hns - 日記自動生成システム - Version 2.19.9

  • 10/18(水) 不燃ごみ
  • 10/19(木) CQ Ham Radio
  • 10/19(木) Domain renewal a month to go
  • 10/21() Pre Stew
  • 10/21() 木之本会議
  • 10/22() 0600-1200 東京 CW (3.5-430)
  • 10/22() AP Sprint Log deadline
  • 10/25(水) Interface
  • 10/26(木) 火災保険 64k
  • 10/28() 0900 -- WW DX Phone
  • 10/31(火) NTT 東 払込期日
  • 11/01(水) atactl check
  • 11/01(水) 不燃ごみ
  • 11/02(木) TES (25.2k)引落
  • 11/11() 16:00-22:00 JIDX Phone
  • 11/14(火) r 誕生日
  • 403 JNUG 総会/BOF 2017/07/08 (土)
  • 402 用途別 Emacs ( C, LaTeX, 日本語 )
  • 380 cvsweb の移行
  • 370 tamago 辞書登録
  • 368 CROSS (cross/i386-mingw32, cross/powerpc-linux ) Framework --- binutils + gcc
  • 363 Wanderlust+HyperEstraier
  • 360 evbppc 用 patch / 玄箱
  • 335 /dev/battery is missing hack | libgcc_s_pic.a is missing | samba の -PIE 問題335 ntpd monitor
  • 325 tcode頁の更新
  • 322 software |hardware
  • 321 emacs-22 | IPv6
  • 320 bulk build (Mac OS X 10.4 and NetBSD/macppc)
  • 310 Wanderlust の Namazu の挙動
  • 290 WordPress 1.2 -> 1.5 migration
  • 220 Wanderlust で日本語題名の wl-summary-print-buffer
  • 215 NetBSD/ofppc
便利なツール
Emacs
らくらく 入門
rakuraku-emacs-cover

先月 2017年10月 来月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Namazu for hns による簡易全文検索
詳しくは 詳細指定/ヘルプを参照して下さい
検索式:

2017年09月03日() 旧暦 [n年日記] [更新:"2017/09/03 14:04:49"]

#2 sysinst で raid1

sysinst で raid1 (更新版) を見て作業中だが
save changes をしたら (2T で) 60 時間という表示が出ている

#1 [HP][MicroServer] Adding memory

中古の 8GB x 2 x2 を買って来た。 HP MicroServer G7 用
9 ヶ月前にルータに使っていた箱が動かなくなって、 Mother Board の原因だと思っていたのが、実はメモリの問題だ と、最近判明したもの用(等)。でもルータには 16GB 必要なくて、 以前のルータの箱用、という意味
3,980 x 4 = 15,920
memtest86 v4.3.7 にて
メモリ テスト中 1 pass に 二時間くらいかかる。


2013年09月03日(火) 旧暦 [n年日記] [更新:"2013/09/03 08:24:42"]

#1 [pkgsrc] wip/simulavr 1.00

  • 自分の desktop (2013-05-10 update) では package 可能、動作確認可能
  • cvs update -dPA な NetBSD/amd64 6.1 の bulkbuild では Fail
    gmake[2]: Entering directory `/usr/pkgsrc/wip/simulavr/work/simulavr-1.0.0/examples/simple_ex1'
    avr-gcc -g -O2 -mmcu=at90s8515 -c -o fred.o fred.c
    avr-gcc -g -O2 -mmcu=at90s8515 -o fred.elf fred.o
    /usr/pkg/lib/gcc/avr/4.5.3/../../../../avr/bin/ld:
    	cannot find crts8515.o: No such file or directory
    /usr/pkg/lib/gcc/avr/4.5.3/../../../../avr/bin/ld: cannot find -lc
    collect2: ld returned 1 exit status
    gmake[2]: *** [fred.elf] Error 1
    gmake[2]: Leaving directory `/usr/pkgsrc/wip/simulavr/work/simulavr-1.0.0/examples/simple_ex1'
    gmake[1]: *** [all-recursive] Error 1
    gmake[1]: Leaving directory `/usr/pkgsrc/wip/simulavr/work/simulavr-1.0.0/examples'
    
