hns - 日記自動生成システム - Version 2.19.9

  • 01/25(金) Interface
  • 01/31(木) JAF 払込期限
  • 01/31(木) NTT 東 払込期日
  • 01/31(木) 法人調書・償却資産届出 提出期限
  • 02/01(金) atactl check
  • 02/06(水) 不燃ごみ
  • 02/09() 2000-2200 AP Sprint 20/40m
  • 02/09() 2100-2100 KCJ TopBand
  • 02/11(月) 0900-1500 関東 UHF
  • 02/15(金) 確定申告受付開始
  • 02/15(金) 確定申告受付開始
  • 02/16() 0900 ARRL CW
  • 02/16() 木之本会議
  • 02/19(火) CQ Ham Radio
  • 02/19(火) 別冊 CQ
  • 02/20(水) 不燃ごみ
  • 403 JNUG 総会/BOF 2017/07/08 (土)
  • 402 用途別 Emacs ( C, LaTeX, 日本語 )
  • 380 cvsweb の移行
  • 370 tamago 辞書登録
  • 368 CROSS (cross/i386-mingw32, cross/powerpc-linux ) Framework --- binutils + gcc
  • 363 Wanderlust+HyperEstraier
  • 360 evbppc 用 patch / 玄箱
  • 335 /dev/battery is missing hack | libgcc_s_pic.a is missing | samba の -PIE 問題335 ntpd monitor
  • 325 tcode頁の更新
  • 322 software |hardware
  • 321 emacs-22 | IPv6
  • 320 bulk build (Mac OS X 10.4 and NetBSD/macppc)
  • 310 Wanderlust の Namazu の挙動
  • 290 WordPress 1.2 -> 1.5 migration
  • 220 Wanderlust で日本語題名の wl-summary-print-buffer
  • 215 NetBSD/ofppc
便利なツール
Emacs
らくらく 入門
rakuraku-emacs-cover

先月 2019年01月 来月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Namazu for hns による簡易全文検索
詳しくは 詳細指定/ヘルプを参照して下さい
検索式:

2016年04月22日(金) 旧暦 [n年日記] [更新:"2016/04/22 15:08:37"]

#1 [pkgsrc] glib2-2.48.0 make test fails 6

ERROR: fileutils - too few tests run (expected 15, got 5)
ERROR: fileutils - exited with status 134 (terminated by signal 6?)
ERROR: mappedfile - too few tests run (expected 7, got 2)
ERROR: mappedfile - exited with status 134 (terminated by signal 6?)
ERROR: utils - too few tests run (expected 25, got 16)
ERROR: utils - exited with status 134 (terminated by signal 6?)
# ERROR: 6


2013年04月22日(月) 旧暦 [n年日記] [更新:"2013/04/22 12:34:50"]

#1 [Printer] MicroLine 5300 ドラム寿命

印刷枚数:

総印刷枚数:
	14,524

トレイ1 印刷枚数:
	5,951

MPトレイ印刷枚数:
	3,243
シアン印刷枚数:	 4,684
マゼンタ印刷枚数:	 4,684
イエロー印刷枚数:       4,684
ブラック印刷枚数:	14,355

ベルトユニット:
	15,002 イメージ

定着器:
	14,513 プリント


2012年04月22日() 旧暦 [n年日記] [更新:"2012/04/26 00:49:25"]

#1 [NetBSD] ファイル /usr/local/share/tc/bushu.expand が存在しません

i386 で実行していた limited-list pbulk が 完了したので、
sudo pkg_delete '*'
して、pkg_info で何も表示されないことを確めてから
config-desktop
config-emacs 
を pkg_add した。しかし、emacs を起動すると、次のようになってしまう。
Warning (initialization): An error occurred while loading `/home/makoto/.emacs':

