hns - 日記自動生成システム - Version 2.19.9

先月 2020年12月 来月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Namazu for hns による簡易全文検索
詳しくは 詳細指定/ヘルプを参照して下さい
検索式:

2020年12月14日(月) 旧暦 [n年日記] [更新:"2020/12/20 13:22:49"]

#1 [pkgsrc] NetBSD pkgsrc binary 生活

この記事は、 NetBSD Advent Calendar 2020 の 2020/12/14 として書いているものです。

NetBSD/pkgsrc と言えば、

するものと普通の方は考えていると思います。 しかし世の中には yum とか、なかなか便利なものがあります。 pkgsrc にも同じようなものはないかと思った人はいて、実は pkgin という良く似たしくみがあります。

ここでは make することなく

sudo pkgin search string
sudo pkgin install package-name
のようにして install する話と、
make package
する時でも、依存関係で必要になった package を binary で入れる方法を 書こうと思います。 ちなみに binary の話なので、既に binary が作られていることなので ここでは、 NetBSD が動く architechture のうち、一部、例えば amd64 に限定した話です。ごめんなさい。(以下は、一応 amd64 の話です)

binary package URL:

Release と current:

もし Quarter Release で良いなら、 9.0 のようなところを指定します。少しくらい問題があっても新しい方が良い、という時に 9.0_current を使います(指定します)

これらの URL を、自分の環境に教えておくと都合が良いのですが、それには何ヶ所か あります。

sysinst で:













sysinst の時に、図のように

Configure 
 →  e. Enable installation of binary packages
   →  a: Host  cdn.NetBSD.org
     →  c: Package directory  /amd64/9.0_current/All
と指定しておくと pkgin 用に設定してくれて、 最初が楽です。(current でなくても大丈夫です) ここで指定した URL は
/usr/pkg/etc/pkgin/repositories.conf
に設定されますが、後からここに書いても同じです。 ただし、後から書いた場合には 最初に pkgin (と pkg_install) を入れるのがちょっとだけ苦労です pkgin がここを見るので、pkgin が入る前には、ここに何を書いても見てくれません。

後から pkgin を追加する:

sysinst では指定しなかったけれど、後から pkgin を追加する場合には 上の binary package の URL の付近から
pkgin
pkg_install
の二つを、手元のどこかに Download して、その directory で
sudo pkg_add pkgin
します。

または、 man pkg_add の中にある説明ですが、次のようにする方法もあります

export PKG_PATH=http://cdn.netbsd.org/pub/pkgsrc/packages/NetBSD/x86_64/9.0/All 
pkg_add -v zsh
なお、repositories.conf には複数行 (複数の URL) が書けます

/etc/mk.conf:

もう一つの指定ヶ所ですが、 /etc/mk.conf に
DEPENDS_TARGET=bin-install
BINPKG_SITES=http://cdn.netbsd.org/pub/pkgsrc/packages/NetBSD/x86_64/9.0_current/
と書いておくと、make package した時に、依存のもので版数が合っていれば、 それを持って来ます。既にあっても版が合わない時には、やはり source から作るね、 と言って source から作ります。

pkgin help:

pkgin help と入力すると、簡単な説明が出ますが、それを alphabetical で sort したものを下に示します。赤色な行は、良く使うかな、というものです。
h97@makoto 21:57:21/201220(~)% pkgin help |& sort

