hns - 日記自動生成システム - Version 2.19.9

  • 11/21(水) 不燃ごみ
  • 11/23(金) 0900-1500 東京 UHF
  • 11/24() 0900 -- WW DX CW
  • 11/25() Interface
  • 11/30(金) NTT 東 払込期日
  • 12/01() 0700 -- ARRL 160m
  • 12/01() atactl check
  • 12/05(水) 不燃ごみ
  • 12/08() 0900 -- ARRL 10m
  • 12/10(月) mk 誕生日
  • 12/10(月) 住民税
  • 12/15() 木之本会議
  • 12/19(水) CQ Ham Radio
  • 12/19(水) 不燃ごみ
  • 403 JNUG 総会/BOF 2017/07/08 (土)
  • 402 用途別 Emacs ( C, LaTeX, 日本語 )
  • 380 cvsweb の移行
  • 370 tamago 辞書登録
  • 368 CROSS (cross/i386-mingw32, cross/powerpc-linux ) Framework --- binutils + gcc
  • 363 Wanderlust+HyperEstraier
  • 360 evbppc 用 patch / 玄箱
  • 335 /dev/battery is missing hack | libgcc_s_pic.a is missing | samba の -PIE 問題335 ntpd monitor
  • 325 tcode頁の更新
  • 322 software |hardware
  • 321 emacs-22 | IPv6
  • 320 bulk build (Mac OS X 10.4 and NetBSD/macppc)
  • 310 Wanderlust の Namazu の挙動
  • 290 WordPress 1.2 -> 1.5 migration
  • 220 Wanderlust で日本語題名の wl-summary-print-buffer
  • 215 NetBSD/ofppc
便利なツール
Emacs
らくらく 入門
rakuraku-emacs-cover

先月 2018年11月 来月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Namazu for hns による簡易全文検索
詳しくは 詳細指定/ヘルプを参照して下さい
検索式:

2018年10月27日() 旧暦 [n年日記] [更新:"2004/08/09 23:43:33"]

#1 [散財] BL, Blue Ray Player

itemmakemodelspecprice
Blue Ray PlayerPioneerBDP-430
6,480
LCD DisplayIiyamaE2473HS1920 x 10806,480
(at hardoff)


2013年10月27日() 旧暦 [n年日記] [更新:"2013/10/28 08:31:46"]

#1 [pkgsrc] compiling whole texlive in pkgsrc

# $NetBSD$

DISTNAME=	texlive-20130530-source
PKGNAME=	${DISTNAME:S/-source//}

CATEGORIES=	print
MASTER_SITES=	ftp://tug.org/texlive/historic/2013/
EXTRACT_SUFX=	.tar.xz

MAINTAINER=	pkgsrc-users@NetBSD.org
HOMEPAGE=	http://tug.org/texlive/
COMMENT=	

USE_LANGUAGES+=	c c++
USE_TOOLS+=	gmake perl
VPATHWRKDIR=	${WRKDIR}/build

do-configure:
	(if [ ! -d ${WRKDIR}/build ]; then ${MKDIR} ${VPATHWRKDIR};fi)
	(cd ${VPATHWRKDIR}; \
	env ${CONFIGURE_ENV}  \
	sh ${WRKSRC}/configure --prefix=${PREFIX})

do-build:
	(cd ${VPATHWRKDIR}; env ${MAKE_ENV} ${GMAKE} )

.include "../../mk/bsd.pkg.mk"
/export/WRKOBJDIR/wip/texlive2013/work/texlive-20130530-source/utils/xpdfopen/sendx.c:29:22: fatal error: X11/Xlib.h: No such file or directory
compilation terminated.
modena@makoto 00:50:15/131028(..wip/texlive2013)% 
makedbm -u  /var/db/pkgdb.byfile.db |grep Xlib.h
/usr/pkg/include/X11/Xlib.h libX11-1.5.0nb1
gcc -Wimplicit -Wreturn-type -Wdeclaration-after-statement
-Wno-unknown-pragmas -O2 -I/usr/pkg/include -L/usr/pkg/lib
-Wl,-R/usr/pkg/lib -o pdfopen pdfopen.o sendx.o utils.o -lX11
-lXmu
ld: cannot find -lXmu
(X11_TYPE=modular for the moment)
# $NetBSD$

DISTNAME=       texlive-20130530-source
PKGNAME=        ${DISTNAME:S/-source//}

CATEGORIES=     print
MASTER_SITES=   ftp://tug.org/texlive/historic/2013/
EXTRACT_SUFX=   .tar.xz

