hns - 日記自動生成システム - Version 2.19.9

  • 04/17(水) 不燃ごみ
  • 04/19(金) CQ Ham Radio
  • 04/20() 木之本会議
  • 04/25(木) Interface
  • 04/27() 2100 - 2100 ALL JA
  • 04/28() tokuda net 誕生日
  • 04/28() 自動車保険期限 (OS/Browser 制限有)
  • 04/30(火) NTT 東 払込期日
  • 04/30(火) ○ 固定資産税振替・支払
  • 05/01(水) atactl check
  • 05/01(水) 不燃ごみ
  • 05/03(金) 0900-1500 東京コンテスト
  • 05/14(火) All JA ログ締切
  • 05/15(水) 不燃ごみ
  • 403 JNUG 総会/BOF 2017/07/08 (土)
  • 402 用途別 Emacs ( C, LaTeX, 日本語 )
  • 380 cvsweb の移行
  • 370 tamago 辞書登録
  • 368 CROSS (cross/i386-mingw32, cross/powerpc-linux ) Framework --- binutils + gcc
  • 363 Wanderlust+HyperEstraier
  • 360 evbppc 用 patch / 玄箱
  • 335 /dev/battery is missing hack | libgcc_s_pic.a is missing | samba の -PIE 問題335 ntpd monitor
  • 325 tcode頁の更新
  • 322 software |hardware
  • 321 emacs-22 | IPv6
  • 320 bulk build (Mac OS X 10.4 and NetBSD/macppc)
  • 310 Wanderlust の Namazu の挙動
  • 290 WordPress 1.2 -> 1.5 migration
  • 220 Wanderlust で日本語題名の wl-summary-print-buffer
  • 215 NetBSD/ofppc
便利なツール
Emacs
らくらく 入門
rakuraku-emacs-cover

先月 2024年04月 来月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
Namazu for hns による簡易全文検索
詳しくは 詳細指定/ヘルプを参照して下さい
検索式:

2022年05月14日() 旧暦 [n年日記] [更新:"2022/05/14 09:53:17"]

#1 [pkgsrc] binary update (79 hours for 45.8 GB)

.9.0-current-2022-05-08-08.40/All/zzuf-0.15.tgz

sent 45,867,918,340 bytes  received 493,619 bytes  161,125.25 bytes/sec
total size is 45,854,825,294  speedup is 1.00
692.14s 558.82s 79:04:34.94 0% 0+0k 4+0io 23pf+0w
backup-u@makoto 16:15:11/220514(..packages/current)% 
(161 kB/sec) ? 上に書いてあった。


2013年05月14日(火) 旧暦 [n年日記] [更新:"2013/05/15 14:35:08"]

#2 [pkgsrc] xulrunner says Shared object "libstdc++.so.6" not found

Some strange situation, recently build wants obsoleted shared library even does not exist.
m08@makoto 23:22:59/130514(..packages/All)% sh -xv `which firefox`
#! /bin/sh
#
# $NetBSD: firefox.sh.in,v 1.2 2012/08/28 12:42:02 ryoon Exp $
#
# We currently overwrite the nsXULStub launcher with this wrapper script.
# The stub causes problems like HTTPS protocol not working.
# XXX to be investigated

