hns - 日記自動生成システム - Version 2.19.9

  • 01/31() JAF 払込期限
  • 01/31() NTT 東 払込期日
  • 01/31() 法人調書・償却資産届出 提出期限
  • 02/01(月) atactl check
  • 02/03(水) 不燃ごみ
  • 02/11(木) 0900-1500 関東 UHF
  • 02/13() 2000-2200 AP Sprint 20/40m
  • 02/13() 2100-2100 KCJ TopBand
  • 02/15(月) 確定申告受付開始
  • 02/15(月) 確定申告受付開始
  • 02/17(水) 不燃ごみ
  • 02/19(金) CQ Ham Radio
  • 02/19(金) 別冊 CQ
  • 02/20() 0900 ARRL CW
  • 02/20() 木之本会議
  • 02/21() mr 誕生日
  • 403 JNUG 総会/BOF 2017/07/08 (土)
  • 402 用途別 Emacs ( C, LaTeX, 日本語 )
  • 380 cvsweb の移行
  • 370 tamago 辞書登録
  • 368 CROSS (cross/i386-mingw32, cross/powerpc-linux ) Framework --- binutils + gcc
  • 363 Wanderlust+HyperEstraier
  • 360 evbppc 用 patch / 玄箱
  • 335 /dev/battery is missing hack | libgcc_s_pic.a is missing | samba の -PIE 問題335 ntpd monitor
  • 325 tcode頁の更新
  • 322 software |hardware
  • 321 emacs-22 | IPv6
  • 320 bulk build (Mac OS X 10.4 and NetBSD/macppc)
  • 310 Wanderlust の Namazu の挙動
  • 290 WordPress 1.2 -> 1.5 migration
  • 220 Wanderlust で日本語題名の wl-summary-print-buffer
  • 215 NetBSD/ofppc
便利なツール
Emacs
らくらく 入門
rakuraku-emacs-cover

先月 2021年01月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Namazu for hns による簡易全文検索
詳しくは 詳細指定/ヘルプを参照して下さい
検索式:

2021年01月02日() 旧暦 [n年日記] [更新:"2004/08/09 23:43:33"]

#1 [pkgssrc] ImportError: cannot import name 'DistutilsSetupError'

=> Bootstrap dependency digest>=20010302: found digest-20190127
===> Skipping vulnerability checks.
WARNING: No /usr/pkg/pkgdb/pkg-vulnerabilities file found.
WARNING: To fix run: `/usr/sbin/pkg_admin -K /usr/pkg/pkgdb fetch-pkg-vulnerabilities'.
===> Building for py36-obspy-1.1.1nb2

