hns - 日記自動生成システム - Version 2.19.9

  • 05/25() Interface
  • 05/26() 0900 (Sat) WW WPX CW
  • 05/31(金) NTT 東 払込期日
  • 05/31(金) 自動車税,決算
  • 06/01() atactl check
  • 06/05(水) 不燃ごみ
  • 06/10(月) 住民税
  • 06/15() All Asia CW
  • 06/15() Summer Stew
  • 06/15() 千葉県民の日
  • 06/15() 木之本会議
  • 06/19(水) CQ Ham Radio
  • 06/19(水) 不燃ごみ
  • 403 JNUG 総会/BOF 2017/07/08 (土)
  • 402 用途別 Emacs ( C, LaTeX, 日本語 )
  • 380 cvsweb の移行
  • 370 tamago 辞書登録
  • 368 CROSS (cross/i386-mingw32, cross/powerpc-linux ) Framework --- binutils + gcc
  • 363 Wanderlust+HyperEstraier
  • 360 evbppc 用 patch / 玄箱
  • 335 /dev/battery is missing hack | libgcc_s_pic.a is missing | samba の -PIE 問題335 ntpd monitor
  • 325 tcode頁の更新
  • 322 software |hardware
  • 321 emacs-22 | IPv6
  • 320 bulk build (Mac OS X 10.4 and NetBSD/macppc)
  • 310 Wanderlust の Namazu の挙動
  • 290 WordPress 1.2 -> 1.5 migration
  • 220 Wanderlust で日本語題名の wl-summary-print-buffer
  • 215 NetBSD/ofppc
便利なツール
Emacs
らくらく 入門
rakuraku-emacs-cover

先月 2024年05月 来月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Namazu for hns による簡易全文検索
詳しくは 詳細指定/ヘルプを参照して下さい
検索式:

2015年02月27日(金) 旧暦 [n年日記] [更新:"2015/02/27 01:21:31"]

#1 [pkgsrc] cannot open GMP.xs: No such file or directory

===> Building for p5-Crypt-DH-GMP-0.00012
--- blib/lib/Crypt/DH/.exists ---
--- blib/arch/.exists ---
--- blib/lib/auto/Crypt/DH/GMP/.exists ---
--- blib/arch/auto/Crypt/DH/GMP/.exists ---
--- blib/bin/.exists ---
--- blib/script/.exists ---
--- blib/man1/.exists ---
--- blib/man3/.exists ---
--- subdirs ---
--- xs/GMP.c ---
  "/usr/pkg/bin/perl" "-Iinc"
  "/usr/pkg/lib/perl5/5.20.0/ExtUtils/xsubpp" -typemap
  "/usr/pkg/lib/perl5/5.20.0/ExtUtils/typemap" GMP.xs > GMP.xsc
  && mv GMP.xsc GMP.c

--- GMP.bs ---
Running Mkbootstrap for Crypt::DH::GMP ()
--- xs/GMP.c ---
cannot open GMP.xs: No such file or directory
--- GMP.bs ---
chmod 644 "GMP.bs"
--- xs/dh_gmp.o ---
--- xs/GMP.c ---
*** [xs/GMP.c] Error code 2

make: stopped in /export/WRKOBJDIR/security/p5-Crypt-DH-GMP/work/Crypt-DH-GMP-0.00012
--- xs/dh_gmp.o ---
gcc -c "-I." "-I." "-I/usr/pkg/include" "-I."  -O2 -pthread
  -I/usr/include -fwrapv -fno-strict-aliasing -pipe
  -fstack-protector -O2 -I/usr/pkg/include -I/usr/include
  -I/usr/pkg/include -I/usr/include -DVERSION=\"0.00012\"
  -DXS_VERSION=\"0.00012\" -o xs/dh_gmp.o -DPIC -fPIC
  "-I/usr/pkg/lib/perl5/5.20.0/x86_64-netbsd-thread-multi/CORE"
  -DUSE_PPPORT dh_gmp.c
gcc: dh_gmp.c: No such file or directory
gcc: no input files
*** [xs/dh_gmp.o] Error code 1
resolved by following line in pkgsrc Makefile
MAKE_JOBS_SAFE= NO


2014年02月27日(木) 旧暦 [n年日記] [更新:"2014/03/05 10:48:34"]

