hns - 日記自動生成システム - Version 2.19.9

  • 12/10(火) mk 誕生日
  • 12/10(火) 住民税
  • 12/14() 0900 -- ARRL 10m
  • 12/18(水) 不燃ごみ
  • 12/19(木) CQ Ham Radio
  • 12/21() 木之本会議
  • 12/25(水) Interface
  • 12/26(木) ○ 固定資産税振替・支払
  • 12/29() 0000 -- 2359 Stew Perry DC
  • 12/31(火) NTT 東 払込期日
  • 01/01(水) atactl check
  • 01/01(水) 不燃ごみ
  • 403 JNUG 総会/BOF 2017/07/08 (土)
  • 402 用途別 Emacs ( C, LaTeX, 日本語 )
  • 380 cvsweb の移行
  • 370 tamago 辞書登録
  • 368 CROSS (cross/i386-mingw32, cross/powerpc-linux ) Framework --- binutils + gcc
  • 363 Wanderlust+HyperEstraier
  • 360 evbppc 用 patch / 玄箱
  • 335 /dev/battery is missing hack | libgcc_s_pic.a is missing | samba の -PIE 問題335 ntpd monitor
  • 325 tcode頁の更新
  • 322 software |hardware
  • 321 emacs-22 | IPv6
  • 320 bulk build (Mac OS X 10.4 and NetBSD/macppc)
  • 310 Wanderlust の Namazu の挙動
  • 290 WordPress 1.2 -> 1.5 migration
  • 220 Wanderlust で日本語題名の wl-summary-print-buffer
  • 215 NetBSD/ofppc
便利なツール
Emacs
らくらく 入門
rakuraku-emacs-cover

先月 2019年12月 来月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Namazu for hns による簡易全文検索
詳しくは 詳細指定/ヘルプを参照して下さい
検索式:

2013年06月02日() 旧暦 [n年日記] [更新:"2013/06/02 22:51:10"]

#1 [wip] wip/gdb (7.5.1) make test results

wip/gdb が 今は 7.5.1 だけれど Makefile と distinfo さえ変更すれば 7.6 にも出来る
その辺りで、いろいろな OS で make test をしている。 ちなみに、 make test をするには runtest が必要で、それは devel/dejagnu を make package-install しておく
で、その make test の要約を 2013/06/02 の TODO に記録してある。
  • DragonFly の成績が悪い
  • amd64 であっても 200 くらい FAIL している

NetBSD/amd64 の方は:

m08@makoto 21:51:23/130602(..wip/gdb)% 
grep 'p ctable1' work/gdb-7.5.1/gdb/testsuite/gdb.base2/gdb.sum |grep FAIL|wc
      89     356    4005
こんな行が多くて、それは、というと、次のあたりが怪しい
m08@makoto 21:52:28/130602(..wip/gdb)% \
cat -n  work/gdb-7.5.1/gdb/testsuite/gdb.base/printcmds.exp |less

   291      gdb_test "p ctable1\[128\]" " = 128 '\\\\200'"
   292      gdb_test "p ctable1\[129\]" " = 129 '\\\\201'"
   293      gdb_test "p ctable1\[130\]" " = 130 '\\\\202'"
それで、この gdb_test は次の部分。でも考えると、これは重要ではなさそう。
   936  proc gdb_test { args } {
   937      global verbose
   938      global gdb_prompt
   939      global GDB
   940      upvar timeout timeout
   941  
   942      if [llength $args]>2 then {
   943          set message [lindex $args 2]
   944      } else {
   945          set message [lindex $args 0]
   946      }
   947      set command [lindex $args 0]
   948      set pattern [lindex $args 1]
   949  
   950      if [llength $args]==5 {
   951          set question_string [lindex $args 3];
   952          set response_string [lindex $args 4];
   953      } else {
   954          set question_string "^FOOBAR$"
   955      }
   956  
   957      return [gdb_test_multiple $command $message {
   958          -re "\[\r\n\]*($pattern)\[\r\n\]+$gdb_prompt $" {
   959              if ![string match "" $message] then {
   960                  pass "$message"
   961              }
   962          }
   963          -re "(${question_string})$" {
   964              send_gdb "$response_string\n";
   965              exp_continue;
   966          }
   967       }]
   968  }

DragonFly:

DragonFly の方は、この辺りだろうか
dragon342@makoto 22:16:07/130602(..wip/gdb)% \
grep 'unexpected ' `find work/gdb-7.6/gdb/testsuite/  -name \*sum `| sort -nr -k 5  
work/gdb-7.6/gdb/testsuite/gdb.sum:# of unexpected failures     2827
work/gdb-7.6/gdb/testsuite/gdb.base2/gdb.sum:# of unexpected failures   968
work/gdb-7.6/gdb/testsuite/gdb.mi/gdb.sum:# of unexpected failures      919
work/gdb-7.6/gdb/testsuite/gdb.base1/gdb.sum:# of unexpected failures   678
work/gdb-7.6/gdb/testsuite/gdb.arch/gdb.sum:# of unexpected failures    122
work/gdb-7.6/gdb/testsuite/gdb.threads/gdb.sum:# of unexpected failures 109
work/gdb-7.6/gdb/testsuite/gdb.trace/gdb.sum:# of unexpected failures   11
work/gdb-7.6/gdb/testsuite/gdb.cp/gdb.sum:# of unexpected failures      8
work/gdb-7.6/gdb/testsuite/gdb.multi/gdb.sum:# of unexpected failures   6
work/gdb-7.6/gdb/testsuite/gdb.java/gdb.sum:# of unexpected failures    3
work/gdb-7.6/gdb/testsuite/gdb.stabs/gdb.sum:# of unexpected failures   1
work/gdb-7.6/gdb/testsuite/gdb.opt/gdb.sum:# of unexpected failures     1
work/gdb-7.6/gdb/testsuite/gdb.linespec/gdb.sum:# of unexpected failures        1
gdb.base2
dragon342@makoto 22:07:14/130602(..wip/gdb)% \
grep FAIL work/gdb-7.6/gdb/testsuite/gdb.base2/gdb.sum  \
| awk '{print $2, $3, $4}' | sort | uniq -c |sort -nr | head -10
  81 gdb.base/structs.exp: p/c fun<n>();
  81 gdb.base/structs.exp: p/c L<n>;
  81 gdb.base/structs.exp: call Fun<n>(foo<n>);
  71 gdb.base/sigall.exp: send signal
  71 gdb.base/sigall.exp: get signal
  70 gdb.base/sigall.exp: advance to
  60 gdb.base/structs.exp: zed L<n>
  60 gdb.base/structs.exp: value foo<n>
  60 gdb.base/structs.exp: advance to
  30 gdb.base/structs.exp: return foo<n>;
gdb.mi
dragon342@makoto 22:19:43/130602(..wip/gdb)% \
FAIL work/gdb-7.6/gdb/testsuite/gdb.mi/gdb.sum  \
| awk '{print $2, $3, $4}' | sort | uniq -c |sort -nr | head -10
  68 gdb.mi/mi2-var-child.exp: get children
  68 gdb.mi/mi-var-child.exp: get children
  64 gdb.mi/mi2-var-child.exp: get number
  64 gdb.mi/mi-var-child.exp: get number
  42 gdb.mi/mi2-var-child.exp: path expression
  42 gdb.mi/mi2-var-child.exp: expression for
  20 gdb.mi/mi-var-cmd.exp: step at
  18 gdb.mi/mi-var-display.exp: set format
  18 gdb.mi/mi-var-cmd.exp: delete var
  17 gdb.mi/mi-var-display.exp: eval variable
gdb.base1
dragon342@makoto 22:09:10/130602(..wip/gdb)% \
grep FAIL work/gdb-7.6/gdb/testsuite/gdb.base1/gdb.sum  \
| awk '{print $2, $3, $4}' | sort | uniq -c |sort -nr |head -10
  48 gdb.base/funcargs.exp: continue to
  27 gdb.base/call-sc.exp: return foo;
  23 gdb.base/funcargs.exp: backtrace from
  18 gdb.base/call-sc.exp: zed L
  18 gdb.base/call-sc.exp: value foo
  18 gdb.base/call-sc.exp: advance to
  18 gdb.base/bitfields2.exp: continuing to
  13 gdb.base/bitfields.exp: continuing to
  12 gdb.base/break.exp: run until
  10 gdb.base/callfuncs.exp: call inferior
DragonFly /OS に入っている gdb は 7.4.1 で、これの 成績や diff などを見た方が良いとは思う。
もっとも devel/gdb の 5.3 と比べて、それより良ければ、 入替という方も良い考えかな。

src from git Repository:

dragon342@makoto 22:26:29/130602(/usr)% sudo make src-create
Password:
If problems occur you may have to rm -rf src and try again.

