hns - 日記自動生成システム - Version 2.19.9

  • 10/17() 12:00 -- 千葉コンテスト
  • 10/17() AP Sprint 14/21
  • 10/19(火) CQ Ham Radio
  • 10/19(火) Domain renewal a month to go
  • 10/20(水) 不燃ごみ
  • 10/23() 0900 -- WW DX Phone
  • 10/24() 0600-1200 東京 CW (3.5-430)
  • 10/24() AP Sprint Log deadline
  • 10/25(月) Interface
  • 10/26(火) 火災保険 64k
  • 10/30() ACAG ログ締切
  • 10/31() NTT 東 払込期日
  • 11/01(月) atactl check
  • 11/02(火) TES (25.2k)引落
  • 11/03(水) 不燃ごみ
  • 11/13() 16:00-22:00 JIDX Phone
  • 403 JNUG 総会/BOF 2017/07/08 (土)
  • 402 用途別 Emacs ( C, LaTeX, 日本語 )
  • 380 cvsweb の移行
  • 370 tamago 辞書登録
  • 368 CROSS (cross/i386-mingw32, cross/powerpc-linux ) Framework --- binutils + gcc
  • 363 Wanderlust+HyperEstraier
  • 360 evbppc 用 patch / 玄箱
  • 335 /dev/battery is missing hack | libgcc_s_pic.a is missing | samba の -PIE 問題335 ntpd monitor
  • 325 tcode頁の更新
  • 322 software |hardware
  • 321 emacs-22 | IPv6
  • 320 bulk build (Mac OS X 10.4 and NetBSD/macppc)
  • 310 Wanderlust の Namazu の挙動
  • 290 WordPress 1.2 -> 1.5 migration
  • 220 Wanderlust で日本語題名の wl-summary-print-buffer
  • 215 NetBSD/ofppc
便利なツール
Emacs
らくらく 入門
rakuraku-emacs-cover

先月 2021年10月 来月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Namazu for hns による簡易全文検索
詳しくは 詳細指定/ヘルプを参照して下さい
検索式:

2021年06月08日(火) 旧暦 [n年日記] [更新:"2021/06/08 13:31:59"]

#1 [security] Let's note certificate updated

(before sendmail restart)
SX3@makoto 22:24:29/210608(~)%  foreach i (587)
echo $i;  openssl x509 -text -noout -in <(openssl s_client -starttls smtp -connect imap4.z.example.com:$i ) |grep -A3 Valid
end  
587
depth=2 O = Digital Signature Trust Co., CN = DST Root CA X3
verify return:1
depth=1 C = US, O = Let's Encrypt, CN = R3
verify return:1
depth=0 CN = imap4.example.com
verify return:1
250 HELP
DONE
        Validity
            Not Before: Mar 12 11:22:45 2021 GMT
            Not After : Jun 10 11:22:45 2021 GMT
        Subject: CN = imap4.example.com
sendmail restarted
SX3@makoto 22:24:38/210608(~)%  foreach i (587)
echo $i;  openssl x509 -text -noout -in <(openssl s_client -starttls smtp -connect imap4.z.example.com:$i ) |grep -A3 Valid
end
587
depth=2 C = US, O = Internet Security Research Group, CN = ISRG Root X1
verify return:1
depth=1 C = US, O = Let's Encrypt, CN = R3
verify return:1
depth=0 CN = example.com
verify return:1
250 HELP
DONE
        Validity
            Not Before: Jun  8 11:44:05 2021 GMT
            Not After : Sep  6 11:44:05 2021 GMT
        Subject: CN = example.com
587 ports need -starttls smtp argument


2013年06月08日() 旧暦 [n年日記] [更新:"2013/06/11 10:51:29"]

#1 [植物] ルッコラの種をもう一度蒔く

四日前 に蒔いたルッコラは、三日で芽が出て来た。
今回は、以前に見た の教えに従って 10cm 間隔の線条に、1cm 間隔で蒔いて見た。自分で採った種には、 黄色や茶色のものと、まだ緑色のものがあって、差があるのかなと調べるため、 別の列にして見た。


