hns - 日記自動生成システム - Version 2.19.9

先月 2007年08月 来月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Namazu for hns による簡易全文検索
詳しくは 詳細指定/ヘルプを参照して下さい
検索式:

2007年08月10日(金) 旧暦 [n年日記] [更新:"2007/08/16 10:54:35"]

#1 [pkgsrc] cyrus-imapd version up

ずうっと昔から使っていた cyrus-imapd を 古い、2.0.17 から 2.2.13 に上げた。
old: Cyrus IMAP4 v2.0.17 
new: Cyrus IMAP4 v2.2.13 
別の機械に新しい方を用意して全て移す、という方法を取った。 この方法は、spool を写すのに時間がかかるけれど、最も安全な方法。
  • /var/imap, /var/spool/imap を sudo rsync -aH で写す
  • 古い方を止める
  • もう一度 rsync を使って同期
  • 古い方を動かしておく
  • format conversion
    fileold formatnew
    mailbox.dbberkeleyskiplist
    *.seenflatskiplist
  • 新しい方を動かす
  • DNS を変更して新しい方を見るようにする

spamassassin + spamass-milter:

ついでに spamassassinspamass-milter を入れる (milter は mail + filter )。 netbsd-proto.mc に次の行を加えて netbsd-proto.cf を作る
INPUT_MAIL_FILTER(`spamassassin', `S=local:/var/run/spamass.sock,, F=, T=C:15m;S:4m;R:4m;E:10m')
/etc/rc.d/spamd と /etc/rc.d/spamass-milter を動かしておく。/etc/rc.conf には spamass-milter=YES でなく spamass_milter=YES と書く。
spamd=YES
spamass_milter=YES

sieve:

.sieve には次のようなものを用意する。
if      header :contains "X-Spam-Flag"  ["YES"]  { fileinto "inbox.spamassassin"; }
elsif   header :contains "X-Spam-Level" ["***"]  { fileinto "inbox.spamassassin3"; }
(.sieve を用意したら)
% sieveshell localhost
Please enter your password: ******
> put .sieve
> list
.sieve
> activate .sieve
> list
.sieve  <- active script
> quit
学習するための sa-learn を cron で仕掛ておく。
07 6,18 *  *   *  /usr/pkg/bin/sa-learn --spam /var/spool/imap/user/user_name/spam/
08 6,18 *  *   *  /usr/pkg/bin/sa-learn --ham  /var/spool/imap/user/user_name/ham/
(spam と ham は自分で作って、手で分類するためのメールフォルダ名)



最近の日記
2022年07月01日
screen and ssh-agent
2022年06月01日
CTWN at clean install
2022年05月31日
qemu with nvmm
2022年05月29日
9.99.97 download and copied to USB memory
2022年05月22日
cherry-pick
以上、1 日分です。
タイトル一覧
カテゴリ分類
Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project

Count.cgi (since 2000/02/05)