error: ファイル /usr/local/share/tc/bushu.expand が存在しません。
2004/08/21 の日記 に同じ文字が出て来るが、そこに書いてあることは多分役に立たない。 *scratch* buffer を開いておいて
(require 'tc-setup)
すると、ほぼ次のような表示になる。
Debugger entered--Lisp error: (error 
  "ファイル /usr/local/share/tc/bushu.expand が存在しません。")
  signal(error ("ファイル /usr/local/share/tc/bushu.expand が存在しません。"))
  error("ファイル %s が存在しません。" "/usr/local/share/tc/bushu.expand")
  tcode-set-work-buffer(" *tcode: bushu expand*" "bushu.expand")
  tcode-bushu-load-dictionary()
  tcode-bushu-init(0)
  byte-code(" ...." [provide tc tcode-bushu-init 0] 2)
  require(tc)
  require(tc-bushu)
  byte-code(" ...." [tcode-init-file-name tcode-use-isearch ...] 7)
  require(tc-setup)
  eval((require (quote tc-setup)) nil)
tc-bushu.el
0045 (defvar tcode-bushu-expand-file-name "bushu.expand")
0046 (defconst tcode-bushu-expand-buffer-name " *tcode: bushu expand*")
 ...
0380 (defun tcode-bushu-load-dictionary (&optional force)
0381   "部首合成変換辞書を読み込む。
0382 すでに読み込まれている場合は何もしない。
0383 FORCEがnilでない場合は再読み込みする。"
0384   (interactive "P")
0385   (save-excursion
0386     ;; expand if need
0387     (if (file-newer-than-file-p (tcode-path-for-read
0388 				 tcode-bushu-reverse-dictionary-name)
0389  				(tcode-path-for-read
0390 				 tcode-bushu-expand-file-name))
0391  	(tcode-bushu-expand-all))
0392     ;; load dictionaries
0393     (tcode-set-work-buffer tcode-bushu-expand-buffer-name
0394 			   tcode-bushu-expand-file-name)
tc.el
1618 (defun tcode-set-work-buffer (bufname filename &optional force noerror)
1619   "編集対象バッファを、FILENAME の内容を持つバッファ BUFNAME にする。
1620 ファイル FILENAME がまだ読み込まれていない場合には読み込む。
1621 返り値として、設定されたバッファを返す。
1622
1623 FORCE が nil でないときは、再読み込みを行う。
1624 NOERROR が nil でないときは、FILENAME が指定されていない場合や
1625 ファイルが存在しない場合でも、空のバッファを作成する。"
1626   (let ((buffer (get-buffer bufname))
1627 	(file (tcode-path-for-read filename)))
1628     (if (and buffer
1629 	     (not force))
1630 	(set-buffer buffer)
1631       (if (and file (file-exists-p file))
1632 	  (prog2
1633 	      (when tcode-verbose-message
1634 		(message "ファイル %s 読み込み中..." file))
1635 	      (set-buffer (get-buffer-create bufname))
1636 	    (erase-buffer)
1637 	    (insert-file-contents file)
1638 	    (set-buffer-modified-p nil)
1639 	    (when tcode-verbose-message
1640 	      (message "ファイル %s 読み込み中...完了" file)))
1641 	(if noerror
1642 	    (set-buffer (get-buffer-create bufname))
1643 	  (error "ファイル %s が存在しません。" file))))))
tc.el
1609 (defun tcode-path-for-read (file)
1610   (let ((user-file (expand-file-name file tcode-data-directory)))
1611     (if (file-exists-p user-file)
1612 	user-file
1613       (expand-file-name file tcode-site-data-directory))))
1614
M-x describe-variable RET tcode-site-data-directory
tcode-site-data-directory is a variable defined in `tc-pre.el'.
Its value is "/usr/local/share/tc/"

  This variable is potentially risky when used as a file local variable.

Documentation:
Not documented as a variable.
tc-pre.el
0127 (defconst tcode-site-data-directory "/usr/pkg/share/tc/")
0128 
0129 (provide 'tc-pre)
0130 
0131 ;;; tc-pre.el ends here
byte compile する時に違う値が代入されている ? (らしいです)
m08@makoto 20:27:46/120422(..site-lisp/tc-2.3.1)% grep local/share *.elc
Binary file tc-pre.elc matches
tc-pre.el が調整されるのは configure;make の後の方で add-site-info shell 手続による。それ以前は svn のままで、その以前の状態で byte compile される (ので、何かの対策が必要)。その対策の後に、
77 による部首合成
同上記号の部       矢 + 右  = →
混ぜ書き
を確認

wip/tc-svn には 一時回避を commit した



2009年04月22日(水) 旧暦 [n年日記] [更新:"2009/04/23 11:03:56"]