#3 [pkgsrc][cygwin] mail/exim

===> Building for exim-4.82
/bin/sh scripts/source_checks

>>> Creating links to source files...
>>> Creating lookups/Makefile without dynamic module support
>>> New Makefile & lookups/Makefile installed
>>> Use "make makefile" if you need to force rebuilding of the makefile
 
/bin/sh ../scripts/Configure-os.h
/bin/sh ../scripts/Configure-os.c
gcc buildconfig.c

gcc -O -I/usr/pkg/include -I/usr/pkg/include/db4
  -I/usr/include -DINCLUDE_PAM -I ../pam -I ../../pam
  -I/usr/pkg/include/db4 -I/usr/pkg/include -o buildconfig
  buildconfig.c -lcrypt -lresolv

/bin/sh ../scripts/Configure-config.h "/usr/pkg/bin/bmake"
`buildconfig' is up to date.
Building configuration file config.h

*** User "root" (specified for FIXED_NEVER_USERS in one of the Makefiles) does not exist.
    Please review your build-time configuration.

*** Error code 1
gcc -c -O -I/usr/pkg/include -I/usr/pkg/include/db4
  -I/usr/include -DINCLUDE_PAM -I ../pam -I ../../pam
  -I/usr/pkg/include/db4 -I/usr/pkg/include -DCOMPILE_UTILITY
  -DOS_LOAD_AVERAGE -DFIND_RUNNING_INTERFACES -o util-os.o os.c
os.c:25:8: error: conflicting types for 'os_strsignal'
 char * os_strsignal(int sig)
        ^
In file included from exim.h:484:0,
                 from os.c:1:
osfunctions.h:33:22: note: previous declaration of 'os_strsignal' was here
 extern const char   *os_strsignal(int);   /* char to match strsignal in some OS */
                      ^
*** Error code 1

Stop.
bmake: stopped in /cygdrive/g/WRKOBJDIR/mail/exim/work/exim-4.82/build-CYGWIN-x86_64
*** Error code 1

Stop.
bmake: stopped in /cygdrive/g/WRKOBJDIR/mail/exim/work/exim-4.82
*** Error code 1
exim-4.82-on-the-way
>>> version 4.82 #3

gcc call_pam.c
gcc -c -O -I/usr/pkg/include -I/usr/pkg/include/db4
  -I/usr/include -DINCLUDE_PAM -I ../pam -I ../../pam
  -I/usr/pkg/include/db4 -I/usr/pkg/include call_pam.c
call_pam.c:31:31: fatal error: security/pam_appl.h: No such file or directory
 #include <security/pam_appl.h>
                               ^
compilation terminated.
*** Error code 1
exim-4.82
libtool: compile: cc -Dcygwin_nt-6.1 -I./include
  -I/cygdrive/g/WRKOBJDIR/security/PAM/work/Linux-PAM-0.77/libpam/include
  -I/cygdrive/g/WRKOBJDIR/security/PAM/work/Linux-PAM-0.77
  -I/cygdrive/g/WRKOBJDIR/security/PAM/work/Linux-PAM-0.77/libpamc/include
  -Iinclude -DPAM_DYNAMIC -c pam_filter.c -DDLL_EXPORT -DPIC -o
  .libs/pam_filter.o
<command-line>:0:10: warning: missing whitespace after the macro name [enabled by default]
pam_filter.c: In function 'set_filter':
pam_filter.c:389:19: error: 'TIOCNOTTY' undeclared (first use in this function)
   (void) ioctl(t, TIOCNOTTY, NULL);
                   ^
pam_filter.c:389:19: note: each undeclared identifier is
  reported only once for each function it appears in
Makefile:39: recipe for target 'pam_filter.lo' failed
gmake[2]: *** [pam_filter.lo] Error 1
gmake[2]: Leaving directory
  '/cygdrive/g/WRKOBJDIR/security/PAM/work/Linux-PAM-0.77/modules/pam_filter'
Makefile:14: recipe for target 'all' failed
gmake[1]: *** [all] Error 1
gmake[1]: Leaving directory '/cygdrive/g/WRKOBJDIR/security/PAM/work/Linux-PAM-0.77/modules'
Makefile:56: recipe for target 'modules' failed
gmake: *** [modules] Error 2
*** Error code 2

Stop.
bmake: stopped in /usr/pkgsrc/security/PAM
*** Error code 1

#2 [pkgsrc] tqsl-2.0.1-RC8

modena@makoto 20:25:10/140227(..wip/trustedQSL)% tqsl
20:25:17: Error: Cannot convert from the charset 'Windows Japanese (CP 932)'!

