Wanderlust の Namazu の挙動
  • 290 WordPress 1.2 -> 1.5 migration
  • 220 Wanderlust で日本語題名の wl-summary-print-buffer
  • 215 NetBSD/ofppc
便利なツール
Emacs
らくらく 入門
rakuraku-emacs-cover

先月 2024年04月 来月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
Namazu for hns による簡易全文検索
詳しくは 詳細指定/ヘルプを参照して下さい
検索式:

2015年11月17日(火) 旧暦 [n年日記] [更新:"2015/11/17 12:30:54"]

#1 [mail] ipv6 host to gmail needs reverse lookup ?

gmail.com にメールが送られない(ことがある)というので調べたら、
送出側から ipv6 で送っていて、その送出側の逆引の設定が 正しくなかったり、設定されていなかったりした。
一応直して見たが、どうなっただろうか。
ちなみに今年中に /48 を返せ、というのが来ていたが、あと 1.5 ヶ月 しかないことに気が付いた。


2013年11月17日() 旧暦 [n年日記] [更新:"2013/11/17 09:47:06"]

#1 [pkgsrc] wip/nios2-gdb 7.6.1 Segmentation Fault

t-105@makoto 09:33:24/131117(..wip/nios2-gdb)% gdb
  /export/WRKOBJDIR/wip/nios2-gdb/work/gdb-nios2/gdb/gdb
  /export/WRKOBJDIR/wip/nios2-gdb/work/gdb-nios2/gdb/testsuite/gdb.core

GNU gdb (GDB) 7.3.1
Copyright (C) 2011 Free Software Foundation, Inc.
License GPLv3+: GNU GPL version 3 or later <http://gnu.org/licenses/gpl.html>
This is free software: you are free to change and redistribute it.
There is NO WARRANTY, to the extent permitted by law.  Type "show copying"
and "show warranty" for details.
This GDB was configured as "x86_64--netbsd".
For bug reporting instructions, please see:
<http://www.gnu.org/software/gdb/bugs/>...
Reading symbols from /export/WRKOBJDIR/wip/nios2-gdb/work/gdb-nios2/gdb/gdb...(no debugging symbols found)...done.
[New process 1]
Core was generated by `gdb'.
Program terminated with signal 11, Segmentation fault.
#0  0x00007f7ff68e9e34 in strncmp () from /usr/lib/libc.so.12
(gdb) bt
#0  0x00007f7ff68e9e34 in strncmp () from /usr/lib/libc.so.12
#1  0x00007f7ff68e75cd in __getenvslot () from /usr/lib/libc.so.12
#2  0x00007f7ff68e7721 in __findenvvar () from /usr/lib/libc.so.12
#3  0x00007f7ff68e727c in getenv () from /usr/lib/libc.so.12
#4  0x0000000000522810 in _initialize_core ()
#5  0x0000000000590e3a in initialize_all_files ()
#6  0x000000000056a03f in gdb_init ()
#7  0x00000000004cb962 in captured_main ()
#8  0x00000000004ca4cb in catch_errors ()
#9  0x00000000004cc6a3 in gdb_main ()
#10 0x0000000000405c9a in main ()
(gdb) 
良く見るのだけれど、(それ以上が思い出せない)


2010年11月17日(水) 旧暦 [n年日記] [更新:"2010/11/18 22:13:34"]

#1 [Emacs] Wanderlust で GnuPG

上野さんが EasyPGEmacs 23 に入れてくれた おかげで、Wanderlust からは大変簡単に GnuPG による
  • メールへの署名
  • 署名されたメールの確認
  • メールの暗号化
  • 暗号化されたメールの復号
が出来るようになっている。
署名書かれたメールが、本人が作成した時のままのものかどうかを検証する
暗号化書かれたメールが他人には読まれないようにする

GnuPG の鍵を用意する:

