hns - 日記自動生成システム - Version 2.19.9

  • 03/01(金) atactl check
  • 03/02() 0900 ARRL Phone
  • 03/06(水) 不燃ごみ
  • 03/11(月) たれさん誕生日
  • 03/15(金) 所得税申告期限
  • 03/16() 木之本会議
  • 03/19(火) CQ Ham Radio
  • 03/20(水) 不燃ごみ
  • 03/25(月) Interface
  • 03/30() 0900 WW WPX Phone
  • 03/31() NTT 東 払込期日
  • 04/01(月) atactl check
  • 403 JNUG 総会/BOF 2017/07/08 (土)
  • 402 用途別 Emacs ( C, LaTeX, 日本語 )
  • 380 cvsweb の移行
  • 370 tamago 辞書登録
  • 368 CROSS (cross/i386-mingw32, cross/powerpc-linux ) Framework --- binutils + gcc
  • 363 Wanderlust+HyperEstraier
  • 360 evbppc 用 patch / 玄箱
  • 335 /dev/battery is missing hack | libgcc_s_pic.a is missing | samba の -PIE 問題335 ntpd monitor
  • 325 tcode頁の更新
  • 322 software |hardware
  • 321 emacs-22 | IPv6
  • 320 bulk build (Mac OS X 10.4 and NetBSD/macppc)
  • 310 Wanderlust の Namazu の挙動
  • 290 WordPress 1.2 -> 1.5 migration
  • 220 Wanderlust で日本語題名の wl-summary-print-buffer
  • 215 NetBSD/ofppc
便利なツール
Emacs
らくらく 入門
rakuraku-emacs-cover

先月 2024年03月 来月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Namazu for hns による簡易全文検索
詳しくは 詳細指定/ヘルプを参照して下さい
検索式:

2013年06月17日(月) 旧暦 [n年日記] [更新:"2013/06/18 01:00:30"]

#2 [pkgsrc] lang/g95 on macppc

Checking multilib configuration...
/bin/sh ../mkinstalldirs powerpc--netbsd/libssp ; \
rm -f powerpc--netbsd/libssp/Makefile || : ; \
cp multilib.out powerpc--netbsd/libssp/multilib.out
mkdir powerpc--netbsd
mkdir powerpc--netbsd/libssp
Configuring in powerpc--netbsd/libssp

/usr/pkgsrc/lang/g95/work/gcc-4.1.2/g95/./gcc/libgcc_s.so.1: 
  Unsupported relocation type 10 in non-PLT relocations
/usr/pkgsrc/lang/g95/work/gcc-4.1.2/g95/./gcc/libgcc_s.so.1: 
  Unsupported relocation type 10 in non-PLT relocations
/usr/pkgsrc/lang/g95/work/gcc-4.1.2/g95/./gcc/libgcc_s.so.1: 
  Unsupported relocation type 10 in non-PLT relocations

gmake[1]: *** [configure-target-libssp] Error 1
gmake[1]: Leaving directory `/usr/pkgsrc/lang/g95/work/gcc-4.1.2/g95'
gmake: *** [all] Error 2
*** Error code 2

#1 [pkgsrc] (lang/perl5) make test

Before
   57  cvs update -D 2013-06-15
   58  make lcean
   59  lslt patches/
   60  make clean
   61  make package
   62  make test
Failed 22 tests out of 2321, 99.05% okay.
        ../cpan/Encode/t/CJKT.t
        ../cpan/Encode/t/at-cn.t
        ../cpan/Encode/t/perlio.t
        ../cpan/Pod-Simple/t/corpus.t
        ../cpan/Pod-Simple/t/pulltitl.t
        ../cpan/Text-Tabs/t/Tabs-ElCid.t
        ../cpan/Text-Tabs/t/Wrap-JLB.t
        ../cpan/podlators/t/man.t
        ../lib/Benchmark.t
        op/bop.t
        re/fold_grind.t
        re/pat_rt_report.t
        re/pat_rt_report_thr.t
        re/regex_sets_compat.t
        re/regexp.t
        re/regexp_noamp.t
        re/regexp_notrie.t
        re/regexp_qr.t
        re/regexp_qr_embed.t
        re/regexp_qr_embed_thr.t
        re/regexp_trielist.t
        uni/overload.t
After
keyword substitution: kv
total revisions: 219;   selected revisions: 219
description:
----------------------------
revision 1.204
date: 2013/06/17 06:54:13;  author: wiz;  state: Exp;  lines: +2 -1
Add patch from upstream git to try fixing test failures on 32bit NetBSD.