#1 [NetBSD][BoF] candidate of topics

  • Updating pkgsrc with chroot/pbulk method (2013/07 と同じ題名) 2012/03/13
  • anoncvs.jp.netbsd.org status
  • GitLab はなかなかうまく行かない (wip/gitlab)
  • pkgsrc on Cygwin は面白そう, thanks @obache
    • 一つづつ問題を潰して行く。一例 PR pkg/48619
    • bulkbuild が楽しみ :-)
    • 問題
      1. Cygwin をどこまで入れて、どこまで入れないか
      2. 同上 X11、X11_TYPE=native か X11_TYPE=modular か
  • Lets' Note R4 で xmodmap に問題があった (おそらく X11_TYPE=native or =modular issue ?)


2010年02月27日() 旧暦 [n年日記] [更新:"2010/03/03 22:14:01"]

#3 [NetBSD][pkgsrc] ap2-php4 (apache + php4) が入用に

ちょっと理由があって、php4 の動く機械が入用になった。 その理由が間違っている可能性は零ではないが、まあ、それは置いておいて、 何とかして見たいと思っている。

それで、かなりの試行錯誤などもあって ap2-php4 は作ることが出来た。 それの様子も、自分のために書いておきたい気はするが、その前に、もう一つ 必要なものがあって、それは php-mysql だ。これがまだ出来ていない。

pkgsrc-2007Q3 に戻して make:

ちなみに、上記の方法の主な手段とは、
  • それらしい部分を pkgsrc-2007Q3 に戻す
  • /etc/mk.conf に
    PHP_VERSION_REQD=4
    
    を加えておく、
というような方法である。

mysql_close in -lmysqlclient... no:

それで、今出喰わしている問題は
checking for mysql_close in -lmysqlclient... no
checking for mysql_error in -lmysqlclient... no
configure: error: mysql configure failed. Please check config.log for more information.
である。それで勿論というか
/usr/pkg/lib/mysql/libmysqlclient.??
のようなものは入っているが buildlink3.mk 環境で、これを見つけてくれない問題だと 思っている。

Makefile ( *.mk) に verbose print ?:

で、また例によって手探りな訳だが、 Makefile の中に verbose print を入れて見たいが、その方法が良く分らない。そこで、 例えば、databases/php-mysql/Makefile に、次のような行を加えて見る
 .include "../../lang/php/ext.mk"
+PKG_FAIL_REASON+=      "[mysql.buildlink3.mk] ${MYSQL_PKGSRCDIR} is not a valid mysql package."
 .include "../../mk/mysql.buildlink3.mk"
 .include "../../mk/bsd.pkg.mk"
するとこれは、次のように、そこで落ちる。MYSQL_PKGSRCDIR に何も代入されていないのは、 まだ代入の前だからいいのかなと思う (「そこで落ちる」というのは正しくなく、 「これが原因で、この変数を確認するところで落ちる」訳だけれど)。
pts/0:makoto@ap2-php4 22:30:25/100227(...databases/php-mysql)> make
ERROR: This package has set PKG_FAIL_REASON:
ERROR: [mysql.buildlink3.mk]  is not a valid mysql package.
*** Error code 1

mk/mysql.buildlink3.mk は読んでいる ?:

では、それは消して元に戻して、 その次の mysql.buildlink3.mk の中に、
 # force an error
 PKG_FAIL_REASON+=      "[mysql.buildlink3.mk] ${_MYSQL_VERSION} is not a valid mysql package."
 .endif
+PKG_FAIL_REASON+=      "[mysql.buildlink3.mk] ${MYSQL_PKGSRCDIR} is not a valid mysql package."
 