今回説明を省略
参考: man gpg
公開鍵人に見せて良い
秘密鍵他の人に見せてはいけない自分で使う時には passphrase が必要
鍵の種類と、使う時期

署名暗号化
公開鍵検証時作成時

秘密鍵作成時復号時
同じことですが、ちょっと見方を変えたものも示します。
分類作成時表示時(検証または復号)
署名秘密鍵(相手の)公開鍵
暗号化(相手の)公開鍵秘密鍵
鍵の性質から、必ず、公開鍵は相手のもの、秘密鍵は自分のものを使います。
(自分で作成して、自分で確認する、というような練習の場合には、 その限りではありません)

設定例:

  1. ~/.address を暗号化しておく。操作例:
    gpg -e ~/.address
    
  2. ~/.wl に次のように書いておく
    (setq wl-address-file "~/.addresses.gpg")
    
  3. init file (~/.emacs 等)に次のように書いておく
    (setq pgg-default-keyserver-address "pgp.mit.edu")	; 一例
    (setq pgg-scheme "gpg")				; gpg or pgp5 の選択
    (setq pgg-messages-coding-system 'utf-8)	; gpg からのお知らせを読むため
    

使い方:

以下では、他の都合により LANG 環境変数を ja_JP.UTF-8 で Emacs を起動している 場合とします。その方法の例 (以下のどれか一つ)
env LANG=ja_JP.UTF-8 emacs
export LANG=ja_JP.UTF-8 ; emacs
setenv LANG ja_JP.UTF-8 ; emacs
(これは実は、今回必要という訳ではなく、他の理由でそうなって いるということで、その時に、上記設定の最後の行が必要になるという話です)
起動
M-x wl RET または C-x m など
この 起動時に passphrase を聞いて来るので入力する
メールへの署名
  1. w などでメールを作成中に、(Emacs 窓一番上の選択肢の)
    MIME-Edit -> PGP sign (C-c C-x v) 
    
    を選ぶ
  2. Do you want sign ? と聞いて来るので YES を選択 → This message will be signed. と表示される
  3. メール作成を続行
  4. C-c C-c でメールの送信を指示 → GnuPG passphrase for your_mail@example.com: と表示される
    (作成したメール部分の文字が化けていることがありますが、構いません)
  5. passphrase を入力
  6. Send current draft? (y or n) と聞いてくるので y を入力 → Sending...done と表示される
署名されたメールの確認
メールを読んでいる時に、(大抵は一番最後の行に)
[2 <application/pgp-signaure (7bit)>]
というような行が表示されているので、その行に (j n と入力するなどして) カーサを持って行き v と入力 すると *MIME-echo* の窓が開き、「正しい署名」などと表示されているのを確認 する。(もし内容が署名後に改変されていると「正しい署名」とは表示されません。 以上の話で j n v に割当てられている関数名は次の通りです
j wl-summary-jump-to-current-message
n mime-preview-move-to-next
v mime-preview-play-current-entity
メールの暗号化
  1. w などでメールを作成中に、(一番上の選択肢から)
    MIME-Edit -> PGP encrypt (C-c C-x h) 
    
    を選ぶ → Do you want to encrypt? (y or n) と聞いて来る
  2. Send current draft? (y or n) と聞いて来るので y を入力
暗号化されたメールの復号
メールを読んでいる時に、(大抵は一番最初の行に)
[2 <application/pgp-encrypted (7bit)>]
の行があるので、そこにカーサを合せ、v を入力します。 v に割当てられている関数は上と同じ
v mime-preview-play-current-entity
です。これで passphrase を聞いて来るので、入力すると、 暗号化される前の元のものを見ることが出来ます。 q でその表示が消えて、解読前の表示に戻ります。
passphrase が間違っている場合には *Preview- *WL:Message* のバッファが表示されますが、何も見えないと思います。q で抜けて、 もう一度 v から操作します。
上記の通りにやったがうまく行かないという場合には、 OS, Emacs/APEL/FLIM/SEMI/Wanderlust の版名、等も含めてお知らせ下さい。
また間違いがありましたら、お知らせいただけると幸いです。 参考までに、上記を書いている時点の版名を挙げておきます。
SoftwareversionNickName or others
Emacs24.0.50
APEL10.7
FLIM1.14.9五条
SEMI1.14.6丸岡
Wanderlust2.15.9Almost Unreal
GnuPGv1.4.10(NetBSD)
次のようなメールの場合には、上の方法とは合わないようです(自明 ?)
X-Pgp-Agent: GPGMail d55 (v55, Leopard)
X-Mailer: Apple Mail (2.936)
その時には X-PGP-Sig で PGP ?

