hns - 日記自動生成システム - Version 2.19.9

  • 05/25() Interface
  • 05/26() 0900 (Sat) WW WPX CW
  • 05/31(金) NTT 東 払込期日
  • 05/31(金) 自動車税,決算
  • 06/01() atactl check
  • 06/05(水) 不燃ごみ
  • 06/10(月) 住民税
  • 06/15() All Asia CW
  • 06/15() Summer Stew
  • 06/15() 千葉県民の日
  • 06/15() 木之本会議
  • 06/19(水) CQ Ham Radio
  • 06/19(水) 不燃ごみ
  • 403 JNUG 総会/BOF 2017/07/08 (土)
  • 402 用途別 Emacs ( C, LaTeX, 日本語 )
  • 380 cvsweb の移行
  • 370 tamago 辞書登録
  • 368 CROSS (cross/i386-mingw32, cross/powerpc-linux ) Framework --- binutils + gcc
  • 363 Wanderlust+HyperEstraier
  • 360 evbppc 用 patch / 玄箱
  • 335 /dev/battery is missing hack | libgcc_s_pic.a is missing | samba の -PIE 問題335 ntpd monitor
  • 325 tcode頁の更新
  • 322 software |hardware
  • 321 emacs-22 | IPv6
  • 320 bulk build (Mac OS X 10.4 and NetBSD/macppc)
  • 310 Wanderlust の Namazu の挙動
  • 290 WordPress 1.2 -> 1.5 migration
  • 220 Wanderlust で日本語題名の wl-summary-print-buffer
  • 215 NetBSD/ofppc
便利なツール
Emacs
らくらく 入門
rakuraku-emacs-cover

先月 2024年05月 来月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Namazu for hns による簡易全文検索
詳しくは 詳細指定/ヘルプを参照して下さい
検索式:

2024年01月21日() 旧暦 [n年日記] [更新:"2004/08/09 23:43:33"]

#1 [pkgsrc] uselocale vs setlocale (textproc/R-readxl)

libxls/locale.c: In function 'xls_wcstombs_l':
libxls/locale.c:84:26: warning: implicit declaration of function
'uselocale'; did you mean 'setlocale'?
[-Wimplicit-function-declaration]

   84 |     locale_t oldlocale = uselocale(loc);
      |                          ^~~~~~~~
| setlocale libxls/locale.c:84:26: warning: initialization of 'locale_t' {aka 'struct _locale *'} from 'int' makes pointer from integer without a cast [-Wint-conversion

Ubuntu /usr/include/locale.h:

cat -n /usr/include/locale.h
   182  /* Switch the current thread's locale to DATASET.
   183     If DATASET is null, instead just return the current setting.
   184     The special value LC_GLOBAL_LOCALE is the initial setting
   185     for all threads and can also be installed any time, meaning
   186     the thread uses the global settings controlled by `setlocale'.  */
   187  extern locale_t uselocale (locale_t __dataset) __THROW;
   188
   189  /* This value can be passed to `uselocale' and may be returned by it.
   190     Passing this value to any other function has undefined behavior.  */
   191  # define LC_GLOBAL_LOCALE       ((locale_t) -1L)


2014年01月21日(火) 旧暦 [n年日記] [更新:"2014/01/23 23:54:47"]

#1 [NetBSD] PR kern/41974 (panic in cpu_in_cksum)