2008年06月08日() 旧暦 [n年日記] [更新:"2008/06/12 19:02:22"]

#1 [NetBSD] NP-BBR の卓に接続

以前の日記 に書いた NP-BBR の卓に接続する場合、例えば SCON-KIT/PRO を使うことも可能。 これは玄箱/PRO 用に買っては見たものの半田付が必要とか、 箱の前を開放(開け放し)で使う必要があるとか、 にあきれて かわうち方式の接続 を採用して、そちらには 9-KE をつないだりすると、買ったものが余ってしまう。そういう時でも、買った意義を再び見出すのに 大変良い。(これは NP-BBR 等という箱につなぐ話ではあるが、 かわうち方式で下の方から引出す時に 電圧変換として使うのも一つの方法である)。 *1

「ピン配列変換・延長ケーブル USB タイプ (8 本入)」というのを買って 来て、それを使ってつないでいる。橙色の CN2 から三本引出して SCON-KIT/PRO の線の先に接続する。一本一本つないでいるので、 右の 手書きの図 の白・緑・黒の線の色は全く意味がない。このような単独線を使った接続は なかなか便利ではあるが、ここに書い たような覚えを書いておかないと一度外してしまった(外れた)時に また調べなければならないので、その時には面倒。

この SCON-KIT/PRO を NetBSD の機械の USB につないだ時には

sudo cu -l /dev/dtyU0
で接続出来る。速度は 9600 なので指定 (-s 9600) は省略出来ると思う。
ttyr0:makoto@genova 18:48:35/080612(~)> cu -l /dev/dtyU0
cu: /dev/dtyU0: Permission denied
cu: link down
起動は root (sudo) が必要。 cu を終了する時には ~. で抜ける。 かわうちさんによると、 オープンコレクタを想定しているので、外部に電源側に引張る抵抗 が必要なのではないかとのこと。ML115 につないだ時には、何もしなくて入力可能に なっている (但し、入力の条件と、機械に依存するというのは話は本来 関係ない部分のはずなので、あまり当てにはならない)。
DIP SWMode
12NP-BBROBS50
ononNormal OperationNormal Operation
on--Ethernet DownloaderNormal Operation
--onCentury DownloaderEthernet Downloader (Firmware Update)
----CLICLI
上記 -- は off を表す

ここで NP-BBR の firmware update は on/on のまま実行するけれど、 OBS50 の方の firmware update は --/on で実行するという違いがある気がする。


*1: 同じこと、つまり玄箱/PRO の底面から引出して SCON-KIT/PRO につなぐこと、 をやっている人はいる: 玄箱Proのシリアルコンソール !


2007年06月08日(金) 旧暦 [n年日記] [更新:"2007/06/08 13:58:04"]

#1 [Emacs] Emacs-22.1 を試しに作って見ました

NetBSD/macppc の上で、次のように作業
   110  8:06    tar zxf $DIST/emacs-22.1.tar.gz
   111  8:07    mkdir emacs-22.1-work
   112  8:07    cd emacs-22.1-work
   113  8:07    ../emacs-22.1/configure --without-xim
   114  8:08    make
   115  13:56   src/emacs


2006年06月08日(木) 旧暦 [n年日記] [更新:"2006/06/09 00:36:32"]

#1 [Comp] Hello World

実は一つ作りたいと思っているものがあって、↑ここにはまだない。


2005年06月08日(水) 旧暦 [n年日記] [更新:"2005/06/09 10:42:33"]

#1 [NetBSD][macppc][build.sh] 20050605

一応完送まではこぎつけたのだけれど。
  • genassym がないと言われる。 20050606-UTC 以降に更新しておいて
    usr.sbin/config
    usr.bin/genassym
    