Comments related this article

Re: Wanderlust で GnuPG by sasakyh    2010/11/18 23:23
どうも. 著作にはお世話になっております. pgg で clearsign をする方法が良くわかっ...
Re: Wanderlust で GnuPG by Makoto Fujiwara    2010/11/19 23:53
らくらく本の件かと思いますが、大変ありがとうございます。 それで、 clearsign と...
Re: Wanderlust で GnuPG by sasakyh    2010/11/22 08:35
らくらく本は研究室の後輩への Emacs 布教活動にも活用させて頂きました. 非常に良い...

2008年11月17日(月) 旧暦 [n年日記] [更新:"2008/11/17 10:08:31"]

#1 [PC] また電源がこわれたのかな ?

PC が起動しないと思ったら、 2008/05/10 に交換したばかりの 400W の電源が壊れたらしい。 Disk が読めないような症状になるが、Disk だけ外部電源にしたら、起動した。

この PC には SCSI disk も付いている。今それの電源を抜き、内部電源だけを使った ら、起動した。単に 12V の容量不足 ? 18A と書いてあるようだが。 起動時にもっと大きな電流が必要となってしまったのかな。



2007年11月17日() 旧暦 [n年日記] [更新:"2007/11/17 22:08:15"]

#1 [機械] XP の立上りが遅く GoogleDesktop.exe が

家人の Let's Note CF-R4 (OS: WinXP) が 起動時にとても遅くて使いものにならなくなってしまった。 一時間くらい何とか待っていて、やっと終了したつもりが、 朝まで放っておいても終了していなかった。これは disk がこわれた のかな、と思い、取敢えず入替えて見る
  1. 外付の USB2 箱に本体と同じ容量の 60GB をつなぐ (以前に CF-R1 に入れていたものなので電源電圧とかの心配はしなかった)
  2. Netboot を用意して F12 を押しながら起動 (F12 と言っても Fn の同時押は不必要)
  3. NetBSD 4.99.35 が立上る
  4. dd if=/dev/rwd0d of=/dev/rsd0d bs=64k 
    
    で disk 全体を写す。約一時間で終了 ( 約18MB/s)
  5. disk を外し、他の Win2k の機械で見たところ、それなりに中身が入っている
  6. 外付の USB から起動する方法はなさそうだった
  7. CF-R4 本体を分解し、disk を入替える
  8. 鍵盤を外す時に、右の K か L の辺りが両面粘着テープで止められていた が、そうと分るまで少し時間がかった
  9. 完全には組立てずに、
    • 起動するか
    • 立上りはどうか
    • リカバリ領域は利用可能か
    を調べたが、「起動する」が「立上りの様子は以前と同じ」、「リカバリ領域は利用不可」 のようだ
ということで disk が原因ではないという結論。良く見ていると GoogleDesktop.exe が CPU を 98% 占めていたりする ということで、元の disk に戻して考えることにする。fdisk を調べておくかな。

fdisk:

USB につないでも、disk としては認識されない ;-(
/netbsd: umass0: Genesys Logic USB TO IDE, rev 2.00/0.33, addr 2
/netbsd: umass0: using SCSI over Bulk-Only
/netbsd: scsibus0 at umass0: 2 targets, 1 lun per target
そこで Firewire 箱で調べる。 これは元々の純正(のはず) の 60GB TOSHIBA MK6034GAX
ttyp0:makoto@mini 17:20:58/071117(~)> sudo fdisk sd0
fdisk: Cannot determine the number of heads
Disk: /dev/rsd0c
NetBSD disklabel disk geometry:
cylinders: 57231, heads: 64, sectors/track: 32 (2048 sectors/cylinder)
total sectors: 117210240