mkdir -p /usr/src
cd /usr/src && git init
Initialized empty Git repository in /usr/src/.git/
cd /usr/src &&  git remote add origin git://git.dragonflybsd.org/dragonfly.git
cd /usr/src && git fetch origin
remote: Counting objects: 398761, done.
remote: Compressing objects: 100% (119505/119505), done.
Receiving objects:   7% (31695/398761), 12.92 MiB | 56 KiB/s    


2010年06月02日(水) 旧暦 [n年日記] [更新:"2010/06/07 13:41:25"]

#1 [pkgsrc][NetBSD] editors/emacs 23.2

pkgsrc の editors/emacs を 23.2 に上げる patch を送ったが、 かなりそのまま採用してくれた気がする。 実はこの中には、 cus-dep の中で Segmentation Fault するのを回避する おまじない patch が入っている。
このおまじないの件は、 mule-ja 等にも help! の意味でお知らせを書いている。 実は別に editors/emacs-snapshot (24.0.50, 2010-05-25) も PATCH を送っている。 それを見ると、そのおまじない patch はなくても問題ない。しかし、これが いつ(何で)解決したかは、分っていない。
git の bisect を使って、いつ解決したか調べれば良いと思うが、 多分他の問題にかくれてしまい、簡単には分らないと思っている。


2009年06月02日(火) 旧暦 [n年日記] [更新:"2009/06/03 19:27:37"]

#1 [機械] Let's Note CF-R2 で NetBSD/5.0 (続き)

普通に使うには ACPI と X Window System を何とかする必要がある。 まあ、その辺と負荷試験も兼ねて pkgsrc で modular-xorg 関係を make package し build.sh も走らせて見た
cvs -d $CVS-ROOT co -r netbsd-5 src
cvs update -dP src
time sudo ./build.sh -T /export/src/tooldir.NetBSD-5.0-i386 release >& ../log/release
15955.690u 1751.478s 5:06:47.47 96.1% 0+0k 27388+188417io 72533pf+11w
Memory は 256MB しか付いていない。もしかしてと思って 512MB を外してあった。

さて X11 はどうやって走らせればいいのかな。xorgconf はあまり助けにならない 気がする。

ACPI を生かした時の bt も取りたいが、さてどうすればいいかな。 (まさか Xen の上で走らせれば、手写しでなく取れるかな)。
それともそのようなことをすると何が何だか分らなくなる ?
まずは手写しの方が確実 :-)

手写しをしようと思って ACPI を生かして起動:

したら、何と動いている。 電源線の抜挿や蓋の開閉の検出、 shutdown -p now による電源断など問題がない。
pts/0:makoto@lets-r2 23:26:05/090602(~)> sysctl -a |grep acpi
hw.acpi.root = 1014608
hw.acpi.supported_states = S0 S3 S4 S5 
machdep.acpi_vbios_reset = 1
machdep.acpi_beep_on_reset = 0
machdep.acpiapm.standby = 1
machdep.acpiapm.suspend = 3

2007/08/10 の神戸さんの日記
次のようにすると確かに寝てくれるようだが
sysctl -w machdep.sleep_state=3
電源 SW を操作しても起きてくれない。 =3 じゃなくて =1 かな。
shutdown now
sleep 1; sysctl -w machdep.sleep_state=1
acpi0: entering state 1
acpi0: ACPI S1 not available on this platform


2006年06月02日(金) 旧暦 [n年日記] [更新:"2006/06/03 11:38:48"]

#2 [X11] tgif から jpeg を出力で rgb.txt がない

ttyq1:makoto@st4200 23:06:46/060602(...fw/tgif)>
xpmtoppm: can't open color names dictionary file named /usr/lib/X11/rgb.txt, /usr/openwin/lib/rgb.txt, or /usr/X11R6/lib/X11/rgb.txt and Environment variable RGBDEF not set. Set RGBDEF to the pathname of your rgb.txt file or don't use color names.
pnmtopng: Error reading magic number from Netpbm image stream. Most often, this means your input file is empty.