#1 [無線] (6m) 2 x 2 ダイポールを試して見る

ちょっと思い着いて全体の大きさが横 6.4m x 縦 3m で、 半波長の素子が四本垂直な平面に並んだ アンテナを試して見た。このようなものでも 12.87dBi - 2.14dBi = 10.7dB の利得になる。 素子の長さ(数)から言えば四素子 (four element)相当で、普通 4 ELE なら 10dB くらいで 同じようなものかなとも言える。 へアピンマッチを付けているので、 給電点インピーダンスは 64 オームくらい。 MMANA を使って、地上高 7m で銅線でシミュレーションしている。 文字の X に似ているし、一応 XMS アンテナという名前にしておこう。
One lambda Stacked dipole for 6m (6m2xlamda)
*
50.5
*** ワイア ***
12
0.0,	0.2,	1.5,	0.0,	-0.2,	1.5,	0.00025,	2
0.0,	2.9,	3.2,	0.0,	0.2,	3.2,	0.00025,	2
0.0,	-2.9,	3.2,	0.0,	-0.2,	3.2,	0.00025,	2
0.0,	0.2,	1.5,	0.0,	0.2,	3.2,	0.00025,	2
0.0,	-0.2,	1.5,	0.0,	-0.2,	3.2,	0.00025,	2
0.0,	2.9,	0.0,	0.0,	0.2,	0.0,	0.00025,	2
0.0,	-2.9,	0.0,	0.0,	-0.2,	0.0,	0.00025,	2
0.0,	0.2,	1.5,	0.0,	0.2,	0.0,	0.00025,	2
0.0,	-0.2,	1.5,	0.0,	-0.2,	0.0,	0.00025,	2
0.0,	-0.2,	1.5,	-0.45,	-0.2,	1.5,	0.00025,	2
0.0,	 0.2,	1.5,	-0.45,	 0.2,	1.5,	0.00025,	2
-0.45,	-0.2,	1.5,	-0.45,	 0.2,	1.5,	0.00025,	2
*** 給電点 ***
1,  	1
w1c,	0.0,	1.0
*** 集中定数 ***
0,	1
*** 自動分割 ***
400,	40,	2.0,	1
*** 計算環境 ***
0,	20.0,	0,	50.0,	120,	60
これの利点を考えて見ると、打上角が低い (上記例で 10度)ということで、 (MMANA に付属している) 同じ四素子の 4EL20.MAA を地上高 21m のアルミパイ プで模疑して見ると利得は 13.40dBi = 11.4dB 出るが打上角は 13.5 度である。

参考に:
MMANA による 八木アンテナの設計手法 (ヘアピンマッチ)



2008年04月22日(火) 旧暦 [n年日記] [更新:"2008/04/28 07:55:51"]

#1 [BUG] 神保町にて打合せ

19:30
22:00
ちょっと思い出したことがあって、 JNUG 総会 は 2008/07/05(土)の予定です。 NetBSD に興味のある方でしたら、どなたでも 会員になれます。

pTeX macro and next generation:

帰りに教わったこと
  • TeX のマクロを \def で書く時に、- の行のようにしていたが これは間違い。何が違うかと言って空白があるかないかだけ。
    -\def\indextt#1     {\texttt{#1}   \index{#1@\texttt{#1}}}
    +\def\indextt#1{\texttt{#1}   \index{#1@\texttt{#1}}}
    
    #1の次の文字が引数の区切字になる。それで、間違っている方だと {} ではなく空白文字が区切になる。この場合
    (\indextt{hoge}) で
    
    と書くと「で」の前の空白が区切になり、「)」までが #1 に含まれてしまう。
    これを混んだ総武快速線の電車の中で教わったので立ったまま、 変更して make して確認した。
  • pTeX は teTeX に拠っているが、teTeX は保守が終了していて、 次は TeX Live ( ptexlive ) と考えられている
    という話も聞いた。


2005年04月22日(金) 旧暦 [n年日記] [更新:"2005/04/23 09:03:25"]

#3 [OpenOffice] OpenOffice って、src を見たこと

がなかったので、どんなものかと:

-rw-r--r-- 1 ftp ftp 251527168 Apr 21 11:35 OOo_1.9.95_src.tar.gz
MD5 (OOo_1.9.95_src.tar.gz) = 75cf1bb109439d2360bfe98e2b534d1a
ところが:
> tar zxf OOo_1.9.95_src.tar.gz
gzip: (stdin): unexpected end of file
tar: End of archive volume 1 reached
tar: Unexpected EOF on archive file
mirro.isc から持って来ると、
wget http://mirrors.isc.org/pub/openoffice/developer/680_m95/OOo_1.9.95_src.tar.gz
MD5 は同じ。
MD5 (OOo_1.9.95_src.tar.gz) = 75cf1bb109439d2360bfe98e2b534d1a
もしかして、と思って、NFS から直接 tar zxf していたのを止めて、 local に写してから、tar zxf すると、同じ。
> zcat OOo_1.9.95_src.tar.gz > /dev/null
zcat: OOo_1.9.95_src.tar.gz: unexpected end of file
gzip する時にこわれたか、gunzip する時にこわれるのか (あるいはこれは表示だけで実は問題ないのかも知れない) ? それとも /tmp でも溢れている ? Fedora Cora 1 の機械でも同じだったので 元がこわれているのかなぁ。 一つ前の OOo_1.9.93_src.tar.gz の方は開いたので、やはり元がこわれているらしい。 OOo_1.9.93_src.tar.gz is OK, that means OOo_1.9.95_src.tar.gz is corrupted anywhere.
ttypc:makoto@st4200 DING!/050423(...local-src/SRC680_m93)> cat config_office/README
See < > for build instructions.
ttypc:makoto@st4200 9:02:31/050423(...SRC680_m93/config_office)> ./configure
...
...
checking build system type... powerpc-unknown-netbsd2.99.15
checking host system type... powerpc-unknown-netbsd2.99.15
checking target system type... powerpc-unknown-netbsd2.99.15
configure: error: operating system is not suitable to build OpenOffice.org!
ttypc:makoto@st4200 9:02:35/050423(...SRC680_m93/config_office)>

#2 [新機種] Let's Note の新機種

家人が PC が必要だということで、 Let's Note W2 を買いたいということで、 を見ると、完売になっている。 これは新しい機種が出るのかなという予感。

量販店に行くと、W2 が二台残っているという。 家人はどうしても今日欲しいというが、 聞くと、 やはり新しいものが出そうだ。25 日まで待つことにする。

加速度センサ無でも充分衝撃には強いが、カタログ上は 減点されるので、そういうものを追加とか。 libretto が新しくなったというのは、この際関係なさそうだが。 日立 は 4/29 から発売か。

#1 [Network] 回線が落ちていた。

6:11:29/050422(/etc)# ifconfig pppoe0 down
6:11:30/050422(/etc)# ifconfig pppoe0 up
これで回復


2004年04月22日(木) 旧暦 [n年日記]

#4 cross assembler の作り方

例えば、 Fedora Core 1 で NetBSD-powerpc 用を作って見る
  735  tar zxf ../binutils-2.14.tar.gz 
  736  cd binutils-2.14/
  739  ./configure --target=powerpc--netbsd
  740  make
これで、NetBSD/macppc の /bin/ls を objdump して見る
  767  binutils/objdump -d /tmp/ls |less

何故か逆は問題があって作れない:

./configure --target=i386-redhat-linux
make
binutils-2.14/opcodes/./disassemble.c:286: undefined reference to `print_insn_little_powerpc'
../opcodes/.libs/libopcodes.a(disassemble.o)(.text+0x42): binutils-2.14/opcodes/./disassemble.c:286: undefined reference to `print_insn_little_powerpc'
../opcodes/.libs/libopcodes.a(disassemble.o)(.text+0x5a): binutils-2.14/opcodes/./disassemble.c:292: undefined reference to `print_insn_big_powerpc'
   118  16:36   make clean
   119  16:36   ./configure --target=i386--freebsd
   120  16:36   make
これは出来た。

make clean していなかったせい ?:

   128  16:43   make clean && ./configure --target=i386--linux
   129  16:43   make
   130  16:48   binutils/objdump -d /tmp/ls | less
出来た。

#3 [NetBSD][build.sh] 20040403

/export/nandra-20040403/checkout/d/usr/lib/libstdc++.so: undefined reference to `_Unwind_GetIP'
/export/nandra-20040403/checkout/d/usr/lib/libstdc++.so: undefined reference to `_Unwind_Resume_or_Rethrow'

:

/export/nandra-20040403/checkout/src/dist/am-utils/conf/mtab/mtab_bsd.c: In function `mnt_dup':
/export/nandra-20040403/checkout/src/dist/am-utils/conf/mtab/mtab_bsd.c:74: error: case label does not reduce to an integer constant

