hns - 日記自動生成システム - Version 2.19.9

  • 07/11() 21:00 -- 21:00 IARU HF
  • 07/15(水) 不燃ごみ
  • 07/18() SI 誕生日
  • 07/18() 木之本会議
  • 07/19() CQ Ham Radio
  • 07/21(火) 05:00 -- 07:00 横浜コンテスト
  • 07/25() Interface
  • 07/27(月) 6m and Down ログ締切
  • 07/31(金) NTT 東 払込期日
  • 07/31(金) ○ 固定資産税振替・支払
  • 08/01() 21:00 -- 15:00 Field Day
  • 08/01() atactl check
  • 08/05(水) 不燃ごみ
  • 08/08() WAEDX CW
  • 403 JNUG 総会/BOF 2017/07/08 (土)
  • 402 用途別 Emacs ( C, LaTeX, 日本語 )
  • 380 cvsweb の移行
  • 370 tamago 辞書登録
  • 368 CROSS (cross/i386-mingw32, cross/powerpc-linux ) Framework --- binutils + gcc
  • 363 Wanderlust+HyperEstraier
  • 360 evbppc 用 patch / 玄箱
  • 335 /dev/battery is missing hack | libgcc_s_pic.a is missing | samba の -PIE 問題335 ntpd monitor
  • 325 tcode頁の更新
  • 322 software |hardware
  • 321 emacs-22 | IPv6
  • 320 bulk build (Mac OS X 10.4 and NetBSD/macppc)
  • 310 Wanderlust の Namazu の挙動
  • 290 WordPress 1.2 -> 1.5 migration
  • 220 Wanderlust で日本語題名の wl-summary-print-buffer
  • 215 NetBSD/ofppc
便利なツール
Emacs
らくらく 入門
rakuraku-emacs-cover

先月 2020年07月 来月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Namazu for hns による簡易全文検索
詳しくは 詳細指定/ヘルプを参照して下さい
検索式:

2015年10月23日(金) 旧暦 [n年日記] [更新:"2015/10/23 15:28:44"]

#1 [pkgsrc] open-vm-tools implicit declaration of 'gethostbyname_r'

gethostbyname_r がないと言われて
/export/WRKOBJDIR/wip-git/open-vm-tools/work/
open-vm-tools-9.4.0-1280544/lib/include/posix.h:215:4: 
error: implicit declaration of function 'gethostbyname_r' 
前にも一度見たことがあるなと思ったが、同じところだった。 2014/03/27

FreeBSD の場合:

FreeBSD はどうしているのかなと思ったら、
/usr/src/lib/libc/net/gethostnamadr.c の中に定義してあって、しかもこれは内部関数で、
    491 int
    492 gethostbyname_r(const char *name, struct hostent *he, char *buffer,
    493     size_t buflen, struct hostent **result, int *h_errnop)
    494 {
    495         res_state statp;
    496
    497         statp = __res_state();
    498         if ((statp->options & RES_INIT) == 0 && res_ninit(statp) == -1) {
    499                 RES_SET_H_ERRNO(statp, NETDB_INTERNAL);
    500                 return (-1);
    501         }
    502         if (statp->options & RES_USE_INET6) {
    503                 if (fakeaddr(name, AF_INET, he, buffer, buflen, statp) == 0) {
    504                         *result = he;
    505                         return (0);
    506                 }
    507                 if (gethostbyname_internal(name, AF_INET6, he, buffer, buflen,
    508                     result, h_errnop, statp) == 0)
    509                         return (0);
    510         }
    511         return (gethostbyname_internal(name, AF_INET, he, buffer, buflen,
    512             result, h_errnop, statp));
    513 }
gethostname から呼出していて、gethostname は reentrant 版になっているらしい
    669 struct hostent *
    670 gethostbyname(const char *name)
    671 {
    672         struct hostdata *hd;
    673         struct hostent *rval;
    674         int ret_h_errno;
    675
    676         if ((hd = __hostdata_init()) == NULL)
    677                 return (NULL);
    678         if (gethostbyname_r(name, &hd->host, hd->data, sizeof(hd->data), &rval,
    679             &ret_h_errno) != 0)
    680                 return (NULL);
    681         return (rval);
    682 }
と思ったら、NetBSD も同様の気がする。


2009年10月23日(金) 旧暦 [n年日記] [更新:"2009/10/23 06:54:17"]

#1 [工作] AVR マイコン



2008年10月23日(木) 旧暦 [n年日記] [更新:"2008/10/24 07:52:37"]