exec /usr/pkg/lib/xulrunner/xulrunner /usr/pkg/lib/firefox/application.ini "$@"
+ exec /usr/pkg/lib/xulrunner/xulrunner '/usr/pkg/lib/firefox/application.ini'
Shared object "libstdc++.so.6" not found
m08@makoto 23:23:08/130514(..packages/All)% find /usr -name libstdc++\*
find: /usr/games/hide: Permission denied
/usr/lib/libstdc++.so.7.1
/usr/lib/libstdc++.so
/usr/lib/libstdc++.so.7
/usr/lib/libstdc++_p.a
/usr/lib/libstdc++.a
/usr/lib/libstdc++_pic.a
/usr/lib/i386/libstdc++.so.7
/usr/lib/i386/libstdc++.so.7.1
/usr/lib/i386/libstdc++.so
/usr/lib/i386/libstdc++.a
/usr/lib/i386/libstdc++_p.a
/usr/lib/i386/libstdc++_pic.a
m08@makoto 23:23:40/130514(..packages/All)% ldd  /usr/pkg/lib/xulrunner/xulrunner
/usr/pkg/lib/xulrunner/xulrunner:
        -lpthread.1 => /usr/lib/libpthread.so.1
        -lgcc_s.1 => /usr/lib/libgcc_s.so.1
        -lc.12 => /usr/lib/libc.so.12
        -lstdc++.6 => not found
        -lm.0 => /usr/lib/libm.so.0
m08@makoto 23:24:15/130514(..packages/All)% xulrunner --version
Shared object "libstdc++.so.6" not found
m08@makoto 23:24:25/130514(..packages/All)% ls -l   /usr/pkg/lib/xulrunner/xulrunner
-rwxr-xr-x  1 root  wheel  81960 May 14 01:15 /usr/pkg/lib/xulrunner/xulrunner
m08@makoto 23:24:31/130514(..packages/All)% ls -l /usr/lib/libstdc++.so.7.1
-r--r--r--  1 root  wheel  1299229 Mar 16 13:52 /usr/lib/libstdc++.so.7.1
m08@makoto 23:25:37/130514(..packages/All)% 
The package was built on chrooted environmet, but it does not the old one either.
m08@makoto 23:29:11/130514(..packages/All)% ls -l /export/CHROOT/usr/lib/libstdc*
-r--r--r--  1 root  wheel  2521788 Mar 16 13:52 /export/CHROOT/usr/lib/libstdc++.a
lrwxr-xr-x  1 root  wheel       16 Mar 16 13:52 /export/CHROOT/usr/lib/libstdc++.so -> libstdc++.so.7.1
lrwxr-xr-x  1 root  wheel       16 Mar 16 13:52 /export/CHROOT/usr/lib/libstdc++.so.7 -> libstdc++.so.7.1
-r--r--r--  1 root  wheel  1299229 Mar 16 13:52 /export/CHROOT/usr/lib/libstdc++.so.7.1
-r--r--r--  1 root  wheel  2675770 Mar 16 13:52 /export/CHROOT/usr/lib/libstdc++_p.a
-r--r--r--  1 root  wheel  2549064 Mar 16 13:52 /export/CHROOT/usr/lib/libstdc++_pic.a
I found it...
  9820866 May  6 10:59 /export/CHROOT/usr/pkg_bulk/gcc47/lib/libstdc++.a
      963 May  6 10:59 /export/CHROOT/usr/pkg_bulk/gcc47/lib/libstdc++.la
       17 May  6 10:59 /export/CHROOT/usr/pkg_bulk/gcc47/lib/libstdc++.so -> libstdc++.so.6.17
       17 May  6 10:59 /export/CHROOT/usr/pkg_bulk/gcc47/lib/libstdc++.so.6 -> libstdc++.so.6.17
  4136273 May  6 10:59 /export/CHROOT/usr/pkg_bulk/gcc47/lib/libstdc++.so.6.17
     2323 May  6 10:59 /export/CHROOT/usr/pkg_bulk/gcc47/lib/libstdc++.so.6.17-gdb.py

make help topic=USE_GCC_RUNTIME:

# USE_PKGSRC_GCC_RUNTIME
#       When set to "yes", the runtime gcc libraries (libgcc, libstdc++
#       etc) will be used from pkgsrc rather than the native compiler.