#2 $ grep -i lisp {tamago,emacs-w3m-1.3.6,tc*}/configure.in

tamago:

tamago/configure.in:lispdir=${datadir}/emacs/site-lisp
tamago/configure.in:AC_SUBST(lispdir)

emacs-w3m:

emacs-w3m-1.3.6/configure.in:AC_PATH_LISPDIR

tc-2.3.1:

tc-2.3.1/configure.in:AM_PATH_LISPDIR
tc-2.3.1/configure.in:lispdir=${lispdir}/tc
tc-2.3.1/configure.in:AC_ARG_WITH(lispdir, dnl
tc-2.3.1/configure.in: --with-lispdir=DIR Emacs Lisp files in DIR,
tc-2.3.1/configure.in:lispdir=${withval})
tc-2.3.1/configure.in:dnl AC_ARG_ENABLE(site-install, --enable-site-install Perform a sitewide installation, [ DOTEMACS='$(prefix)/share/emacs/site-lisp/default.el' ], [ DOTEMACS=`( cd ; pwd)`/.emacs ])
tc-2.3.1/configure.in:dnl AC_PATH_LISPDIR
tc-2.3.1/configure.in: lisp/Makefile
tc-2.3.1/configure.in: lisp/tc-pre-base
tc-2.3.1/configure.in:AC_MSG_RESULT("Lisp files will be installed into: ${lispdir}")

emacs-w3m-1.3.6/aclocal.m4:

AC_DEFUN(AC_PATH_EMACS,
 [dnl Check for Emacsen.

  dnl Apparently, if you run a shell window in Emacs, it sets the EMACS
  dnl environment variable to 't'.  Lets undo the damage.
  test x${EMACS} = xt && EMACS=

  dnl Ignore cache.
  unset ac_cv_prog_EMACS; unset EMACS_cv_SYS_flavor;

  AC_ARG_WITH(emacs,
   [  --with-emacs=EMACS      compile with EMACS [EMACS=emacs, xemacs, mule...]],
   [if test "${withval}" = yes -o -z "${withval}"; then
      AC_PATH_PROGS(EMACS, emacs xemacs mule, emacs)
    else
      AC_PATH_PROG(EMACS, ${withval}, ${withval}, emacs)
    fi])
  AC_ARG_WITH(xemacs,
   [  --with-xemacs=XEMACS    compile with XEMACS [XEMACS=xemacs]],
   [if test x$withval = xyes -o x$withval = x; then
      AC_PATH_PROG(EMACS, xemacs, xemacs, xemacs)
    else
      AC_PATH_PROG(EMACS, $withval, $withval, xemacs)
    fi])
  test -z "${EMACS}" && AC_PATH_PROGS(EMACS, emacs xemacs mule, emacs)
  AC_SUBST(EMACS)

  AC_MSG_CHECKING([what a flavor does ${EMACS} have])
  AC_EMACS_LISP(flavor,
    (cond ((featurep (quote xemacs)) \"XEmacs\")\
          ((and (boundp (quote emacs-major-version))\
                (>= emacs-major-version 21))\
           \"FSF Emacs 21\")\
          ((boundp (quote MULE)) \"MULE\")\
          (t \"FSF Emacs\")),
    noecho)
  case "${flavor}" in
  XEmacs)
    EMACS_FLAVOR=xemacs;;
  MULE)
    EMACS_FLAVOR=mule;;
  "FSF Emacs 21")
    EMACS_FLAVOR=emacs21;;
  *)
    EMACS_FLAVOR=emacs;;
  esac
  AC_MSG_RESULT(${flavor})])

liece-1.4.10/acinclude.m4:

AC_DEFUN(AC_CHECK_EMACS,
 [dnl Check for Emacsen.

  dnl Apparently, if you run a shell window in Emacs, it sets the EMACS
  dnl environment variable to 't'.  Lets undo the damage.
  test "$EMACS" = t && EMACS=

  dnl Ignore cache.
  unset ac_cv_prog_EMACS; unset ac_cv_prog_XEMACS;

  AC_ARG_WITH(emacs,
   [  --with-emacs=EMACS      compile with EMACS [EMACS=emacs, mule...]],
   [if test "$withval" = yes -o -z "$withval"; then
      AC_CHECK_PROGS(EMACS, emacs xemacs mule, emacs)
    else
      AC_CHECK_PROG(EMACS, $withval, $withval, emacs)
    fi])
  AC_ARG_WITH(xemacs,
   [  --with-xemacs=XEMACS    compile with XEMACS [XEMACS=xemacs]],
   [if test "$withval" = yes -o -z "$withval"; then
      AC_CHECK_PROG(XEMACS, xemacs, xemacs, xemacs)
    else
      AC_CHECK_PROG(XEMACS, $withval, $withval, xemacs)
    fi
    EMACS=$XEMACS],
   [XEMACS=xemacs
    test -z "$EMACS" && AC_CHECK_PROGS(EMACS, emacs xemacs mule, emacs)])
  AC_SUBST(EMACS)
  AC_SUBST(XEMACS)])