#1 [PC] STOP: C000021a Unknown Hard Error

知合いの方が PC の「Windows の更新」か何かをクリックしている うちに立上がらなくなったと言って、持込んで来た。 型番は Dell Latitude 1510, OS は Windows XP
  • 電源を入れると、Windows の起動画面が表示されるが、 その後、
    1. autochk program not found - skipping AUTOCHECK
      と一瞬表示されて、その後
    2. STOP: C000021a Unknown Hard Error
      Unknown Hard Error
    となってしまう。
  • memtest86 3.4a
    を使って、メモリをチェックして見る。 短い時間しか実行していないが、大丈夫そう
  • それで、Windows XP の設置用 CDROM を使って起動すると 三つの選択肢が出て、
    1. 新規設置
      Windows XP のセットアップを開始するには Enter キーを押して下さい
    2. 以前のものを修復
      インストール済の Windows XP を回復コンソールを使って修復するには R キーを押して下さい
    3. 中止
      Windows XP のセットアップを中止するには F3 キーを押して下さい
    このうち 2 を選ぶと、
    Microsoft Windows XP(TM) 回復コンソール。
    回復コンソールはシステムの修復と回復機能を提供します。
    
    EXIT と入力すると回復コンソールを終了し、コンピュータを再起動
    します。
    
    1: C:\WINDOWS
    
    どの Windows インストールにログオンしますか (取消すには Enter キーを押して
    下さい) 1 
    Administrator のパスワードを入力して下さい:
    
    で実は、本当の持主が旅行中で Skype では連絡は取れるが、このパスワードは とりあえず、覚えていないという。
  • NetBSD 4.0.1 CDROM で起動し backup:

    そこで念為 backup を取ることにする。 NetBSD の 4.0.1 の CDROM (i386cd-4.0.1.iso) を
    sudo cdrecord -v dev=15,0,0 speed=8 -data i386cd-4.0.1.iso
    
    で作り、外付の USB disk をつないで起動するが、肝心の USB disk が見えない。 (何か Error とか言っているが良く見ていなかった)

    それで、 自分の機械なら disk を取出して作業するところ だけれど、そうも行かない。そこでその USB 外付を別の機械 (MacBook) につなぎ、 そちらも NetBSD 4.0 を起動しておく。disklabel sd0 と入力して USB disk は /dev/sd0d で見えることも確認しておく。

    それから MacBook 側の /root/.rhosts に Dell 側の IP address、この場合 192.168.1.102 を 書いておく、/etc/inetd.conf も変更し rsh を生かして kill -1 を使って inetd を再起動しておく。 これで Ethernet をクロスケーブルで接続する (他とはつないでいないということ)。 Dell の方は、 Exit Install System を選び、# の入力待にする。

    ifconfig bce0 192.168.1.102
    
    とした後、MacBook 側の IP address が 192.168.1.100 なので、
    dd if=/dev/wd0d bs=8m | rcmd -u root 192.168.1.100 dd of=/dev/sd0d bs=8m
    
    として転送中。^T を使って表示すると 1.7MB/s くらの速度になっている。 100MB/min。6GB/hour。 60GB なので、10 時間くらいかかりそう。 ネットワーク は 100BaseT-FDX のはずだけれど、もう少し最適化出来るのかな。 今回は、多分 disk の金物の問題ではないので、 dd_rescue のお世話にはならなくて済みそう。
    えびふりゃ とかを使えば 直接外付 USB に送れたのかな、と思っている。 そう言えば、手元に LiveCDOpenBSD もあったはず。

    さて、この後、どうなるのかな ?

    既に動いている WinXP につないだら、そのまま中が見えている。



2007年10月23日(火) 旧暦 [n年日記] [更新:"2007/11/02 08:25:00"]

#1 [健康] 日赤にて PSA 再検査

結果は正常範囲内に収まっていた。数字はどこかに書取ったの だけれど、見失なったので、後で追記予定。


2006年10月23日(月) 旧暦 [n年日記] [更新:"2006/10/24 11:19:13"]