MAINTAINER=     pkgsrc-users@NetBSD.org
HOMEPAGE=       http://tug.org/texlive/
COMMENT=

USE_LANGUAGES+= c c++
USE_TOOLS+=     gmake perl
VPATHWRKDIR=    ${WRKDIR}/build

do-configure:
        (if [ ! -d ${WRKDIR}/build ]; then ${MKDIR} ${VPATHWRKDIR};fi)
        (cd ${VPATHWRKDIR}; \
        env ${CONFIGURE_ENV}  \
        sh ${WRKSRC}/configure --prefix=${PREFIX})

do-build:
        (cd ${VPATHWRKDIR}; env ${MAKE_ENV} ${GMAKE} )

# for native only
#.include "../../mk/x11.buildlink3.mk"
.include "../../x11/libX11/buildlink3.mk"
.include "../../x11/libXmu/buildlink3.mk"
.include "../../mk/x11.builtin.mk"
#.include "../../mk/x11.version.mk"

.include "../../mk/bsd.pkg.mk"

X11/Xaw/Form.h:

conftest.c:117:26: fatal error: X11/Xaw/Form.h: No such file or directory


2011年10月27日(木) 旧暦 [n年日記] [更新:"2011/10/27 20:14:16"]

#1 [無線] JARL から QSL Card 370g



2009年10月27日(火) 旧暦 [n年日記] [更新:"2009/10/27 08:09:47"]

#1 [pkgsrc] p5-DateTime-Format-DateManip

DateTime::Format::DateManip を使う必要を感じたので、
cd pkgsrc/time/p2-DateTime-Format-DateManip
sudo make package
したら、結構はまった(はまり中)

古い(?) perl-5.8.8 が入っている機械だったからだけれど、 以下独白形式で :-)

pkg_admin: check-license takes exactly one argument

ERROR: License conditions for p5-DateTime-Locale-0.44 could not be evaluated
make: stopped in /export/pkgsrc/time/p5-DateTime-Locale
pkg_install-20091022/admin/main.c
ってどうすればいいのかなと思って
pkg_install-20091022/admin/main.c
この辺を見ると
check-license
check-single-license
この引数のことを確認している ?
pkg_admin --help
を見よ ?
mk/license.mk:   ${PKG_ADMIN} check-license ${LICENSE:Q} || echo failure;
ここから出ているのかな
cat -n ../p5-DateTime-Locale/Makefile |grep LIC
    11  LICENSE=        ${PERL5_LICENSE}
lang/perl5 を cvs update したら解決
perl 入替の罠にはまる ?

既に Perl-5.10 が入っている機械で:

既に Perl-5.10 が入っている機械で、上と同じことをしたら、 難なく入った。それで、
perldoc DateTime/Format/DateManip.pm
で説明を読んでいる。
DESCRIPTION
DateTime::Format::DateManip is a class that knows how to convert between "Date::Manip" dates and durations and "DateTime" and "DateTime::Duration" objects.
だそうで。

DateTime::Format::Epoch:

本当はこちらが欲しかった気がする ... DateTime::Format::Epoch
いや、どちらが良いのか、ちょっと分らない


2008年10月27日(月) 旧暦 [n年日記] [更新:"2008/10/27 12:51:24"]

#1 [計算機] disk to disk で写すには ?

作業中の 60GB の disk を更に別に写しておこうと思い、
  1. Dell T-105 の 内蔵 SATA <- 外付 USB (SATA)、 OS は NetBSD/4.99.70 i386
  2. Dell T-105 の 内蔵 SATA <- 内蔵 SATA 、 OS は NetBSD/4.0.1 起動 CD
  3. Dell T-105 の 内蔵 SATA <- 1000Base-T <- MacBook、 NetBSD/4.99.70 <- (NetBSD/4.0)
等を試しているが、500kB/s 等と 先日 の 1.7MB/s を越えられない。
そこで内蔵の 80GB を 19GB + 60GB に分け、その 19GB に Windows XP を入れて、Windows 下で 外付 USB (SATA) -> 内蔵 SATA とやって見た。 これは必要部分しか写さないから、多分 20 分くらいで終った。 ただし、一部共有違反のようなことで写せないものがあったので、 フォルダの内に入って手で写したりした。