From
http://perl5.git.perl.org/perl.git/commitdiff/4149c7198d9b78d861df289cce40dd865cab57e7

Bump PKGREVISION.
----------------------------
   21  cd CHROOT/usr/pkgsrc/
   22  cvs -q update -dPA
   23  cd lang/perl5/
   24  make 
   25  make test

lib/warnings .................................................. ok
t/x2p/s2p ..................................................... ok
All tests successful.
u=12.78  s=9.64  cu=1069.26  cs=205.70  scripts=2322  tests=684199
WARNING: *** Please consider adding c++ to USE_LANGUAGES in the package Makefile.
pinapa@makoto 18:41:25/130617(..lang/perl5)% 
pinapa@makoto 18:44:33/130617(..lang/perl5)% make show-var VARNAME=PKGNAME
perl-5.18.0nb1
pinapa@makoto 18:44:43/130617(..lang/perl5)% uname -a
NetBSD pinapa.z.ki.nu 5.2 NetBSD 5.2 (XEN3PAE_DOMU) #0: Wed
Nov 28 09:34:42 UTC 2012
builds@b8.netbsd.org:/home/builds/ab/netbsd-5-2-RELEASE/
  i386/201211280503Z-obj/home/builds/ab/netbsd-5-2-RELEASE/
  src/sys/arch/i386/compile/XEN3PAE_DOMU
i386


2011年06月17日(金) 旧暦 [n年日記] [更新:"2011/06/26 19:11:44"]

#1 [Network] ADSL から光ネクストに入替

i-revo の固定 IP でつないでいる ADSL 回線を 光ネクストに入替えてもらった。
i-revo で ADSL から光ネクストにする場合に i-revo の設定画面で簡単に設定変更が出来る。 (設定変更をする必要がある)しかし 簡単すぎて、早めに設定してしまった。
一度切れて、次回接続に行く時に、新しい設定を使うはずで、 問合せ窓口に電話 をして聞いたら、すぐに戻せば、間に合うとのことで、一度戻す。 (ただし、その時に、新しい IP address になった。でも接続が切れない 限りは、古いものが有効になっている)
改めて、当日の午前中に、もう一度設定変更をした。
工事は 12:00 頃から始めて 12:55 分には完了していた。 IP 電話付の設定にした所為か、ちょっと大きめの黒い箱。
実はこいつは DHCP サーバが動いていて、気が付いて後から止める。


2009年06月17日(水) 旧暦 [n年日記] [更新:"2009/06/22 23:09:08"]

#1 [] zsh の本 (発売日は 2009/06/17)

きょうはちょっと用事があって久振に千葉のヨドバシカメラ に行ったら 広瀬さんzsh の本 が置いてあった。出るといううわさは聞いていたが、 やっと出たということだ。 それで、さっそく買って来た。 何と発売日が 2009/06/17 と書いてある。今日だ。 とても縁起がいいなぁ (発行日は 2009/07/25)。

前の方だけ読んだがさすがに面白い。 tcsh を使い続けるという前提で読むと、やや居心地が悪い気もするが、多分 それでも、つまり tcsh を使い続けるとしても、この本は役に立つのではと思う。

「shell を使いこなしたいー」と思っている人には、今使っているのが tcsh でも bash であっても、なかなかおすすめの本という気がして来た。
tcsh/csh だったら source, bash/sh だったら . を使うところ、zsh だと、そのどちらでも良いらしい。両方の良いところを取ったような ものだ、どちらの機能も含むようなことを目指したもの とは聞いていたが、例えば、そういうことかと理解した。 (目次)

それと、一応入れておこう。

ttysa:makoto@genova 1:42:32/090618(~)> cd /export/pkgsrc/shells/zsh
zsh-current/ zsh/         
ttysa:makoto@genova 1:42:32/090618(~)> cd /export/pkgsrc/shells/zsh/
ttysa:makoto@genova 1:42:44/090618(...shells/zsh)> sudo make install
Password:
=> Bootstrap dependency digest>=20010302: found digest-20070803
WARNING: [license.mk] Every package should define a LICENSE.
===> Skipping vulnerability checks.
WARNING: No /var/db/pkg/pkg-vulnerabilities file found.
WARNING: To fix run: `/usr/pkg/sbin/download-vulnerability-list'.
=> Fetching zsh-4.2.7.tar.bz2
「おわりに」を読んだら 6 年かかったとある、pp544 もある大作だから 当然かな。

setenv はないのかな。



2007年06月17日() 旧暦 [n年日記] [更新:"2007/06/17 21:45:29"]