#1 [NetBSD][kuro-box] (玄箱) telnetd で sysinst 実行

NetBSD kuro-hg.ki.nu 4.99.3 NetBSD 4.99.3 (KUROBOX) #1: 
Mon Oct 23 20:33:11 JST 2006  
root@mini:/export/evbppc-work/src/sys/arch/evbppc/compile/obj/KUROBOX evbppc
書けば 長い話 になるけれど、
  1. NetBSD/evbppc snapshot を作った
  2. これは telnet で入って sysinst を実行出来るようになっている
  3. sysinst の方法は、基本的には 「入手したら」と同じ、 あるいは環境的には、 緊急用ブートイメージ と良く似ている
  4. その中で ftp 用に dhclient の設定を有効にすると、通信が切れてしまう (ので手動で同じアドレスを入力する)
  5. .. boot selector はとても便利
  6. multi-user で動作するが、簡単には入れない
  7. 設定は、もう一度 sysinst 環境に戻って、いろいろと
この話は、後でまとめる予定。 しかし感想として sandpoint を乗っ取るだけの方が簡単な気がする。 また上記 6, 7 の面倒さは、半田付無、改造無との引替え。

6. で簡単には入れないと書いたが、sysinst 終了後に 全てを mount して chroot /mnt すれば、万能 (single user と同じ)だった。 正直 single user でも、このように有難いと思ったのは久し振り(初めて ?)。

U-Boot にも net console というのがあるらしい。



2004年10月23日() 旧暦 [n年日記]

更新: "2004/10/24 00:42:35"

#7 [日記] 中島さん

「あるディレクトリにある、57個の.phpなファイルのある文字列を置換し、ファイル名を変更せずに上書き保存」ってどう書くんだったけ
foreach i ( *.php)
echo $i
mv $i $i.bak
sed -e 's/HOGE/FOO/g' $i.bak > $i
end
かな。最初の echo はもちろん進行状況表示。いらないか。お、bash か。違うな。
for i in   *.php  
 do
  mv $i $i.bak
  sed -e 's/HOGE/FOO/g' $i.bak > $i
done
かな。何と木曜日の日記だった。遅し。

#6 [Emacs] 21.3.50 make bootstrap

Symbol's function definition is void: tty-supports-face-attributes-p
make maintainer-clean && ./configure && make bootstrap
emacs-devel/2004/09
   182  23:21   cvs update -dP -C -A
   193  23:48   make maintainer-clean
   194  23:48   ./configure --x-libraries=/usr/X11R6/lib && time make bootstrap
...
Loading vc-cvs...
Wrote /export/emacs-20041016/lisp/cus-load.el
Generating /export/emacs-20041016/lisp/cus-load.el...done
1077.774u 129.043s 20:24.92 98.5%       0+0k 15+8503io 0pf+3w
ttyp1:makoto@st4200  0:09:55/041024(/export/emacs-20041016)> sudo make install

Shared object "libXmu.so.6" not found
*** Error code 1

Stop.
make: stopped in /export/emacs-20041016/leim
*** Error code 1
lrwxr-xr-x 1 root wheel 13 Oct 16 21:04 /usr/X11R6/lib/libXmu.so.6@ -> libXmu.so.6.1
-rwxr-xr-x 1 root wheel 112242 Oct 16 21:04 /usr/X11R6/lib/libXmu.so.6.1*
-rwxr-xr-x 1 root wheel 110413 Sep 25 23:07 /usr/X11R6/lib/libXmu.so.6.2*
日付が逆だな ?

#5 [MHonArc] MHonArc 2.6.10 + Perl 5.6.1 の場合

2003/04/26 に書いたこと と、 2003/04/28 に書いたこと はどのくらい正しいのかな。機械を入替えたら、元に戻ってしまっているので。 MHonArc で処理するときに日本語の Subject: をデコードさせたいのですが (Namazu FAQ より)

#4 [web] apache と CVS

Web の中身を cvs 管理下に置く場合、CVS というディレクトリが見えては、 あまり気持が良くない。そこで次のように書いて見た。実は一行目の ~ の意味は分っていない が、「任意のディレクトリの」の意味だろうか。
<Directory ~ "CVS">
    Order allow,deny
    Deny from all
</Directory>