  • swig も足りないらしい
    gmake[3]: Entering directory `/usr/pkgsrc/wip/simulavr/work/simulavr-1.0.0/src'
    echo "Error: SWIG is not installed. You should
      look at http://www.swig.org" ; false -c++ -o simulavr_wrap.cxx ./simulavr.i
    Error: SWIG is not installed. You should look at http://www.swig.org
    gmake[3]: *** [simulavr_wrap.cxx] Error 1
    
  • ああ、これは avr-libc が足りないのかな、と追加すると、fail
    /usr/pkg/bin/swig -c++ -o simulavr_wrap.cxx ./simulavr.i
    
    /bin/sh ../libtool --tag=CXX --mode=compile c++
    -DHAVE_CONFIG_H -I.  -I/usr/pkg/include -I/usr/include
    -I/usr/pkg/include/freetype2 -I/usr/pkg/avr/include -g
    
     -O2 -Icmd -Iui -Ihwtimer -MT simulavr_wrap.lo -MD -MP -MF
    .deps/simulavr_wrap.Tpo -c -o simulavr_wrap.lo
    simulavr_wrap.cxx libtool: compile: c++ -DHAVE_CONFIG_H
    -I. -I/usr/pkgsrc/wip/simulavr/work/.buildlink/include -
    
    
    I/usr/pkgsrc/wip/simulavr/work/.buildlink/include/freetype2
    -I/usr /pkgsrc/wip/simulavr/work/.buildlink/avr/include -g -O2
    -Icmd -Iui -Ihwtimer -MT simulavr_wrap.lo -MD -MP -MF
    .deps/simulavr_wrap.Tpo -c simulavr_wrap.cxx -fPIC -DPIC -o
    .libs/simulavr_wrap.o
    
    In file included from /usr/include/g++/bits/gthr-default.h:46:0,
                     from /usr/include/g++/bits/gthr.h:166,
                     from /usr/include/g++/ext/atomicity.h:34,
                     from /usr/include/g++/bits/basic_string.h:41,
                     from /usr/include/g++/string:53,
                     from /usr/include/g++/stdexcept:39,
                     from simulavr_wrap.cxx:1759:
    /usr/include/unistd.h:235:20: error: conflicting declaration 'typedef __intptr_t intptr_t'
    
    /usr/pkgsrc/wip/simulavr/work/.buildlink/avr/include/stdint.h:142:17:
    error: 'intptr_t' has a previous declaration as 'typedef int16_t intptr_t'
    
    
  • swig を入れると
    /usr/include/g++/bits/fstream.tcc: 
       In constructor 'std::basic_filebuf<_CharT, _Traits>::basic_filebuf()':
    /usr/include/g++/bits/fstream.tcc:81:48: error: 
       'BUFSIZ' was not declared in this scope simulavr_wrap.cxx: 
       In function 'int SWIG_AsVal_long_SS_long(Tcl_Interp*, Tcl_Obj*, long long int*)':
    simulavr_wrap.cxx:2082:34: error: 'strtoll' was not declared in this scope
    gmake[3]: *** [simulavr_wrap.lo] Error 1
    gmake[3]: Leaving directory `/usr/pkgsrc/wip/simulavr/work/simulavr-1.0.0/src'
    


2009年09月03日(木) 旧暦 [n年日記] [更新:"2010/01/01 17:21:41"]

#2 [機械] Mac OS X の VMWare Fusion での NetBSD の時計

Mac OS X の VMWare Fusion で動いている NetBSD/amd64 5.99.15 だけれど、日付が 2009/08/30 になっている。これって独立なのかな。
Sun Aug 30 07:48:18 JST 2009
Mac OS X の方の時計は合っている。試しに date で合せて見たが、 すぐには Mac OS X の方には伝わらない(当然か ?)

起動する時に時刻を拾えないと いうことか (再起動したばかり)。もしかして dmesg を吊しておいた方が良い ?