On ML115 G1, NetBSD/amd64 6.1.2 with 8GB memory, packaging misc/openoffice3 gives 100% trap 6 (MAKE_JOBS=4)
PR kern/41974 (panic in cpu_in_cksum)
5.0 NFS-related panic (current-users 2008/12/23)
In my diary I'm seeing following address constantly:
rip ffffffff805f8a7d
So, search this PC address:
objdump -d /netbsd
ffffffff805f889e <pmap_enter_ma>:
ffffffff805f889e:  55                      push   %rbp
...
ffffffff805f8a1b:  0f 84 35 04 00 00       je     ffffffff805f8e56 <pmap_enter_ma+0x5b8>
ffffffff805f8a21:  48 b9 00 f0 ff ff ff    movabs $0xffffffffff000,%rcx
ffffffff805f8a28:  ff 0f 00 
ffffffff805f8a2b:  48 21 ca                and    %rcx,%rdx
ffffffff805f8a2e:  48 c7 45 98 00 00 00    movq   $0x0,-0x68(%rbp)
ffffffff805f8a35:  00 
ffffffff805f8a36:  4d 89 ec                mov    %r13,%r12
ffffffff805f8a39:  4d 85 ed                test   %r13,%r13
ffffffff805f8a3c:  75 aa                   jne    ffffffff805f89e8 <pmap_enter_ma+0x14a>
ffffffff805f8a3e:  4c 89 db                mov    %r11,%rbx
ffffffff805f8a41:  4d 89 f5                mov    %r14,%r13
ffffffff805f8a44:  45 89 fe                mov    %r15d,%r14d
ffffffff805f8a47:  4d 89 d7                mov    %r10,%r15
ffffffff805f8a4a:  48 83 7d 98 00          cmpq   $0x0,-0x68(%rbp)
ffffffff805f8a4f:  0f 84 d5 04 00 00       je     ffffffff805f8f2a <pmap_enter_ma+0x68c>
ffffffff805f8a55:  48 8b 55 98             mov    -0x68(%rbp),%rdx
ffffffff805f8a59:  49 89 95 28 01 00 00    mov    %rdx,0x128(%r13)
ffffffff805f8a60:  48 85 d2                test   %rdx,%rdx
ffffffff805f8a63:  0f 84 19 05 00 00       je     ffffffff805f8f82 <pmap_enter_ma+0x6e4>
ffffffff805f8a69:  4c 8b 75 a0             mov    -0x60(%rbp),%r14
ffffffff805f8a6d:  49 c1 e6 10             shl    $0x10,%r14
ffffffff805f8a71:  49 c1 ee 1c             shr    $0x1c,%r14
ffffffff805f8a75:  49 c1 e6 03             shl    $0x3,%r14
ffffffff805f8a79:  4c 03 75 c8             add    -0x38(%rbp),%r14
ffffffff805f8a7d:  4d 8b 26                mov    (%r14),%r12
ffffffff805f8a80:  48 89 d8                mov    %rbx,%rax
pmap.s
3744          movabsq $4503599627366400, %rcx		(fffffffffffff000 = -4096)
3745          andq    %rcx, %rdx
3746          movq    $0, -104(%rbp)
3747  .L382:
3748          movq    %r13, %r12
3749          testq   %r13, %r13
3750          jne     .L387
3751          movq    %r11, %rbx
3752          movq    %r14, %r13
3753          movl    %r15d, %r14d
3754          movq    %r10, %r15
3755          cmpq    $0, -104(%rbp)
3756          je      .L420
3757  .L388:
3758          movq    -104(%rbp), %rdx
3759          movq    %rdx, 296(%r13)
3760          testq   %rdx, %rdx
3761          je      .L383
3762  .L380:
3763          movq    -96(%rbp), %r14
3764          salq    $16, %r14
3765          shrq    $28, %r14
3766          salq    $3, %r14
3767          addq    -56(%rbp), %r14
3768  .L393:
3769          movq    (%r14), %r12
3770          movq    %rbx, %rax
3771          xorq    %r12, %rax
3772          movabsq $4503599627366401, %rcx          (ffffffffffff001 = -4095)
Generating Mixed Source and Assembly List using GCC ( -Wa,-adhln -g )
.LVL546:
.L380:
        .loc 1 3984 0
        movq    -96(%rbp), %r14
.LVL547:
        salq    $16, %r14
        shrq    $28, %r14
        salq    $3, %r14
.LVL548:
        addq    -56(%rbp), %r14
.LVL549:
.L393:
        .loc 1 3986 0
        movq    (%r14), %r12
.LVL550:
        .loc 1 3991 0
        movq    %rbx, %rax
        xorq    %r12, %rax
        movabsq $4503599627366401, %rcx
cat -n x86/x86/pmap.c |less
  3980          /*
  3981           * update the pte.
  3982           */
  3983  
  3984          ptep = &ptes[pl1_i(va)];
  3985          do {
  3986                  opte = *ptep;
  3987  
  3988                  /*
  3989                   * if the same page, inherit PG_U and PG_M.
  3990                   */
  3991                  if (((opte ^ npte) & (PG_FRAME | PG_V)) == 0) {
  3992                          npte |= opte & (PG_U | PG_M);
  3993                  }
  3994 #if defined(XEN)
  3995                 if (domid != DOMID_SELF) {
  3996                         /* pmap_pte_cas with error handling */
  3997                         int s = splvm();
  3998                         if (opte != *ptep) {
  3999                                 splx(s);
  4000                                 continue;
  4001                         }
  4002                         error = xpq_update_foreign(
  4003                             vtomach((vaddr_t)ptep), npte, domid);
  4004                         splx(s);
  4005                         if (error) {
  4006                                 if (ptp != NULL && ptp->wire_count <= 1) {
  4007                                         pmap_free_ptp(pmap, ptp, va, ptes, pdes);
  4008                                 }
  4009                                 pmap_unmap_ptes(pmap, pmap2);
  4010                                 goto out;
  4011                         }
  4012                         break;
  4013                 }
  4014 #endif /* defined(XEN) */
  4015         } while (pmap_pte_cas(ptep, opte, npte) != opte);
By the way, /usr/include/x86/trap.h tells trap 6 is page fault.
 48  #define T_PAGEFLT        6  /* page fault */