#1 [Emacs] configure.in の比較

$ wc   {tamago,emacs-w3m-1.3.6,tc*}/configure.in
      27      71     624 tamago/configure.in
      13      26     345 emacs-w3m-1.3.6/configure.in
      97     283    2828 tc-2.3.1/configure.in


2002年04月22日(月) 旧暦 [n年日記]

#4 [Network] MTU

が timeout してしまうので、 mtu discovery というか、 「途中に ICMP を全て捨ててしまう router がいる」 という話かなと、 ping -s size して見ると、
www.nikkei.co.jp  1426 まで (packet で +8 の 1434)
www.sakei.co.jp   1172 まで (packet で +8 の 1180)
という気がする。が、どうやれば見えるようになるか不明。
tlp0: flags=8843<UP,BROADCAST,RUNNING,SIMPLEX,MULTICAST> mtu 1000
にしてもだめ。

#3 [IPv6] 復活

ifconfig gif0 inet6 'fe80::200:f8ff:fe04:yyyy%gif0' :: prefixlen 64
と手で入れたら、動いた。良く分らない。
  • rtadvd が二つ動いていた
  • 複数 i/f がある場合、これが必要
かなぁ。再起動すると、また違うかも。

#2 [MailingList] mhonarc lock - stale

Trying to create lock ...
ERROR: Unable to lock ml-archive/200204 after 10 tries
rm -rf ml-archibe/200204/.mhonarc.lck
fixed.

#1 [Network] PPPoE の性能

gm0 から直接 PPPoE して見た (G4/800)

まずは dti と ftp:

20288222 bytes received in 00:12 (1.58 MB/s)
1.58*8 = 12.6Mbps

pchar:

Hop char:	rtt = 9.595990 ms, bw = 32569.693551 Kbps
がーん。gm0 だと 32.5M だ。何とかしなくては。

G3 Card があったのを思い出し、差して見るが:

有意差があるとは思えない。

続いて GreenHouse の DEC 21140 と DEC-500AA と交換して見る:

と、一時的に 15Mbit 出たような気がしたが、その後、 6M 9.7M と落ちている。 MRTG 付けなきゃだめかな。 やり方を知らないのだ。
Apr 22 14:49:05 gw /netbsd: tlp1: receive error: dribbling bit
Apr 22 14:49:05 gw /netbsd: tlp1: receive error: CRC error
結構これが多い。

一ヶ谷兼乃の ..:

同じく続き
コレガ BAR SW-4P Pro  (公称) 65M (但し NAT 使用時 45M)
実はなかなか大変そうなことらしい。 「単体では速くても、filtering などの処理をすると遅くなる」 ということか。


2001年04月22日() 旧暦 [n年日記]

#3 [MacOSX] ドライブ設定の選択肢

Mac OS 標準
Mac OS 拡張
Mac OS UFS
Mac OS Server UFS

A/UX Root
A/UX Swap
A/UX Autorecovery
A/UX User
A/UX Free 1
A/UX Free 2
A/UX Free 3
A/UX Random
Linux Home
Linux Opt
ProDOS
未使用

ドライブ設定の実際:

8 partiton, total: 5,729M
Mac OS 拡張   500M   MacOS 9.1           315M 必要
Mac OS UFS  1.5G     MacOS X             1.1G 必要
A/UX Root     102M   /
A/UX Swap     128M   swap
A/UX User   1.0G     /usr
A/UX Free 1 1.1M     /usr/src
A/UX Free 2   300M   /usr/DESTDIR
A/UX Free 3 1.1G     /usr/pkgsrc
これだとだめのような気がする。UFS では OS X が設置出来ない。 (前回は HFS+ にした)。
ドライブ設定って、一つだけは変更出来ない(はず)。

カスタム設置の内容:

x が初期値, + が今回の設定
x  + MacOS 9.1
x    AirMac
   + ことえり
x    インターネットアクセス
x    Apple Remote Access
x    Mac OS Web 共有
x  + Mac OS Runtime for Java
x  + ColorSync
   + Language Kits (すべて)
     ネットワークアシスタント・クライアント
(約 20 分)と言う表示が出来が、多分 9 分位で終了する。
0 > boot hd:,\\:tbxi で起動する。
   disk@9,0 という字が見えた気がする。