どうも dd を使っているのが(速度面では) 良くないのかなという気もして来た。



2007年10月27日() 旧暦 [n年日記] [更新:"2007/10/27 13:56:49"]

#1 [pkgsrc] [pkgsrc] php5 mbstring

良く考えずに、php5 かなと思っている。 mbstring が有効になっていないように見えたので変更:
Index: Makefile.php
===================================================================
RCS file: /e/cvsync/cvsync/pkgsrc/lang/php5/Makefile.php,v
retrieving revision 1.26
diff -u -r1.26 Makefile.php
--- Makefile.php	7 Sep 2007 22:12:13 -0000	1.26
+++ Makefile.php	27 Oct 2007 03:24:31 -0000
@@ -39,6 +39,7 @@
 # not defined yet, so we cannot use it here.
 PKG_OPTIONS_VAR=	PKG_OPTIONS.${PKGNAME:C/-[0-9].*//}
 PKG_SUPPORTED_OPTIONS+=	inet6 ssl
+PKG_SUPPORTED_OPTIONS+=	mbstring
 PKG_SUGGESTED_OPTIONS+=	ssl
 
 .include "../../mk/bsd.options.mk"
@@ -55,3 +56,10 @@
 .else
 CONFIGURE_ARGS+=	--without-openssl
 .endif
+
+.if !empty(PKG_OPTIONS:Mmbstring)
+CONFIGURE_ARGS+=        --enable-mbstring --enable-mbstr-enc-trans
+PLIST_SUBST+=           MBSTRING_COMMENT=
+.else
+PLIST_SUBST+=           MBSTRING_COMMENT="@comment "
+.endif
しかし、実は /etc/mk.conf に
PKG_OPTIONS.ap2-php5=   mbstring
と書いても見てくれなかったので、
PKG_DEFAULT_OPTIONS+=   mbstring
としている。(PLIST_SUBST は不要かな)

php-mysql の設置:

make package しても入れてくれなかった気がするので、手で:
ttyq4:makoto@bologna 13:32:04/071027(...databases/php-mysql)> \
sudo cp -p ./work/php-5.2.4/ext/mysql/modules/mysql.so /usr/pkg/lib/php/20020429/
次のようになるのは何が悪い ? (WordPress)
_LANG_WA_WPDB_GUIDE1

    * _LANG_WA_WPDB_GUIDE2
    * _LANG_WA_WPDB_GUIDE3
    * _LANG_WA_WPDB_GUIDE4
多分 Web server 側から mysql サーバを利用出来ない状態になっているものと思われる。 シェルから操作 が出来るか要確認。 mysql という基礎資料 (database) に、許可が書いてあるので、それを設定する。 (だったかな)


2006年10月27日(金) 旧暦 [n年日記] [更新:"2006/10/29 10:20:23"]

#2 [NetBSD][玄箱] 玄箱に NetBSD をもう一度

自分の 書物 が合っているか確認するため、その辺にあった 2.4G の disk を玄箱につないで NetBSD を入れて見る → EM-mode

#1 [機械] LSW-TX-24NSRR (24口ハブ)

DMZ に機械を増そうと 24 口のものを買って来て 玉付で 入替えた


2005年10月27日(木) 旧暦 [n年日記] [更新:"2005/10/27 22:21:02"]

#3 [binutils] (gas directive) appfile appline

as の疑似命令の中で、appfile と appline の説明がなかなか 見つからなかった。 app とは the assembler pre-processor だそうだ。 binutils-2.16.1/gas/app.c の中に書いてあった。
/* Modified by Allen Wirfs-Brock, Instantiations Inc 2/90. */
/* App, the assembler pre-processor. This pre-processor strips out excess spaces, turns single-quoted characters into a decimal constant, and turns # <number> <filename> <garbage> into a .line <number>\n.file <filename> pair. This needs better error-handling. */
そうして、appfile とはその読んだ時の譜名、appline が行番号を記録するということ になるだらう。そうしてこれらからは、これらの代りに .file と .loc が使われるようになるらしい。 特に gcc -g で処理されたものの中で使われている。
appfilethe file name processed as an assembler pre-processor
applinethe line numbers in processed file
filethe name of the (high level) source file and its assigned file-number.
locfile-number and the line number in source file

