hns - 日記自動生成システム - Version 2.19.9

  • 12/16() 木之本会議
  • 12/19(火) CQ Ham Radio
  • 12/20(水) 不燃ごみ
  • 12/25(月) Interface
  • 12/26(火) ○ 固定資産税振替・支払
  • 12/31() 0000 -- 2359 Stew Perry DC
  • 12/31() NTT 東 払込期日
  • 01/01(月) atactl check
  • 01/03(水) 不燃ごみ
  • 403 JNUG 総会/BOF 2017/07/08 (土)
  • 402 用途別 Emacs ( C, LaTeX, 日本語 )
  • 380 cvsweb の移行
  • 370 tamago 辞書登録
  • 368 CROSS (cross/i386-mingw32, cross/powerpc-linux ) Framework --- binutils + gcc
  • 363 Wanderlust+HyperEstraier
  • 360 evbppc 用 patch / 玄箱
  • 335 /dev/battery is missing hack | libgcc_s_pic.a is missing | samba の -PIE 問題335 ntpd monitor
  • 325 tcode頁の更新
  • 322 software |hardware
  • 321 emacs-22 | IPv6
  • 320 bulk build (Mac OS X 10.4 and NetBSD/macppc)
  • 310 Wanderlust の Namazu の挙動
  • 290 WordPress 1.2 -> 1.5 migration
  • 220 Wanderlust で日本語題名の wl-summary-print-buffer
  • 215 NetBSD/ofppc
便利なツール
Emacs
らくらく 入門
rakuraku-emacs-cover

先月 2017年12月 来月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Namazu for hns による簡易全文検索
詳しくは 詳細指定/ヘルプを参照して下さい
検索式:

2017年07月01日() 旧暦 [n年日記] [更新:"2017/07/06 13:25:38"]

#1 [pkgsrc] NetBSD pkgsrc developer 養成講座

ちょっと思い着いたこと

三つの主題:

  1. pkgsrc カリキュラム
  2. pkgsrc 紹介
  3. update 演習

カリキュラム:

pkgsrc update の send-pr をして developer になろう
  1. NetBSD を設置 (install) ... 例えば次のうちのどちらか
    • Note PC
    • Windows / VMWare
  2. 最低限の環境を準備
       network
       X11 Window System
       キー配列
    
  3. pkgsrc から一つ入れて見る
       pkgin
       pkg_add
       pkgsrc -> make package-install
    
  4. chroot - pbulk 環境 を用意する
    (何故 chroot pbulk が必要なのか)
  5. pbulk の /limited-list に一つだけ package を書いて で一つ走らせる
  6. 更新すべき package を見つけて update して見る を参照する
  7. ur2pkg で新しく package を作る
  8. いくつか必要な知識
      基礎知識
       良く出て来る変数
       LOCAL_BASE
       PREFIX
       X11_BASE
       
       Makefile
       configure
       CMAKE
       github の場合
    
       make help
       make show-var
       
      周辺知識
       cvs
       git
       rcs
       Makefile
    
  9. pkgsrc
    make
  10. send-pr
    • diff を作る
    • commit log も用意して見る
  11. patches の扱い
  12. wip package を作って見る
  13. pkglint を使って確認
  14. 便利な変数
     WRKOBJDIR
     PACKAGE
    
  15. 他のプラットフォームで bootstrap
  16. meta 情報
       mailing-list
       Wiki
       お友達になりたい人々
         wiz   Thomas Klausner
         joerg Joerg
         taca
         ryoon
    
  17. 有益な Web Page
  18. URL その二
  19. 購読するべき Mailing List
  20. いくつかの言語のこと
    • perl
    • ruby
    • python
    • R
    • php
  21. Makefile の書き方
  22. をれをれ package を作る
      META_PACKAGE=   yes
    
  23. 上級編
    • revbump
    • buildlink3.mk
    • pkgtools
    • make test
    • distcc
    • ccache


2014年07月01日(火) 旧暦 [n年日記] [更新:"2014/07/27 07:03:04"]