# USE_GCC_RUNTIME
#       Packages which build shared libraries but do not use libtool to
#       do so should define this variable.  It is used to determine whether
#       the gcc runtime should be depended upon when a user has enabled
#       USE_PKGSRC_GCC_RUNTIME.
そう言えば、この機械の chroot を 6.1_RC2 にした時に gcc47 は作り直さなかったかな?
m08@root 08:06:54/130515(..lang/gcc47)% \
   env PATH=/usr/pkg_bulk/bin:/usr/pkg_bulk/sbin:${PATH} pkg_delete gcc47
original MD5 checksum failed, not deleting: 
   /usr/pkg_bulk/gcc47/lib/gcc/x86_64--netbsd/4.7.3/include-fixed/stdio.h
original MD5 checksum failed, not deleting: 
   /usr/pkg_bulk/gcc47/lib/gcc/x86_64--netbsd/4.7.3/include/ssp/stdio.h
original MD5 checksum failed, not deleting: 
   /usr/pkg_bulk/gcc47/lib/gcc/x86_64--netbsd/4.7.3/include/ssp/string.h
original MD5 checksum failed, not deleting: 
   /usr/pkg_bulk/gcc47/lib/gcc/x86_64--netbsd/4.7.3/include/ssp/unistd.h
pkg_delete: couldn't entirely delete package `gcc47-4.7.3'

#1 [Gimp] Gimp で楕円 (Gimp 2.8)

  1. から shape-path-0.91.scm をもらって来る
  2. shape-path-0.91.scm を ~/.gimp-2.8/scripts に置く
  3. Filters -> Script Fu -> Refresh Scripts
    として、今置いた scripts を有効にする(読ませる)
  4. Windows -> Dockable Dialogs -> Brushes (Shift+Control+B) を使って
    Paint brush の設定をしておく (後の 10. で使う) (多分、そうではなくて) Tool Box の下の色の設定のところ から色を設定しておく




  5. Path (B) で一度 path を何か作っておく (後で消える)
    このおまじないをしないと、 9. では何も起きない

  6. 楕円を置く中心にマウスを持って行き、左下に表示される座標を(頭に)記憶する
    記憶しなくても、表示が見えるようにしておけば、見て写せば良いようです
  7. Script Fu -> Shape Paths -> Ellipse ... とすると、右上のような窓が出て来るので、四つの数字を手で入力する
    • 最初の二つは、上で記憶した数字
    • 後の二つは楕円の大きさ
    • Stroke Path にチェックを入れると、太さが自由にならない (ようだ、固定の太さの線が描かれる)
  8. たとえば、楕円の大きさや、色が決っているなら、上の shape-path-0.91.scm を予め変更しておくのも一つの手
    僕は shape-path-0.91.diff の変更をしていて、そうすると、始めから、窓の中の設定は図に示した値になる。 Center X: と Center Y: は 0 0 ですけれど
    (ここの色は、実はこの説明の方法では、使われていない気がします)
  9. OK をすると楕円の Path が作られる
  10. Edit -> Stroke Path ... とすると、右の窓が出て来るので(僕の場合は) Stroke with a paint tool の方を選んで Paintbrush のままにして Stroke ボタンを押す
  11. 左のような楕円の線が描かれる。 画面には左のように Path がそのまま見えているが、これで保存すれば色の線だけが書かれる


この覚え書きを作るにあたっては、次の情報が大変役に立ちました。ありがとうございます。


2011年05月14日() 旧暦 [n年日記] [更新:"2011/05/14 15:07:33"]