 .include "${MYSQL_PKGSRCDIR}/buildlink3.mk"
のような行を入れて見ると、これでは落ちない。最初の方に書いたところまで進んで止る。
これはここまで進んで来ていないのか、それとも、この
.include "../../mk/mysql.buildlink3.mk"
で、この(変更した)譜そのものを読んでくれていないということだろうか。 因みに mysql.buildlink3.mk という名前のものは、これ一つしか見つからない。
それとも、 ../../mk/mysql.buildlink3.mk の最初の方にある
.include "../../mk/bsd.prefs.mk"
の部分でこの configure を実行しているのかな。
その mk/bsd.prefs.mk の 最後に上記 PKG_FAIL_READSON 行を入れると止るから、そうでもないらしい。 (これは何度も呼ばれるはずなので、これは情報量がないかも知れない)

mk/mysql.buildlink3.mk を変更して見る:

mk/mysql.buildlink3.mk
の最初の方に、この PKG_FAIL_REASON を入れると落ちるのに、
.include "../../mk/bsd.prefs.mk"
の後だと進んでしまうので、やはりその辺かな。
関係ありそうな(設置済) packages
mysql-client-5.0.88 MySQL 5, a free SQL database (client)
mysql-server-5.0.88 MySQL 5, a free SQL database (server)
m4-1.4.13           GNU version of UNIX m4 macro language processor
gmake-3.81          GNU version of 'make' utility
php-4.4.7nb1        HTML-embedded scripting language
autoconf-2.65nb1    Generates automatic source code configuration scripts
automake-1.11.1     GNU Standards-compliant Makefile generator
ap2-php4-4.4.7nb1   Apache (apache2) module for PHP4
zlib-1.2.3          General purpose data compression library
digest-20080510     Message digest wrapper utility
f2c-20090411nb4     Fortran to C compiler including a script to emulate f77
libtool-base-2.2.6bnb3 Generic shared library support script (the script itself)
pkg-config-0.23nb1  System for managing library compile/link flags
OS:
NetBSD ap2-php4 5.0_STABLE NetBSD 5.0_STABLE (XEN3PAE_DOMU) #
mysql を 4.1 にして見るかな。関係ないとは思うけれど。
試しに
             cd work/
252  1:07    cd php-4.4.7/
254  1:07    cd ext/
256  1:07    cd mysql/
261  1:07    ./configure
262  1:08    make
263  1:08    make -n install
271  1:11    sudo make install
273  1:11    sudo /etc/rc.d/apache restart
これで一応
pts/0:makoto@ap2-php4 1:16:39/100228(...ext/mysql)> ls /usr/pkg/lib/php/20020429
mysql.so*
は出来た。

tmpfs:

今回は更にもう一つばかなことをした。mysql に接続しようとすると
ERROR 2002 (HY000): Can't connect to local MySQL server through socket '/tmp/mysql.sock' (2)
と言われる。これは何故だったかと言うと mysql が起動した時に作ったはずの sock がない、 ということだ。実は /etc/fstab に
tmpfs                   /tmp    tmpfs   rw
を最近追加して、更に何も考えずに mount /tmp していたが、これでは、 今まであった /tmp のものが、かくれて見えなくなってしまう。 最低限、何があったかを調べてから mount するべきだ。
これは mysql を再起動することで回復した。
上記 /etc/fstab は(そろそろ)初めから(OS 設置時から)入っていてもいいのでは、 pという気もする。

#2 [NetBSD][pkgsrc] Syntax error: expecting "in"

2007/10/19 の日記 に、標題の Syntax error: expecting "in" の記事を書いた。 これに何回か出喰わした訳だが、どうも今は以前より良くなっている気がする。 これは、多分
pkgsrc/mk/buildlink3/bsd.buildlink3.mk
が出していて、例えば、 次の 571 行目の ${BUILDLINK_PREFIX.${_pkg_}} が空だからかなと思う
569  ${_BLNK_COOKIE.${_pkg_}}:
570      ${_PKG_SILENT}${_PKG_DEBUG}            \
571      case ${BUILDLINK_PREFIX.${_pkg_}} in            \
572      *not_found)                                                     \
573              ${ERROR_MSG} "${_pkg_} is not installed; can't buildlink files."; \
574              exit 1;                              \
575              ;;                                   \
576      esac
これをどうやって見つけたかと言うと、
make -dA >& /tmp/log
のようにしておいて expecting の文字列を探す、というような方法を取った。