(Added lated day):

With (another similar machine) ML115 G1, 8GB Memory, openoffice successfully packaged. OS(NetBSD/amd64) and Release(6.1.2) are the same. The difference is
Host machineCPUtmpfstrap6
ML115 G5Athlon 4450B (Dual)YESYES
ML115 G1Athlon 3500+nono
ML115 G1Athlon 3500+YESno
Sucessfull log:
misc/
misc/openoffice3-3.1.1nb52.tgz -> ../All/openoffice3-3.1.1nb52.tgz
perl5/p5-Archive-Zip-1.30nb5.tgz -> ../All/p5-Archive-Zip-1.30nb5.tgz
textproc/raptor2-2.0.12nb1.tgz -> ../All/raptor2-2.0.12nb1.tgz
www/neon-0.30.0nb1.tgz -> ../All/neon-0.30.0nb1.tgz
www/xulrunner17-17.0.11nb1.tgz -> ../All/xulrunner17-17.0.11nb1.tgz

sent 176,430,319 bytes  received 49,206 bytes  18,576,792.11 bytes/sec
total size is 318,199,208  speedup is 1.80
sh env-bulkbuild-script  17222.94s user 3500.45s system 90% cpu 6:20:32.52 total
genova# date
Thu Jan 23 17:42:23 JST 2014
genova#
with tmpfs:
sent 135,927,229 bytes  received 136 bytes  24,714,066.36 bytes/sec
total size is 318,223,841  speedup is 2.34
sh env-bulkbuild-script  16333.43s user 3217.40s system 97% cpu 5:33:00.03 total
genova# 


2011年01月21日(金) 旧暦 [n年日記] [更新:"2011/01/22 11:19:02"]

#2 [pkgsrc] DEPENDS, including buildlink3.mk, BUILD_DEPENDS, USE_TOOLS

pkgsrc の Makefile (等)に記述する、次の文、
DEPENDS+=
.include "../../hoge/var/buildlink3.mk"
BUILD_DEPENDS
USE_TOOLS
の四つは、とても似ている。 これらの共通点と、違いを理解しておくのは大切だと思っている。
共通点は、依存している、ということ。
項目build 時実行時備考
.include "../buildlink3.mk"build 時に参照が必要。実行時に必要かは(例外有)
DEPENDS+=×build 時に参照しなくても良い
BUILD_DEPENDS×pkgsrc の PATH の指定が必要
USE_TOOLS×名前を指定するだけで良い
多分合っていると思う。 設定の優先度のようなものもあって、 何々を指定すれば、何々の指定は含むので必要ない、 という関係もある。上の順は、そうなっていると思う。上にあるものを指定すれば、 以下にある指定も含む、という意味になる。逆に言うと、 下の方の指定で済むところを、上の方の指定をすると、要修正と言われるかも知れない。
DEPENDS よりは buildlink3.mk の方が、好ましいけれど、buildlink3.mk は用意 されていないもの(用意する性質ではないもの)もある。また buildlink3.mk の場合に は、pkgsrc 以下に置いてある link 先に版指定があるが、DEPENDS は自分(参照側)で版指定 をするので、自由度がある。しかしそれが都合の悪いこともある。

