NetBSD2 | NetBSD | 1.6 | amd | autoconf | apache | bind | booting | boot/install/disk | boot-cd | build.sh | (daily) | Canna | CF+sendmail | cvs | dhcpd | dvi2ps | emacs-20 | ftpmirror | fvwm2 | gcc | gettext | ghostscript | inn | IPv6 | jitterbug | Install(OHP) | kernel | (old) | majordomo | make build | MHonArc | MRTG | namazu | ndtpd | PHP + PostgreSQL | netatalk | netboot | NFS | NIS | ntp | opie | Open Firmware | perl | procmail | sendmail | sharutils | smtpfeed | tcsh | TeX | time make | ucspi-tcp | w3 | wget | Wnn | wu-ftpd | X11 | Site Map |
全文検索
| cvs2 @ki.nu

CVS at ki.nu

cvs を使う知恵 役に立つ link
(最近は http://www.ki.nu/software/cvs2/ にまとめています。 )

cvs の使い方(場合分け)

CVS を使うと言っても、実は色々な場合があります。 Repository (保管庫) を誰が用意するかという見方で分類して、 その時にどのような操作をするかも付加えて見ると、次のようになります。
保管庫使用例と良く使う操作
他の人が用意したもの 用意されているものを guest で持出すだけ
これは簡単。cvs-1.10.7 などを設置し cvs checkout するだけ
(ただし間に代理サーバが入っているなど防火壁の内側だとちょっと面倒)
(1)
cvs login, cvs checkout, cvs update -dP, cvs status -v
用意されているものの committer になる
自分で開発に参加出来るし、管理しなくていいから。
これが一番楽しい、まぁ別の意味での責任は出て来ます。
(2)
cvs commit, cvs diff, cvs tag, cvs add, cvs delete
自分で用意する 自分の機械 に cvs directory を用意して使い方を練習する。 (3)
cvs init, cvs release, cvs import
自分の機械 に cvs directory を用意し、 自分で作ったプログラムや、 文書を自分用に管理する (4)
cvs import
自分の機械 に cvs directory を用意し、 Open Source Software を import した上、枝を作って開発をする (5)
remote 用に cvs directory を用意し、管理して、他の人に使っていただく
これが一番大変。
(6)
共通・その他 cvs log, cvs annotate, cvs admin, cvs remove

普通は (1) か (3) で始まって、(2),(4),(5) に進みます。 (6) は上級ということになるでしょう。 更に cvsweb などを使って他から全ての履歴を見られるようにすると完璧でしょうか。

良く使う操作 (1) co update diff

cvs checkout = cvs co

持出す
cvs co (name or path)
どのような名前のものが保管されているか
cvs co -c
これは管理者が手動で作るものなので、表示されないこともある。
(CVSROOT/modules に設定するもののはず)

cvs update

保管庫(repository) と自分のものの変更の様子を確認
cvs -n update (name)
保管庫(repository) の変更を自分の方に反映
cvs update -P(name)
-P は空の目録(directory) は無視する指定
保管庫(repository) の変更を自分の方に反映
(しかも 何か消してしまったような時)
cvs -dP update (name) (2000/01/29 の日記から)
他の枝の変更を取込む
cvs update -j 1.4.2.1 -j 1.4.2.2  hogehoge  (一つの譜だけ)
cvs update -j tag1 -j tag2                  (全体)

cvs diff

差分を見る
cvs diff -u (name)

良く使う操作 (2) import add commit

新しく始める
cvs import
譜を cvs 管理下に入れる (名前を追加するということ)
cvs add
自分の変更を保管庫に反映
add で加えたものや、自分の手元で変更したものを有効にするには
cvs commit -m "message" (name)

tips

CVS 枝の作り方
枝の番号は三桁 など奇数桁
import
  • 初めて cvs の保管庫を作って、その中に何かを登録する時
  • 自分で新しくプログラムや、文書を作っていたが、それを cvs 管理にしたい時
  • 「オープンソースの追いかけ」(オープンソースの追っかけ)をしたい時 cvs import
    最初に import をしないで始める方法
    start-without-import.shtml
    commit する前の注意 (cvs -n update)
    http://www.ki.nu/software/cvs/commit.shtml
    cvsweb について
    http://www.ki.nu/software/cvsweb/
  • PC client