(cd /tmp/geography/py-obspy/work/obspy-1.1.1/ && /usr/bin/env
USETOOLS=no PTHREAD_CFLAGS=\ -pthread\ PTHREAD_LDFLAGS=\ -pthread
PTHREAD_LIBS= PTHREADBASE=/usr DL_CFLAGS=\ -pthread\ DL_LDFLAGS=\
-pthread DL_LIBS= PYTHON=/usr/pkg/bin/python3.6 CC=gcc CFLAGS=-O2\
-D_FORTIFY_SOURCE=2\ -I/usr/include\ -I/usr/pkg/include/python3.6\
-I/usr/pkg/include CPPFLAGS=-I/usr/include\
-I/usr/pkg/include/python3.6\ -I/usr/pkg/include CXX=c++ CXXFLAGS=-O2\
-D_FORTIFY_SOURCE=2\ -I/usr/include\ -I/usr/pkg/include/python3.6\
-I/usr/pkg/include COMPILER_RPATH_FLAG=-Wl,-R F77=gfortran FC=gfortran
FFLAGS=-O LANG=C LC_ALL=C LC_COLLATE=C LC_CTYPE=C LC_MESSAGES=C
LC_MONETARY=C LC_NUMERIC=C LC_TIME=C LDFLAGS=-L/usr/lib\
-Wl,-R/usr/lib\ -L/usr/pkg/lib\ -Wl,-R/usr/pkg/lib
LINKER_RPATH_FLAG=-R
PATH=/tmp/geography/py-obspy/work/.cwrapper/bin:/tmp/geography/py-obspy/work/.buildlink/bin:/tmp/geography/py-obspy/work/.gfortran/bin:/tmp/geography/py-obspy/work/.gcc/bin:/tmp/geography/py-obspy/work/.tools/bin:/usr/pkg/bin:/usr/bin:/bin:/usr/pkg/bin:/usr/local/bin:/usr/pkg/bin:/usr/X11R7/bin
PREFIX=/usr/pkg MAKELEVEL=0 CONFIG_SITE= PKG_SYSCONFDIR=/usr/pkg/etc
CXXCPP=cpp HOME=/tmp/geography/py-obspy/work/.home
CWRAPPERS_CONFIG_DIR=/tmp/geography/py-obspy/work/.cwrapper/config
CPP=cpp LOCALBASE=/usr/pkg X11BASE=/usr/X11R7 PKGMANDIR=man
PKGINFODIR=info PKGGNUDIR=gnu/ MAKECONF=/dev/null OBJECT_FMT=ELF
USETOOLS=no BSD_INSTALL_PROGRAM=/usr/bin/install\ -c\ -s\ -o\ pbulk\
-g\ wheel\ -m\ 755 BSD_INSTALL_SCRIPT=/usr/bin/install\ -c\ -o\ pbulk\
-g\ wheel\ -m\ 755 BSD_INSTALL_LIB=/usr/bin/install\ -c\ -o\ pbulk\
-g\ wheel\ -m\ 755 BSD_INSTALL_DATA=/usr/bin/install\ -c\ -o\ pbulk\
-g\ wheel\ -m\ 644 BSD_INSTALL_MAN=/usr/bin/install\ -c\ -o\ pbulk\
-g\ wheel\ -m\ 644 BSD_INSTALL=/usr/bin/install
BSD_INSTALL_PROGRAM_DIR=/usr/bin/install\ -d\ -o\ pbulk\ -g\ wheel\
-m\ 755 BSD_INSTALL_SCRIPT_DIR=/usr/bin/install\ -d\ -o\ pbulk\ -g\
wheel\ -m\ 755 BSD_INSTALL_LIB_DIR=/usr/bin/install\ -d\ -o\ pbulk\
-g\ wheel\ -m\ 755 BSD_INSTALL_DATA_DIR=/usr/bin/install\ -d\ -o\
pbulk\ -g\ wheel\ -m\ 755 BSD_INSTALL_MAN_DIR=/usr/bin/install\ -d\
-o\ pbulk\ -g\ wheel\ -m\ 755 BSD_INSTALL_GAME=/usr/bin/install\ -c\
-s\ -o\ pbulk\ -g\ wheel\ -m\ 2555
BSD_INSTALL_GAME_DATA=/usr/bin/install\ -c\ -o\ pbulk\ -g\ wheel\ -m\
664 BSD_INSTALL_GAME_DIR=/usr/bin/install\ -d\ -o\ pbulk\ -g\ wheel\
-m\ 775 INSTALL_INFO=
MAKEINFO=/tmp/geography/py-obspy/work/.tools/bin/makeinfo FLEX= BISON=
PKG_CONFIG=
PKG_CONFIG_LIBDIR=/tmp/geography/py-obspy/work/.buildlink/lib/pkgconfig:/tmp/geography/py-obspy/work/.buildlink/share/pkgconfig
PKG_CONFIG_LOG=/tmp/geography/py-obspy/work/.pkg-config.log
PKG_CONFIG_PATH=
CWRAPPERS_CONFIG_DIR=/tmp/geography/py-obspy/work/.cwrapper/config
/usr/pkg/bin/python3.6 setup.py build -j4)


Traceback (most recent call last):
  File "setup.py", line 47, in <module>
    from numpy.distutils.core import DistutilsSetupError, setup
ImportError: cannot import name 'DistutilsSetupError'
*** Error code 1
Numpy released new version, 1.19, which broke the setup. The problem is that we are importing DistutilsSetupError through numpy and it just stopped working. It was working only due to the fact that <1.19 in numpy.core they were doing from distutils.core import *. In 1.19 they changed it to from distutils.core import Distribution in numpy/numpy#15465 So instead of going around, I just import DistutilsSetupError directly from distutils. Fixes #2640


2016年01月02日() 旧暦 [n年日記] [更新:"2016/01/02 15:46:47"]