以上、間違っていたら、教えて下さいね。


Comments related this article

Re: DEPENDS, including buildlink3.mk, BUILD_DEPENDS, USE_TOOLS by obache    2011/01/23 16:55
基本は、 DEPENDS: フルに依存 BUILD_DEPENDS: build 時に依存 です。 buildlink と...

#1 [pkgsrc] GS_RESOURCEDIR

Ghostscript の Resource directory は何か、という疑問があって、僕は
Before	/usr/pkg/share/ghostscript/Resource
Now	/usr/pkg/share/ghostscript/8.71/Resource
という理解をしている。しかし ghostscript-cidfonts はそう思っていなくて、 Before の位置に入れるようだ。 を見ると、
CID fonts must be placed in the /Resource/CIDFont/ directory.
とあるから、というのが理由の一つらしい。しかし今調べているが、 print/ghostscript を make package-install すると、
stable@makoto 10:45:09/110122(..print/ghostscript)% ls /usr/pkg/share/ghostscript/
8.71  fonts
しか入っていない。ここに fonts/ghostscript-cidfonts で make package-install すると
stable@makoto 10:55:59/110122(..fonts/ghostscript-cidfonts)% ls /usr/pkg/share/ghostscript/      
8.71     Resource fonts
となり、初めて Resource directory が出来る。


2009年01月21日(水) 旧暦 [n年日記] [更新:"2009/01/22 12:10:31"]

#1 [機械] Disk の製造番号を調べる方法

最近某製造会社の Disk が問題になっているらしいが、 実のところ僕は WD (Western Digital) が一番の好みで、 とは言っても手元には IBM, Hitachi, HGST, Samsung とか、いろいろあるが 多分 Seagate は自分からは買わない製造会社かも知れない。しかし、 完成品を買うと、中にたまたま入っているということは良くある。

で本題だけれど、最近の NetBSD では atactl を使って、 動作中のものの製造番号 (Serial) を調べることが出来る。 こんな具合にだ。

pts/0:makoto@t-105 1:05:47/090122(...gcc/work)>  \
sudo atactl /dev/wd0 identify | grep -i 'serial #'
Model: WDC WD800AAJS-18TDA1, Rev: 01.00A0, Serial #:      WD-WMAM9CPP455
次のものは HP の Firmware が入っている、さて、どこのだったかな。
Model: FB080C4080, Rev:     HPF0, Serial #: 5RW20BRJ
Model: FB080C4080, Rev:     HPF0, Serial #: 5RW2K07S
Model: FB080C4080, Rev:     HPF, Serial #: 5RW2K065
Model: FB080C4080, Rev:     HPF0, Serial #: 9RW0EBMP
どうもこれらが、箱を買ったらたまたま入っている、問題の会社のものかも知れない。


2007年01月21日() 旧暦 [n年日記] [更新:"2007/01/28 23:50:04"]

#1 [NetBSD][ps3][PLAYSTATION3] もう一度 build.sh release

108  14:18   cvs update > & ../log.co-src-5
109  15:23   mv common/lib/libc/arch/powerpc common/lib/libc/arch/powerpc-k
110  15:23   mv common/lib/libc/arch/powerpc64 common/lib/libc/arch/powerpc64-k
111  15:23   mv lib/csu/powerpc64/ lib/csu/powerpc64-k
112  15:23   mv lib/libc/arch/powerpc lib/libc/arch/powerpc-k
113  15:23   mv lib/libc/arch/powerpc64 lib/libc/arch/powerpc64-k
114  15:24   mv lib/libc/compat/arch/powerpc lib/libc/compat/arch/powerpc-k
115  15:24   mv lib/libc/compat/arch/powerpc64 lib/libc/compat/arch/powerpc64-k
116  15:24   mv lib/libpthread/arch/powerpc lib/libpthread/arch/powerpc-k
117  15:24   mv lib/libpthread/arch/powerpc64 lib/libpthread/arch/powerpc64-k
118  15:25   mv sys/arch/powerpc/ sys/arch/powerpc-k