#1 [音楽] 末延 麻裕子さんと柘植涼子さん

  1. サンサーンス 白鳥
  2. サンサーンス ヴァイオリン・ソナタ第一番ニ短調
    Saint-Saens, C.: Violin Sonata #1
  3. ラフマニノフ ボーカリーズ
    Rachmaninoff Vocalise For Violin
  4. マルティヌー ヴァイオリン協奏曲第二番
    Martinu, B.: Violin Concerto #2
  5. モンティ チャールダーシュ
    Monti csárdás / čardáš
特にこの二番目の曲が(分りやすく)素晴しかった。 初めて聴く曲であるのに、これだけ感動するのは、曲がいいか、 それとも演奏がいいか、だけれど、そして、多分その両方だとは思うけれど、 (それほどこの曲が有名でないことを考えると) やはりきっと後者なのだろう。
四番目も力演だった。1940 年代の作曲だそうだ。
解説は御本人から。とても若いのに、はっきりとお話をされるのは とても素晴しい。また曲は Violin の名前になっているが、(世の常として) Violin Sonata というのは Piano + Violin の競演で、ピアノの柘植さん も、聴いていてほれぼれする演奏だった。

きょうはアンテナ工事の予定だった。しかし、早朝、雨で中止の電話。 それで、銀座に出かけた。 しかし後で聞いたら、午後の雨が上った時に工事は行なったそうだ。 僕にも連絡をしたけれど、返事がなかったとのこと。 確かに見たら 8:30 頃着信記録があった。でもその時は寝ていたのだった。 手伝えなくて、申訳けなかった。



2005年02月27日() 旧暦 [n年日記] [更新:"2005/02/27 21:56:57"]

#1 [NetBSD][pkgsrc] pkgsrc/devel/glib2

cc -DHAVE_CONFIG_H -I. -I.. -DG_LOG_DOMAIN=\"GLib\" -DG_DISABLE_CAST_CHECKS -DG_DISABLE_DEPRECATED -DGLIB_COMPILATION -DPREFIX=/usr/pkg -DPKGLOCALEDIR=share -DPKG_SYSCONFDIR=/usr/pkg/etc -I/export/pkgsrc/devel/glib2/work.mini/.buildlink/include -pthread -O2 -Wall -MT gutils.lo -MD -MP -MF .deps/gutils.Tpo -c gutils.c -fPIC -DPIC -o .libs/gutils.o
gutils.c: In function `IA__g_get_system_data_dirs':
gutils.c:1860: error: parse error before '/' token
gutils.c: In function `IA__g_get_system_config_dirs':
gutils.c:1903: error: parse error before '/' token
gutils.c: In function `unalias_lang':
gutils.c:1978: error: parse error before '/' token
distcc[20924] ERROR: compile gutils.c on localhost failed
gmake[4]: *** [gutils.lo]
ttyp3:root@mini 21:39:01/050227(...devel/glib2)# sed -n -e '1860p' -e 1903p -e 1978p ./work.mini/glib-2.6.2/glib/gutils.c will returns following result
          data_dirs = PREFIX "/share/";
          conf_dirs = PKG_SYSCONFDIR "/xdg";
    read_aliases (PREFIX "/" PKGLOCALEDIR "/locale/locale.alias");
It seems to have extra spaces ?

Is this related to pkg/29347 ( as was fixed) ? That fix changes the Makefile. But I am using 1.66 already. By changing patch-ah seems to fix the problem.



2004年02月27日(金) 旧暦 [n年日記]

#1 [Emacs] Face:

何の間違いかなぁ。読めないものが置いてあった。
ttypd:makoto@harry  16:51:47/040227(...emacs/site-lisp)> ls -l a-files/
total 660
-rw-r--r--  1 root  wheel  39736 May 31  2002 php-mode-102.el
-rw-r--r--  1 root  wheel  68230 Feb 16  2002 x-face-e21-20020216.el
-rw-------  1 root  wheel  90146 Jan 31 15:15 x-face-e21.el
-rw-r--r--  1 root  wheel  42537 Jul 17  2001 x-face-e21.el-2000-12-14
-rw-r--r--  1 root  wheel  63390 Jan 31 15:15 x-face-e21.elc
-rw-r--r--  1 root  wheel  27954 Jul 17  2001 x-face-e21.elc-2000-12-14
これで Face: が見えるようになった。 (以前に一度見えた時は root でやっていた ?)
という訳で wl に Face: (base64)png を送ってしまった。


2002年02月27日(水) 旧暦 [n年日記]

#3 [Emacs] w3

url-generic-parse-url: Wrong type argument: syntax-table-p, nil
またこれ。何か忘れてしまった。確か何か古い方を見ていたはず。 2/22 #3 の下の方 に書いてある。「 ~/cvs-work/w3/lisp/url-vars.el を見てはいけない。」
ではなくて、~/.emacs に一時的に書いたものが残っていた
(setq url-parse-syntax-table nil)