#1 [NetBSD] FireFox Browser 専用 NetBSD 機械

  • OS は NetBSD (7.0)
  • 3 万円以下 (あるいは 4 万円以下)、中古でも良い
  • 消費電力は 40 W 以下
  • 静音のこと
  • FireFox が(普通の速さで)動く
  • Youtube が見えて、音が出る
  • radiru が聴ける
  • pdf を読める
  • (電源を入れて) 起動すると X11 は立上っていて、 FireFox のアイコンが見えて、クリックすると FireFox が立上る
    (Mac OS X と同じような動作というつもり)。パスワードは不要
  • 日本語入力も出来ること、出来れば、(ローマ字入力でなく) かな入力も出来ること
  • Internet には直接接続、自分で PPPoE をしゃべる
  • 当然パスワード無のようなアカウントはないこと
  • 停止 (shutdown) も、アイコンから出来ると良い、まあ、power button で良いと思うけれど
候補: シリアル・ポートが付いていると、つぶしが効いて (= 他に流用可)、良いので 正直なところ、
安くて、消費電力が少なくて、小さい
とうことと
NetBSD でこういう機能は出来るか
という別のことを一緒にしているけれど、
GUI と、性能を考えると、上記条件になる、と思っている。


2015年01月02日(金) 旧暦 [n年日記] [更新:"2004/08/09 23:43:33"]

#1 [pkgsrc] pdvips: Font rml not found; using cmr10

pdvips 2015.dvi
This is pdvips(k) p1.7b Copyright 2010 ASCII MEDIA WORKS. (ptex-staff@ml.asciimw.jp)
based on dvips(k) 5.98dev Copyright 2010 Radical Eye Software (www.radicaleye.com)
' TeX output 2015.01.02:1130' -> 2015.ps
</var/lib/texmf/fonts/pk/ljfour/jknappen/ec/ecrm2074.600pk>
kpathsea: Running mktexpk --mfmode ljfour --bdpi 600 --mag 1+551/600 --dpi 1151 rml
gsftopk: fatal: map file `kanji.map' not found.
mktexpk: don't know how to create bitmap font for rml.
mktexpk: perhaps rml is missing from the map file.
kpathsea: Appending font creation commands to missfont.log.

pdvips: Font rml not found; using cmr10
</usr/pkg/share/texmf-dist/fonts/pk/ljfour/public/cm/dpi600/cmr10.pk>
pdvips: ! invalid char 13920 from font rml
Makefile:19: recipe for target '2015.ps' failed
gmake: *** [2015.ps] Error 1
rm 2015.dvi
Similar issue was written at 2012/03/02 I've revised the patch .


2012年01月02日(月) 旧暦 [n年日記] [更新:"2012/01/05 21:29:16"]

#1 [無題] AVR Studio 4.0 では STK500 でも ATtiny2313 が利用可能

購入 (散財一覧)
STK500 (AVR Starter kit) 日本語説明書(など)
Studio 5.0 では ATtiny2313 が書けない
AVR Studio 5: Release 5.0 という題名の as5installer-5.0.1160-release_note.pdf という譜名の PDF 形式の p13 を見ると、やはり STK500 との組合せでは ATtiny2313 は利用出来ないように書いてある
AVR Tiny

AVRAVRISPAVR ONE!JTAGICE3JTAGICEQT600SimulatorSTK500STK600

DragonmkII

mkII



ATtiny10
Control



Full
Full
ATtiny13FullControlFullFullFull
FullControlFull
ATtiny13AFullControlFullFullFull
FullControlFull
ATtiny1634FullControlFullFullFull
Full
Full
ATtiny167FullControlFullFullFull


Full
ATtiny20
Control



Full
Full
ATtiny2313FullControlFullFullFull
Full
Full
ATtiny2313AFullControlFullFullFull
Full
Full
それで、やはり AVR Studio 4.0 に戻して見る。
  • 「プログラムの追加と削除」で AVR Studio 5.0 を削除 (かなり時間がかかる)
  • 付属の DVD から AVR Studio 4.0 を設置
  • WinAVR が別途必要と言われたので から追加
これで ATtiny2313 が利用出来るようになり、 にある例題を Project -> New に書いて Build してから My Document/default の下に出来た、 *.hex を flash に *.eep を EEPROM に書いて、 LED と PB0-7 を 10pin の線でつないでおいたら、一番下の LED がピカピカと点滅した。
STK500 Firmware 2.10
AVR Studio 4.18 + SP3
WinAVR 20100110