    MacOS
    http://homepage.mac.com/macgurutemple/cvs_on_classic_macos.html
    CvsGui WinCVS(for Windows) and MacCVS (for MacOS)
    http://www.cvsgui.org/
    MacCVS (日本語訳)
    http://www.symphonyinc.co.jp/cvs/
    OpenBSD anonymous CVS
    Anonymous CVS は、現時点での OpenBSD ソースに対して
    http://www.openbsd.org/ja/anoncvs.html
    anonymous cvs の作り方
    anonymous cvs の作り方 まず ユーザ anoncvs を作ります。
    http://www.fml.org/home/fukachan/ja/netbsd.anoncvs.html
    上記には説明がないが、内容は CVS_DB/CVSROOT/config に書く
    CVS quick start (英語)
    http://www.tf.itb.ac.id/~ariya/articles/cvs_quick_start.htm
    Ruby/Gtkを localの CVSを使って hackしよう。
    少しは CVS を{使|知}っている人が、vender 枝を使って Hack する時。 なかなか実際的で分り易い。(情報は Docbook を使って構成している)
    http://kafka.salem.mass.edu /~yashi/ruby/ruby-gtk_with_cvs/book1.htm
    CVS 1.8.1 の解説 OHP
    (渡辺克宏さんによる発表の記録 1996) 作成日時は古いが、図入でとても分り易い。
    http://katsu.watanabe.name/cvs/
    CVS のはなし (by akr さん)
    anon user, committer, サーバ管理者, オフライン, リンク 安全なサーバを構築する方法
    http://cvs.m17n.org/cvs/
    Cyclic Software (本家,英語)
    2002-04-17: CVS 1.11.2 Released!
    http://www.cvshome.com/
    いとじゅんさんの Kernel hacker のための CVS入門
    (初心者向け -- ここの枝の作け方は変と御自分で説明)
    http://www.itojun.org/ hack/cvs/tut-kernel.html
    バージョン管理システム CVS を使う(西本さん)
    ここには cvs-ML の案内もあります。引用:
    CVS (Concurrent Versions System) に関する情報とMLを提供しています。
    • マニュアル
    • 入門 CVS
    • Windows で CVS を使う
    • リンク集
    http://www-vox.dj.kit.ac.jp/ nishi/cvs/cvs.html
    CVS, Convenience Store
    http://www.is.titech.ac.jp/ ~takesi/cvs/index.html(存在せず)
    CVSのリモート操作
    http://www.race.u-tokyo.ac.jp/ users/moro/cvs/remote.html (Not Found)
    (保存版: www.archive.org)
    cvs サーバの構築
    問題と対策 --- cvs はもともと遠隔で動作するようには設計されていない。
    http://cvs.m17n.org/ cvs/server.ja.html
    CVS manual の日本語訳 (はやしよしきさん)
    CVS 1.11 の cvs.texinfo の日本語訳をリリースしました。これは、 廣保 誠さんが訳された CVS 1.9 の cvs.texinfo の日本語訳を CVS 1.11 用に 更新したものです。
    http://www.sodan.org/ ~penny/vc/
    HTML 版 CVS 1.11 日本語マニュアル(同上,直接接続)
    http://www.sodan.org/~penny/vc/cvs-ja.html
    BUG Report index by pipermail
    The Bug-cvs Archives
    http://mail.gnu.org/ pipermail/bug-cvs/
    CVS ダイジェスト
    「自分の理解を助けるために書いたもの」とのことです。
    http://openlab.ring.gr.jp/ skk/cvs-ja.html
    Open Source Development with CVS 日本語訳
    (下の書籍にも出て来る本の中の CVS 関連の訳を公開されている)
    → GPL 条件下公開部分、2, 4, 6, 8, 9, 10章の日本語訳です。
    http://kahori.com/j-cvsbook/
    Tracking third party sources (英語です cvs.info の html 版)
    http://www.loria.fr/ ~molli/cvs/doc/cvs_13.html
    http://www.gnu.org/ manual/cvs/
    http://www.gnu.org/ manual/cvs/html_mono/cvs.html

    書籍

    「バージョン管理システム(CVS)の導入と活用」書籍の案内
    http://www-vox.dj.kit.ac.jp/ nishi/cvsbook/
    CVS −バージョン管理システム−
    Karl Fogel 著 でびあんぐる 監訳 竹内 里佳 訳 
    http://www.ohmsha.co.jp/ data/books/contents/4-274-06372-0.htm
    同上・書評
    http://www.debian.or.jp/review/cvsbook.html
    入門 CVS
    http://www.mikamama.com/CVSBook/

    各地の保管庫の案内

    OpenBSD/anoncvs の案内
    http://www.openbsd.org/ anoncvs.html
    NetBSD cvs server の案内
    http://www.jp.netbsd.org/ ja/JP/Documentation/anoncvs.html
    X.org foundation
    http://www.freedesktop.org/XOrg/CvsPage
    XFree86
    http://www.xfree86.org/cvs/
    Namazu
    http://www.namazu.org/ development.html
    Emacs
    http://savannah.gnu.org/cvs/?group_id=40
    w3
    http://savannah.gnu.org/cvs/?group_id=98

    各地の CVS 保管庫

    XFree86
    http://cvsweb.xfree86.org/cvsweb/xc/
    NetBSD
    http://cvsweb.netbsd.org/
    Namazu
    http://cvs.namazu.org/namazu/
    Apache
    http://cvs.apache.org/viewcvs.cgi/
    Emacs/w3
    http://savannah.gnu.org/cgi-bin/viewcvs/w3/
    Tamago
    http://cvs.m17n.org/cgi-bin/viewcvs/tamago/?cvsroot=tamago

    その他

    Emacs-20.3 +Canna +Wnn +Sj3 を cvs で管理する
    http://www.ki.nu/ software/cvs/19981022.shtml
    日付を指定して持出す
    checkout-by-date.shtml
    NetBSD-current のある日付の kernel source を入手する
    /software/NetBSD/sparc/kernel.shtml
    遠隔操作その二
    http://www.ki.nu/ software/cvs/remote.shtml
    Namazu の開発のため、手元にも cvs 保管庫を作る(準備中・役立たず)
    namazu.shtml
    手元で追っかけをする場合の例
    NetBSD/macppc - nandra
    CVS の使い方
    http://www.tanu.org/~sakane/doc/public/howto-cvs.html
    
    Last Update
    19:53:07 03/12/08
    CCBot/2.0 (http://commoncrawl.org/faq/)
    Apache/2.0.59 (Unix) mod_ssl/2.0.59 OpenSSL/0.9.8e DAV/2 PHP/4.4.6
    Count.cgi
    (since 1999/12/23)