#3 [pkgsrc] mozilla

ttyp1:makoto@st4200 10:49:55/041023(~)> mozilla
/usr/pkg/lib/mozilla/components/libgfx_gtk.so: Undefined PLT symbol "_Z16XineramaIsActiveP9_XDisplay" (symnum = 298)
(こればっかり) OpenOffice.Org FAQ is saying:
undefined symbol: _Z16XineramaIsActiveP9_XDisplay
This is a problem with your headers, add 'extern "C" {' and '}' around '#include <X11/extensions/Xinerama.h>, and then build through libvcl644li.so.
ttyp1:makoto@st4200  10:56:12/041023(...work/mozilla)> find . -type f -exec grep
 extensions/Xinerama.h /dev/null '{}' \;                                        
./configure:    ac_safe=`echo "X11/extensions/Xinerama.h" | sed 'y%./+-%__p_%'` 
./configure:echo $ac_n "checking for X11/extensions/Xinerama.h""... $ac_c" 1>&6 
./configure:echo "configure:8059: checking for X11/extensions/Xinerama.h" >&5   
./configure:#include <X11/extensions/Xinerama.h>                                
./configure.in:    AC_CHECK_HEADER(X11/extensions/Xinerama.h)                   
./gfx/src/gtk/nsScreenGtk.h:#include <X11/extensions/Xinerama.h>                
./gfx/src/gtk/nsScreenManagerGtk.cpp:#include <X11/extensions/Xinerama.h>       
./gfx/src/gtk/.deps/nsScreenGtk.pp:  /export/pkgsrc/www/mozilla/work/.buildlink/
include/X11/extensions/Xinerama.h \                                             
./gfx/src/gtk/.deps/nsScreenManagerGtk.pp:  /export/pkgsrc/www/mozilla/work/.bui
ldlink/include/X11/extensions/Xinerama.h \                                      
./configure.in.orig:    AC_CHECK_HEADER(X11/extensions/Xinerama.h)
./config.log:configure:8059: checking for X11/extensions/Xinerama.h
ttyp1:makoto@st4200  DING!/041023(...work/mozilla)> 
--------------------------------------------------------
--- mozilla/gfx/src/gtk/nsScreenGtk.h-orig	2004-04-21 02:14:31.000000000 +0900
+++ mozilla/gfx/src/gtk/nsScreenGtk.h	2004-10-23 11:04:45.000000000 +0900
@@ -44,7 +44,9 @@
 
 #ifdef MOZ_ENABLE_XINERAMA
 #include <X11/Xlib.h>
+extern "C" {
 #include <X11/extensions/Xinerama.h>
+}
 #endif // MOZ_ENABLE_XINERAMA
 
 //------------------------------------------------------------------------
This fixes the above problem. pkg/27369

#2 [CVS] checkout時の -d 選択

checkout時の-dオプションは、
「チェックアウトするモジュール名のトップディレクトリを変更する」
という意味なのですが
どうも僕が勘違いをしているらしい。でもないのかな → 裏枝 ?

例えば etc を管理するとします。機械毎に etc は違う:

ので、etc-hoge とかいうモジュール名にします。
% cd /etc
% cvs -d hoge@server:/respoistory co -d . etc-hoge
とかしたくなるのですが 手元のものや .. NFS mount した repository なら出来るが ssh だと出来ない ?
cvs server: existing repository HOGE does not match HOGE/module

man cvs:

Use the -d dir option to create a directory called
dir for the working files, instead of using the module name.
僕の理解は合っている気がするなぁ。

サーバで処理される場合、意味が変る ?:

しょうがないので以前にやっていたような方法で、
env CVS_RSH=ssh cvs -d username@server:/repository co -N -d /etc etc-hoge
env CVS_RSH=ssh cvs -d username@server:/repository co etc-hoge
のどちらかで持出しておいて、
mv etc-hoge/CVS ./
すれば、後は問題ない (これは初めて作る時でモジュールは空の時)。

#1 [NetBSD][pkgsrc] print/ja-ptex で make package

      2542 Oct 23 06:46 ja-ptex-1.0nb1.tgz
    237834 Oct 23 06:46 dvipdfmx-0.0.0.20031116nb1.tgz
   2462776 Oct 23 06:45 ghostscript-gnu-7.07.tgz
   2742259 Oct 23 06:40 ghostscript-fonts-6.0.tgz
   5453677 Oct 23 06:39 adobe-cmaps-20030924.tgz
    204798 Oct 23 06:39 ja-vfxdvik-22.40v.j1.14nb4.tgz
    409178 Oct 23 06:37 ja-vflib-lib-2.24.2.tgz
    224500 Oct 23 06:36 freetype-lib-1.3.1nb1.tgz
     93297 Oct 23 06:35 ja-jsclasses-030624nb1.tgz
   1257313 Oct 23 06:35 ja-ptex-bin-3.1.2nb2.tgz
   4277067 Oct 23 06:25 ja-ptex-share-2.1nb2.tgz
      2597 Oct 23 06:24 teTeX-2.0.2nb1.tgz
     44829 Oct 23 06:24 texi2html-1.64nb1.tgz
  22869745 Oct 23 06:24 teTeX-sharesrc-2.0.2.tgz
   9913055 Oct 23 06:23 teTeX-bin-2.0.2nb1.tgz
   1506544 Oct 23 06:11 t1lib-5.0.2nb2.tgz
   1174580 Oct 23 06:09 libwww-5.4.0nb2.tgz
     29171 Oct 23 06:02 dialog-0.6znb2.tgz