#1 [git] gitolite-3.5.2/README.txt (gitolite again)

devel/gitolite で make package-install する を見ながら ..
以下上記 README.txt と pkg_info -D gitolite の表示 に沿って作業をするが、 ここで
  • workstation というのが手元の機械 (client という人もいる)
  • server というのが共用の機械
以下で、(管理用の)公開鍵を使うが、これは、
  1. 管理する人(自分)がいつも使っているものを流用
  2. 専用のものを用意してその組を使う
の二つの方法が一応考えられる。 上記 README.txt では、前者と思われるので、以下ではその方法とする。

step to install::

(server 側で)
  • git という名前の user を作っておく。 例えば pkg_info -D gitolite にあるように
# groupadd git
# useradd -m -g git git
(場合によっては)
# useradd -m -g git -d /PATH/NEW_HOME git
管理用の公開鍵が、 サーバ側の $HOME/YourName.pub で (git user から) 読めるようになっていること
例えば
workstation 側の ~/.ssh/id_rsa.pub を サーバ側の ~YourName/YourName.pub に写しておく

(server 側で) git user で、次の操作をする

cd
git clone git://github.com/sitaramc/gitolite
gitolite setup -pk YourName.pub
(上の例では)
gitolite setup -pk ~YourName/YourName.pub
こうすることで YourName が conf/gitolite.conf の repo gitolite-admin の RW+ = に加えられる

利用者と保管庫:

利用者 (user) と保管庫 (repository) は手動で加えないこと、 これらと、利用許可 (access rule) の三点は、 特別な保管庫 (名前は gitolite-admin) で管理するので、 それに push するようにすること

まず、workstation (client) 側で、例えば

mkdir git-work
cd git-work
した後で、次の方法で、(作ったばかりの自分のサーバから) 手元に clone する
git clone git@Your_server:gitolite-admin
ここで passwd を聞かれるようでは、何か間違っているので、 上から見直す
何とか、password を聞かれないところまでこぎつけた
modena@makoto 18:38:05/140701(/export/git-work)% git clone git@ml2:gitolite-admin
Cloning into 'gitolite-admin'...
remote: Counting objects: 6, done.
remote: Compressing objects: 100% (4/4), done.
remote: Total 6 (delta 0), reused 0 (delta 0)
Receiving objects: 100% (6/6), done.
Checking connectivity... done.
modena@makoto 18:38:24/140701(/export/git-work)% 

access rule (gitolite.conf):

例えば、次のような項目を加えて git commit と git push をする
modena@makoto 18:59:30/140701(..git-work/gitolite-admin)% git diff 17d0d063a7c
diff --git a/conf/gitolite.conf b/conf/gitolite.conf
index c8ddd03..adc0879 100644
--- a/conf/gitolite.conf
+++ b/conf/gitolite.conf
@@ -3,3 +3,6 @@ repo gitolite-admin
 
 repo testing
     RW+     =   @all
+
+repo hogehoge
+    RW+            =   makoto hisname hername
modena@makoto 18:59:37/140701(..git-work/gitolite-admin)%
実は、この後、いい加減な操作をしていたら、gitolite-admin を変更出来なくなってしまった。そういう時の回復手段も必要だなぁ。
その後、既存の保管庫を写すには、次のところに方法が書いてある

gitolite で Git 保管庫への SSH 利用を制御する



2011年07月01日(金) 旧暦 [n年日記] [更新:"2011/07/02 15:30:47"]

#1 [無線] DXCC status (ARRL LoTW)

最近書いた(調べた)のは 2010/11/28 かな。やっと 100 という数字が見えて来た。 ARRL の LoTW の、僕の QSL/QSO の数は 2,870/6,823 になっている。


2010年07月01日(木) 旧暦 [n年日記] [更新:"2010/07/01 22:55:01"]