AVRにLCDをつないでみる
Interfacing a HD44780 Based LCD to an AVR
Computer Interfacing by K0BG
PC Control command Reference for the TS-480HX/SAT Tranceiver
ATMEL AT90 ATtiny ATmega 価格の比較


2009年01月02日(金) 旧暦 [n年日記] [更新:"2009/01/05 01:21:02"]

#1 [無線] 栃木方面に見学

朝 8:02 の電車で出発。11:10 氏家。 そこで拾ってもらって某山林を見に行く。馬頭道の駅で昼食。 その後、瓜連(何て読むんだ ?) 近くで積込作業。所沢に 20 時少し前に到着。
20:11 小手指
20:45 池袋
20:58 東京
21:43 千葉
22:01 本千葉 
で戻る


2008年01月02日(水) 旧暦 [n年日記] [更新:"2008/01/04 23:46:09"]

#1 [無題] 荻窪



2007年01月02日(火) 旧暦 [n年日記] [更新:"2007/01/04 01:13:37"]

#2 [無題] 年賀状を pLaTeX で作る

pLaTeX で作る。 書き出しだけ書いておくと、次のようなもの。

\documentclass{jarticle}

\setlength{\hoffset}{-17mm}
\setlength{\voffset}{-43mm}
\setlength{\oddsidemargin}{0mm}
\setlength{\evensidemargin}{-5mm}

\textheight 145mm
\textwidth  88mm
%% http://www.uopmu.ees.osakafu-u.ac.jp/~yabu/soft/tex/tex.html
%% \textwidth  38zw
\leftmargin 0mm

\usepackage[dvips]{graphicx}
\usepackage{wrapfig}
\pagestyle{empty}
%%%
%%%  dvipdfmx -p a6 2007.dvi
%%%
\begin{document}
\vbox{
\small 

\begin{center}
{\Huge 2007 謹賀新年}

\smallskip

明けましておめでとうございます。
\end{center}

もうこのやり方で 4 回目 (専用 style file を作るべき .. 作れない)。 きょうは 印刷まで完了。多分 45 枚くらい印刷。

#1 [NetBSD][pkgsrc] 4.99.5 用の metapkg を作る

config-serv の方は大体完了。 config-desktop の方の xpkgwedge で問題が出る。-lXmu がない等。ちょっと調べて見ない と分らないが、/usr/X11R6 を使うようにした方がいいかも知れない。


2005年01月02日() 旧暦 [n年日記] [更新:"2005/01/03 00:42:03"]

#3 [NetBSD] w3m

何か良く理由を覚えていない(*1)が pkgsrc/www/w3m は使わないことになっていた と思うので
cd /export/local-src
cvs -d :pserver:anonymous@cvs.sourceforge.net:/cvsroot/w3m login
cvs -d :pserver:anonymous@cvs.sourceforge.net:/cvsroot/w3m checkout w3m
(*1) それは、この記事ですね:

boehm-gc を先に入れておく:

checking gc.h presence... no
checking for gc.h... no
configure: error: gc.h not found
と言われるので boehm-gc を先に入れておく
pushd /export/pkgsrc/devel/boehm-gc
make install
popd
configure: error: libgc not found
とか
checking size of long long... configure: error: cannot compute sizeof (long long), 77
See `config.log' for more details.
とか言われるので、結局次のようにする。
     env CFLAGS=-I/usr/pkg/include LDFLAGS=-L/usr/pkg/lib LD_LIBRARY_PATH=/usr/pkg/lib ./configure
     env CFLAGS=-I/usr/pkg/include LDFLAGS=-L/usr/pkg/lib LD_LIBRARY_PATH=/usr/pkg/lib make
sudo env CFLAGS=-I/usr/pkg/include LDFLAGS=-L/usr/pkg/lib LD_LIBRARY_PATH=/usr/pkg/lib make install
history

#2 [Emacs] らくらく本

ありがとうございます。 干支だけでなく「恥ずかしい自動車メーカ」も同じような気がする ;-(
ダン君 にもお会いしたいです。 ( Namazu 検索 が 500 ですね ? )

31 日に順位表のこと:

31 日に 順位表 のことを少し日記に書いたら、急に二人の方に買っていただい たようですが、まさか関係ないのでしょうね ?