2002年10月23日(水) 旧暦 [n年日記]

#2 [tcode] 突然 tc2 の作者に

会議があって、 何人かの初めての方と名刺交換して、 席に戻ってお名前を見ていたら、 良く見たことのある名前が書いてある。 「 北嶋 暁 」さん.... その人だった。何という奇遇。

#1 [NetBSD] cc を置換えてしまって

rm -f netbsd
ld -N -Ttext 100000 -e __start -S -o netbsd ${SYSTEM_OBJ} vers.o
ncr53c9x.o: In function `ncr53c9x_reselect':
ncr53c9x.o(.text+0x1ffc): undefined reference to `ffs'
*** Error code 1


2001年10月23日(火) 旧暦 [n年日記]

#2 [機械] 勝手に再起動している。

is2-kome uptime is 12 hours, 29 minutes
04:25am くらいかな。

#1 [NetBSD] pkgsrc smtpfeed - digests - pkg_install - digests

古い機械の sendmail を取替えようかと、(結果的に)
pkgsrc/mail/smtpfeed
            sendmail
       pkgtools/digests
                pkg_install
だけを持って来て、作業中

mail/smtpfeed:

smtpfeed-1.15
===> Perhaps you forgot the -P flag to cvs co or update?
===> Configuring for digest-20010807

pkgtools/digests:

===> Registering installation for digest-20010807
pkg_create: illegal option -- S

pkgtools/pkg_install:

pkg_install-20010724
make install
.pkg_admin: Package digest-20010807 has no @name, aborting.

(もう一度同じことをやって見るとうまく行く)
make install

===>  digest-20010807 is already installed 
    - perhaps an older version?
makoto@milano ■14:24:51/011023(...pkgtools/digest)> 
    env FORCE_PKG_REGISTER=yes make install

mail/sendmail:

echo ACCEPTABLE_LICENSES+=no-profit >>  /etc/mk.conf
conf.c:4423: argument `name' doesn't match prototype
/usr/include/netdb.h:255: prototype declaration
conf.c: At top level:

makoto@milano  (/)# mv /usr/include/netdb.h  /usr/include/netdb.h-1.4M
makoto@milano  (/)# cp -p ~makoto/netdb.h /usr/include/netdb.h
/usr/include/netdb.h:248: sys/ansi.h: No such file or directory
/usr/include/sys/ansi.h:42: machine/int_types.h: No such file or directory
無理そうかな。
/usr/include/sys/socket.h:77: warning: redefinition of `__socklen_t'

CF 見たら 22 行も書いてあるから、しばらくおあづけ:

CF_TYPE=R8V8
DEF_ID='$Header: /home/makoto/mailconf/CF/local/RCS/milano.def,v 
                     1.4 2000/12/16 11:51:16 makoto Exp makoto $'
VERSION_SEPARATOR='-'
LOCAL_VERSION=`date +%y%m%d%H`
OS_TYPE=bsd4.4
MY_DOMAIN='ki.nu'
MY_NAME='ki.nu'
USE_cw_FILECLASS=yes
FROM_ADDRESS=ki.nu
USE_aa_FILECLASS=optional
SPECIAL_FROM='komekome.bay.prug.or.jp'
SPECIAL_USERS='/etc/sendmail.specialusers'
BITNET=auto
BITNET=auto
DEFAULT_RELAY='error:deliver'
PRIVACY_FLAGS='authwarnings/novrfy/noexpn'
MAIL_RELAY_RESTRICTION=yes
LOCAL_HOST_IPADDR=/etc/sendmail.localip
USE_MAPS_RBL=yes
USE_ORBS=yes
ALLOW_RECIPIENT_DOMAIN=/etc/sendmail.acceptdomain
ALLOW_RELAY_FROM=/etc/sendmail.relay.from
cf/README 良く読んでからにしよう。



最近の日記
2020年06月21日
sourceforge ban recovered
2020年05月27日
sudo service ssh start
2020年05月16日
Router host down
2020年04月29日
pan cake Japanese Hot cake
2020年03月31日
sysinst
以上、8 日分です。
タイトル一覧
カテゴリ分類
Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project

Count.cgi (since 2000/02/05)