    の両方で sudo make install しておく
  • -Wstrict-prototype や -Werror のせいで、 かなり通らない部分がある。それらを一つ一つ直すか、 それらの CFLAG を外してしまう。 これらの FLAG が書いてあるのは
    sys/arch/${ARCH/conf/Makefile.${ARCH}


2003年06月08日() 旧暦 [n年日記]

#3 [Emacs] selecting deleted buffer

( よういちさんの変更 はまだ入れていないので) きょうも、
byte-code: Selecting deleted buffer
 ↓
(setq wl-message-buffer-cache nil)
した。最後が
(nil . #<killed buffer>))
になっていた。 何とはなく、この行だけ消してくれればいいのでは ? という気がして来ている。
何か理由があって、変更を入れていなかったが、 (確か)、 「自分で kill していないのに kill されているのではという疑いを持ったから」 だけれど、どうも、やはり、「自分の操作で kill している」ような気がする)

popper で見ている時の未読数の計算:

     &makoto/user@mail-server:0/0/23
   93  06/07(土)08:25 [ martin@netbsd.or ] Re: kern/21810
  101  ....
の時に、
&makoto/user@mail-server:1/1/24
となって欲しいが、
&makoto/user@mail-server:8/8/24
とかなってしまう気がしている。

#2 [hns] can't open hnf: No such file or directory at jikenbo+/theme.ph

実は apache はいままで nobody で動かして来たが www に移行しつつあるので、 diary/cache を www の持物に変更。(したら)。
最近の日記 Content-Type: text/html; charset=EUC-JP Error Occured: can't open hnf: No such file or directory at jikenbo+/theme.ph line 226.
NKF がないのかな。
ttyp0:makoto@h  9:19:15/030608(~...diary/jikenbo+)> diff  theme.ph-1 theme.ph
130c130
< $NKF = "/usr/local/bin/nkf";
---
> $NKF = "/usr/pkg/bin/nkf";
/usr/local -> /usr/pkg にしておくべきか ?

#1 [pkgsrc] mail/mhonarc

MHonArc を NetBSD/pkgsrc で使う場合、 はずなのに、最後の部分の記録がなーい。 iso2022jp.pl (original on cvs) を変更しただけかも知れない

text/html; charset=ISO-2022-JP の場合、:

「jiscode の中に現われる & < > 等を entity encoding する必要がある」 と考えるのは何故だろうか ? (それが分らないと Earl Hood への答えが書けないなぁ)
まあ、 「jiscode の中に現われる & < > 等を entity encoding する必要がない」と考えるのは何故か という質問でもいい訳だが。

ISO 8859-1 (Latin-1) Character Set:

もしかして、 Named Entity Code Entity 24 (Character entity references in HTML 4) 等は Latin-1 専用 ?
のはずがない...

全然関係ないけれど css2:



2002年06月08日() 旧暦 [n年日記]

#2 [機械] iBook の電池が空っぽになってしまった気がする。

(三年もの)

#1 [無題] 遅く起きる

松ヶ丘・アンビル


2001年06月08日(金) 旧暦 [n年日記]

#1 [無題] 女房出迎

12:40 http://www.ual.com/ で着時刻を確認 (15:15)
12:45 不動前
12:57 五反田
13:05 品川から千葉行
13:55 千葉駅
14:02 千葉発
14:05 本千葉

14:15 自宅発 国道 51号経由
15:17 成田空港着
15:22 16:00 に着くはずの UA837 着
15:55 頃 出口で出迎
      高速経由・松ヶ丘
17:00 頃自宅に戻る



最近の日記
2021年10月17日
mame-0.236 took 13.5 hours to package
2021年10月15日
images of bios-install and (just) install
2021年07月04日
mame mame-0.233 took 10.5 hours to package
math/R-RcppArmadillo
2021年07月03日
ghostscript
2021年07月02日
double-byte-char width issue
以上、9 日分です。
タイトル一覧
カテゴリ分類
Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project

Count.cgi (since 2000/02/05)