hns - 日記自動生成システム - Version 2.19.9

先月 2000年07月 来月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Namazu for hns による簡易全文検索
詳しくは 詳細指定/ヘルプを参照して下さい
検索式:

2000年07月13日(木) 旧暦 [n年日記]

9626歩

#1 [] 電池を入替えたら

液晶の色が濃くなって、歩数も増えてしまった。 時々零に戻ってしまうことがあったのは、これが原因だったのかと。

#2 [hns] 重複問題

これは touch ~/diary/2000/d20000619.hnf したら直った。 一時的に直す方法は分ったが、何故二回書かれてしまったかは当然不明。
書いている時に(日記を)見たから ?

#3 [hns] いま 2.10-beta2 を使っているが 例えば beta7 に入替えるのは簡単か ?

なのだろうか。reverse というのを使って見たい。自分で修正している 部分もある気がするので、それも確める必要がある。

#4 [sendmail] SPAM_LIST=type:/etc/sendmail.spamlist, makemap

最近うるさいので、これを入れて見ようかと。 で makemap が必要そうなので、sendmail がどこかに開けてあるかと 思ったら、見つからないので、ftp.win.ne.jp からもらって来て (site index はとても便利)
開けて src/makemap の下で make だけしたら、
make: no target to make.
と言われたけれど、
./Build
とすれば良かった。
./Build install で次のところに入る
install -c -o bin -g bin -m 555 makemap /usr/sbin
install -c -o bin -g bin -m 444 makemap.0 /usr/share/man/cat8/makemap.8

   128  21:34   vi komekome.spamlist
   129  21:34   makemap hash komekome.spamlist < komekome.spamlist

    34  21:36   cp komekome.cf /etc/sendmail.cf
    35  21:36   cp komekome.spamlist.db /etc/sendmail.spamlist.db

komekome.def を次のように変更して
-##SPAM_LIST=hash:/etc/sendmail.spamlist
+SPAM_LIST=hash:/etc/sendmail.spamlist

    37  21:37   ps ax | grep sendma
    38  21:37   kill -1 100
    39  21:37   telnet komekome smtp

試しに入れたのは次のようなもの。
210.232.155.124 ns.topseed.co.jp
210.232.155.114 ns.topseed.co.jp
216.78.229.27   from eol (unverified [216.78.229.27]) by mail.nanet.com.br (EMWAC SMTPRS 0.83) with SMTP id <B0001935046@mail.nanet.com.br

自分の機械も入れて試すと次のようになる。
MAIL FROM: makoto@ki.nu
550 Access denied



最近の日記
2024年05月08日
comparison on ./buildsh tools
2024年05月06日
py-setuptools (python 3.11.9)
make release took 1 hours and 10 min
qemu invocation for 10.99.10
2024年05月05日
Windows 10 version
serial connection
bc bench
2024年05月04日
Trial on 10.99.10
another version (later trial) to succeed
2024年04月29日
dkim
以上、1 日分です。
タイトル一覧
カテゴリ分類
Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project

Count.cgi (since 2000/02/05)