#1 [Win/2k] dig

dig が動かないかと画策。 bind-9.3.0 の中の windows binary package に dig.exe がある。これを持って来る。 ftp する時に asc でやると、例の "This program does not run in DOS mode." が出る。

libisc.dll:

次に、 「ダイナミックリンクライブラリ libisc.dll が指定されたパス ... に見つかりませんでした。」 と出る。

フォルダを C:\bind-9.3 という名前で作って、 その中に libisc.dll を入れ、 設定→コントロールパネル→システム→詳細から、
環境変数 PATH に ;C:\bind-9.3 を加えて、 コマンド・プロンプトを起動し直す(新しい窓で作業すれば、環境変数の変更が反映される)。

MSVCR70.dll:

次は 「ダイナミックリンクライブラリ MSVCR70.dll が指定されたパス ... に見つかりませんでした。」
これって Win/2k が古いっていうことかな。 次のような説明が見つかった。
...を使用するには、msvcp70.dllとmsvcr70.dllが必要です。 http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se262811.html (not found)
(msvcr70)

で入手し、システムフォルダ (Win98/Me は「 C:\Windows\System 」, Windows2000/XP は「 C:\WINNT (または Windows)\System32\」) にコピーしてください。

libdns.dll libbind9.dll libisccfg.dll liblwres.dll:

これらも「見つからない」と言うので、C:\bind-9.3 に写す。 これで動いた。dig.exe も C:\bind-9.3 に入れておく。

dig mx hoge@example.com とやると:

hoge\@example.com を探しに行くので、うまく行かない。
と思ったが dig には @ は不要だった。dig mx domain_name で動く。
しかし php の中で、次のようにしているが、これが動く訳ないか。
$fp = popen ("dig mx $domain", 'r');
$read = fread($fp, 8192);
$lines = explode("\n",$read);
実は Unixen の場合には /usr/pkg/bin/dig としていて、Win の場合 dig に変更したが、 これでは実行を意味しなくなってしまう。とりあえず、 "C:\bind-9.3\dig.exe" として見よう。

google gave me some examples:

 $cmd = "dir *.txt 2>NUL"; // supress stderr

if ($pipe = popen($cmd, "r")) {
while (!feof($pipe)) {
// do your stuff
}

} else {
// if needed, do some error handling
}
So, popen should work.

PHP Fatal error: main(): Failed opening required 'Mail/mime.php':

ttyp8:makoto@st4200  15:58:28/050102(~)> sudo pear install Mail_Mime
Password:
downloading Mail_Mime-1.2.1.tar ...
Starting to download Mail_Mime-1.2.1.tar (-1 bytes)
..................done: 77,312 bytes
install ok: Mail_Mime 1.2.1
ttyp8:makoto@st4200  15:58:48/050102(~)> 

pear の Mail_Mime が設置出来ない:

go-pear.php では入らないような。
Unixen なら pear install Mail_Mime で行くのだが。
php-4.3.10-Win32.zip の中の INSTALL.txt を良く読んで見よう。


2004年01月02日(金) 旧暦 [n年日記]

#3 [NetBSD][XFree86] Radeon 9600 graphics card.

でも X11 から卓に戻らないと言っている人がいる。 (System: NetBSD/i386 1.6.1 [ELF])

#2 [無題] 荻窪から木挽町

10:40pm 頃帰着。

「二人道成寺」:

涙が出るほど美しかった。

隣に長岡から来たという白人の御婦人が二人。:

California の人らしい。

#1 [NetBSD][pkgsrc] dvi2ps が無くなって

いつか make upgrade した時に消してしまったのだと思う。 どうやって入れるかもすぐには分らない。


2002年01月02日(水) 旧暦 [n年日記]

#5 [NetBSD] gcc-3.0.3

きのう、入れるつもりがなかったのに入ってしまった。 それで、sj3 を作っていると、
../tool/sj3mkdic: 1: Syntax error: end of file unexpected

makoto@u 20:42:58/020102(...japanese/sj3-server)> file ./work/sj3-2.0.1.20/dict/tool/sj3mkdic
./work/sj3-2.0.1.20/dict/tool/sj3mkdic: ELF 32-bit MSB executable, PowerPC or cisco 4500, version 1 (SYSV), dynamically linked (uses shared libs), not stripped

makoto@u 20:43:08/020102(...japanese/sj3-server)> ./work/sj3-2.0.1.20/dict/tool/sj3mkdic
./work/sj3-2.0.1.20/dict/tool/sj3mkdic: Exec format error. Binary file not executable.
ということで gcc-3.0.3 にいとまを出したら、 (egcs-1.1.2 では) 問題ない。