BIOS disk geometry:
cylinders: 1023, heads: 255, sectors/track: 63 (16065 sectors/cylinder)
total sectors: 117210240

Partition table:
0: NTFS, OS/2 HPFS, QNX2 or Advanced UNIX (sysid 7)
    start 63, size 41945652 (20481 MB, Cyls 0-2610), Active
1: NTFS, OS/2 HPFS, QNX2 or Advanced UNIX (sysid 7)
    start 41945715, size 68967045 (33675 MB, Cyls 2611-6903)
2: <UNUSED>
3: <UNUSED>
disk の外側にも 117,210,240 sectors と書いてあるから、これが全て。 もしかして UNUSED の flag を変更しておくといいのかな。
117,210,240 - (41,945,715 +68,967,045) = 6,297,480
これがリカバリ領域かな。写してあるけれど、見えていない ?

R4 の場合 リカバリ disk を 購入することが可能 なので、この辺はこだわらなくていい と思っている。

新しい方の fdisk:

Hitachi IC25N060ATMR04-0
ttyp0:makoto@mini 18:46:03/071117(~)> sudo fdisk  sd0
fdisk: Cannot determine the number of heads
Disk: /dev/rsd0c
NetBSD disklabel disk geometry:
cylinders: 57231, heads: 64, sectors/track: 32 (2048 sectors/cylinder)
total sectors: 117210240

BIOS disk geometry:
cylinders: 1023, heads: 255, sectors/track: 63 (16065 sectors/cylinder)
total sectors: 117210240

Partition table:
0: NTFS, OS/2 HPFS, QNX2 or Advanced UNIX (sysid 7)
    start 63, size 41945652 (20481 MB, Cyls 0-2610), Active
1: NTFS, OS/2 HPFS, QNX2 or Advanced UNIX (sysid 7)
    start 41945715, size 68967045 (33675 MB, Cyls 2611-6903)
2: <UNUSED>
3: <UNUSED>
全く同じかな。外側には 16383 x 16 x 63 と書いてあるが、計算が合わない。 砂川さんの dmesg だと 116280 x 16 x 63 = 117210240 とある。

disk を元に戻したが、マウスが:

disk を元に戻したけれど、Google.com に 接続、というところで マウスが止ってしまう。 Ctrl+ Alt + Del (Task Manager の起動)もかなり時間がかる。 やはり Disk にも問題があるのだろうか。 しかし 上の dd 中には一度も問題が表示されなかったし、速度も普通だった と思う。でも実は、最初の時に、disk の音を聴いて、変だなと思ったので、今回 交換したのだった。

窓を動かした時の軌跡
古い disk残る
新しい disk残らない
現在は、どちらの disk を使っても google desktop の索引を作るのに時間がかかる。 しかし古い disk は更に遅くなっているので、反応が極端に悪い。(と考えるのが妥当か)

実は特に心当りのある修正・操作はしていないが、正常に戻ったようにも見える。



2006年11月17日(金) 旧暦 [n年日記] [更新:"2006/11/17 23:14:36"]

#1 [TeX][pkgsrc] 漢字コード

最近は、LaTeX でプログラムの一部を取込んだ文書を書くことが良くある。 特に listinginput を拡張して、行番号を表示しないようにしたり、 譜の全体でなく、一部分を取出して挿入したり出来るようにしていて、
 \listinginput[1]{1}{../p/u/init.cgi}{35}
かなり気に入ってそういう機能を使っている。

しかし、きょうはちょっと困った。プログラム側に日本語が書いてあって、 Shift-JIS である。化けてしまう。お客様に納入するものだから、 「そのまま」から取出す、という条件を守ると、どうしようもない。 変換すれば、「そのまま」ではなくなる。

LaTeX 側を全て S-JIS にすればいいのかな。
> platex
This is pTeX, Version 3.141592-p3.1.9 (euc) (Web2C 7.5.4)
**
とりあえずは、変換したものを隣に用意して、それを読むことにする ... かな。


2003年11月17日(月) 旧暦 [n年日記]

#1 [TeX] mktexpk: don't know how to create bitmap font for goth10.