#1 [機械] Let's Note R1 のねじが取れない

いままで持運び用の機械は、専ら Let's Note R1 or R2 である。
  1. 最初の R1 は、最初の頃は X11 を終了すると画面が戻らず、長らく使い始められなかった が、 ある時 から使えるようになった。 しかし、いつか Emacs の話をする直前 におかしくなった
  2. 二台目の R1 は 3.99.16 を入れて 結構長く使った。しかし 60GB の disk がだめになった
  3. 三台目は、何故か Windows が動かなくなった R2 だった。 5.0 を入れて、 sleep から起きない 点をのぞけば、無線 LAN (iwi) も 使えて、とても良かった。
    しかしこれは最近 (2010/03)、時々 勝手に再起動 するようになった。
それで、この二台目の disk を換装しようとしている。しかし ねじが二本取れない、もう少しでねじ山を完全にこわしそうである。 さあ、どうしよう ...
  • Let's Note R2 (5.0) をだましだまし使う
  • MacBook の VMWare で magic point を動かす

/pkgsrc/graphics/netpbm で:

Darwin Kernel Version 10.0.0 (Mac OS X 10.6)
Undefined symbols:
  "_zlibVersion", referenced from:
      _main in pnmtopng.o
ld: symbol(s) not found
collect2: ld returned 1 exit status
gnumake[2]: *** [pnmtopng] Error 1


2009年07月01日(水) 旧暦 [n年日記] [更新:"2009/07/07 16:47:51"]

#1 [shell] zsh で gdb から抜ける時 に C-j

gdb で run して stop していない時に、終了しようとすると
Breakpoint 1, 0x00006400 in ?? ()
(gdb) quit
The program is running.  Exit anyway? (y or n) y
t-105@makoto 00:01:43/090702(~)% 
The program is running. Exit anyway? (y or n)
と聞いて来るが、この時に y (改行) では終了出来ず y (C-j) を入力する必要がある
気がする。似たようなことは sudo -s で パスワードを入力 する時にも起きると思う。これは何かの設定で変更出来るのかな ?

(以下の項目は 2009/07/02 に追記) メールで教えていただきました。

stty icrnl
と入力すると、改行で入力出来るようになり、
stty -icrnl
で元の挙動に戻ることが分りました。次のように確認した時には
t-105@makoto 01:43:33/090703(..gcc/sample_code)% stty -a | grep iflags
iflags: -istrip icrnl -inlcr -igncr ixon -ixoff ixany imaxbel -ignbrk
icrnl と表示されていれば改行入力で -icrnl となっていると LF (C-j) 入力 になります。 (で実はこれを ~/.zshrc に書くのが良いのか ~/.zshenv に書くのか、もう少し 違うところに書くものなのか分っていない)

入出力先の変更 redirect:

それと、これは csh/sh の違いだと思うけれど、STDOUT と STDERR をまとめるのに
csh/tcshsh/bash/zsh
>& /tmp/log2>&1 > /tmp/log
|& tee hoge2>&1 | tee hoge
のようにする必要があると思う。リダイレクト, redirect で索引を探した が、見つかっていない。

索引でなく見出しにあった。12.3 入出力のリダイレクト

> &| File
> &! File
& >| File
& >! File
のどれでも上の STDOUT と STDERR をまとめるのに使えると書いてある (p344)。

パイプの方も p347 にあって

List1    |&    List2
List1   2>&1 | List2
のどちらも使える(要するに csh と sh の両方の形式が使える)とある。


2007年07月01日() 旧暦 [n年日記] [更新:"2007/07/03 09:03:40"]