実は全部で 8GB しかないところで /export に 2GB 程度のところで (そのことを忘れていて) src とか pkgsrc を展開したら、inode が足りなくなってしまった。VMWare 的には disk は後からでも増やせるらしいが、NetBSD の方が対応出来るかな .. 無理 ?

src は単に時間を測りたかっただけなのだけれど。

(20090907 追記) 時計は眠り(sleep)から醒めた時に NetBSD 側の方が合せてくれない のが問題、ということらしい。


#1 [zsh] login shell を zsh にしようと

login shell を zsh にしようとして色々な機械で pkg_add とか make package とかをしている。中には 2005 年頃に作った、多分 bulk build のものを pkg_add したものもある。 それで、4.99.3/powerpc という機械だけは、pkg_install を作る時に、 次のようになって、先に進まない。
audit.c: In function 'fetch_pkg_vulnerabilities':
audit.c:321: error: 'struct url' has no member named 'last_modified'
audit.c:333: error: 'FETCH_UNCHANGED' undeclared (first use in this function)
audit.c:333: error: (Each undeclared identifier is reported only once
audit.c:333: error: for each function it appears in.)
全然解決方法になっていないけれど、 思い直して野良ビルドというのか configure; make をしたら、何なく出来た。
   158  21:17   tar zxf $DIST/zsh-4.3.4.tar.bz2
   159  21:17   cd zsh-4.3.4/
   160  21:17   ./configure
   161  21:20   gmake
   162  21:27   sudo make install

net/libfetch:

(2010/01/01 追記) 上記問題は pkg_install を作る時に参照する libnbcompat の方で起きているはずだが、更に、これは pkgsrc/net/libfetch の版が古いこと による(らしい)。それを cvs update することにより解決した。
cd pkgsrc/net/libfetch
cvs update -dPA
cd ../pkgtools/libnbcompat/
sudo make package


2004年09月03日(金) 旧暦 [n年日記]

更新: "2004/09/05 21:59:40"

#2 [MacOSX] 水曜日にたのんだ DiskWarrior が来た

Command + S で Single user で起動して fsck -fy としても could not be repaired と言われ、 Disk Warrior が必要そうな 状況だったので、Google でオンライン店舗を探して、注文。メールが来たので すぐに JNB で振込んだら、金曜日の朝には届いた。

Disk Warrior 3.0 で起動して、修復:

disk がこわれかかっていて時間がかかりますと言っている。でもあきらめずに 最後までやってくれた。素晴しい。数時間かかった気がする。 (修復前は 10.2.x)

Western Digital 160GB:

新しく 160G の disk を買って来た (WD 16000BB, 160GB, 7200rpm, 2M cache)。 しかし、127G しか認識しない。 でもこれは良く知られたものらしい。80G 7,000 円 160G 10,000 円なので割安感 があったが、それは消えた (ちなみに機械は G4/400 AGP 初期型)。

OS 10.3 CDROM:

OS 10.3 の CD で起動してから、 区画を二つ、あるいは三つに分けても、その分けた先には入られないと言う。 そのようなはずはないと、もう一度 CDROM から起動したら、入れられるようになった。
60G Mac OS X 10.3
60G 予備
10G pkgsrc (UFS)
として見た。

古い方をつなぐ:

10.3 を 入れて、その後で、 以前の disk を隣につないで、全てを写そうとするが、途中で 反応が無くなってしまったりする(マウスは動く)。時計が止ってしまうことも あった。しょうがないので、disk の size を表示させておいて、フォルダ 毎に写す。いくつかどうしても写せないものがあった。(50MBytes 20 Files くらい) キキーッという音がすると、それは再試行している時期と合っていたり。 でも 一応完了。アプリケーションは一部手で再設置したりもした。 殆んど元通りに出来た (ちなみに自分で使っている機械ではない)。

#1 [無題] 床屋



2003年09月03日(水) 旧暦 [n年日記]

#2 [Emacs] M-x help RET とか C-h で表示される画面を日本語(だけ)