121  15:26   tar zxf /e/u/j/nandra/ps3/ps3-070108-add.tar.gz
122  15:26   patch -s -p0 < /e/u/j/nandra/ps3/ehci.diff
123  15:29   cvs -d /export/cvs-root import -ko -m 'Fukaumi 20070108' -I \! -I CVS src FKUM d_20070108 > & ../log-import
124  15:52   less ../log-import
126  15:52   grep ^I ../log-import | grep -v CVS
127  15:52   cd ..
128  15:52   mv src src-import
129  15:52   mkdir src
133  15:53   cvs -d /export/cvs-root co src > & log.co-src-fukaumi
135  16:05   cd src
136  16:06   time sudo ./build.sh -m ps3 -a powerpc64 release > & log.fukaumi-release
140  16:20   mv lib/csu/powerpc64-k lib/csu/powerpc64
141  16:20   time sudo ./build.sh -m ps3 -a powerpc64 release > & log.fukaumi-release-csu-powerpc64
ttyp0:makoto@ml 16:20:25/070121(...20070115ps3/src)> 
time sudo ./build.sh -m ps3 -a powerpc64 release > & log.fukaumi-release-csu-powerpc64
Password:
7469.113u 2657.229s 2:50:24.59 99.0%    0+0k 19160+436652io 34776pf+247w
これでも以前と同じ症状だったけれど、121 番の行を間違えて、古いものを使っていた、 140 番の行は不要ということが分り、 やり直し。


2006年01月21日() 旧暦 [n年日記] [更新:"2006/01/21 20:48:37"]

#2 [NetBSD] build.sh (20060120, i386)

(cvs co -D 20060120-UTC src)
の Log data from daily binary snapshots の辺りを見ると、 の 200601200000Z は、checkflist に失敗しているとあって、その中に qsafe.0 のような字があるので、cvs repostory の
src/distrib/sets/lists/games/mi,v:./usr/share/man/cat6/qsafe.0    games-utils-catman      .cat
という字を見つけて この mi を
 cvs update -A mi
してから、 cvs diff -r1.37 -r1.38 mi すると、何やら関係ありそうな変更がしてある。 これで build.sh して見よう。
ttyp1:makoto@tc2120 16:00:59/060121(...20060120/src)> time sudo ./build.sh release > & ../log
4060.826u 936.460s 1:33:56.48 88.6%     0+0k 12532+472900io 16516pf+105w
ttyp1:makoto@tc2120 17:35:01/060121(...20060120/src)> 
しかし:
=======  2 extra files in DESTDIR  =========
Files in DESTDIR but missing from flist.
File is obsolete or flist is out of date ?
------------------------------------------
./qsafe
./qsieve
=========  end of 2 extra files  ===========


======  2 missing files in DESTDIR  ========
Files in flist but missing from DESTDIR.
File wasn't installed ?
------------------------------------------
./usr/games/qsafe
./usr/games/qsieve
========  end of 2 missing files  ==========
移動したっていうことかな。 current-users を見ると、どうも迷ったのと、作業ミスのような ? 僕としては、こまかいところはどうでもいいので、現物合せで いくとしましょうか。
-./usr/games/qsafe                              games-utils-bin
-./usr/games/qsieve                             games-utils-bin
+./qsafe                                games-utils-bin
+./qsieve                               games-utils-bin
さて checkflist で止った時 には:
./build.sh sets
かな。何故か、いくつか環境変数の設定が必要だった。
ttyp1:makoto@tc2120 17:59:50/060121(...20060120/src)> time sudo env \
TOOLDIR=/export/20060120/src/tooldir.NetBSD-2.0-i386 \
DESTDIR=/export/20060120/src/destdir.i386 \
RELEASEDIR=/export/20060120/src/releasedir \
./build.sh sets >& ../sets-3 
こうしないと obj という字が余分に入ってしまう。
 49288 Jan 21 17:27 sys/arch/i386/stand/pxeboot/obj/pxeboot_ia32.bin
pxeboot も出来ている。