#1 [NetBSD] PS3 のカーネル 動かず

やっと自力で作ることが出来たが:
===> Kernels built from UCONS:
  /export/20070526/checkout/src/sys/arch/ps3/compile/UCONS/netbsd
===> build.sh ended:   Sun Jul  1 17:25:39 JST 2007
===> Summary of results:
         build.sh command: ./build.sh -m ps3 -a powerpc64 -T 
		/export/20070526/checkout/src/tooldir.NetBSD-4.99.9-powerpc kernel=UCONS
         build.sh started: Sun Jul  1 17:19:16 JST 2007
         NetBSD version:   4.99.20
         MACHINE:          ps3
         MACHINE_ARCH:     powerpc64
         Build platform:   NetBSD 4.99.9 macppc
         HOST_SH:          /bin/sh
         TOOLDIR path:     /export/20070526/checkout/src/tooldir.NetBSD-4.99.9-powerpc
         DESTDIR path:     /export/20070526/checkout/src/obj/destdir.ps3
         RELEASEDIR path:  /export/20070526/checkout/src/obj/releasedir
         makewrapper:      /export/20070526/checkout/src/tooldir.NetBSD-4.99.9-powerpc/bin/nbmake-ps3
         Updated /export/20070526/checkout/src/tooldir.NetBSD-4.99.9-powerpc/bin/nbmake-ps3
         Building kernel without building new tools
         Building kernel:  UCONS
         Build directory:  /export/20070526/checkout/src/sys/arch/ps3/compile/UCONS
         Kernels built from UCONS:
          /export/20070526/checkout/src/sys/arch/ps3/compile/UCONS/netbsd
         build.sh ended:   Sun Jul  1 17:25:39 JST 2007
===> .
315.493u 70.664s 6:26.07 100.0% 0+0k 110+4489io 0pf+1w
(画面の写し)
kboot: tftp://example.com/ps3/netbsd-4.99.20
get memory ranges:1
Modified cmdline:root=LABEL=/
segment[0].mem:0x17e6000 memsz:6414336
segment[1].mem:0x1e04000 memsz:16384
segment[2].mem:0x7bff000 memsz:4096
VUArt: cleanup.
SYSMGR: cleanup. (close event mask)
続き (port-powerpc-ja)


2005年07月01日(金) 旧暦 [n年日記] [更新:"2005/07/01 09:02:26"]

#1 [NetBSD][macppc] NetBSD/macppc の最初の起動

first-boot に書いておきました。


2004年07月01日(木) 旧暦 [n年日記]

#1 [XCAST6] えびふりゃあ四號 の CDROM で起動

Let's Note CF-R1, Chipset 440, 外付 USB/CDROM
  1. 起動した
  2. DHCP を rtk0 で取りに行ったが、何故かとれなかった。
    (rtk0: watchdog timeout)
    これって mediatype の問題か ?
  3. ちょっと目を離したすきに画面が black out ?
もう一度良く見て見よう。
warning: no /dev/console は出ていてもいいんだよね ?
Creating XF86Config
までは見えた。その後、結構長く blackout だなぁ。 (ちなみに SiliconMotion ね)。
一応動くもの → /etc/X11/XF86Config (4.3.99.902 用)

きのうの話で一番面白く、かつ重要だったのは名前を変えたこと。:

Explicit Multi-Unicast だったかな。

改行を入力したら CDROM がまわって、画面がちらっと:

また真暗

ちなみに XFree86 は動いているが:

VGA に戻って来ないという問題があるもの。しかし 6/10/2004 の投稿 を見ると、解決している人がいる。 試したが戻らない。(多分方法は合っていると思う)。ただしもしかすると、自分で変な 変更をしているかも知れない。
> cd xc-4.3.99.902                                                              
> cvs update -dP -C -A                                                          
The authenticity of host 'anoncvs.xfree86.org (204.152.184.78)' can't be establi
shed.                                                                           
 DSA key fingerprint is d0:f0:12:ec:a4:b0:64:3e:7e:d3:e7:25:49:b7:d6:e0.         
Are you sure you want to continue connecting (yes/no)? yes                      
Warning: Permanently added 'anoncvs.xfree86.org,204.152.184.78' (DSA) to the lis
t of known hosts.                                                               
(Locally modified Imakefile moved to .#Imakefile.3.30)
(Locally modified main.c moved to .#main.c.3.44)
(Locally modified xf86Init.c moved to .#xf86Init.c.3.211)
(Locally modified smi.h moved to .#smi.h.1.14)
(Locally modified smi_driver.c moved to .#smi_driver.c.1.37)
(Locally modified bsd_init.c moved to .#bsd_init.c.3.22)

make:

make: don't know how to make ../../../../lib/GL/include/GL/internal/glcore.h. Stop


2003年07月01日(火) 旧暦 [n年日記]

#3 [SCSI] これは not for production use かな

esp0: illegal command: 0x0 (state 2, phase 3, prevphase 1)
esp0: SCSI bus reset
しかしつながっているのは mesh の方の気がする ?

