cvs at ki.nu

CVS checkout by date

日付を指定して持出す

  1. cvs co -D20020101      module
    cvs co -D20020101-UTC  module
    cvs co -D 20020101-UTC module
    
    のようにすると、日付を指定して持出すことが出来る
  2. -UTC を付けないと、自分の時間帯での指定になるので、一番目は 2001/12/31 15:00 GMT の意味になる。二番目の方は 2002/01/01 00:00 GMT の意味となる。
  3. このように日付で指定して持出すと(例えば一番目の方だと)
    Sticky Date:         2001.12.31.15.00.00
    
    のような情報が付くので、引続いて cvs update しても、何も更新されない
  4. 以上のことは次のようにして cvs status -v filename とすると表示される 中に情報があるので分る
    makoto@u  9:50:46/020108(/tmp)> cvs status -v personal/namazu-mef/Makefile
    ===================================================================
    File: Makefile          Status: Up-to-date
    
       Working revision:    1.1     Tue Jan  8 00:50:12 2002
       Repository revision: 1.1     /automount/j/local-repository/personal/namazu-mef/Makefile,v
       Sticky Tag:          (none)
       Sticky Date:         2001.12.31.15.00.00
       Sticky Options:      (none)
    
       Existing Tags:
            s_2001-12-29                    (revision: 1.1.1.1)
            MAIN                            (branch: 1.1.1)
    
  5. sticky 属性を消す
    その sticky (へばりつき)属性を消したい時には update -A をすれば良いが、
    cvs -n update -A module
    
    のようにすると、実際には何もしないで、作業内容の表示だけが行なわれる。
  6. 本当に新しくするには もちろん
    cvs  update -A module
    
    とすれば、本当に新しくなる。-P や -d が要るかも知れない。
    cvs  update -A -dP module
    

Last Update
19:53:06 03/12/08
CCBot/2.0 (https://commoncrawl.org/faq/)
Apache/2.0.65 (Unix) mod_ssl/2.0.65 OpenSSL/1.0.1g DAV/2 PHP/5.4.26
Count.cgi
(since 2002/01/08)