[1kpathsea: Running mktexpk --mfmode / --bdpi 600 --mag 2+44/600 --dpi 1244 goth10
mktexpk: don't know how to create bitmap font for goth10.
goth10: Can't locate a Type 1, TTF, PK, or virtual font file

Not sure how to proceed. For now this is fatal
Maybe in the future, I'll substitute some other font.

Output file removed.


2002年11月17日() 旧暦 [n年日記]

#2 [無題] 買物

  • WebCam creative OV511 の 10万画素の方。3,980 円 30 万画素の方は OV511+ なのだろうか。
  • DVI 線 Arvel 1.5m (AD343) 1,980 円 (「ナナオ DD-200 同等品」と書いてある) 買って来たのはいいが、 G4/400 で、 OF では 出るものの、 (XF86 4.* で) そちらに出す方法が不明。
  • Unix Magazine 2002/12
  • KX-HV200 6,800 円(これは家族用) 番号の設定を お店の人がするのがなかなかうまく行かなくて、 かなり時間がかかる。もう一人の家人も、これが欲しいと言いだす。 だったら早く言ってくれれば 1,000 円安く済んだのにぃ。

#1 [Emacs] Emacs-21.2 plus emcws

僕はまだ知らないもの。要注目。


2001年11月17日() 旧暦 [n年日記]

#1 [NetBSD] 1.5.2 で dhcpd を動かして見る

NetBSD 1.5.2 StarMax 3000/200, 32M/348M PPC 603e 200MHz

ddns-update-style ad-hoc;:

/etc/dhcpd.conf に一応書いてから dhcpd と入れると、
** You must add a ddns-update-style statement to /etc/dhcpd.conf. To get the same behaviour as in 3.0b2pl11 and previous versions, add a line that says "ddns-update-style ad-hoc;" Please read the dhcpd.conf manual page for more information. **
というので、ddns-update-style ad-hoc; という行を加える。

Can't open lease database /var/db/dhcpd.leases::

No such file or directory というので touch /var/db/dhcpd.leases して見る

実は三つも NIC が付いているので:

No subnet declaration for ne0 (192.168.48.254).
No subnet declaration for de0 (210.145.40.113).
そちらはないけれどいいのと言われる。

/etc/dhcpd.conf:

という訳で今使っているのは次のもの
ddns-update-style ad-hoc;
subnet 210.145.40.112 netmask 255.255.255.240 {
}
subnet 192.168.48.0 netmask 255.255.255.0 {
}
subnet 192.168.60.0 netmask 255.255.255.0 {
  range 192.168.60.100 192.168.60.200;
  option domain-name-servers ki.nu, ml.ki.nu, ns.e.nu ;
  option domain-name "ki.nu" ;
  option routers 192.168.60.1;
  option subnet-mask 255.255.255.0;
  option broadcast-address 192.168.60.255;
  default-lease-time 7200;
  max-lease-time 86400;
}

やっと動く:

makoto@cis2-macppc  9:51:03/011117(/home/makoto)# dhcpd
Internet Software Consortium DHCP Server V3.0rc10
Copyright 1995-2001 Internet Software Consortium.
All rights reserved.
For info, please visit http://www.isc.org/products/DHCP
Wrote 0 leases to leases file.
Listening on BPF/ne0/00:e0:25:10:0a:ac/192.168.48.0/24
Sending on   BPF/ne0/00:e0:25:10:0a:ac/192.168.48.0/24
Listening on BPF/de1/00:a0:cc:6a:40:69/192.168.60.0/24
Sending on   BPF/de1/00:a0:cc:6a:40:69/192.168.60.0/24
Listening on BPF/de0/00:00:f8:04:55:cd/210.145.40.112/28
Sending on   BPF/de0/00:00:f8:04:55:cd/210.145.40.112/28
Sending on   Socket/fallback/fallback-net

きのう書いたクロス線を使って DHCP の口に一台:

つないで見るがうまく行く
Nov 17 11:17:21 iBook366 dhclient:
  DHCPREQUEST on gm0 to 192.168.60.1 port 67
  DHCPACK from 192.168.60.1
  bound to 192.168.60.200 -- renewal in 3452 seconds.