ttyq1:makoto@st4200 23:07:40/060602(...fw/tgif)> find /usr/X11 /usr/lib/X11 -name rgb.txt
/usr/X11/libdata/rgb.txt
ttyq1:makoto@st4200 23:09:14/060602(...fw/tgif)> sudo mkdir /usr/lib/X11
ttyq1:makoto@st4200 23:09:19/060602(...fw/tgif)> sudo ln -s /usr/X11/libdata/rgb.txt /usr/lib/X11/rgb.txt

#1 [美しい日本語] 二重否定の使用は最少限にしよう

良い文章を見つけたとします。 しかしその中に「どうしてもその必要がある」と考えられない二重否定が あると少しがっかりします。

(上の文章も不要に否定があるので分り難い。書直します)

良い文章を見つけたとします。 しかしその中に二重否定があると少しがっかりします。 どうしてもその必要がある場合もあるでしょう。もしそうだったら使って下さい。 でも、可能なら、なるべく避ける方がいいと思います。

例えば、

これは問題を的確にとらえていて、それを簡潔に説明しているからとてもいい文章だと思います。 しかし、 この中で、

「,」と「。」または「.」でないと美しくない
とありますが、これは二重否定です。そうしないで、
「,」と「。」または「.」とするのが美しい
と書いた方がいいと思います。


2004年06月02日(水) 旧暦 [n年日記]

#3 [歌舞伎] 十一代目海老蔵襲名披露公演

外郎売 尾上松緑すごい
寺小屋 仁佐衛門いい。勘九郎もよかった。
口上 この場に居合せた幸せ
鏡獅子 海老蔵がんばる

でもね、松緑は辰之介だし、仁佐衛門は孝男だよな。

#2 [cygwin] compiling binutils for mingw32

If I type
./configure --host=i386--mingw32
I will see following lines.
../../binutils-2.14/libiberty/pex-win32.c:34: process.h: No such file or directory
../../binutils-2.14/libiberty/pex-win32.c:35: io.h: No such file or directory
But if we take the file, bin-msvcrt-2000-03-27.zip, from the site, it includes those missing files.
My question is: why those are not included for binutils ? License issue ?

#1 [Emacs] tramp/cvs

   558  23:50   cvs -d :ext:anoncvs@savannah.nongnu.org:/cvsroot/tramp co tramp
   629  0:05    /usr/pkg/bin/autoconf-259 configure.ac > configure
   631  0:05    chmod +x ./configure
   633  0:05    ./configure --with-emacs=/usr/pkg/bin/emcws
   635  0:06    gmake
   636  0:06    sudo gmake install
autoconf は 2.13 の方を autoconf としていたので上のようになった。


2003年06月02日(月) 旧暦 [n年日記]

#1 [pkgsrc] ap2-php4

これを当てて www/{php4,apache2}, devel/apr を作り直してから www/ap2-php4 を作ったら 解決。
Apache/2.0.46 (Unix) mod_ssl/2.0.46 OpenSSL/0.9.6g DAV/2 AuthPG/2.0


2001年06月02日() 旧暦 [n年日記]

#4 [MacOSX] memory check, DIMM fist AID

G4 の Firmware を 4.1.8 に上げてもメモリの問題が起きないか予め 調べてくれる

#3 [hns] 英語で日記を書くと、行頭に I ということもある。

そうすると、予約語としてはねられる気がする。

#2 [IPv6] plug and Play

MAC address を使って自動的に振ってくれるという話を殆んど知らなかった。 次のように字が見えているけれど、使えている ?
in6_ifadd: failed to add an interface route for 
      2001:0218:0463:0:0200:f8ff:fe04:55cd/64 on de0, errno = 17
nd6_attach_prefix: failed to add route for 
      a prefix(2001:0218:0463:0:0200:f8ff:fe04:55cd/64), errno = 17
nd6_attach_prefix: failed to add route for 
      a prefix(2001:0218:0463:0:0200:f8ff:fe04:55cd/64), errno = 17

client ifconfig.de0:

一度は二行目を消したのだけれど、いまは復活している。
makoto@harry ■11:04:39/010602(~)> cat /etc/ifconfig.de0 
inet 210.145.40.122 netmask 0xfffffff0 media autoselect
inet6 2001:218:463::1:1.1.1.122 prefixlen 64
client の方は動的に振ってくれるというのと、それを DNS に 登録するというのは、どう調停する ?