良く分らないが kernel が出来ていなかった。:

  1. checkflist で失敗した後に
  2. ./build.sh set すると
kernel が作られない(という訳はないと思うけれど)。
で ./build.sh -u release したら、かなり進んだが、 floppy 用の譜が大きすぎる、という最近 の releng と同じ ところで失敗している。そちらの方が先に進んでいるのだという理解が なかった。で floppy はなくてもいいので、 distrib/i386/floppies/Makefile を 次のように変更してもう一度
+#SUBDIR+=      bootfloppy
+#SUBDIR+=      bootfloppy-big
+#SUBDIR+=      bootfloppy-com
+#SUBDIR+=      bootfloppy-laptop-big
+#SUBDIR+=      bootfloppy-laptop
+#SUBDIR+=      bootfloppy-ps2
+#SUBDIR+=      bootfloppy-small
+#SUBDIR+=      bootfloppy-tiny
+#SUBDIR+=      rescue-tiny

#1 [機械][NetBSD] Let's Note R1

外出する時用の Let's Note R1 の調子が少しおかしい。
  • fsck する時に uvm fault する
    kernel: page falut trap, code=0
    Stopped at     0: invalid address
    db>
    
    そうでない時でも、uvm fault
    [1] Segmentation fault (core dumped) /sbin/dhclient u..
    Jan 16 05:35:37 init: /bin/sh on /etc/rc terminated abnormally, going to single
    user mode
    uvm_fault(0xc061fc60, 0xc0015000, 0, 1) -> 0xe
    kernel: page fault trap, code=0 
    Stopped in pid 7.1 (apm0) at 0x7245: invalid address
    db> bt
    uvm_fault(0xc06351c0, 0x7000, 0, 1) -> 0xe
    kernel: page fault trap, code=0 
    Faulted in DDB; continuing...
    db>
    
  • X11 で Emacs を使っていると、反応が全くなくなる (画面はそのまま)。ping にも答えない
  • でも pkgsrc/www/mozilla を make package して見たら、無事何事も なく完走して、作ったものは使えている
これでは 発表 には使えないので、何とかしなくてはと思っていた。
きょうは雪になり、これでは近くのじゃんぱらにも行けないなと思って いたが、どうしてもヨドバシカメラに行かなくてはならない用事が出来、 ついでに寄ったら、128MB 増設済 のものが 59,800 円で、程度は いま使っているより(どうも)はるかに良さそうなので、買って来た。

選択肢:

  1. disk を交換する
    つまり、既存の 60G を新しい方に入れる。新しい 20G は古い方に入れる
    これだと、software 的な作業はなにも要らない(はず)だが、 Let's note「CF-R1」で遊ぼう を見ていると、あまり disk 換装はやりたくない気分がして来たのと、 そのまま使うよりは 3.99.15 に .. と思う
  2. 20G の方に 3.99.15 を入れる
CDROM を書くよりは netboot かなと、3.0 の install kernel を
 2813270 Jan 21 13:07 netbsd-INSTALL.gz
 2813270 Jan 21 13:07 netbsd.install-i386
tftpboot に置いて F12 で起動すると、この binary は大きくてだめ、 のようなことを言うので pxeboot.bin を探すこととする。


2004年01月21日(水) 旧暦 [n年日記]

#2 [TeX] @{\vrule width 0.1pt} って

\begin{table}{l @{\vrule width 0.1pt} l} って 何故か左右がつまってしまう。 Google の検索に -nw とかやると、- は、「それは含まないもの」の意味 になってしまう。"-nw" ってやれば大丈夫そう。