#4 [Emacs] emcws and rpm

google で rpm emcws で索くと、結構いろいろ情報がある。中心的なものはあるのだろうか。
* Tue Aug 15 2000 Toshiro HIKITA <toshi@sodan.org>
- Changed to Emacs/Mule-4.1
- added emacs-mule-4.1 patch
- recomplied ange-ftp.elc international/ccl.elc international/mule-cmds.elc \
international/mule.elc international/titdic-cnv.elc
- removed emcws.patch
- removed Mule-UCS patch
- removed BuildPreReq:
- fixed configure
あまりいい情報はないという感じ。

#3 [NetBSD] INSTALL.html

Michael Wolfson: Take a look and give me feedback before I commit it.

#2 [NetBSD] pkgsrc/japanese/sj3

===> Registering installation for sj3-server-2.0.1.20
sj3-server-2.0.1.20 requires installed package sj3-lib-2.0.1.20
だけ。

/usr/pkg/bin/sj3:

これは client 側かな。
makoto@harry  17:32:37/020102(...japanese/sj3-server)> sj3
SJ3 Version 2.09C (sjis/euc version)
Fri Feb 23 19:31:47 JST 1996
Copyright (c) 1990-1996 Sony Corporation
All Rights Reserved
Warning サーバーへの接続に失敗しました。

/usr/pkg/bin/sj3serv:

makoto@harry  17:34:17/020102(...japanese/sj3-server)> sj3serv
Kana-Kanji Conversion Server Version 2.08C
Copyright (c) 1990-1995 Sony Corporation
Created at Mon Mar 23 16:42:59 JST 1998
/usr/pkg/man/ja_JP.EUC/man1/sj3.1
というのがあるが man では出て来ない。

#1 [NetBSD] pkgsrc-mef

emacs-21 の方をかなりきれいにした(つもり)
makoto@u 15:48:49/020102(...pkgsrc/personal)> pkglint emacs
OK: checking Makefile.
OK: checking pkg/PLIST.
FATAL: move "@exec install-info" line to make sure that it is placed after all the info files. (currently on line 175 in pkg/PLIST)
OK: checking pkg/DESCR.
OK: checking patches/patch-aa.
OK: checking distinfo.
1 fatal errors and 0 warnings found.


2001年01月02日(火) 旧暦 [n年日記]

#2 cvs update -P -d する

cvs -d :pserver:anoncvs@sup.jp.netbsd.org:/cvs/cvsroot \
 update -P -d syssrc
としたものは、やはり 1.5K だった。-D 20001126-UTC が残っている ?
なのに動いた ? (僕の理解を越えている)
【実は】最初の回で tar.gz を作っておいたので、それを開けて diff -ur して見たら、 何と(dev-adb-patch 以外は)完全に同じ。つまり、
  • cvs co -D 20001126-UTC  syssrc
    した後の
    cvs update -P -d syssrc 
    
    は何も変更しなかった。
  • たまに、(動く kernel でも) 最初の login: で文字が入力出来ないことがある。
  • 今回もそれだった。1.5K は問題ない。

#1 [NetBSD/iBook] 1.5K は ADB が見えない

8/27/2000 の自分の日記 を見て、
cvs -d :pserver:anoncvs@sup.jp.netbsd.org:/cvs/cvsroot \
 co -D 20001126-UTC  syssrc
で持って来た syssrc に dev-adb-patch を当てて作った 1.5K の kernel は ADB device を認識しないのか、 文字が入力出来ない。/netbsd でなく /netbsd.new を読ませるには
0 > boot hd:16,ofwboot.elf hd:9/netbsd.new
は効かなくて、
0 > setenv boot-file hd:9/netbsd.new
とする必要がある気がする。
この 1.5K は一応 syssrc-2000-11-26.tar.gz として置いておく



最近の日記
2021年01月09日

2021年01月02日
ImportError: cannot import name 'DistutilsSetupError'
2021年01月01日
deve/R-roxygen2-7.1.1
2020年12月14日
NetBSD pkgsrc binary 生活
2020年12月12日
certificate expired :-(
以上、11 日分です。
タイトル一覧
カテゴリ分類
Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project

Count.cgi (since 2000/02/05)