#1 [IPv6] 再起動したら、traceroute6 が通った。

こまかい綴り違いがあったりして、結局、

/etc/rc.inet6 (名前は任意):

/sbin/sysctl  -w net.inet6.ip6.forwarding=1
/sbin/sysctl  -w net.inet6.ip6.accept_rtadv=0
#/usr/sbin/prefix gm0 2001:218a:463:0001::
/sbin/ifconfig gm0 inet6 2001:218a:463:0001:: anycast

ifconfig gif0 create
ifconfig gif0 tunnel 210.145.40.126 210.OOO.CCC.NNN
/sbin/route add -inet6 :: default -ifp gif0

/etc/rc.conf の最後に上記を読ませるようにして:

if [ -r /etc/rc.inet6]; then
        . /etc/rc.inet6
fi

traceroute6 2001:218:0:1000::1:

root@nazuha  6:09:43/010602(/home/makoto)# traceroute6 2001:218:0:1000::1
traceroute6 to 2001:218:0:1000::1 (2001:218:0:1000::1) 
    from 2001:218:463::1:101:17e, 30 hops max, 12 byte packets
 1  ote-ocnv46tun01.ocn.v6.ntt.net  38.786 ms  36.977 ms  27.663 ms
 2  welcome-to.ocn.v6.ntt.net  28.315 ms  27.638 ms  120.889 ms
通った。

と思ったが再起動すると、上記を読んでくれていない。:

ので、手で sh /etc/rc.inet6 して同じく traceroute6 が出来た。 とりあえず、これはこれでいいとして、今度は client.

両方の機械の /etc/hosts には:

2001:218:463::1:1.1.1.122       harry6.ki.nu harry6
2001:218:463::1:1.1.1.126       nazuha6.ki.nu nazuha6
と書いてある。(こういう書き方でいいのかな)

client /etc/ifconfig de0:

inet 210.145.40.122 netmask 0xfffffff0 media autoselect
inet6 2001:218:463::1:1.1.1.122 prefixlen 64

route add -inet6 default:

root@harry  6:29:45/010602(/home/makoto)# \
? /sbin/route add -inet6 default nazuha6
nazuha6: bad value

これはだめだが、以下で良さそう。
root@harry  6:30:41/010602(/home/makoto)# \
? /sbin/route add -inet6 default 2001:218:463::1:101:17e
add net default: gateway 2001:218:463::1:101:17e

traceroute6 2001:218:0:1000::1:

root@harry  6:31:05/010602(/home/makoto)# \
traceroute6 2001:218:0:1000::1
traceroute6 to 2001:218:0:1000::1 (2001:218:0:1000::1) 
    from 2001:218:463::1:101:17a, 30 hops max, 12 byte packets
 1  nazuha6.ki.nu  0.905 ms  0.543 ms  0.441 ms
 2  ote-ocnv46tun01.ocn.v6.ntt.net  45.195 ms  39.736 ms  111.934 ms
 3  welcome-to.ocn.v6.ntt.net  27.309 ms  28.092 ms  27.614 ms

/etc/hosts の書き方の問題のような。:

telnet www.ocn.v6.ntt.net 80:

root@harry  6:39:57/010602(/home/makoto)# telnet www.ocn.v6.ntt.net 80
Trying 2001:218:0:1000::80...
Connected to www.ocn.v6.ntt.net.
Escape character is '^]'.
GET / HTTP 1.1

HTTP/1.1 200 OK
Date: Fri, 01 Jun 2001 21:40:11 GMT
Server: Apache/1.3.19 (Unix)
Last-Modified: Wed, 21 Mar 2001 06:49:38 GMT
ETag: "13bdb7-250a-3ab84f02"
Accept-Ranges: bytes
Content-Length: 9482
Connection: close
Content-Type: text/html

<HTML>
<HEAD>
<TITLE>NTT Communications IPv6 OCN ....</TITLE>

Mozilla 君にはどうやって教えるのかなぁ。:

どうも、作り方とか設定とかの問題らしい。 ここから始まる話題(Thread) IPv6 enabled Mozilla 0.7



最近の日記
2019年12月08日
pbulk for NetBSD 9.0_RC1
Tool dependency checkperms>=1.1: NOT found
2019年11月30日
NetBSD-9.0_RC1-amd64-install.img.gz
2019年11月25日
一回目の大根を漬けた
2019年11月08日
math/py-tables
2019年11月03日
(Wanderlust) problem reading mail メールが読めなくなって
以上、7 日分です。
タイトル一覧
カテゴリ分類
Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project

Count.cgi (since 2000/02/05)