hns - 日記自動生成システム - Version 2.19.9

先月 2023年10月 来月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Namazu for hns による簡易全文検索
詳しくは 詳細指定/ヘルプを参照して下さい
検索式:

2023年10月09日(月) 旧暦 [n年日記] [更新:"2004/08/09 23:43:33"]

#1 [NetBSD] update for RAID1 system

raid1 で運用している NetBSD host の OS を update する時に、 例えば USB memory に install image を入れておいて、その device から 起動すると、 mount root する時に、 USB memory 側でなくて、 upgrade したい方の、古い raid の方につかまってしまって、 kernel は新しいけれど、 disk は古い方で、 multi user で上ってしまう という問題がある、と理解している。きょうも、そうなった。 その時に raidctl -A か raidctl -u か何かで解除しておけば、何とかなる、という 記憶があったのだが、きょう
raidctl -A no
したら、全てを失なった気がする。もっとも、全て、と言っても、もともと何も入っていない、 OS を入れた だけのものだったから、本当に失ったのは時間だけの気もする。つまり parity 作り直しの 1TB なら 3 時間 というくらいのものを失った、という話。
     Status: Running                                           
    Command: raidctl -vi raid0                                 
                                                               
───────────────────────────────────────────────────────
Initiating re-write of parity                                  
Parity Re-write status:                                        
 34% |*************                          | ETA: 01:57:41 \ 
以前、似たようなことをした時には、何も失なわなかった気がするので



最近の日記
2024年01月24日
chat/iam 0.0.8
2024年01月21日
uselocale vs setlocale (textproc/R-readxl)
2024年01月14日
pbulk client checklist
2024年01月12日
pkglint issue
以上、1 日分です。
タイトル一覧
カテゴリ分類
Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project

Count.cgi (since 2000/02/05)