にしたいとする。最も単純な方法。 emacs-21.3/lisp/help.el の中に書いてある部分を 訳して、euc-japan で保存 する。 ./configure make bootstrap すると help.elc が更新され、etc/DOC の中に それが含まれて、日本語になる。 (ただしこの方法では元の英語は無くなってしまう)
euc-japan でなく JIS(iso-2022-jp) で保存した場合、次のようになるか、ここは通過しても 表示が化けてしまう。
Loading loaddefs.el (source)...
((18265 . 15165) (5700 . 0) (496 . 14) 43807 21356 (5 . 0) (16 . 0) (2557 . 2042))
Loading help (source)...
Wrong type argument: listp, safe-chars
*** Error code 255

#1 [NetBSD][gcc] gcc-3

椿井さんの 3.3.1 diff (2003/8/16) というのもあるし、 /usr/pkg/lang/gcc3 というのは今は作れるのかなと思って、 そうしたら、 binutils の新しいのが要るというから、
7:45    cd /export/pkgsrc/lang
7:45    cd gcc3
7:45    cvs update -dP -C
7:46    ( unsetenv PKG_PATH ; make )
7:46    cd ../..
7:46    cd devel/binutils/
7:46    cvs update -dP -C
7:47    ( unsetenv PKG_PATH ; make )
7:58    ( unsetenv PKG_PATH ; make install )
したら、
/bin/sh /export/pkgsrc/devel/binutils/work/binutils-2.14/install-sh -c -m 644 ./gprof.info-3 /usr/pkg/info/gprof.info-3
install-info --info-dir=/usr/pkg/info /usr/pkg/info/gprof.info
/usr/bin/find /usr/pkg/powerpc--netbsd/lib/ldscripts -type f -print | /usr/bin/sort -r | /usr/bin/sed 's;/usr/pkg/;;g' > /export/pkgsrc/devel/binutils/work/PLIST_DYNAMIC
install-info --info-dir=/usr/pkg/info /usr/pkg/info/gprof.info
/usr/bin/find /usr/pkg/powerpc--netbsd/lib/ldscripts -type f -print | /usr/bin/sort -r | /usr/bin/sed 's;/usr/pkg/;;g'
> /export/pkgsrc/devel/binutils/work/PLIST_DYNAMIC
--info-dir=/usr/pkg/info /usr/pkg/info/as.info
--remove: not found
--info-dir=/usr/pkg/info: not found
*** Error code 127
Makefile: post-install:
の、 PLIST_DYNAMIC を作るところまでは行っている気がするので、その後は 何をしているのだろう。 (この問題は無視してもいい..かな ..
> pkg_info | grep binu
pkg_info: disabling PKG_PATH when operating on all packages.
cross-binutils-2.9.1.2 Unified GNU binutils for cross build environments
だめそう。

ktrace は出来るけれど無力 ?:

( unsetenv PKG_PATH ; ktrace make install )

INSTALL_INFO が未定義 ?:

ttyp1:makoto@harry 8:17:48/030903(...pkgsrc/mk)> grep -n '\--remove ' * bsd.pkg.mk:2246: ${INSTALL_INFO} --remove --info-dir=${PREFIX}/info ${PREFIX}/info/${f}; \

/usr/pkg/mk で cvs update -dP -C したら解決:

で戻って Makefile を良く見たら、まだ gcc-3.3 だった。


2002年09月03日(火) 旧暦 [n年日記]

#3 [MTA] Received field


#2 [Namazu] 2.0.11 released

NetBSD/macppc の上では 大丈夫だったのに NetBSD/sparc 1.4.1 ではまた
FAIL: namazu-cgi-3
FAIL: ja-namazu-cgi-1
になっている。何かなぁ。
ls -l tests/idx1/NMZ.head.ja
-rw-r--r-- 1 makoto wheel 0 Sep 3 06:47 tests/idx1/NMZ.head.ja
同じ。 などと言っている間に

2.0.12 が出ている。:


#1 [office] 銀行に行って払込

の扱いをお願いして来る。 審査があるそうな。


2001年09月03日(月) 旧暦 [n年日記]