再起動した時には

boot-device /pci@f2000000/mac-io@17/ata-3@20000/@0:9,\\:tbxi
となっている。が、これは実際には無効
MacOS X の CDROM で起動したら、UFS は見えないし、 ドライブ設定からも、以前の label が見えないので、 ftp://ftp.ki.nu/pub/NetBSD/iBook/ にある、
hfsboot
netbsd-1.5E.ram.gz
の二つを MacOS 9.1 の中に入れて
boot hd:,hfsboot としたら NetBSD の installer が起動した。
disk label で見ると
f:  3072000 1025544 unknown
というのがあるので disklabel -i wd0 で変更出来るかと 思ったが、disklabel からは NetBSD label しか書けないし、 それでは MacOS の label は書けないのでした。

という訳で最初からやり直し。:

二つとも HFS+ にして、9.1 を入直して、OS X の方の cdrom で起動。 (18:25)

18:25 - 18:43 には CDROM から読終った。 30 秒以内に再起動します:

と出ている この時点で、
boot-device  mac-io/ata-4@1f000/@0:10,\\:tbxi
となっている。

18:55 には Aqua: Finder が動いている。:

前回試した時には 9.1 しか見えていなかったが、 今回は 9.1 + X の両方が見えている。 「ソフトウェア・アップデート」は以下の新しいソフトウェア を見つけました。
Software Update 1.3.1
管理者のパスワードが必要です。
これは入れる。

Netscape 4.72:

「MacOS 9.1 上のシステムフォルダ内に追加または更新
(update)を必要とする Classic 固有の資源(resorce)が
あります。変更を加えても、native MacOS 9 でこのシス
テムフォルダを使用する時には影響がありません。
                それらを追加または更新しますか ?

ls -lt /:

ls -lt /
drwxrwxrwt   3 root  wheel      264 Apr 22 11:48 Volumes
-rwxrwxrwx   1 root  wheel      258 Apr 22 11:30 Desktop DF
-rwxrwxrwx   1 root  wheel    73728 Apr 22 11:29 Desktop DB
drwxrwxr-x  20 root  admin      636 Apr 22 11:28 Applications
lrwxrwxr-t   1 root  admin       13 Apr 22 11:28 cores -> private/cores
lrwxrwxr-t   1 root  admin       11 Apr 22 11:28 etc -> private/etc
lrwxrwxr-t   1 root  admin        9 Apr 22 11:28 mach -> /mach.sym
lrwxrwxr-t   1 root  admin       11 Apr 22 11:28 tmp -> private/tmp
lrwxrwxr-t   1 root  admin       11 Apr 22 11:28 var -> private/var
drwxr-xr-x   4 root  wheel       92 Apr 22 08:51 Users
drwxrwxr-x  19 root  admin      602 Apr 22 08:47 Library
drwxr-xr-x   7 root  wheel      194 Apr 22 08:45 private
-r--r--r--   1 root  admin   652056 Apr 22 08:45 mach.sym
dr-xr-xr-x   2 root  wheel      512 Apr 22 08:44 dev
drwxr-xr-x   9 root  wheel      264 Apr 22 08:41 usr
drwxrwxrwx   3 root  wheel      264 Apr 22 08:15 TheVolumeSettingsFolder
drwxrwxrwx   2 root  wheel      264 Apr 22 08:00 Desktop Folder
drwxrwxrwx   2 root  wheel      264 Apr 22 08:00 Trash
drwxr-xr-x   3 root  wheel      264 Apr 12 04:51 System
drwxr-xr-x  33 root  wheel     1078 Mar  2 02:03 bin
drwxr-xr-x  56 root  wheel     1860 Mar  2 02:01 sbin
-rw-r--r--   1 root  wheel  4039448 Mar  1 14:58 mach_kernel
drwxr-xr-x   5 root  wheel      264 Feb 25 08:04 Network

MacOS X を入れた後での NetBSD-ram.gz boot では:

0> boot hd:9,ofwboot.elf hd:9/netbsd-1.5E.ram.gz
とする必要があった。
  • 以前に使った hfsboot はうまく行かない。 ( device not configured )
  • はじめの方はカンマ(,) 後の方は 斜線(/)
  • 名前 (netbsd-1.5E.ram.gz) は指定する必要がある
  • どうも何かの後、初めての時には鍵入力が出来な いことがあるが、あきらめずに、もう一度やると出来る