#2 [XFree86] tracking

  • 4.0.1 + TS 版 (2001-04-17, 2001-12-16, 2001-12-21, 2001-12-31, 2002-01-23)
    という枝があってその他に
  • XF-4.2.0
  • XF-4.2.0 macppc patch
  • XF-current がある
ような時に、tracking するには 最初は(ものは試しと) -current から始めてしまったけれど、 やはり
4.0.1 -> (2001-04-17, 2001-12-16, 2001-12-21, 2001-12-31, 2002-01-23)  
とやっておいて
4.0.1(上の枝の最後)  -> 4.2.0 -> -current
          \              \
           \              +-- macppc 版
            \
             TS 版
とするものなのかな。それとも 4.2.0 が 2001/11 に出たことを考えれば、
4.0.1 (2001-12-16)  -> 4.2.0 -> -current
          \              \
           \              +-- macppc 版
            \
             TS 版 12-21....
の方がいいか。(と思ったら 2002/2/25 日版がある)

#1 [URL] Tiki WelcomeVisitors

これって一体何なのでしょうか ?


2000年02月27日() 旧暦 [n年日記]

#4 [Emacs] 20.6 が出ている。

emacs-20.6 が出ている。

#3 [Namazu] ChaSen

Unsupported relocation type 10in non-PLT relocations
makoto@harry  20:51:34/000227(...src-harry/Text-ChaSen-0.20)> perl -MText::ChaSen -e ''                             Can't load '/usr/local/lib/perl5/site_perl/5.005/macppc-netbsd/auto/Text/ChaSen/ChaSen.so' for module Text::ChaSen: /usr/local/lib/perl5/site_perl/5.005/macppc-netbsd/auto/Text/ChaSen/ChaSen.so: Unsupported relocation type 10in non-PLT relocations

 at -e line 0
BEGIN failed--compilation aborted.
makoto@harry  20:51:38/000227(...src-harry/Text-ChaSen-0.20)>
これって何だったかなぁ。 それを置いておいて、gcc が無限ループに ?
makoto@harry  21:34:15/000227(...namazu-2.0/conftest)> cat conftest.c 
int some_variable = 0;
makoto@harry  21:35:37/000227(...namazu-2.0/conftest)> gcc --version
egcs-1.1.2
makoto@harry  21:35:41/000227(...namazu-2.0/conftest)> gcc -s -o out/conftest2.o conftest.c

top | grep gcc
 4806 makoto    64    0   144K  592K run     0:36 97.85% 83.25% gcc
というのは /tmp の許可が足りないせいでした。
# ls -lagL /tmp
total 3
drwxr-xr-t   3 root  wheel  512 Feb  8 01:45 .
drwxr-xr-x  19 root  wheel  512 Feb 23 23:06 ..
namazu-2.0 make install 中に
@set: not found
という文字が見える ~/.cshrc に unlimit datasize を加えておく

#2 [MacOS] AirPort


#1 [NetBSD/macppc] IDE の速さ

# dd if=/dev/rwd0a of=/dev/null bs=64k
472+1 records in
472+1 records out
30965760 bytes transferred in 31 secs (998895 bytes/sec)

port-powerpc-ja@jp.netbsd.org
X-Mail-Count: 935
を当てて見る。

(IDE 読出)
# dd if=/dev/rwd0a of=/dev/null bs=64k
472+1 records in
472+1 records out
30965760 bytes transferred in 4 secs (7741440 bytes/sec)

(SCSI 読出)
# dd if=/dev/rsd0a of=/dev/null bs=64k
516+1 records in
516+1 records out
33841152 bytes transferred in 9 secs (3760128 bytes/sec)

やっと SCSI 並の速さに。(より速い ?)



最近の日記
2024年05月08日
comparison on ./buildsh tools
2024年05月06日
py-setuptools (python 3.11.9)
make release took 1 hours and 10 min
qemu invocation for 10.99.10
2024年05月05日
Windows 10 version
serial connection
bc bench
2024年05月04日
Trial on 10.99.10
another version (later trial) to succeed
2024年04月29日
dkim
以上、7 日分です。
タイトル一覧
カテゴリ分類
Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project

Count.cgi (since 2000/02/05)