hns - 日記自動生成システム - Version 2.19.9

先月 2000年07月 来月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Namazu for hns による簡易全文検索
詳しくは 詳細指定/ヘルプを参照して下さい
検索式:

2000年07月01日() 旧暦 [n年日記]

#1 [NetBSD] sparc

20000620-1.5 を 2000/06/15 と同じ netboot で入れて見た。

network interface (/etc/ifconfig.le0):

inet ci netmask 0xfffffff0 media le0
となっているが、
inet ci netmask 0xfffffff0 
としておく。多分どこかで余分に入力したのだと思う。

次の部分で改行してしまったからだった。
Your network interface might require explicit selection
of the type of network medium attached. Supported media:
10base5
Additional media type arguments (none)? [le0] 

その次の部分で、X が付いていないのはおかしい。
You may configure the following network interfaces (the interfaces
marked with [X] have been succesfully configured):

    le0
    gif0
    gif1
    gif2
    gif3
    eon0

sd0,sd1,sd2 etc, (naming):

僕は、やはり disk の名前の付け方が、少し混乱していると思う。
 SCSI  prom    installer  NetBSD 1.5_ALPHA (GENERIC)
    2  disk2   sd2        sd0
    3  disk    sd0        sd1
           ^(7/07 に訂正)
これで installer で sd0 に入れると、/etc/fstab には sd0 となっているが、 実際には sd1 と直す必要があった。 (一度入れた後で、もう一度 netboot して直したが、installer の中でも直せる気が する。)
Filesystem  1K-blocks     Used    Avail Capacity  Mounted on
/dev/sd1a       24303    19746     3341    85%    /
/dev/sd1d      215695   148387    56523    72%    /usr
/dev/sd1h       90455      616    85316     0%    /var
160M byte くらいあれば /usr は入ってしまう。/ はこれでは小さすぎる。

passwd について:

ci# passwd
passwd: failed to parse principal: Configuration file does not specify default realm

となってしまうので、
ci# passwd -l
Changing local password for root.
とする必要があった。

実は(区画をやり直して)もう一度入れる:

もう一度、次のようにして入直す。
   cyl   sector  start
a   65   46800       0    /               24M
b  271  195120   46800    swap           100M
c 1151  828720       0                   
d  461  331920  241920    /usr           170M
e   54   38880  573840    /m              20M
g  300  216000  612720    /var           110M

mount_union:

ci# mount_union /mount_union /usr
ci# df
Filesystem           1K-blocks     Used    Avail Capacity  Mounted on
/dev/sd0a                22583    19981     1472    93%    /
/dev/sd0d               160375   148387     3969    97%    /usr
/dev/sd0h               104335      620    98498     0%    /var
/dev/sd0e                18751        1    17812     0%    /m
/dev/sd1c               400518        1   380491     0%    /mount_union
<above>:/mount_union    548905   148388   380491    28%    /usr

/usr が 400 M 増えている。
これはうまく行きそうなのだが、
ci# mount_union /m /
mount_union: /m (/m) and / are not distinct paths
こっちはだめ見たい。/etc で諦めておくか。
  • だったら 10 M もいらないだろう。多分
  • これでは / が小さくて、kernet が置き換えられない ?
    ci# cp netbsd netbsd-copy
    Jul  1 17:10:33 ci /netbsd: uid 0 on /: file system full
    
    やはり。420M しかないところでああだこうだやるのは時間の無駄 ?
/bin, /root, /sbin, /tmp に書くこともあるから /etc だけでは 少しさびしい。

#2 [Emacs] X-Face x-face-mule-0.23 -> bitmap-mule-8.3

x-face-mule-0.23 が郡山さんのところからなくなっていることに きょう気が付いて、調べているが、どうも bitmap-mule 8.3 (2000/4/18) というのがあって、その中に x-face-mule.el が入っているらしい。 無謀にも
setenv SITELISP /usr/local/share/emacs/site-lisp
mv $SITELISP/bitmap $SITELISP/.bitmap-ooo 
しておいて make install して見たら、案の定、X-Face が四角の集りになってしまった。
- font/etl7x14-bitmap.bdf:  font for 7x14
が入っていないだけのようだ。 bitmap-mule-8.3/font の中に入っているものから、
bdftopcf etl7x14-bitmap.bdf > etl7x14-bitmap.pcf
gzip etl7x14-bitmap.pcf
cp etl7x14-bitmap.pcf.gz /usr/X11R6/lib/X11/fonts/misc
cd /usr/X11R6/lib/X11/fonts/misc
mkfontdir
xset fp rehash
してから emacs を起動し直したら、一応見えるようになった。 (が、とても自分の X-Face がみにくいので、いやになってしまう) 以上の話は自分の emacs-20.ki.nu の方にも 同じこと を書いておいた。
  • 図から xbm を作る
  • 書体から xbm を作る
何かいい道具はないかなぁ。

#3 emacs-20.ki.nu の link の検索

をまた少し変更して見た。 全てを見る とかが変っているはず (というか、これで昔と同じものも表示出来る ようになったので、以前のものは link からは外した)。
それで X-Face を見直していたら、上の話になった。
世の中の検索で X-Face を探しても bitmap-mule 8.x の話は出て来ない 気がする。 elips 辺りの内輪でやっているだけとか。(まさかね)



最近の日記
2022年09月24日
9.99.100
bulkbuild
GENERIC-no-SYNAPTICS-nvmm
minimum set
2022年09月23日
nvmm again
2022年09月22日
qemu and nvmm
2022年09月04日
cyrus-imapd AUTH PLAIN
2022年08月19日
[27161/27163] Failed to build firefox102-102.1.0nb2
以上、1 日分です。
タイトル一覧
カテゴリ分類
Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project

Count.cgi (since 2000/02/05)