#2 [Network] 300 M を rcp するのに 一時間もかかった。何かおかしい。(と思う)

makoto@komekome ■13:39:42/010422(/home6)> rcp -pr nazuha.ki.nu:/export/pkgsrc/namazu .
makoto@komekome ■14:42:54/010422(/home6)> du -sk namazu
namazu-dev/ namazu/     
makoto@komekome ■14:42:54/010422(/home6)> du -sk namazu/Mail
297444  namazu/Mail

297,444,000/3600 = 82,623 (Kbytes/sec)
もう少し速くてもいいはず。

#1 [iBook] の中身を消してしまう予定なので、現在値を書いておく

df:

root@nazuha  12:17:44/010422(/home/makoto)# df
Filesystem               1K-blocks     Used    Avail Capacity  Mounted on
/dev/wd0a                   495118   468288     2074    99%    /
/dev/wd0h                   495118   459919    10443    97%    /U
/dev/wd0f                  1584564   867824   637511    57%    /export/src
/dev/wd0g                   495118        1   470361     0%    /export/DESTDIR
/dev/wd0e                  1782668   971604   721930    57%    /export/pkgsrc
pid159@nazuha:/automount         0        0        0   100%    /automount
<above>:/U                  963406   928207    10443    98%    /usr
ki.nu.:/export/home        1352482  1306151    19281    98%    /amd/ki.nu./export/home

disklabel wd0:

root@nazuha  13:37:20/010422(/home/makoto)# disklabel wd0
....
11 partitions:
#        size   offset     fstype   [fsize bsize   cpg]
  a:  1024000     1544     4.2BSD        0     0     0   # (Cyl.    1*- 1085*)
  b:   593920  1025544       swap                        # (Cyl. 1085*- 1713*)
  c: 11733120        0     unused        0     0         # (Cyl.    0 - 12415)
  d:      200      320    unknown                        # (Cyl.    0*- 0*)
  e:  3686400  2643464     4.2BSD        0     0     0   # (Cyl. 2797*- 6698*)
  f:  3276800  6329864     4.2BSD        0     0     0   # (Cyl. 6698*- 10165*)
  g:  1024000  1619464     4.2BSD        0     0     0   # (Cyl. 1713*- 2797*)
  h:  1024000  9606664     4.2BSD        0     0     0   # (Cyl. 10165*- 11249*)
  i:  1036910 10630664        HFS                        # (Cyl. 11249*- 12346*)
  j:    65536 11667574        HFS                        # (Cyl. 12346*- 12415*)
  k:       10 11733110    unknown                        # (Cyl. 12415*- 12415)
root@nazuha  13:37:27/010422(/home/makoto)# 

これをドライブ設定で見ると:

1.  A/UX Root     500M       a g h 
2.  A/UX Swap     290M    b
3.  A/UX User     500M       a g h
4.  A/UX Free 1 1.8G      e
5.  A/UX Free 2 1.6G      f
6.  A/UX Free 3   500M       a g h
7.  Mac OS 拡張   506M    i
8.  Mac OS 拡張    32M    j
ここに出て来ないものが、上の d,c,k


2000年04月22日() 旧暦 [n年日記]

#1 [NetBSD] dhcpd

dhcpd を動かして見た。
cp /usr/share/examples/dhcp/dhcpd.conf /etc

vi /etc/dhcpd.conf
makoto@milano  10:36:59/000422(~)> grep -v '^#' /etc/dhcpd.conf | sed '/^$/d'
option domain-name "ki.nu";
option domain-name-servers ki.nu;
option subnet-mask 255.255.255.240;
default-lease-time 600;
max-lease-time 7200;
subnet 210.145.40.112 netmask 255.255.255.240 {
  range 210.145.40.123 210.145.40.126;
  option broadcast-address 210.145.40.127;
  option routers cis2-kome.ki.nu;
  option domain-name-servers ki.nu,ml.ki.nu;
  option domain-name "ki.nu";
  option routers 210.145.40.113;
  option subnet-mask 255.255.255.240;
  option broadcast-address 255.255.255.240;
  default-lease-time 600;
  max-lease-time 7200;
}
makoto@milano  10:37:36/000422(~)> 



最近の日記
2019年01月06日
today's dd (きょうの dd)
2018年12月23日
segfaults at Adding disk (RAID setup at sysinst)
2018年12月16日
Lets Note SX3
2018年11月11日
old and new
2018年11月04日
自転車を買った(中古)
以上、10 日分です。
タイトル一覧
カテゴリ分類
Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project

Count.cgi (since 2000/02/05)