#2 [Namazu] Namazu-2.0.7pre1 を試す

そう言えば --with-included-gettext を付けない時に、
gcc -g -O2 -Wall -pedantic -o .libs/namazu form.o namazu.o output.o rcfile.o result.o usage.o namazu-cmd.o ../nmz/.libs/libnmz.so ../lib/libnmzut.a -lm -Wl,--rpath -Wl,/usr/local/lib
で、
output.o: In function `print_page_index':
/usr/local/src/namazu-2.0.7pre1/src/output.c:499: undefined reference to `gettext'
となってしまうのは、本来は、何とか出来るはず。

NetBSD ( 少なくとも 20010801) は /usr/lib/libintl* に初めから入っている:

./configure すると次のように、見かけ上、それと一致している。
checking whether NLS is requested... yes
checking whether included gettext is requested... no
checking for libintl.h... yes
checking for gettext in libc... no
checking for bindtextdomain in -lintl... yes
checking for gettext in libintl... checking for gettext in -lintl... yes
yes
checking for msgfmt... /usr/bin/msgfmt
checking for dcgettext... no
checking for gmsgfmt... /usr/bin/msgfmt
checking for xgettext... /usr/bin/xgettext
checking for catalogs to be installed...  ja ja_JP.SJIS es fr
  cat > conftest.$ac_ext <<EOF
#line 6324 "configure"
#include "confdefs.h"
#include <libintl.h>
EOF
ac_try="$ac_cpp conftest.$ac_ext >/dev/null 2>conftest.out"
{ (eval echo configure:6329: \"$ac_try\") 1>&5; (eval $ac_try) 2>&5; }
ac_err=`grep -v '^ *+' conftest.out | grep -v "^conftest.${ac_ext}\$"`

#1 [Emacs] M-x command history list

Nelson H. F. Beebe という方が次のように書いている。
In emacs-21.xx, incremental searches are added to the M-x command history list; this was a change from emacs-20.xx which I believe should be rescinded.

Here is why:

I VERY frequently use M-x repeat-complex-command (C-x ESC ESC) and then use the minibuffer history commands M-n and M-p to scroll up and down in the command list. Since incremental searches are common navigational technical, there tend to be a lot of them, and their presence in the command history list not only clutters the list significantly, but also effectively shortens it (by reducing the number of M-x named commands that can be stored), and increases the time to move up and down in that list.

When I want to recall a previous incremental search string, I use isearch-forward's own history list, not that of M-x.

What do others on this list think?

rescind
to revoke or cancel
clutter
(n) number of things scattered in disorder
(vt) to put in disorder

訳:

Emacs 21 では漸次検索(Incremental search) も M-x の操作履歴に含 まれるようになった。これは Emacs 20 ではそうではなかったと思うが これは戻すべきだ。

何故かというと

私は、 M-x repeat-complex-command (C-x ESC ESC) の後に ミニバッファ履歴の方の M-n M-p を使って前後しながら 必要なものを探すことを 良く行う。

さて、漸次検索はあちこち探す一般的な方法だから、 とても良く使う。そうして、それが操作検索に残ると、目障りなばかり でなく、実質的に、保存数に上限のある履歴を短くしてしまい、 結局、探す時間がかかってしまう。

実際問題として、以前の漸次検索に何を使ったかということは、 そちらの内部機能があるので、M-x は使わない。

[wl] 起動してすぐ次のような字を見るが、二度目は大丈夫 ?:

(void-function make-mode-line-mouse2-map)
  make-mode-line-mouse2-map(wl-toggle-plugged)
  wl-plugged-init-icons()
  run-hooks(wl-init-hook)
  byte-code("....
    [demo-buf 
    succeed wl-init kill-buffer t run-hooks wl-init-hook] 2)
  wl-init(nil)
  wl(nil)
  call-interactively(wl)



最近の日記
2017年10月15日
wip/rust
2017年10月14日
オイル交換
2017年10月09日
散髪
2017年10月06日
wip/emacs-w3m-cvs
2017年09月30日
紫蘇の実の収穫
以上、7 日分です。
タイトル一覧
カテゴリ分類
Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project

Count.cgi (since 2000/02/05)