#2 [NetBSD] 時計が初期化された後は、

1904 年とかになっていて、その時は network が使えなくなる。
それも問題だが、その後で、時刻を直すと、またその次から 無反応になる。その時に break を送って見たら..
Stopped at      netbsd:cpu_Debugger+0x14:       mtlr    0
db> trace
at zs_abort+74
at zstty_stint+54
at zsc_intr_hard+7c
at zshard+60
at do_pending_int+124
at splx+2c
at realtimerexpire+11c
at softclock+220
at hardclock+1fc
at decr_intr+104
at setfault+98c
at cpu_switch+30
at mi_switch+1c4
at ltsleep+2ac
at sched_sync+25c
at cpu_switchto+68
db> 

#1 [NetBSD] 1.6U

NetBSD harry 1.6U NetBSD 1.6U (INSECURE-ZS-L2CR-SHM) #0: Tue Jul 1 17:07:29 JST 2003
makoto@harry:/export/20030701ts/src/sys/arch/macppc/compile/INSECURE-ZS-L2CR-SHM macppc


2002年07月01日(月) 旧暦 [n年日記]

#4 [無題] POWER or PowerPC

POWER4 と言っても通じないから安易に PowerPC と言ってしまったのでしょう。 どちらが注目される記事になるかという判断をすれば、 そう書いてしまうのは多分人情。

#3 [無題] インターフェース 2002/08

ChiBUG の時にも、誰かが持って来ていて、買おうと思って探したが、 千葉の場合、 ヨドバシカメラ(Be-one) 三省堂(Be-one) 改造社(パルコ) のどこにもなかった (ので近くの本屋に注文しておく)。

#2 [Security] Revised OpenSSH Security Advisory

良く分っていないけれど、後で良く読むことということで (第一 sshd の設定が満足に出来ない状態だけれど)。

#1 [無題] 藤原紀香とキム・ユンジン

を拝見しに 恵比寿 まで。


2001年07月01日() 旧暦 [n年日記]

#1 [NetBSD] 20010629 make release

  1. media_change の件。
  2. ramdisk の辺りで
    ld -r -o libhack.o gethost.o getnet.o getpwent.o localeconv.o 
        perror.o  setlocale.o strerror.o strsignal.o utmp.o yplib.o
    make -f ramdiskbin.mk DBG="-Os -mmultiple" all
    make: "/export/D/usr/share/mk/bsd.sys.mk" line 38: 
         Malformed conditional ((${MKSOFTFLOAT} != "no"))
    make: "/export/D/usr/share/mk/bsd.sys.mk" line 38: 
         Missing dependency operator
    make: "/export/D/usr/share/mk/bsd.sys.mk" 
                       line 41: if-less endif
    make: "/export/D/usr/share/mk/bsd.sys.mk" 
                    line 41: Need an operator
    
    bsd.sys.mk bsd.own.mk


2000年07月01日() 旧暦 [n年日記]

#3 emacs-20.ki.nu の link の検索

をまた少し変更して見た。 全てを見る とかが変っているはず (というか、これで昔と同じものも表示出来る ようになったので、以前のものは link からは外した)。
それで X-Face を見直していたら、上の話になった。
世の中の検索で X-Face を探しても bitmap-mule 8.x の話は出て来ない 気がする。 elips 辺りの内輪でやっているだけとか。(まさかね)

#2 [Emacs] X-Face x-face-mule-0.23 -> bitmap-mule-8.3

x-face-mule-0.23 が郡山さんのところからなくなっていることに きょう気が付いて、調べているが、どうも bitmap-mule 8.3 (2000/4/18) というのがあって、その中に x-face-mule.el が入っているらしい。 無謀にも
setenv SITELISP /usr/local/share/emacs/site-lisp
mv $SITELISP/bitmap $SITELISP/.bitmap-ooo 
しておいて make install して見たら、案の定、X-Face が四角の集りになってしまった。
- font/etl7x14-bitmap.bdf:  font for 7x14
が入っていないだけのようだ。 bitmap-mule-8.3/font の中に入っているものから、
bdftopcf etl7x14-bitmap.bdf > etl7x14-bitmap.pcf
gzip etl7x14-bitmap.pcf
cp etl7x14-bitmap.pcf.gz /usr/X11R6/lib/X11/fonts/misc
cd /usr/X11R6/lib/X11/fonts/misc
mkfontdir
xset fp rehash
してから emacs を起動し直したら、一応見えるようになった。 (が、とても自分の X-Face がみにくいので、いやになってしまう) 以上の話は自分の emacs-20.ki.nu の方にも 同じこと を書いておいた。
  • 図から xbm を作る
  • 書体から xbm を作る
何かいい道具はないかなぁ。