#1 [Emacs] きょうの *Backtrace*

Wl で 朝日新聞を見ている時に、メニューから Mhc -> This month, 続いて Modify (C-c m)
Debugger entered--Lisp error: (void-function elmo-multi-get-real-folder-number)
(elmo-multi-get-real-folder-number wl-summary-buffer-folder-name (wl-summary-message-number))
(let* ((fld-num ...) (fld ...) (num ...)) (expand-file-name (int-to-string num) (elmo-localdir-get-folder-directory ...)))
mhc-summary-filename()
(mhc-modify-file (mhc-summary-filename))
mhc-modify()
* call-interactively(mhc-modify)
mhc-version
"mhc version 0.25"
emacs-w3m-version
"1.3.80"
wl-version
"2.10.1"
w3m は関係ないか。 wl-2.8.1とMHC-0.25 寺西さん:
MHC は CVS 最新版もしくは開発版スナップショットを使ってください。
;; mhc-0.25 はおそらく wl-2.4.x あたりでないと動かないんじゃないかと思います。
cd mhc/emacs
make EMACS=/usr/pkg/bin/emcws
make EMACS=/usr/pkg/bin/emcws install
mv /usr/pkg/share/emacs/site-lisp/mhc{,-20040121}
cd /usr/pkg/share/emacs/site-lisp
mv mhc-0.25.1 .mhc-0.25.1
Debugger entered--Lisp error: (error "Invalid face" mhc-calendar-face-saturday)
internal-copy-lisp-face(mhc-calendar-face-saturday mhc-calendar-face-saturday-today #<frame emcws@harry.ki.nu 0x1d5f600\ > nil)
copy-face(mhc-calendar-face-saturday mhc-calendar-face-saturday-today #<frame emcws@harry.ki.nu 0x1d5f600\ >)
copy-face(mhc-calendar-face-saturday mhc-calendar-face-saturday-today)
mhc-face-get-effect(mhc-calendar-face-saturday today)
mhc-calendar-make-header(12438)
mhc-calendar/make-rectangle(12438 "|")
mhc-calendar/create-buffer(12438)
mhc-calendar/goto-date(12438)
mhc-calendar()
* call-interactively(mhc-calendar)
execute-extended-command(nil)
* call-interactively(execute-extended-command)
何か全然違うことをしているらしい。 三好さん
なお、開発版 snapshot のインストールは下記の手順とまったく異なります
ruby 入れてまで mhc 使うかなぁ。(また例によって勘違い?)


2002年01月21日(月) 旧暦 [n年日記]

#3 [NetBSD] panic: kernel diagnostic assertion "bytes != 0" failed:

Jan 21 03:18:10 graphite /netbsd: uid 0 comm sendmail on /: file system full
panic: kernel diagnostic assertion "bytes != 0" failed: file
"/export/20011016/sys/miscfs/genfs/genfs_vnops.c", line 1327
Stopped in pid 10850 (mgetty) at cpu_Debugger+0x10: lwz 0,20(1)
文字入力出来ず。

#2 [NetBSD] CDROM -boot

椿井さんの bootcd/bootxx.c には、
int block_table[MAXBLOCKNUM] = { 0x7c, 0 };     /* XXX FIXED BLOCK NUMBER */
というのがあって、更に
        addr = (char *)entry_point;
        bs = block_size;
        for (i = 0; i < block_count; i++) {
                blk = block_table[i];

                OF_seek(fd, (u_quad_t)blk * 512);
                OF_read(fd, addr, bs);
                addr += bs;
        }
でその部分を読んでいる。16 進にすると 0x7c * 512 は 0xF800 起動する方には
0000f800  39 00 00 00 39 20 01 00  7d 29 03 a6 7c 00 40 ac  |9...9 ..})..|.@.|
とあるが、起動しない方には
0000f800  66 00 1f 00 00 00 00 00  00 1f 00 08 00 00 00 00  |f...............|
となって、正しいコード(ofwboot) が書いてない (どうも中身を沢山入れてしまうと、ここではなくなる?)....
00025800  39 00 00 00 39 20 01 00  7d 29 03 a6 7c 00 40 ac  |9...9 ..})..|.@.|
に書いてある。椿井さんのは決め打ちなのかも知れない。
NetBSD 方式で書いたものは次のところにある
00027000  39 00 00 00 39 20 01 00  7d 29 03 a6 7c 00 40 ac  |9...9 ..})..|.@.|
いちど iso の形式を作って、ofwboot がどこに書かれているか調べて、今回は 270 00 だから 0x270/2 = 0x138 から読めばいい ? で bootxx.c をそう変更して、作り 直し。
  F800 ->  0x7c
 27000 -> 0x138
という訳で、これで作り直したら、やっと起動 CDROM が出来た。
WARNING: clock gained 155 days -- CHECK AND RESET THE DATE!
というのはあまり気持のいいものでもないが、止むを得ないか。