#1 [pkgsrc][ghostscript] puzzle for FT_Incremental_MetricsRec->advance_v

謎: While I'm packaging wip/ghostscript (9.0.1), I got
./psi/fapi_ft.c: In function 'get_fapi_glyph_metrics':
./psi/fapi_ft.c:294: error: 'FT_Incremental_MetricsRec' has no member named 'advance_v'
gmake[1]: *** [obj/../soobj/fapi_ft.o] Error 1
gmake[1]: Leaving directory `/export/pkgsrc/wip/ghostscript/work/ghostscript-9.01'
gmake: *** [so] Error 2
*** Error code 2
この時、freetype-lib だけ既に設置済
At that moment, freetype-lib was already installed.
freetype2 が要るのでは ? と 手で package-install した
ml110-2@makoto 07:36:43/110514(..wip/ghostscript)% pkg_info -qL freetype-lib |grep ftincrem.h
ml110-2@makoto 07:36:51/110514(..wip/ghostscript)% pkg_info -qL freetype2 |grep ftincrem.h
/usr/pkg/include/freetype2/freetype/ftincrem.h
何とはなく、
advance   -> freetype2
advance_v -> freetype-lib
の気がしている。(だったら、最初に問題が出た時に、advance_v の方が入っていたはず)
./work/ghostscript-9.01/freetype/include/freetype/ftincrem.h:    
	FT_Long  advance_v;     /* since 2.3.12 */
ftincrem.h は同じ名前のものが両方あるのか
ml110-2@makoto 07:49:20/110514(..wip/ghostscript)% find . -name ftincrem.h -ls
5802339     24 -rw-r--r--    1 makoto            wheel                 
   11406 jul 20  2010 ./work/ghostscript-9.01/freetype/include/freetype/ftincrem.h
5780831      4 lrwxr-xr-x    1 makoto            wheel                    
      62 may 14 07:39 ./work/.buildlink/include/freetype2/freetype/ftincrem.h
          -> /usr/pkg/share/x11-links/include/freetype2/freetype/ftincrem.h
source に内蔵しているのと buildlink したものと。 内蔵している方が欲しい方なのに、buildlink した方が勝っている ?
(buildlink した方は手で後から入れた方 ?) じゃなくて x11-links が入れたらしい
ml110-2@makoto 07:53:35/110514(..wip/ghostscript)% pkg_info -ql x11-links | grep ftincrem.h
/usr/pkg/share/x11-links/include/freetype2/freetype/ftincrem.h
以前に問題が出なかったのは xorg-modular の方で x11-links を使っていなかった所為 ? sub pkgtools/x11-links
ml110-2@makoto 08:01:58/110514(..wip/ghostscript)% grep freetype ../../pkgtools/x11-links/*
../../pkgtools/x11-links/xfree.mk:.include "../../graphics/freetype2/buildlink3.mk"
../../pkgtools/x11-links/xorg.mk:.include "../../graphics/freetype2/buildlink3.mk"
xrog でも xfree でも、 両方とも freetype2 を参照している(らしい)
謎なのは、(名前からして) freetype-lib は古くて、 freetype2 が新しいものに見えるのに、 ghostscript は古い方の member を参照していることかな。
ghostscript は 9.0.2 が出ているらしい --> ここで問題にしている件には改善はない。

二つの版の差分を見たら:

ml110-2@makoto 08:21:44/110514(..wip/ghostscript)% 
diff -u ./work/.buildlink/include/freetype2/freetype/ftincrem.h \
   ./work/ghostscript-9.02/freetype/include/freetype/ftincrem.h 

--- ./work/.buildlink/include/freetype2/freetype/ftincrem.h     2010-11-07 22:49:34.000000000 +0900
+++ ./work/ghostscript-9.02/freetype/include/freetype/ftincrem.h        2010-07-20 00:45:36.000000000 +0900
@@ -4,7 +4,7 @@
 /*                                                                         */
 /*    FreeType incremental loading (specification).                        */
 /*                                                                         */
-/*  Copyright 2002, 2003, 2006, 2007, 2008 by                              */
+/*  Copyright 2002, 2003, 2006, 2007, 2008, 2010 by                        */
 /*  David Turner, Robert Wilhelm, and Werner Lemberg.                      */
 /*                                                                         */
 /*  This file is part of the FreeType project, and may only be used,       */
@@ -101,7 +101,10 @@
    *     Top bearing, in font units.
    *
    *   advance ::
-   *     Glyph advance, in font units.
+   *     Horizontal component of glyph advance, in font units.
+   *
+   *   advance_v ::
+   *     Vertical component of glyph advance, in font units.
    *
    * @note:
    *   These correspond to horizontal or vertical metrics depending on the
@@ -114,6 +117,7 @@
     FT_Long  bearing_x;
     FT_Long  bearing_y;
     FT_Long  advance;
+    FT_Long  advance_v;     /* since 2.3.12 */
 
