hns - 日記自動生成システム - Version 2.19.9

先月 2009年09月 来月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
Namazu for hns による簡易全文検索
詳しくは 詳細指定/ヘルプを参照して下さい
検索式:

2009年09月29日(火) 旧暦 [n年日記] [更新:"2009/09/30 11:13:05"]

#1 [無線] 同軸線の長さ (測定用)

同軸線に、特性インピーダンスと異る負荷をつないだ場合に、 給電側では、どのようなインピーダンスになるか、という話があります。 これは Q マッチで知られているように
給電側             in
負荷側             out
特性インピーダンス z
とすると、 1/4 波長毎に
in * out = z^2
の関係になります。このことを利用すると、同軸線を 1/2 波長または、その整数倍の長さにしておくと、 給電側で、負荷側のインピーダンスが再現することになります。 ここに書いたことは、「そうすると減衰が少ない」というようなこと ではなく、「アンテナの特性を手元でそのまま観察出来る」ということ だけのことですが
  • 負荷と給電線の特性インピーダンスが整合しているか
  • 同調しているか
等を、実際に使用する環境で観察することはとても大切なことだと思います。 それで、実際の長さとしては、次のようになります。
同軸の長さ (短縮率 66.7% の場合)

  1.810 55.2m
  3.510 28.4m
  7.015 14.25m .. 28.5m

 50.5   1.9m
144.1	0.69m
実際には、これらの整数倍よりも少し長めに切って同軸コネクタを片側 だけ半田付し、それをインピーダンスメータにつないで、利用する周波数 で ∞ になっているかを確認します。 もし低めだったら、比率を計算して その長さを切断します。 ∞ は確認し難いということであれば 1/4 波長に換算して 0 Ω 点を見るのも一つの方法かと思います (先端が短絡出来れば、1/2 波長で 0 Ω になります)

で、100m 単位で買ったりしますが、60m くらいの方が良いなと思う訳です。

100m で買った時に、そのままコネクタを付けて長さを見ると、ちょうど 150m の波長になっていることを確認したこともあります。

1.810MHz の 55m はちょっと長いので、10m くらいまでで、出来るだけ短く、 というのも一つの方法かも知れません。

正直なところ、 「こんなこと常識」なのか、「普通そこまでやらない」なのかを知りたいところです。

... 測定する時だけそのようにして、実運用は都合の良い長さで使う、 というのも実際的な気がして来ました。つまり測定用の同軸を作っておく訳です。 (でもそれは、上げ下げが容易な場合かな)

(後日談): 100m 買って来て 55m 測るのは結構大変なので、ヒロ電子さんに 電話で聞いて見たら、60m でも買えるそうです。その時には、 ヒロ電子さんで測るので、長さはそれほど正確には切れない、とのことでした。 でもおおよその長さが分っていれば、後はインピーダンスメータで 何とかなると思います。実は 58m というのを注文してしまいました。 55.2m の 1.810MHz 用です



2009年09月03日(木) 旧暦 [n年日記] [更新:"2010/01/01 17:21:41"]

#1 [zsh] login shell を zsh にしようと

login shell を zsh にしようとして色々な機械で pkg_add とか make package とかをしている。中には 2005 年頃に作った、多分 bulk build のものを pkg_add したものもある。 それで、4.99.3/powerpc という機械だけは、pkg_install を作る時に、 次のようになって、先に進まない。
audit.c: In function 'fetch_pkg_vulnerabilities':
audit.c:321: error: 'struct url' has no member named 'last_modified'
audit.c:333: error: 'FETCH_UNCHANGED' undeclared (first use in this function)
audit.c:333: error: (Each undeclared identifier is reported only once
audit.c:333: error: for each function it appears in.)
全然解決方法になっていないけれど、 思い直して野良ビルドというのか configure; make をしたら、何なく出来た。
   158  21:17   tar zxf $DIST/zsh-4.3.4.tar.bz2
   159  21:17   cd zsh-4.3.4/
   160  21:17   ./configure
   161  21:20   gmake
   162  21:27   sudo make install

net/libfetch:

(2010/01/01 追記) 上記問題は pkg_install を作る時に参照する libnbcompat の方で起きているはずだが、更に、これは pkgsrc/net/libfetch の版が古いこと による(らしい)。それを cvs update することにより解決した。
cd pkgsrc/net/libfetch
cvs update -dPA
cd ../pkgtools/libnbcompat/
sudo make package

#2 [機械] Mac OS X の VMWare Fusion での NetBSD の時計

Mac OS X の VMWare Fusion で動いている NetBSD/amd64 5.99.15 だけれど、日付が 2009/08/30 になっている。これって独立なのかな。
Sun Aug 30 07:48:18 JST 2009
Mac OS X の方の時計は合っている。試しに date で合せて見たが、 すぐには Mac OS X の方には伝わらない(当然か ?)

起動する時に時刻を拾えないと いうことか (再起動したばかり)。もしかして dmesg を吊しておいた方が良い ?

実は全部で 8GB しかないところで /export に 2GB 程度のところで (そのことを忘れていて) src とか pkgsrc を展開したら、inode が足りなくなってしまった。VMWare 的には disk は後からでも増やせるらしいが、NetBSD の方が対応出来るかな .. 無理 ?

src は単に時間を測りたかっただけなのだけれど。

(20090907 追記) 時計は眠り(sleep)から醒めた時に NetBSD 側の方が合せてくれない のが問題、ということらしい。




最近の日記
2024年01月24日
chat/iam 0.0.8
2024年01月21日
uselocale vs setlocale (textproc/R-readxl)
2024年01月14日
pbulk client checklist
2024年01月12日
pkglint issue
以上、2 日分です。
タイトル一覧
カテゴリ分類
Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project

Count.cgi (since 2000/02/05)