きのう書いた二番目の構成にして見た。:

なんとか動いているような気がする。ちょっと不思議だけれど。
# traceroute 210.145.255.76
traceroute to 210.145.255.76 (210.145.255.76), 30 hops max, 40 byte packets
1 iBook366.ki.nu (210.145.40.125) 0.462 ms 0.317 ms 0.293 ms
2 192.168.1.1 (192.168.1.1) 5.854 ms 2.333 ms 6.708 ms
3 211.122.24.2 (211.122.24.2) 15.682 ms 15.549 ms 15.666 ms
4 211.122.24.1 (211.122.24.1) 16.258 ms 15.563 ms 17.947 ms
5 211.16.15.57 (211.16.15.57) 21.275 ms 17.858 ms 19.700 ms
6 210.190.160.195 (210.190.160.195) 17.892 ms 20.443 ms 19.506 ms
7 210.254.187.194 (210.254.187.194) 19.939 ms 17.584 ms 19.829 ms
8 210.254.187.45 (210.254.187.45) 89.024 ms 18.172 ms 19.625 ms
9 210.254.187.42 (210.254.187.42) 19.767 ms 17.863 ms 17.772 ms
10 210.163.253.117 (210.163.253.117) 25.564 ms 26.582 ms 25.431 ms
11 211.122.1.37 (211.122.1.37) 25.348 ms 26.984 ms 32.562 ms
12 211.122.1.54 (211.122.1.54) 27.946 ms 27.000 ms 25.374 ms
13 211.6.3.62 (211.6.3.62) 25.300 ms 27.061 ms 25.306 ms
14 210.163.253.180 (210.163.253.180) 26.392 ms 26.327 ms 28.223 ms
15 ntp-os01.ocn.ad.jp (210.145.255.76) 26.920 ms 27.170 ms 28.370 ms
1 は本当は iBook ではない。

もしかして router に network address を振れる ?:

255.255.255.240 が効かないか
いや何も(global address を)振る必要がない ?
振らなくてもいいが、その時は router からは 外へ ping などは出来なくなる (当然のことなのに結構はまった)
これで ping に答えないようにすれば、不思議が見えなくなるのだけれど
外からは見えないらしい。当然か。
...
10  211.122.24.2  6 ms  11 ms  6 ms
11  * * *
12  * * *
13  210.145.40.114  24 ms  21 ms  21 ms
...
 9  211.16.15.58  4 ms  4 ms  3 ms
10  211.122.24.2  6 ms  5 ms  6 ms
11  * * *
12  210.145.40.113  21 ms  22 ms  25 ms


2000年11月17日(金) 旧暦 [n年日記]

7579歩

#1 [Emacs] 主として外部 URL

を path の部分毎に link を張るようにした。 以前からずうっとこうしたかった。 初めての人はきっととまどうと思うが、 これの方がはるかに便利だと信じている。特に名前や版 だけが新しくなった時にでも探しやすい。

情報処理:

情報処理の月刊誌の方に 高林さんの記事 が載っている話は 高林さん御自身が namazu-dev に書かれている が、その隣に Mule を捨てて Emacs を使おう という記事があって、 その中で ftp://ftp.ki.nu/pub/emcws/ が(表の中のたった一行だけれど)紹介されている。
これだけで結構うれしい。
( kose さんの日記 を見て LINK を追加)



最近の日記
2024年03月10日
停電 (瞬電)
2024年03月03日
the second try on bare-metal
useradd
2024年02月29日
opendkim and senmail
2024年01月24日
chat/iam 0.0.8
2024年01月21日
uselocale vs setlocale (textproc/R-readxl)
以上、10 日分です。
タイトル一覧
カテゴリ分類
Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project

Count.cgi (since 2000/02/05)