#1 [NetBSD] (pkg_add) sylpheed-0.6.3

自分で使うつもりはないのだけれど、ちょっと試しに入れて見た。
% pkg_info sylpheed
Information for sylpheed-0.6.3:

Comment:
X based e-mail and netnews client
Requires:
gettext-lib>=0.10.35nb1
glib>=1.2.8
gtk+>=1.2.8
pth>=1.3.2
で、
makoto@u  7:51:47/020121(~)> sylpheed
Shared object "libssl.so.1" not found
となる。w3m の時も同じようなものを見た気がする。1.5-Y で使ってはいけな いのかな。
1.5.2 libssl.so.1
1.5Y  libssl.so.2
という関係だから。でも libssl.so を link していれば動くのではないかと。


2001年01月21日() 旧暦 [n年日記]

#5 [URL] MacOSonLinux


#4 [SPAM] やはり From 詐称されている。

Received: from hyweb.hywoman.ac.kr (www.hywoman.ac.kr [128.134.111.4])
	by mx1.boston.juno.com with SMTP id AAA7GXRAVAVUXBJS
	(sender <rkereid@komekome.bay.prug.or.jp>);
	Sun, 21 Jan 2001 05:38:11 -0500 (EST)
Received: from kheta.ge (1Cust78.tnt1.auburn.wa.da.uu.net [63.39.49.78])
	by hyweb.hywoman.ac.kr (8.8.8H1/8.8.8) with SMTP id TAA18841;
	Sun, 21 Jan 2001 19:46:23 +0900 (KST)
To: <aarni.ton.tut.fi@hyweb.hywoman.ac.kr>
Subject: Restore your FINANCES, FAMILY, & FUTURE!!!         ...
From: rkereid@komekome.bay.prug.or.jp
Message-ID: <0000139a7728$00007a77$00005766@komc.dk>
Date: Sun, 21 Jan 2001 02:28:17 -0800
MIME-Version: 1.0
Content-Type: text/plain; charset="Windows-1252"
Content-Transfer-Encoding: 8bit
X-Priority: 3
X-MSMail-Priority: Normal
Errors-To: nondel93@yahoo.com


Look, we don't want to waste your time...or ours

#3 [X_Window_System] 24 dot font で Emacs を起動して、なおかつ

太字 bold, 斜体 italics が表示出来るようにといくつか ~/.Xdefaults に書いて試したが、 うまく行かない。
Emacs.Fontset-1:        -*-fixed-medium-r-normal--14-*-*-*-*-*-fontset-14
のようにして、Fontset-1: から順に定義して行く。 いま試している ~/.Xdefaults これだと、通常の英文字が斜体になってしまう。

#2 Wanderlust と C-x k

Wanderlust を使っていて、今まで、
  • 二回だけ、CA 「メールを送ったのに draft buffer が kill されないで そのまま表示されている」 ことがあった
  • そのうち一回は良く分らずに、何通か同じメールを送ってしまった
  • C-x k しても buffer が kill 出来なくなることがあって、 M-x kill-buffer すれば、kill 出来る。 その時に describe-key したら、
    C-x k runs the command wl-draft-mimic-kill-buffer
       which is an interactive compiled Lisp function in `wl-draft'.
    (wl-draft-mimic-kill-buffer)
    
    Kill the current (draft) buffer with query.
    
    と書いてあった。

#1 [Emacs] mu-cite

小関さん、情報 ありがとうございます。 m17n の方 には気が付きませんでした。 検索 の方にも入れておこうっと。



最近の日記
2024年05月08日
comparison on ./buildsh tools
2024年05月06日
py-setuptools (python 3.11.9)
make release took 1 hours and 10 min
qemu invocation for 10.99.10
2024年05月05日
Windows 10 version
serial connection
bc bench
2024年05月04日
Trial on 10.99.10
another version (later trial) to succeed
2024年04月29日
dkim
以上、9 日分です。
タイトル一覧
カテゴリ分類
Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project

Count.cgi (since 2000/02/05)