#1 [無題] 救命講習二回目

近くの消防署にて。合計 21 名 + お子様 4 名。以前に受けた時には 2:15 (呼吸 2 の胸骨圧迫 15) だったのが 2:30 になっている。 2007/04 から方針が変ったとのこと。 これかな → 成人の心臓停止には「胸骨圧迫」だけの方が有効


2005年06月17日(金) 旧暦 [n年日記] [更新:"2005/06/18 22:43:38"]

#1 [NetBSD][R1] PHS カードから発信に問題

一部で絶好調と伝えられた NetBSD/CF-R1 だけれど、PHS カード から発信がうまく行かない(at で ok が返って来ない)。
cu -l /dev/dty03 -s 115200
Connected.
Jun 17 12:04:12 lets /netbsd: cbb0: wait took too long 0.199996s
Jun 17 12:04:12 lets /netbsd: com3 at pcmcia0 function 0: <HONDA ELECTRON, AH-H403C>
Jun 17 12:04:12 lets /netbsd: com3: ns8250 or ns16450, no fifo
Jun 17 12:04:27 lets /netbsd: cbb0: wait took too long 0.197610s
Jun 17 12:06:48 lets /netbsd: com3 detached
Jun 17 12:06:52 lets /netbsd: cbb0: wait took too long 0.199962s
  • com3 というので多分 /dev/dty03 だと思っている
  • cu -l /dev/dty03 -s 115200 で起動して、 その後でカードを抜くと、それなりの反応 (I/O error とか)があるから、 この口(port)は多分合っている
  • Fedora Core 1 で起動すると /dev/ttyS1 で通信出来る
  • 同じ slot に差した 802.11b のカードは問題ない
次のところで何やら言っている
sys/dev/pci/pccbb.c
1363   if (on) {
1364           int s, error = 0;
1365           struct timeval before, after, diff;
1366
1367           microtime(&before);
1368           s = splbio();
1369           while (pwrcycle == sc->sc_pwrcycle) {
1370                   /*
1371                    * XXX: Set timeout to 200ms because power cycle event
1372                    * will be never happen when attaching a 16-bit card.
1373                    */
1374                   if ((error = tsleep(&sc->sc_pwrcycle, PWAIT, "pccpwr",
1375                       hz / 5)) == EWOULDBLOCK)
1376                           break;
1377           }
1378           splx(s);
1379           microtime(&after);
1380           timersub(&after, &before, &diff);
1381           printf("%s: wait took%s %ld.%06lds\n", sc->sc_dev.dv_xname,
1382               error == EWOULDBLOCK ? " too long" : "",
1383               diff.tv_sec, diff.tv_usec);
1384   }
このカードは、陏分昔に NetBSD/macppc 1.6ZI 辺りで使ったものだから 動くはずなのだが (正確には、その時に使ったのは AH-H401 かも知れない)。

PR/26726:

itojun さんが報告している PR/26726 が関係ありそう。
com3 at pcmcia0 function 0: <HONDA ELECTRON, AH-H403C>
com3: ns8250 or ns16450, no fifo
というのは、 sys/dev/ic/com.c の中の com_attach_subr が出している。それは sys/dev/pcmcia/com_pcmcia.c の次の行から呼ばれている
   221          com_attach_subr(sc);

with 'options PCMCIAVERBOSE' in kernel config:

pcmcia0: CIS version PC Card Standard 8.0
pcmcia0: CIS info: HONDA ELECTRON, AH-H403C
pcmcia0: Manufacturer code 0xc036, product 0x1a
pcmcia0: function 0: serial port, ccr addr 200 mask 1f
pcmcia0: function 0, config table entry 9: I/O card; irq mask 86bc; iomask a, iospace 2f8-2ff; io8 irqlevel
pcmcia0: function 0, config table entry 8: I/O card; irq mask 86bc; iomask a, iospace 3f8-3ff; bvd_active io8 irqlevel
pcmcia0: function 0, config table entry 10: I/O card; irq mask 86bc; iomask a, iospace 3e8-3ef; io8 irqlevel
pcmcia0: function 0, config table entry 11: I/O card; irq mask 86bc; iomask a, iospace 2e8-2ef; io8 irqlevel
pcmcia0: function 0, config table entry 45: I/O card; irq mask 86bc; iomask 3, iospace 0-7; io8 irqlevel
pcmcia0: function 0, config table entry 45: I/O card; irq mask 86bc; iomask a, iospace 2e8-2ef; io8 irqlevel
com3 at pcmcia0 function 0: <HONDA ELECTRON, AH-H403C>
com3: ns8250 or ns16450, no fifo

patch to pcmciadevs:

Index: pcmciadevs
===================================================================
RCS file: /e/st4200/cvsync/src/sys/dev/pcmcia/pcmciadevs,v
retrieving revision 1.211
diff -u -r1.211 pcmciadevs
--- pcmciadevs	7 May 2005 16:59:11 -0000	1.211
+++ pcmciadevs	17 Jun 2005 23:55:09 -0000
@@ -112,6 +112,7 @@
 vendor HAGIWARASYSCOM		0xc012	Hagiwara SYS-COM
 vendor RATOC			0xc015  RATOC System Inc.
 vendor NEXTCOM			0xc020	NextCom K.K.
+vendor HONDAELEC		0xc036	Honda Electron
 vendor EMTAC			0xc250	EMTAC Technology Corporation
 vendor ELSA			0xd601  Elsa
 
@@ -226,6 +227,9 @@
 product FUJITSU LA501		0x2000 Fujitsu Towa LA501 Ethernet
 product FUJITSU WL110		0x2003 PEGA-WL110 Wireless LAN
 
+/* Honda Electron Products */	
+product HONDAELEC AHH403C	0x001a Honda Electron AH-H403C
+
 /* IBM Products */
 product IBM MICRODRIVE		0x0000 IBM Microdrive
 product IBM 3270		0x0001 IBM 3270 Emulation
and cd dev/pcmcia; make -f Makefile.pcmciadev does N O T give any good change

AH-H401C is OK, just AH-H403C is NG:

古い方のカードを使ったら、問題がない ;-(


2004年06月17日(木) 旧暦 [n年日記]

#3 [] Emacs らくらく入門 正誤表

正誤表 が出来た。数が多くて申訳けありません。6/18日現在の正誤表の正誤表:
 p.413 B.3.4 mu-cite                                                                                                                  
 ┌─┬─────────────────┐                                                                                            
 │誤│http://www.jpl.org/pub/elisp/mu/  │                                                                                            
 ├─┼─────────────────┤                                                                                            
 │正│http://www.jpl.org/elisp/mu/      │                                                                                            
 └─┴─────────────────┘                                                                                            
この中にある elisp という字は二つとも 
elisp
  ↓
elips

新横浜教文堂 に 30 冊以上:

平積になっているのを発見。すぐ近くのビックカメラには一冊もないのに。 他に(知合いからの情報で)
石丸電気本店       平積  5冊
LAOXコンピュータ館 平積 10冊
三省堂本店         平積  8冊

#2 [Emacs][MacOSX] ことえりのメニューで落ちない

念のため、
   Sticky Date:         2004.05.20.15.00.00
つまり 2004-05-21 で取出して emacs-im-patch を当てたもの は落ちなかった。 どう組立てたものが落ちるのか一寸不明。

#1 [機械] ルータ再起動

pppoe の先がつながっていなかった。 良く分らないのと、時間がなかったので、再起動したが、 回復した。 (もしかしていつものように工事後の問題 ?)


2003年06月17日(火) 旧暦 [n年日記]

#1 [NetBSD] StarMax/604e/UMAX S900

最近入手した二機種
           StarMax 4000/200     UMAX S900          
           604e/200  G3/300   604e/200  G3/300
MacOS9      ○        ○        ○        ○  (1)      
NetBSD 1.6T ×        ○        ×        ○  (2)  
NetBSD-scsi △                                (3)
(2) NetBSD が×となるのはいづれも scsi を probe するところ。
(3) しかも GENERIC から scsiを抜いておくと、少し進んで、 root file system を探すところまでは行く。
StarMax の方は電源も入らない状態だったので、 こわれているのかなと思ったけれど、あまりにも症状に関連性 があるので、もしかしてという気が 1% ある。


2002年06月17日(月) 旧暦 [n年日記]

#3 [NetBSD] OpenBSD の pdisk

todd ってまさか Todd Vierling ではないよね、あの人は tv だったか。

#2 [NetBSD] ちょっと気になる ofw_stack() は


#1 [NetBSD] start=0x100000 で止る問題

20020314+(libkern)0313 動く:

20020407 kbd/screen では動かない:

20020407 に逆 patch を当てる(R)と動く:

ただし
  • macppc/macppc/conf.c は 1.37 でなく 1.38 を
  • powerpc/powerc/powerpc_machdep.c は 1.10 でなく 1.11 を
採用

20020407 に syncicache.c だけを古くして見る(R-2)と、:

serial (ttya) でも動かなくなってしまう。
0 > boot netbsd.1 
OF_open bootpath=ata/ata-disk@0
read stage 2 blocks: 01234567. done!
starting stage 2...