Commands and shortcuts:
Usage: pkgin [-cdfFhlnPtvVy] command [package ...]
autoremove          (ar  ) - Remove orphaned dependencies
avail               (av  ) - List all available remote packages
clean               (cl  ) - Remove downloaded package files
export              (ex  ) - Display PKGPATH for all keep packages
full-upgrade        (fug ) - Upgrade all packages (deprecated)
import              (im  ) - Import keep package list from file
install             (in  ) - Install or upgrade packages
keep                (ke  ) - Mark packages that should be kept
list                (ls  ) - List installed local packages
pkg-build-defs      (pbd ) - Show remote package build definitions
pkg-content         (pc  ) - Show remote package content
pkg-descr           (pd  ) - Show remote package long-description
provides            (prov) - Show which shared libraries a package provides
remove              (rm  ) - Remove packages and any dependent packages
requires            (req ) - Show which shared libraries a package requires
search              (se  ) - Search for a remote package
show-all-categories (sac ) - List all known categories
show-category       (sc  ) - List all packages belonging to a category
show-deps           (sd  ) - List remote package direct dependencies
show-full-deps      (sfd ) - List remote package full dependencies
show-keep           (sk  ) - Display keep packages
show-no-keep        (snk ) - Display autoremovable packages
show-pkg-category   (spc ) - Show categories a package belongs to
show-rev-deps       (srd ) - List local package reverse dependencies
stats               (st  ) - Show local and remote package statistics
unkeep              (uk  ) - Mark packages that can be autoremoved
update              (up  ) - Refresh local and remote package lists
upgrade             (ug  ) - Upgrade all packages
Download した package は、今のところ
/var/db/pkgin/cache/
に保存されるので、何かの理由で前の版にしたい、というような時には そこから手動で pkg_add することも可能です


2020年12月12日() 旧暦 [n年日記]

#1 [mail] certificate expired :-(

CF-SX3@makoto 12:01:54/201212(~)% foreach i (993 )       
echo $i;  openssl x509 -text -noout -in <(openssl s_client -connect imap4.example.com:$i) |& grep -A3 Validity
end
993
depth=2 O = Digital Signature Trust Co., CN = DST Root CA X3
verify return:1
depth=1 C = US, O = Let's Encrypt, CN = Let's Encrypt Authority X3
verify return:1
depth=0 CN = imap4.example.com
verify error:num=10:certificate has expired
notAfter=Dec 12 00:12:03 2020 GMT
verify return:1
depth=0 CN = imap4.example.com
notAfter=Dec 12 00:12:03 2020 GMT
verify return:1
DONE
        Validity
            Not Before: Sep 13 00:12:03 2020 GMT
            Not After : Dec 12 00:12:03 2020 GMT
        Subject: CN = imap4.example.com

cetbot syntax changed ?:

   79  2020-12-12 20:10  sudo certbot-3.8 certonly --webroot  -d imap4.example.com 
webroot path used be on the command line, but not for now, and it asks later at dialog

to check the port 587, -starttls smtp is necessary:

CF-SX3@makoto 22:51:52/201212(~)% 
openssl x509 -text -noout -in <(openssl s_client -connect imap4.example.com:587 -starttls smtp ) |& grep -A3 Validity

depth=2 O = Digital Signature Trust Co., CN = DST Root CA X3
verify return:1
depth=1 C = US, O = Let's Encrypt, CN = R3
verify return:1
depth=0 CN = imap4.example.com
verify return:1
250 HELP
DONE
        Validity
            Not Before: Dec 12 10:10:56 2020 GMT
            Not After : Mar 12 10:10:56 2021 GMT
        Subject: CN = imap4.example.com
CF-SX3@makoto 22:52:04/201212(~)%

otherwise: Expecting: TRUSTED CERTIFICATE:

openssl x509 -text -noout -in <(openssl s_client -connect imap4.example.com:587  )
18446744073709551615:error:1408F10B:SSL routines:ssl3_get_record:
wrong version number:/usr/src/crypto/external/bsd/openssl/dist/ssl/record/ssl3_record.c:332:
unable to load certificate
18446744073709551615:error:0909006C:PEM routines:get_name:
no start line:/usr/src/crypto/external/bsd/openssl/dist/crypto/pem/pem_lib.c:745:
Expecting: TRUSTED CERTIFICATE



最近の日記
2021年03月28日
devel/py-line_profiler py39-line_profiler-2.1.2
2021年03月26日
decoding MIME encoded subject
2021年03月16日
DRA-F100 clock settings Denon DRA-f100 の時計合せ
2021年03月15日
NetBSD 9.1 install on DOMU (xen)
2021年03月14日
sendmail group id problem
以上、2 日分です。
タイトル一覧
カテゴリ分類
Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project

Count.cgi (since 2000/02/05)