   } FT_Incremental_MetricsRec;
 
ml110-2@makoto 08:21:46/110514(..wip/ghostscript)% 
x11-links 側で、単に入替(更新す)れば良い話らしい。 さて、どうやって ? ますます不思議。freetype2 は 2.4.4 が既に入っていて ftincrem.h の内容は上の差分の新しい方 になっている。
Native X11 の (in-tree の source の)版が古いのかな。
ml110-2@makoto 08:29:33/110514(..pkgtools/x11-links)% find . -name ftincrem.h -ls
4059816      0 lrwxr-xr-x    1 makoto            wheel                    
   48 May 13 19:06 ./work/share/x11-links/include/freetype2/freetype/ftincrem.h 
                            -> /usr/X11R7/include/freetype2/freetype/ftincrem.h
4077990      0 lrwxr-xr-x    1 makoto            users                    
   48 May 13 19:06 ./work/.destdir/usr/pkg/share/x11-links/include/freetype2/freetype/ftincrem.h 
                            -> /usr/X11R7/include/freetype2/freetype/ftincrem.h
結局、今まで、写したのは次の三点
/usr/X11R7/include/freetype2/freetype/ftincrem.h
/usr/X11R7/include/freetype2/freetype/ftimage.h 
/usr/X11R7/include/freetype2/freetype/config/ftstdlib.h
これで次は
freetype/src/bdf/bdflib.c: In function '_bdf_parse_start':
freetype/src/bdf/bdflib.c:2094: 
 error: 'BDF_Err_Missing_Fontboundingbox_Field' undeclared (first use in this function)
freetype/src/bdf/bdflib.c:2094: error: (Each undeclared identifier is reported only once
freetype/src/bdf/bdflib.c:2094: error: for each function it appears in.)
gmake[1]: *** [obj/../soobj/bdflib.o] Error 1
gmake[1]: Leaving directory `/export/pkgsrc/wip/ghostscript/work/ghostscript-9.02'
gmake: *** [so] Error 2
*** Error code 2
これ、やっかいで、定義されているのは .. copied so far:
/usr/X11R7/include/freetype2/freetype/config/ftoption.h
/usr/X11R7/include/freetype2/freetype/config/ftstdlib.h
/usr/X11R7/include/freetype2/freetype/fterrdef.h
/usr/X11R7/include/freetype2/freetype/ftimage.h
/usr/X11R7/include/freetype2/freetype/ftincrem.h
/usr/X11R7/include/freetype2/freetype/ftsnames.h
これ、入替えなくても探索順序の設定を変更すれば良いのでは ?
下記の -I./freetype/include を入れることは出来るのだけれど、これを X11R7 よりも前に持って来ることは出来ないかな
cc
-DHAVE_MKSTEMP
-DHAVE_HYPOT
-DHAVE_FONTCONFIG
-DHAVE_SETLOCALE
-O2 -fPIC
-Ijpeg
-I/usr/pkg/include
-I/usr/X11R7/include
-I/usr/include
-I/usr/X11R7/include/freetype2
-Wall
-Wstrict-prototypes
-Wundef
-Wmissing-declarations
-Wmissing-prototypes
-Wwrite-strings
-Wno-strict-aliasing
-Wdeclaration-after-statement
-fno-builtin
-fno-common
-DHAVE_STDINT_H
-DGX_COLOR_INDEX_TYPE="unsigned long long"
-I./freetype/include
-DA4 -fPIC
-I/usr/pkg/include
-I/usr/X11R7/include
-I/usr/include
-I/usr/X11R7/include/freetype2
-DUSE_LIBPAPER
-I./psi
-I./obj/../soobj
-I./obj/../soobj
-I./base
-Ifreetype/include
-o
./obj/../soobj/fapi_ft.o
-c
./psi/fapi_ft.c