>> NetBSD/macppc OpenFirmware Boot, Revision 1.6
>> (makoto@ibook, Mon May 27 12:55:46 JST 2002)
no active package3753564+218516 [188096+156874]=0x41e1e0
 start=0x100000
しかし、良く考えて見ると、__syncicache を呼んでいるのは ofwboot (/boot) であって、上の作業ではその内容は更新されていない ? (以上で使っている ofwboot は 1.6_BETA1 のもの)
というのは、あさはかであって

__syncicache は:

kernel が読まれた後、起動する時の一番最初の、 syssrc/sys/arch/macppc/macppc/locore.S の中の
212         mr      5,6                     /* args string */
213         bl      _C_LABEL(initppc)
214         bl      _C_LABEL(main)
215         b       _C_LABEL(OF_exit)
(これはどの版でも変更無) で呼ばれる initppc で、それは syssrc/sys/arch/macppc/macppc/machdep.c の中にあって、 で
141 initppc(startkernel, endkernel, args)
313         __syncicache((void *)EXC_RST, EXC_LAST - EXC_RST + 0x100);

419 restore_ofmap(ofmap, len)
472         __syncicache((void *)&extint_call, sizeof extint_call);
473         __syncicache((void *)EXC_EXI, (int)&extsize);

684 cpu_reboot(howto, what)
724                 __syncicache((void *)msgbuf_paddr, round_page(MSGBUFSIZE));

748         /* flush cache for msgbuf */
749         __syncicache((void *)msgbuf_paddr, round_page(MSGBUFSIZE));
のように呼ばれている。 (これもどの版でも変更無)

libkern の関係だけを戻して見ようか。:

serial でも動かなくなってしまった。

sys/lib/libkern/arch/powerpc/ だけの問題だ、:

しかも 20020314 の変更だけが問題だということで、確かに
rest       libkern/arch/powerpc
20020314 + 20020313         boots fine even with kbd/screen
20020314                    stops at start=0x100000
20020314   one line patch   stops at start=0x100000
そうなっている。 20020314 の kernel が出来るとは思わなかったので、試さなかった。

関係ないが kbd/screen のどちらか一方では ?:

と気になったので、 まず動く kernel を使って、
input-device output-device
ttya         screen         問題ない
kbd	     ttya           次のように zstty0 で止る ?
....
obio0 at pci0 dev 16 function 0: addr 0xf3000000
mesh0 at obio0 offset 0x10000 irq 12: 50MHz, SCSI ID 7
scsibus0 at mesh0: 8 targets, 8 luns per target
zsc0 at obio0 offset 0x13000: irq 15,16
zstty0 at zsc0 channel 0u'
動かない kernel だと、どちらの組合せも start=0x100000 で止る。

(多分余計な) consinit() を外すと問題解決:



2001年06月17日() 旧暦 [n年日記]

#2 [NetBSD] sysinst で既存の disklabel を残す場合

src/distrib/utils/sysinst/install.c の次の辺りを変更する必要があると思う。
 msg_display(MSG_lastchance, diskdev);
 process_menu(MENU_noyes);
 if (!yesno)
         return;

 if (md_pre_disklabel() != 0)
         return;

 if (write_disklabel() != 0)
         return;
 
 if (md_post_disklabel() != 0)
         return;

#1 [館山] 8:44 - 16:30

 8:44 出発
10:40 知人宅
11:30 おどや
11:55 家萬寿水産
12:40 まぐろの大将
13:30 JUSCO
14:30 出発
16:30 帰宅


2000年06月17日() 旧暦 [n年日記]

#1 [Emacs] canna and emcws-20000614

|かんあ|  と入力した後に C-h をすると
|かんあn| となってしまって都合が悪い、
という問題に関しては、

中島さんからその問題も含めて、
 ~/.canna に次のように書くと問題がなくなる
;; ==== .canna ====

(setq romkana-table "default.cbp")
(global-set-key "\Delete" 'delete-previous)

(use-dictionary
 "iroha"
 "fuzokugo"
 "hojomwd"
 "hojoswd"
 :bushu "bushu"
 :user  "user"
 )

と教わりました。



最近の日記
2024年01月24日
chat/iam 0.0.8
2024年01月21日
uselocale vs setlocale (textproc/R-readxl)
2024年01月14日
pbulk client checklist
2024年01月12日
pkglint issue
以上、10 日分です。
タイトル一覧
カテゴリ分類
Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project

Count.cgi (since 2000/02/05)