hns - 日記自動生成システム - Version 2.19.9

先月 2007年10月 来月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Namazu for hns による簡易全文検索
詳しくは 詳細指定/ヘルプを参照して下さい
検索式:

2007年10月26日(金) 旧暦 [n年日記] [更新:"2007/10/27 17:52:34"]

#1 [MacOSX] Leopard 10.5 800MHz 切捨 (解除可)

Mac OS X 10.5 Leopard の ファミリーパック を T-shirts 付で千葉のヨドバシカメラで買って来た。しかし、 自分で使っている唯一の Mac OS X 機の PowerBook G4/800MHz には 設置不可ということらしい。動作要件の一つが 867MHz 以上の G4。

とりあえず、Mac mini に FireWire 外付 40G を付けて設置。それを PowerBook G4 につなぎ直し、以前の Mac OS X 側から起動 disk で その外付を選択して再起動したら、一応動く。遅さはやはり自分で納得してから、 戻すとか、使うとか決めたい。

(いきなり) Apple Remote Desktop Client のソフトウェアアップデート (?)

普通の Finer の操作をしている限り、遅いとは思わない。何をすると (これじゃ遅くてやってられない)と実感するのかな ?

ただ、これは新規設置になっているので、もしこの 10.5 を使いたいなら、 もう一度全てを消して、 古いものを外付に写して、それを mini につないで、アップデートして、と、 ちょっと手間がかかる。

(設置の時に clock 制限があるだけなのか、通常の起動時にも制限があるのか が分らなかった。実際には 設置時に clock の制限があるだけ だと分ったということになる)

そこまでの努力をする人は使ってもいいということかな。 (もしかして Option 押しながら起動とかすれば、そのままでも入るのでは ? と思ったり)

手で外付の firewire から起動するなら (Open Firmware の入力待で)
boot fw/node/sbp-2/@0:10,\\:tbxi
で可能。さすがに、PowerBook G3/500MHz では
コンピュータを再起動する必要があります。パワーボタンを数秒押し続けるか、 リセットボタンを押して下さい。
となってしまう。



最近の日記
2019年08月24日
for 9.0_BETA
2019年08月22日
Could not locate a virtual/physical font for TFM "rml".
2019年08月14日
bulklog/rust-1.36.0nb1/install.log
completed with error 5
2019年06月28日
config-set for 8.99.45
2019年05月05日
graphic monitor for bulkbuild count
以上、1 日分です。
タイトル一覧
カテゴリ分類
Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project

Count.cgi (since 2000/02/05)