./psi/fapi_ft.c: In function 'get_fapi_glyph_metrics':
./psi/fapi_ft.c:298: error: 'FT_Incremental_MetricsRec' has no member named 'advance_v'
gmake[1]: *** [obj/../soobj/fapi_ft.o] Error 1
gmake[1]: Leaving directory `/export/pkgsrc/wip/ghostscript/work/ghostscript-9.02'
gmake: *** [so] Error 2
*** Error code 2
freetype-config には二つあって、
-rwxr-xr-x  1 root  wheel  3834 May 14 07:24 /usr/pkg/bin/freetype-config
-r-xr-xr-x  1 root  wheel  3741 Nov  7  2010 /usr/pkg/share/x11-links/bin/freetype-config
which freetype-config すると、前者が出て来て、
ml110-2@makoto 14:39:10/110514(..pkgtools/x11-links)% freetype-config --cflags          
-I/usr/pkg/include/freetype2 -I/usr/pkg/include
というのだけれど、後のを使うと、
ml110-2@makoto 14:39:30/110514(..pkgtools/x11-links)% 
/usr/pkg/share/x11-links/bin/freetype-config --cflags
-I/usr/X11R7/include/freetype2 -I/usr/X11R7/include
となる。前者を使っていれば、うまく行くような気がするけれど。 試しに後者を隠して見たけれど、変らなかった。

冗談見たいだけれど、CC_OPT_FLAGS_TO_TRY=:

冗談見たいだけれど、次のようにすると、package が完了した。
--- work/ghostscript-9.02/configure.orig	2011-03-30 17:59:21.000000000 +0900
+++ configure	2011-05-14 14:54:42.000000000 +0900
@@ -3726,7 +3727,7 @@
 	;;
 	*BSD)
         if test $ac_cv_c_compiler_gnu = yes; then
-	    CC_OPT_FLAGS_TO_TRY="-O2"
+	    CC_OPT_FLAGS_TO_TRY="-O2 -I./freetype/include"
             CC_DBG_FLAGS_TO_TRY="-g -O0"
 	fi
 	;;

-O2 が最初の方に出て来るのを見て、試しただけ。


2010年05月14日(金) 旧暦 [n年日記] [更新:"2010/05/14 21:48:46"]

#1 [Emacs] now by-passing cus-load.el

I now have completed make package with eliminating of the step with custom-make-dependencies. This is just a work arround.
emacs-23.2.diff
rm patches/patch-a[cf] Honestly still adjusting...


2009年05月14日(木) 旧暦 [n年日記] [更新:"2009/05/15 23:20:08"]

#2 [Emacs] M-x bs-show でバッファ一覧


#1 [Emacs] 最近の Emacs で ○× を全角で表示する

実は 23.0.60 になった (50 ?) 頃から ○× 等が半分の幅で表示され、 特に何人かで メールで予定を書いて、期日を調整する時にはちょっと不便を感じていた。でも これはこれで露語が本来の大きさで表示されたりして、 (と言っても spam で中を読める訳でもないけれど)これもいいのかなと思っていた。 最近 mule のメーリング・リストで山岡克美さんのメールに、 半田剣一さんが反応したものから、~/.emacs の最後に次のように書いて見たら、 昔のように○×が全角で表示されるようになった。
(set-face-font
 'default
  "-misc-fixed-medium-r-normal-*-14-*-*-*-*-*-iso8859-1")
(set-fontset-font
(face-attribute 'default :fontset) 
 'japanese-jisx0208
 "-misc-fixed-medium-r-normal-*-14-*-*-*-*-*-jisx0208.1983-0")

;; 上に更に追加して、次のような行を加えると、日本語(記号)は全角で、
;; ただし露語は半角で、とすることが出来る。
(set-fontset-font
(face-attribute 'default :fontset)
 'koi8-r
  "-misc-fixed-medium-r-normal-*-14-*-*-*-*-*-iso8859-1")


2006年05月14日() 旧暦 [n年日記] [更新:"2006/05/14 09:08:45"]

#1 [NetBSD][macppc] また落ちていたので 3.99.19 に

また落ちていたので ちょっと無謀だが、kernel だけ 3.99.19 にして見る
NetBSD hostname 3.99.19 NetBSD 3.99.19 (ZS-L2-1M-PB2-SHM) #0: 
Fri May 12 12:51:13 JST 2006  
root@mini:/export/20060506/checkout/src/sys/arch/macppc/compile/obj/ZS-L2-1M-PB2-SHM macppc