#2 [機械] ViPower の SuperRack のファン MW-410M12S

 T & T  MW-410M12S ViPower の disk のひきだしを愛用している。これの 一つの Rack に二つ扇風機(Fan) がついている。 これが結構 寿命が短い。 本体側に一つ。ひき出し側に一つ。実は本体側の方に問題が あるのにひき出し側だと思って何回か交換。さっぱり直らず 本体側と気が付くのに時間を浪費。 外して見ると、べアリング がゴロゴロ言っている。 型番は T & T の MW-410M12S というものらしい。40m/mm のものだ。 同等品を今度探して買っておこう。12V 0.09A とある。

#1 [Network] 2:00-6:00 の四時間くらい止っていたらしい

router の再起動と、default route の再設定が必要だった。 多分後の方だけで充分だったのだと思うけれど。


2002年10月27日() 旧暦 [n年日記]

#3 [NetBSD] CF Card はどうやって使うのかなぁ

Card AH-H401C (Honda エレクトロニクス) kernel が起動する時に、
com0 at pcmcia0 function 0: serial device
com0: ns16550a, working fifo
と出て、その時に電源が入るように光る。
ttyp3:makoto@harry  20:50:26/021027(~)> ls -lag /dev/?ty[01]*
crw-------  1 uucp  wheel  12, 524288 Oct 27 18:54 /dev/dty00
crw-------  1 uucp  wheel  12, 524289 Oct 27 19:07 /dev/dty01
crw-------  1 uucp  wheel  45, 524288 Oct 26 15:11 /dev/dty10
crw-------  1 uucp  wheel  12,      0 Oct 27 19:15 /dev/tty00
crw-------  1 uucp  wheel  12,      1 Oct 27 19:21 /dev/tty01
crw-------  1 uucp  wheel  45,      0 Oct 26 15:11 /dev/tty10
となっている。( tty00 は root owner だったが変更した) tty01 で getty が動いていたが、それは止めた。 /etc/ttys
tty00   "/usr/libexec/getty std.38400"  vt100   off secure
tty01   "/usr/libexec/getty std.9600"   unknown off secure
cu -l /dev/dty00 -s 57600 等とやっても Connected となるだけで、その先に行かない。 (CF Card の電源は入らない)

mozilla-1.1:

1:45 くらいで出来る (configure から make 完了まで)
....
include/mozilla/zlib/zlib.h
-C
pkg_create: tar command failed with code 256
*** Error code 1
花束運び make package は何故か失敗。しかし動く方は大丈夫。
こちらの方が正しいと思いながら、かなりショックな話: HTML で改行すると、いままでは空白一文字開いたが、こんどから それがなくなった。

#2 [Emacs] Wanderlust で Selecting deleted buffer

というのが時々出て、 そうなると wl 自体を再起動しないと復活しない
ということがある。何なのかなぁ。

#1 [無題] 花束運び


本千葉 → 津田沼、京葉道路から行くが、実は 357号 から秋津で右折すれば早かった。


2001年10月27日() 旧暦 [n年日記]

#1 [英語] fiddling

My main problem was fiddling with dns until some combination worked.
fid・dling 〈形〉限定的にくだらない.


2000年10月27日(金) 旧暦 [n年日記]

8574歩

#1 [syslog] syslog に表示されないので、

syslog cisco log で infoseek で探したら、 Adventures with PPP
*.* /dev/tty8
と書いてあって、それをやって見たら、とりあえずは表示されるので、 selector = facility.level の選び方がまずいのだということが分った。 man syslog.conf によれば facility は
auth, authpriv, cron, ftp, daemon,
kern, lpr, mail, mark, news, syslog, user, uucp and local0 through local7
level が
emerg, alert, crit, err,
warning, notice, info and debug
/etc/syslog.conf に次のように書いたら notice,info,debug に出て いることが分った。notice を使えば良さそう。
*.emerg         /var/log/emerg
*.alert         /var/log/alert
*.crit          /var/log/crit
*.err           /var/log/err
*.warning       /var/log/warning
*.notice        /var/log/notice
*.info          /var/log/info
*.debug         /var/log/debug
その反対 (auth.* など)もやって見たら、少なくとも僕の場合は
local7.info	/var/log/router-log
local7.debug	/var/log/isdn-event
のように書けば出て来るようだ。



最近の日記
2018年11月11日
old and new
2018年10月27日
BL, Blue Ray Player
2018年10月21日
サトイモを収穫した
2018年10月20日
ネズミモチを切った
2018年10月14日
アカメガシワ
以上、11 日分です。
タイトル一覧
カテゴリ分類
Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project

Count.cgi (since 2000/02/05)