#1 [NetBSD] sparc

20000620-1.5 を 2000/06/15 と同じ netboot で入れて見た。

network interface (/etc/ifconfig.le0):

inet ci netmask 0xfffffff0 media le0
となっているが、
inet ci netmask 0xfffffff0 
としておく。多分どこかで余分に入力したのだと思う。

次の部分で改行してしまったからだった。
Your network interface might require explicit selection
of the type of network medium attached. Supported media:
10base5
Additional media type arguments (none)? [le0] 

その次の部分で、X が付いていないのはおかしい。
You may configure the following network interfaces (the interfaces
marked with [X] have been succesfully configured):

    le0
    gif0
    gif1
    gif2
    gif3
    eon0

sd0,sd1,sd2 etc, (naming):

僕は、やはり disk の名前の付け方が、少し混乱していると思う。
 SCSI  prom    installer  NetBSD 1.5_ALPHA (GENERIC)
    2  disk2   sd2        sd0
    3  disk    sd0        sd1
           ^(7/07 に訂正)
これで installer で sd0 に入れると、/etc/fstab には sd0 となっているが、 実際には sd1 と直す必要があった。 (一度入れた後で、もう一度 netboot して直したが、installer の中でも直せる気が する。)
Filesystem  1K-blocks     Used    Avail Capacity  Mounted on
/dev/sd1a       24303    19746     3341    85%    /
/dev/sd1d      215695   148387    56523    72%    /usr
/dev/sd1h       90455      616    85316     0%    /var
160M byte くらいあれば /usr は入ってしまう。/ はこれでは小さすぎる。

passwd について:

ci# passwd
passwd: failed to parse principal: Configuration file does not specify default realm

となってしまうので、
ci# passwd -l
Changing local password for root.
とする必要があった。

実は(区画をやり直して)もう一度入れる:

もう一度、次のようにして入直す。
   cyl   sector  start
a   65   46800       0    /               24M
b  271  195120   46800    swap           100M
c 1151  828720       0                   
d  461  331920  241920    /usr           170M
e   54   38880  573840    /m              20M
g  300  216000  612720    /var           110M

mount_union:

ci# mount_union /mount_union /usr
ci# df
Filesystem           1K-blocks     Used    Avail Capacity  Mounted on
/dev/sd0a                22583    19981     1472    93%    /
/dev/sd0d               160375   148387     3969    97%    /usr
/dev/sd0h               104335      620    98498     0%    /var
/dev/sd0e                18751        1    17812     0%    /m
/dev/sd1c               400518        1   380491     0%    /mount_union
<above>:/mount_union    548905   148388   380491    28%    /usr

/usr が 400 M 増えている。
これはうまく行きそうなのだが、
ci# mount_union /m /
mount_union: /m (/m) and / are not distinct paths
こっちはだめ見たい。/etc で諦めておくか。
  • だったら 10 M もいらないだろう。多分
  • これでは / が小さくて、kernet が置き換えられない ?
    ci# cp netbsd netbsd-copy
    Jul  1 17:10:33 ci /netbsd: uid 0 on /: file system full
    
    やはり。420M しかないところでああだこうだやるのは時間の無駄 ?
/bin, /root, /sbin, /tmp に書くこともあるから /etc だけでは 少しさびしい。



最近の日記
2017年12月10日
三回目の大根を漬けた
2017年12月03日
assign serial number as a name
2017年11月26日
一回目の大根を漬けた
2017年11月22日
Upgrade problem once installed on RAID1
2017年11月20日
sysutils/xentools42 fails on NetBSD/amd64 8.0_BETA
以上、12 日分です。
タイトル一覧
カテゴリ分類
Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project

Count.cgi (since 2000/02/05)