2005年05月14日() 旧暦 [n年日記] [更新:"2005/05/14 23:29:07"]

#3 [買物] 秋葉原

ついでがあり、小物をいろいろ。
RS232C 9p + フラット線)525) と 9p おす(350)、めす(350)一個づつ1,225
Disk 3.2GByte945
半田ごて 30 W (ニクロム線型)950
ピンバイス(1,155) と 1m/m ドリル刃(210)1,365
携帯転送線 9-KE(430) x 2, RS232C クロス線 9p (320)1,180
へッダ 16p 直 (100) 90 度曲 (160) x 4777
接続コネクタ 4p x 4462
全て玄箱実験用。 6,904 円の散財。

30 W の半田ごてを使ったら、GND のスルーホールの半田も抜くことが出来た。 ところが、それで待望の 4p コネクタの向きを逆にしたら、どうも下にある 水晶のせいで、コネクタが抜け難くなってしまった。やはり元の向きの方が 良いようだ。

1.8inch 60GByte 47,000 円くらい:

というのがあったけれど、 これを iPod に入れたり出来るのだらうか。? 初期化とか、移動とか。 (iPod disk 換装で google すると ?)

#2 [bulk-build][pkgsrc] 敗者復活戦が終了 3868 で成績悪し。

pkgsrc bulk build results
NetBSD 3.99.3/macppc

Summary:

 Build started:                  Mon May  9 15:14:09 2005 UTC
 Build ended:                    Sat May 14 12:03:56 2005 UTC

 Successfully packaged:          3868
 Packages really broken:         442
 Pkgs broken due to them:        877
 Total broken:                   1319
 Not packaged:                   283
 Total:                          1602

broken:

graphics/xpm               388     mycroft@NetBSD.org  直してなかったかな
ALLOW_VULNERABLE_PACKAGES=YES
が要るということだ。非 chroot では要らないのに、何故か要求される。 これでもう一度走らせておく。

#1 [kuro-box][JTAG] RA11 につけるチップ抵抗

なひたふさんは 1005 を縦にして並べて付けた のというので、真似をして付けようと思ったが、 どうも手元にあるのはそれより大きい抵抗の気がする。 隣の RA67 に付けるのに相似しい大きさだ。2010 なのかな。長さは 1.5mm くらいだが。 やはり Digi-key で EXB-28V103JX を買うしかないのだらうか。2,000 + 1,000 の余分な手数料が発生するというので ためらっている。 Y7103CT-ND を、100 個で 1,000 円くらい。それにしても +3,000 かかる。 求む EXB28V 100 個 1,000 円送別 (10k ohm)。


2003年05月14日(水) 旧暦 [n年日記]

#3 [日記]


#2 [tcode] へ + 形 = 診 ?

へ + 形 = 診

#1 [無題] 日赤健診・秋葉原・日赤・荻窪・幕張

日赤健診 前回 2002/10
秋葉原 Sony ICF-A55
日赤 眼鏡を忘れて取りに
荻窪 一枚書類が不足していて
幕張 ガーデン・ウォーク
BGM = KV.545


2002年05月14日(火) 旧暦 [n年日記]

#2 [NetBSD] Promis Ultara100 Tx2

wd0 at pciide0 channel 0 drive 1: <ST340810A>
wd0: drive supports 16-sector PIO transfers, LBA addressing
wd0: 38166 MB, 16383 cyl, 16 head, 63 sec, 512 bytes/sect x 78165360 sectors
wd0: drive supports PIO mode 4, DMA mode 2, Ultra-DMA mode 5 (Ultra/100)
trap type 200 at 3491fc
Stopped in pid 0 (swapper) at pdc202xx_setup_channel+0xdc: sync

#1 [NetBSD] macppc と gcc

2001/11 月頃までは egcs-1.1.2 が使われていた:

と言っても、かなり NetBSD 的変更が入っているようだ。 今更、生の egcs を探して来ても make するのは大変。

2.95.3 への移行:

  • 2001/11 に NEW_TOOLCHAIN に移行した
  • その時から gcc-2.95.3 になる (+ binutils-2.11.2)
  • ./build.sh するとそれらが使われる
  • しかし kernel を作る時、X Window System を作る時には、これは問題がある。
  • (とは言うものの) gcc-3 を作る時には、かえってこちらの方が都合が良い

gcc-3.0.x を用意する:

  • gcc-3 を作るには 1.5ZC 辺りの snapshot を入れておくのが手軽
  • それには gcc-2.95.3 + binutils-2.11.2 が入っている
  • make するには pkgsrc を使う方法と使わない方法がある
  • package_add で手軽に入替えられるようにするには pkgsrc の方がいい
  • しかし、 package_add した場合でも、そのまま ./build.sh を実行するなら、gcc-3.0 は使われない。
  • しかし、少なくとも kernel を作る部分は config の中に
    makeoptions      CC="gcc3"
    
    と書いておけば良い
どうも僕の用意した packages/gcc は PLIST の include 辺りが正しくない気がする。

1.5ZC + gcc-3.0.4 + pkgsrc:

  • 1.5ZC を入れる
  • gcc-3.0.4 を入れる
       (/usr/local/src)
       env DESTDIR=/export/dest make install
    
  • pkgsrc/gcc をそこで作る
というのをやって見るかな。

1.5ZC が入っているところで gcc-3 の pkgsrc:

を make したら、gmake が coredump する。 (これは gcc-2.95.3 で make したもののはず)
gmake-3.79.1 は、他の人が 1.5.2 用に作ったものが にあるので、 (pkg_delete gmake してから) pkg_add する。 libutil.so.5 がないと言うので libutil.so.5 -> libutil.so.6 の symlink を張る。(と make が進む)
gmake[3]: Leaving directory `/export/pkgsrc/personal-pkgsrc/gcc/work/gcc-3.0.4/gcc/po'
echo "int xxy_us_dummy;" >tmp-dum.c
./xgcc -B./ -B/usr/pkg/powerpc--netbsd/bin/ -isystem /usr/pkg/powerpc--netbsd/include -isystem /usr/pkg/powerpc--netbsd/sys-include -S tmp-dum.c
gmake[2]: *** [s-under] Trace/BPT trap (core dumped)
gmake[2]: Leaving directory `/export/pkgsrc/personal-pkgsrc/gcc/work/gcc-3.0.4/gcc'
gmake[1]: *** [stage2_build] Error 2
gmake[1]: Leaving directory `/export/pkgsrc/personal-pkgsrc/gcc/work/gcc-3.0.4/gcc'
gmake: *** [bootstrap] Error 2
*** Error code 2

(gdb) where
#0 0x18275dc in wait ()
#1 0x180e698 in pwait ()
#2 0x1804414 in execute () at gcc.c:2706
#3 0x1807b50 in do_spec (spec=0x0) at gcc.c:4012
#4 0x180b9d4 in main (argc=25296896, argv=0x1820000) at gcc.c:5917
#5 0x1800ef0 in _start ()
#6 0x7f03c378 in ?? ()
(gdb)


2001年05月14日(月) 旧暦 [n年日記]

#1 [MacOSX] Emacs and Wanderlust

popserver を見に行くところまでは出来たが、 表示しようとすると
Symbol's function definition is void: mime-display-message
動いている方の機械で調べると mime-view は Library is file /usr/local/share/emacs/site-lisp/semi-1.13.7/mime-view.elc の中とある。semi は入れてあるはずなのだけれど。



最近の日記
2024年03月10日
停電 (瞬電)
2024年03月03日
the second try on bare-metal
useradd
2024年02月29日
opendkim and senmail
2024年01月24日
chat/iam 0.0.8
2024年01月21日
uselocale vs setlocale (textproc/R-readxl)
以上、10 日分です。
タイトル一覧
カテゴリ分類
Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project

Count.cgi (since 2000/02/05)